Powered By 画RSS


女僧侶「ほら、勇者様…皆さんは眠りましたから、膝枕してあげます」

51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 05:51:17.53 ID:9+U4Tmgt0
――こん こん

僧侶「勇者さま、朝食の時間ですよ」

しーん…

僧侶「勇者さま? 入りますよ?」

僧侶「失礼します」 ぎぃっ

僧侶「勇者――」

勇者「すぅ……すぅ……」

僧侶「あら」

僧侶(いつもなら起きてる時間なのに珍しい。……ここ最近、ずっとがんばってたからなぁ)

僧侶(気持ちよさそうに寝てるし、しばらくそっとしておいてあげよ)

勇者「すぅ……すぅ……」

僧侶(こうしてると、歳相応の子どもなんだなぁ。魔物と戦ってるときの勇ましさが嘘みたい)




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 05:56:54.53 ID:9+U4Tmgt0
勇者「ん……」

僧侶「あ」

勇者「……」

僧侶「おはようございます」

勇者「……」

僧侶「……勇者さ――きゃっ!?」

ぎゅうっ

勇者「……」 ぎゅうー…

僧侶「ゆ、勇者さま、何を……」

勇者「……お母さん……」

僧侶「え……」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 06:06:05.94 ID:9+U4Tmgt0
勇者「……」 ぎゅー…

僧侶「……」

勇者「……?」

勇者「お母さん……?」

僧侶「お、おはようございます」

勇者「……」

勇者「……!」 ボッ

勇者「え? あ? え? なんで……」

僧侶「その、朝食の時間なので、勇者さまを呼びに……」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 06:09:47.67 ID:9+U4Tmgt0
勇者「わ、わかりました。すぐに行きます」

僧侶「はい。私は先に行ってますね」

勇者「……あ、あの」

僧侶「はい」

勇者「……僕、寝ぼけて変なこと言ってませんでした?」

僧侶「い、いえ。別に……」

勇者「……もしそうなら、どうか忘れてください」

僧侶「……はい」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 06:27:05.92 ID:9+U4Tmgt0
勇者「――攻撃魔法は使わないでください! 回復のために温存です!」

「はい!」

勇者「前衛で集中攻撃! 端から一体ずつ倒していきましょう!」

「おう!」

僧侶(勇者さま、いつもと変わらないな)

僧侶(朝のあれは私の気のせいだったのかな。でも確かに「お母さん」って……)

勇者「回復お願いします!」

僧侶「あ、はい!」



勇者「――今日はお疲れさまでした。しっかり休んでください」

「はい」

「おつかれ」

勇者「明日もがんばりましょう。おやすみなさい」

僧侶「……」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 06:32:00.98 ID:9+U4Tmgt0
勇者「――はぁ……」

勇者(疲れた……。もう寝よう……)

こん こん

勇者「? はい」

ぎぃっ

僧侶「失礼します」

勇者「あ……」

僧侶「あの、朝のこと……」

勇者「し、知りませんっ」

僧侶「……」

勇者「……」

勇者「……幻滅しましたよね。ごめんなさい」

僧侶「え?」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 06:51:49.78 ID:9+U4Tmgt0
勇者「魔王を倒そうという勇者が、母親に甘えていたい軟弱者だなんて」

僧侶「……いいんじゃないでしょうか」

勇者「え?」

僧侶「勇者さまの年齢なら、自然なことだと思います」

勇者「でも、ぼくは勇者ですから。子どもの気持ちでいてはだめなんです。強くなくちゃ……」

僧侶「そうやって、ずっと無理してきたんですね」

勇者「……」

僧侶「いいじゃないですか。いつもがんばってるんですから、たまに甘えても罰は当たりませんよ」

勇者「でも……」

僧侶「……私を、お母さまだと思ってみてくれませんか?」

勇者「え……?」

僧侶「勇者さまがお母さまにしてほしかったこと、私が代わりにしてあげます」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 07:00:06.45 ID:9+U4Tmgt0
勇者「そ、そんな。悪いですよ」

僧侶「ちっとも悪くなんてありませんよ」

勇者「だ、誰かに見られたら……」

僧侶「皆さんもう眠られましたよ?」

僧侶「ほら、勇者さま。膝枕してあげます」

勇者「……っ」



勇者「――あ、頭重くないですか?」

僧侶「平気です。もっと力を抜いてください」

勇者「は、はい」

僧侶「私の脚、硬くないですか? 痛くありませんか?」

勇者「ぜ、全然。すごく柔らかくて、気持ちいいです……」

僧侶「そうですか。よかった」

勇者(それにすごくいい匂い……。安心する……)


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 07:08:35.39 ID:9+U4Tmgt0
勇者「あの……」

僧侶「なんですか?」

勇者「お、お母さんって呼んでも……」

僧侶「……」

勇者「ご、ごめんなさい。忘れてください。若い女の人に失礼でした」

僧侶「いいですよ」

勇者「え……」

僧侶「私をお母さまだと思ってください。いっぱい甘えてください」

勇者「……お、お母さん」

僧侶「はい……うん」

勇者「お母さん」

僧侶「うん」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 07:16:24.17 ID:9+U4Tmgt0
勇者「お母さん……」 うとうと

僧侶「そろそろ眠りましょう?」

勇者「うん……」 うとうと

僧侶「おやすみなさい、ぼうや」

勇者「……すぅ……すぅ……」

僧侶「うふふ」



僧侶「――あふ」

僧侶(私もそろそろ寝よう)

僧侶(勇者さまを起こさないように、ゆっくり、ゆっくり……)

勇者「すぅ……すぅ……」

僧侶(よし、上手く抜け出せた。寝室へ――)

がしっ

僧侶「?」

勇者「お母さん……」 むにゃ


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 07:23:30.51 ID:9+U4Tmgt0
僧侶「……」

勇者「お母さん……っ」 むにゃ

僧侶「大丈夫、どこにも行きませんよ」

僧侶(大丈夫……よね? 勇者さま、まだ子どもだし)

勇者「お母さん……」 むにゃ

僧侶「はいはい、ここにいますよ」 ぎゅっ

勇者「すぅ……すぅ……」

僧侶「……くぅ……くぅ……」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 10:13:35.41 ID:9+U4Tmgt0
王『――これより、お主を勇者に任命す』

勇者『はい』

王『……すまぬな。まだ子どもであるそなたを母親から引き離し、こんな重荷を背負わせ……』

勇者『いえ、ぼくにしかできない務め、光栄に思います!
 母と別れる覚悟は常にしておりました故、王様が心を痛める必要はありません』



『――母ちゃーん』

『あらあら、甘えんぼさんね』

勇者『……』



勇者「お母さん……ん……」

僧侶「ここに……います……」 むにゃ

勇者「……」

勇者「!?」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 10:23:36.63 ID:9+U4Tmgt0
僧侶「くぅ……くぅ……」

勇者(どうして同じベッドに……?)

勇者(よくわからないけど、とにかく脱け出さないと……)



勇者『――よろしくおねがいします。世界を平和にするため、いっしょにがんばりましょう!』

僧侶『本当にあなたが勇者さま? こんなに小さいのに……』

勇者『子ども扱いはやめてください! 実力が伴えば年齢は関係ありません』

僧侶『そ、そうですね。すみません。これからよろしくおねがいします』



僧侶「勇者さま……かわい……」 むにゃ

勇者「え? ――わ!?」

ぎゅっ

僧侶「……くぅ……くぅ……」 ぎゅうぅ…

むにゅっ

勇者「……!」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 10:43:51.39 ID:9+U4Tmgt0
むにゅにゅ…

勇者(おっぱいが顔に……!)

むにゅ

勇者「……」

勇者(柔らかい……大きい……)

勇者(いい匂い……) くんくん

僧侶「くぅ……くぅ……」

勇者(おっぱい……)

勇者(おっぱい、触りたい……!) むにっ

僧侶「ひゃっ!?」 ぴくっ

勇者「あ」

僧侶「ゆ、勇者さま。何して……」

勇者「……」

僧侶「……」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 10:55:46.22 ID:9+U4Tmgt0
勇者「……っ」 ぐすっ

僧侶「!」

勇者「ごめんなさい……っ」

僧侶「ゆ、勇者さま……」

勇者「ごめんなさいっ。ごめんなさいっ」

僧侶(泣かせちゃった。どうしよう)

僧侶(勇者さまの年齢なら、まだ母親の胸が恋しい……のよね?)

僧侶「い、いいですよ」

勇者「え……?」

僧侶「私、お母さんですから。胸、触っても……」

勇者「……いいの……?」

僧侶「うん。……どうぞ」 ゆさっ

勇者「……っ」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 11:10:41.35 ID:9+U4Tmgt0
勇者「……」 ぐにっ

僧侶「あっ!」 びくっ

勇者(おっぱい。おっぱい……) ぐにぐに

僧侶「い、痛いです。もっと、軽く……」

勇者「こ、こう?」 ふにふに

僧侶「は、はいっ」

勇者(おっぱい……) むにむに

僧侶(痛くはなくなったけど、手つきが、なんかいやらしい……)

勇者「……」 じっ

僧侶「? どうしたの?」

勇者「……お、おっぱい、見てもいい?」

僧侶「え……? ……ふ、服の下のを、ですか?」

勇者「……」 こくん


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 11:20:08.50 ID:9+U4Tmgt0
僧侶「えっと、それは……」

僧侶(さすがにこれ以上は……)

勇者「だめ?」 ぐすっ

僧侶「あ、だ、だめじゃない、です……」

僧侶(勇者さまの年齢なら、母親とお風呂に入ったりする……はずだから大丈夫……のはず)

勇者「み、見せて」

僧侶「少し待って……」 ぬぎぬぎ…

するっ ぷるんっ

勇者「!」

ぱさっ

僧侶「……これでいい?」

勇者「……っ」 ごくっ

僧侶「勇者さま?」

勇者「吸っちゃ、だめ……!?」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 11:22:59.35 ID:NomwEE310
授乳きたー


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 11:34:21.32 ID:9+U4Tmgt0
僧侶「だ、だめっ! これ以上はだめ!」

勇者「……っ」 ぐすっ

僧侶「あ……」

勇者「甘えていいって、言ったっ」 ぐすぐす

僧侶「あ……あ……」

勇者「嘘つきっ。嘘つきっ」 ぐすぐす

僧侶「……」 ずきっ

僧侶「……ちょっとだけ、なら……」

勇者「!」

僧侶(勇者さまの年齢なら、母親のお乳を吸っててもおかしくない……のかもしれないし……)

僧侶「……おいで……」

勇者「」 かぷっ

僧侶「あっ」 ぴくっ


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 11:48:06.75 ID:9+U4Tmgt0
勇者「はふっ」 ぢゅっ

僧侶「んっ」

勇者「はふ……はふ……っ」 ぢゅうぅぅぅぅぅぅ

僧侶「そんなっ、強くしちゃだめっ。おっぱいっ、出ないから……っ」

勇者「……んく……んく……」 ちゅう ちゅう

僧侶「そう、そうやって優しく……。いい子ね……」 なでなで

勇者「ん……ん……」 ちゅぷ ちゅぷ

僧侶「……っ」 ぞくぞく

僧侶(なんだろう。勇者さまを抱きしめたくてたまらない。ぎゅっとしてあげたい……)

ぎゅっ

勇者「んっ……んっ……」 ちゅっ ちゅっ

僧侶(愛しい。愛しい。愛しい。愛しい……) ぎゅー…


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 12:05:29.66 ID:9+U4Tmgt0
勇者「ぷはっ」 ちゅぽんっ

僧侶「はぁ……はぁ……」

僧侶(乳首、真っ赤。硬く立ってる。唾液でてらてらしていやらしい。私、神に仕える身なのに……)

勇者「……っ」

僧侶「どうしたの? どこか痛いの?」

勇者「よ、よくわからない。変な気分。気持ちいいのに、悲しいの。胸が、苦しい……っ」

僧侶「……切ないの?」

勇者「うん……っ」

僧侶(もしかして……) ちらっ

僧侶(……股間、膨らんでる……) ぴとっ

勇者「っ!?」 びくっ


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 12:18:33.75 ID:9+U4Tmgt0
僧侶「痛い?」

勇者「わ、わかんない。なに、これ……」

僧侶「……」

ずるっ

ぽろんっ

勇者「あ……」

僧侶(ちっちゃなおちんちんがぴくっぴくって震えてる。かわいい……)

勇者「は、恥ずかしいよ……」

僧侶(私のせいで、こうなっちゃったんだよね……?) つー…

勇者「ひあっ!?」 びくっ

僧侶(じゃあ、私が楽にしてあげなきゃいけないよね? セーフだよね……?) きゅっ

勇者「あう」 ぴくっ

僧侶(こう、かな?) しこっ しこっ

勇者「あっ! あっ!」


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 12:35:47.70 ID:9+U4Tmgt0
僧侶「……」 しこっ しこっ

勇者「な、何か来る。怖いよ……!」

僧侶「大丈夫。ずっとそばにいてあげる」 しこしこしこ

勇者「お、おしっこ出そう。トイレ……」

僧侶「ここで出しちゃえ」 しこしこしこしこ

勇者「出ちゃう! 出ちゃ――あ」 ぶるっ

勇者「あぁっ!」 ぴゅるっ

僧侶「きゃっ」

ぴゅるっ ぴゅるっ ぴゅるっ ぴゅるっ

勇者「あっ……あっ……」 がくがく

ぴゅっ…


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 12:50:13.38 ID:9+U4Tmgt0
勇者「はぁ……はぁ……」

僧侶「切ないの、なくなった?」

勇者「う、うん」

勇者「ごめんなさい。おしっこ、かけちゃって……」

僧侶「気にしないで」

勇者「……白いおしっこ。病気、なのかな……」

僧侶「精通、まだだったんだ」

勇者「せい……?」

僧侶「体が大人に近づいてるってこと」 ぺろっ

勇者「!」

僧侶(すごいにおい。頭がくらくらする……) れろぉっ

勇者「……っ」 ごくっ


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 13:01:20.04 ID:9+U4Tmgt0
僧侶「おちんちん、きれいにしなくちゃね」 ふにっ

勇者「あうっ」 ぴくっ

僧侶(ちっちゃい。愛おしい)

僧侶「んー……」 ちゅっ

勇者「き、汚いよ」

僧侶「ふふっ」 ぺろぺろ

勇者「……っ」

むくむく…

勇者「あ」

僧侶「……また、切なくなっちゃった?」

勇者「……」 こくん

僧侶「じゃあ、またしてあげる」 ぱくっ

勇者「はうぅ……」


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 13:13:29.32 ID:9+U4Tmgt0
僧侶「んっ……んっ……」 ちゅぷ ちゅぷ

勇者「あ……ああ……」

僧侶「んっ」 ちゅぽんっ

僧侶(……この皮、剥がせるのかな。窮屈そう……) ぐっ

むきっ

勇者「ひぎゃっ!?」

僧侶「ご、ごめん! 痛かった!?」

勇者「う、うん」

僧侶「ホイミ」

勇者「……」 ほぅ


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 13:23:27.98 ID:9+U4Tmgt0
僧侶(中途半端に剥けたままだとよくない気がする)

僧侶(舌で唾液をにじませながらすれば、少しはましかな) ちろちろ

むきっ

勇者「くぅ……っ」

僧侶「ホイミ」

僧侶(剥いたらすぐホイミをかければ……)

むきっ

僧侶「ホイミ」



僧侶「――全部剥けた。痛くしてごめんね」 なでなで

勇者「ん」 すりすり

僧侶「お詫びに、おねがいなんでも聞いてあげる」

勇者「な、なんでも?」

僧侶「うん」


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 13:24:12.44 ID:yloHHOXN0
ホイミワロタ


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 13:33:57.43 ID:9+U4Tmgt0
勇者「じゃあ……おっぱいでぎゅってして」

僧侶「こう?」 むぎゅっ

勇者「……そうじゃなくて……ちんちん……」

僧侶「……いいよ。それっ」 むにぃっ

勇者「あっ」 ぴくん

僧侶「おちんちん、おっぱいで隠れちゃったね」 むにゅむにゅ

勇者「あっ、あっ」

僧侶「気持ちいい?」

勇者「気持ちいいっ、おっぱい気持ちいいっ」 ずにゅっ

僧侶「あ……」

勇者「おっぱい……おっぱい……」 かくかくかくかく

ずにゅっ ずにゅっ ずにゅっ ずにゅっ

僧侶(必死で腰振ってる。かわいい)

勇者「はぁ……はぁ……」 ずにゅっ ずにゅっ

僧侶(セックスしてるみたい……)


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 13:48:54.36 ID:9+U4Tmgt0
勇者「あっ、また出ちゃうっ。白いのっ、出ちゃうっ」

僧侶「いいよ、おっぱいの中に出して」

勇者「あぁっ」 びゅるっ

びゅるっ びゅるっ びゅーっ

とぷっ

僧侶「すごい量……。溢れてる……」

勇者「あう……」 にゅぽん



僧侶「――ん……」 れろれろ

勇者「あ……」 むくむく…

僧侶「また大きくなっちゃったね」

勇者「……もう一回して」

僧侶「……」

勇者「どうしたの?」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 13:58:13.74 ID:9+U4Tmgt0
僧侶(どうしよう。私も切なくなってきちゃった……)

僧侶(勇者さまと……)

勇者「?」

僧侶(……だめだめ。聖職者なんだから。最後の一線は守らなくちゃ……)

勇者「……しよ?」

僧侶「!」

勇者「ね、しよ?」

僧侶(ああ、愛しい。全身で愛してあげたい。だめ。だめ。でも。でも……)

僧侶「……勇者さま」

勇者「うん」

僧侶「赤ちゃんの作り方、教えてあげる」

僧侶(性教育ならセーフ。性教育ならセーフ)


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 14:11:06.52 ID:9+U4Tmgt0
勇者「――ここに入れるの?」

僧侶「そう。ゆっくりね」

僧侶(欲しい。勇者さまのが欲しい。早く。早く……)

ぬるっ

僧侶「……っ」 ぴくん

勇者「……あれ? 入らない……」 ぬるっ ぬるっ

僧侶「焦らないで……っ。落ち着いて……っ」

僧侶(焦らさないでよぉ! 早く、早く……!)

勇者「えいっ」 ずぶっ

僧侶「……!」 びくん

勇者「ふあっ」 びくん

僧侶(痛い……! でも気持ちいい。脳天が痺れる……)

勇者(ちんちんがぱくぱくぎゅーってされてる。すごい。これすごい……)


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 14:33:51.18 ID:9+U4Tmgt0
勇者「うぅ……っ」 ずぶっ ずぶっ

僧侶「いたっ! 痛いです。少し待って……」

勇者「でも、体が勝手に動いて……! 止まらない……!」 かくかくかくかく

ずぶっ ずぶっ ずぶっ ずぶっ

僧侶「そんな強くはだめっ。そんな強くっ、強くっ」

ずぶっ ずぶっ ずぶっ ずぶっ

僧侶「強くっ、もっとっ。もっと強くぅ……」

勇者「気持ちいいっ。ちんちん融けちゃうっ。融けちゃうよぉっ」 かくかくかくかく

僧侶「おちんちんっ。勇者さまのおちんちんっ。すごいっ。もっとっ。もっとぉ……!」

勇者「あっ、あっ、もう出ちゃうっ。白いのっ、気持ちよすぎてっ、もうっ」

僧侶「なっ、中はっ、中に出しちゃっ、中にっ、中に出してっ。全部っ、全部出してっ」 ぎゅっ

勇者「うあぁっ」 どくんっ

僧侶「――!」 びくびくっ


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 14:46:14.32 ID:9+U4Tmgt0
勇者「うあっ、うあぁ……」 どくん どくん

僧侶「精子……勇者さまの精子……」 びくんびくん

勇者「あ……あ……」 どくん どくん どくん どくん

僧侶「あんなに出したのに……中で踊ってる……」 びくん

勇者「う……」 かくっ

ぽふっ

僧侶「勇者さま!?」

勇者「……すぅ……すぅ……」

僧侶「……おやすみなさい」 むぎゅっ


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 14:54:43.94 ID:9+U4Tmgt0
勇者「――ふあ……」

ふにゅ

勇者「枕……気持ちいい……」 もみもみ

あっ やんっ

勇者「……?」

僧侶「お、おはようございます」

勇者「!」

僧侶「いっぱいした後、勇者さま、疲れて寝ちゃったんです。覚えてますか?」

勇者「あ……うん」

僧侶「おっぱいの枕、気持ちよかった?」

勇者「う、うん……」

僧侶「あっ」 ぴくっ

勇者「ど、どうしたの?」

僧侶「入れたままの勇者さまのおちんちん、おっきくなった」

勇者「あう……」


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 15:11:49.79 ID:9+U4Tmgt0
僧侶「んっ、熱い」

勇者「……したい。だめ?」

僧侶「ふふっ、いいですよ。みんなが起きるまでまだ時間がありますし」

僧侶「好きなだけ、甘えさせてあげる」

勇者「うんっ」 ぎゅっ



勇者「――大きな攻撃が来ます! 前衛、一旦守りを固めて!」

「了解!」

僧侶(いつも通りの勇者さま。さっきまでの子どもらしさが嘘みたい)

勇者「よし、耐えきった! 回復お願いします、お母さん!」

僧侶「!」

「?」

勇者「あっ!? そ、その……なんでもありません。回復急いで!」

僧侶「はーい」 くすくす


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 15:22:36.58 ID:9+U4Tmgt0
僧侶「――くぅ……くぅ……」

もぞもぞ…

僧侶「ふや?」

勇者「……」

僧侶「ゆ、勇者さま。今夜はだめですよ。野宿で、周りにみんながいるんですから」 ヒソヒソ

「ぐー……ぐー……」

勇者「隣で横になるだけ。それだけだから……」

僧侶「しかたないですね。エッチなことはしちゃだめよ?」

勇者「」 こくこく

僧侶「おいで」

勇者「えへへ」 ぎゅっ



僧侶「――だめ……そんな所、触っちゃ……」

勇者「はぁ……はぁ……」 さわさわ


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 15:29:16.37 ID:9+U4Tmgt0
ぬぷっ ぬぷっ ぬぷっ ぬぷっ

僧侶「ん……ぁ……」 びくっ

勇者「あっ、あぁっ」 かくかくかくかく

僧侶「声、落として……。目、覚めちゃう……」

「ぐー……ぐー……」

勇者「く……うぅ……」 ぬぷっ ぬぷっ

僧侶「ん……! んん……!」 びくん



勇者「――すぅ……すぅ……」

僧侶「もうっ」

僧侶「……」 なでなで

勇者「……えへ……」 むにゃ

僧侶「……」 ふっ


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 15:37:14.23 ID:9+U4Tmgt0
勇者「――ごめんなさい」

僧侶「謝っても許しません」

勇者「うぅ……」 ぐすっ

僧侶「泣いてもだめです。約束を守らなかったから、当分甘えさせてあげません」

勇者「ごめんなさいっ。ごめんなさいっ」 ぐすぐす

僧侶「……そんなにエッチしたいんですか?」

勇者「違うよっ。いっしょにいてくれるだけでいいの。もうエッチなことしないから、だから……」 ぐすっ


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 15:41:20.54 ID:9+U4Tmgt0
僧侶「……仕方ないなぁ。膝枕だけ許可しましょう」

勇者「!」 ぱあっ

僧侶「今日はいい天気ですから、そこの木陰で」

僧侶「――ほら、おいで」 ぽんぽん

勇者「うん」 ごろん

勇者「……温かい……」

僧侶「ええ、本当に暖かい……」



「――どこにもいないと思ったら、こんな所に……」

「馬鹿。大きな声出すな」 しーっ

「す、すまん」


勇者「すぅ……すぅ……」

僧侶「くぅ……くぅ……」



おしまい


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 15:45:05.35 ID:hba9b0QP0



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 15:47:09.45 ID:I61FALSf0
乙!!
本当に良くやってくれたww


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 15:48:16.44 ID:AZWJDeve0
おつ!


ひざまくら~疲れているあなたに~(黒)
ひざまくら~疲れているあなたに~(黒)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「勇者・魔王系」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2011/11/24(木) 15:24:46

    見事に俺のツボを突きやがって……


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ