Powered By 画RSS


【モバマス】森久保乃々「夢の向こうまで」

1 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:26:23.41 ID:5a2tL1YF0


「……の、乃々ちゃんは…どうして、アイドル……やめないの…?」



純粋な疑問。


その言葉は、私に投げかけられて当然の一言で、何の不思議もない一言。
私を少しでも知っているような人なら、自然と浮かんでくる、言われて当然の一言。
数日前の私なら、数週間前の私なら、数か月前の私なら、ほんの少し前の私なら。
いつものように、狼狽え、戸惑い、誤魔化し、逃げていただろう。


でも、今は違うから。昨日の私とは違うから。
胸を張って、こう言えるんだ。



「―――



―――――――――――――――
――――――――――
―――――








2 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:27:07.61 ID:5a2tL1YF0


「おはようございます……」



視線を下に下げ、小さな声で挨拶をしながら、事務所の扉を開ける
扉の向こうは決して大きいとは言えない事務室で、いつもと同じ光景が目に入る
散らかったデスク、黒いホワイトボード、来客用のソファーに、ファイルだらけの大きい棚


音を立てない様に、静かな足取りでその中を進む
少し奥に入ったところで、いつもの男性が声を掛けてくる



「おはよう、乃々」



パソコンの前だけは整理されている、デスクの前に居座るスーツ姿の男性
私のプロデューサーさん


声を掛けられ、少し遅れて返事をする



「……あ、お、おはようございます…」




3 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:27:55.27 ID:5a2tL1YF0


相変わらずのたどたどしい挨拶に、自ら嫌悪感を抱く
視線を合わせることも出来ないのか、もう少しでも大きい声を出せなかったのか
今更考えても仕方ないような後悔が、胸の中に奔る



「ああ。それじゃ、今日のスケジュール――――」



そんなことを考えている内にプロデューサーは、今日私がやるべきことについての説明を始める
後悔をしてても仕方ない、聞き逃さないようにちゃんと話を聞かないと





プロデューサーの説明が終わる
聞き逃しが無いか、問題点や気になる箇所がないかを確認される
私は一つ一つに拙い返事をし、何とか今日のスケジュール確認を終えた


それを確認した私は、いつもの一言を放つ



「……あの、お仕事……行きたく、ないんですけど……」




4 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:28:56.08 ID:5a2tL1YF0


お仕事には行きたくない
それは私の本心で、包み隠さずいつもの通りに伝える
雑誌のインタビューも、バラエティの撮影も、音源の収録も


行きたくない


本当は此処にだって、来たくは無かった
学校から直帰して、自分の部屋で、布団に篭りながら好きな少女漫画を読んだり、そのまま寝ちゃったり
華やかな舞台じゃなくって、静かな場所で寝ていたかった


それでも此処には来るしかなかった
来るしかないから来た
それは偽りじゃなくて本当の気持ち


それでも、返される言葉はいつもと同じ



「だめ。今日はレッスンに軽い仕事だけだから、頑張れ」



うん、いつも通り。当たり前だ
ただ、『行きたくないから』という理由だけで仕事を休ませる訳はない


そんな上司なんてどこにもいない
私が同じ立場でも、それで帰すような真似はしないだろう


「……わ、分かりました…」



納得のいかない了承を、いつもの通りに吐き捨てる






5 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:30:14.15 ID:5a2tL1YF0


抵抗しても、どれだけ駄々をこねようと、結局はお仕事に行くことになる
だから諦め了承の返事をして、振り返り視線を下げ、重い脚を動かしてソファーに座る
これがいつもの光景
嫌々事務所に来て、いつもと同じやりとりをして、辛いままお仕事をする


そんな日常を繰り返している内に、私の中には疑問が生まれた



『本当に嫌なら、逃げ出しちゃえばいいのに』



そんなことを思い始めたのは、今ではなく、最近でもない
私がアイドルになってから、毎日、毎晩、ずっとそう思ってきた


それでも逃げ出さない理由は、自分でも分からない
嫌なのに、嫌なのに
逃げ出しちゃいたいのに、私はアイドルを続けている




6 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:31:40.13 ID:5a2tL1YF0


そもそもアイドルになったのは、私の意志からじゃない
両親が勝手に応募して、いつの間にかアイドルになっていた
最初の内は反発もした


『どうして勝手に』


いつもそう言っていた


両親は私を溺愛しているようで、可愛い子には旅をさせよと言わんばかりに応募したらしい
そのせいで、私はこんな日常を送ることになっている
ここで知り合ったお友達もいるけれど、頼れる人もたくさんいるけれど
皆と一緒にいるのは、とても楽しいけれど
それでも嫌な気持ちは変わらない


何て心の中で思っていても、私は行動に移さない
何故かは分からない


逃げ出しちゃえばいいのに、逃げ出しちゃえばいいのに


何度も、何度思っても
私は逃げ出さない
それが分からない、矛盾している
分からないから、理解出来ないから、放っている


………そんなことを考えていると、もう時間だ



行かなきゃ




7 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:33:31.44 ID:5a2tL1YF0


偽りに煙る街の騒めきに、気が滅入る


レッスンが終わって、たどたどしい別れの挨拶を終えた私は、事務所の外へ出ていた
日はもう落ちていて、空には瞬く星と半分だけの月
人の群集に混じり鳴り響く、甲高いカラスの鳴き声


帰りの電車に乗って、窓の向こうに映る街を眺める


特に何も考えず
半分意識は無くなって、今私は夢の中にいるんじゃないか、何て錯覚を始める
けれど、イヤホンから頭の中に流れ込むいつもの音が
私を今に留める




8 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:34:47.61 ID:5a2tL1YF0


次の日も


その次の日も


週を跨いでも


カレンダーが捲られても



私の頭の中はずっと同じ



行きたくない、帰りたい
行きたくない、帰りたい
行きたくない



どうして、行くんだろう
どうして、逃げ出さないんだろう
どうして、





いっそ、逃げてみようか



一度実行してみれば、少しは変わるんじゃないだろうか




9 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:36:58.21 ID:5a2tL1YF0


行動に移るのは早かった
今日の私はいつもと違った
きっと、限界が来たのだろう
心の隅っこからいつもと違う、私のものではないような、勇気と言えないような勇気が溢れて止まらない


逃げよう



そう思ったら、もう既に動いていた
朝、事務所前で目先を右にやる。合わせて身体をそっちに向けて、ひたすら歩き続ける
数分も歩けば、そこはもう知らない場所で、新鮮な景色に前を向きながら歩く



錆びた自販機、昔ながらの駄菓子屋
元気に足を動かし中へ入る数人の子供達
皆で笑いあいながら、両手にたくさんのお菓子を抱える


蒼い川、盛り上がる碧の丘
カップルらしき青年と少女が、身を寄せ合って水を眺めている
少女が笑うと、青年も笑った


小さな公園、複数の遊具
人っこ一人いない寂れた公園
私はその公園を前に立ち止まり、振り返ることなく足を踏み入れた




10 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:38:43.27 ID:5a2tL1YF0


もう、お日様も落ちかけていた
一人ベンチに腰掛けて、人も通らない草木で満ちた通りを眺める


プロデューサーさん、怒ってるかな
今日のお仕事、どうなったかな
皆に迷惑、かけちゃったかな


今更な後悔が押し寄せてきて、胸が苦しくなる
指先が熱くなり、視界は狭まって、躰が強張る


どうしよう
どうしよう


頭の中に謝罪の言葉を連ねる。出てくる言葉は皆同じ


ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい


それしか思い浮かばない、それ以外にいうことがない、何も分からない
熱い、熱い、目が熱い




「ごめんなさい……」




目からは雫が、口からは音が、一緒に堕ちた




11 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:39:48.14 ID:5a2tL1YF0


「乃々」



顔を上げる
いつもの声、いつもの格好、いつもとは違った顔
冷静な顔で、それでいて険しい表情をする、私のお父さんだ
隣には、今にも泣きだしそうなお母さんもいる


声は出なかった
口から漏れるのは嗚咽だけで、瞳からは涙も溢れる


お父さんとお母さんが近づいてきて、隣に座った





炸裂音


お母さんが右手を上げ、私の頬を叩いた
でも、痛みが来るより先に、お母さんの温かみが私を包む


お母さんは私を叩き、そのまま抱きしめた
強く、強く、抱きしめた




12 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:41:17.90 ID:5a2tL1YF0


「Pさんから連絡があった。どうしてこんなことをしたんだ?」



「…………わ、わから、ない……から…」



お父さんは黙って私の話を聞いている
とても聞きやすいとは言えない、嗚咽混じりの涙声を、ただただ黙って聞いている



「………どう、して…アイドル、やめない、のか……」


「にげたい、のに……にげないのも…」


「いや、なのに……いやなのに……わかんない……」



嗚咽が強まる
視界は遮られ、世界が歪む




13 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:42:39.16 ID:5a2tL1YF0


「乃々は、期待に応えたいんじゃないのか」



期待



期待?誰の期待?



「お母さんと、お父さんの期待に」





あぁ


そういうことなんだ


私は、二人の期待に応えたかったんだ
抱えさせられた期待に
二人の為に、二人を落胆させないように、私はアイドルを続けていたんだ
だから逃げたくても、やめたくても、二人のことが大切だから、二人を失望させない為に、アイドルを辞められなかったんだ




14 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:43:41.79 ID:5a2tL1YF0


「最初に言ったな、辞めたかったら辞めてもいいって」


「でも、お前は今もアイドルを続けている」


「俺達の期待に応える為に、頑張っている」


「無理に頑張っている」


「ごめんな」


「無理にやらせて、ごめん」


「お父さん達が、身勝手すぎた」


「期待に応えなくったっていい」


「辛かったらやめてもいい」


「乃々に任せる」



私は


私は……




15 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:44:41.79 ID:5a2tL1YF0


私は、辞めない
アイドルを続ける


二人の期待に応える為に
私を生んでくれた、二人の為に


期待に応えて、恩返しをする
それが、子供の責任だと思うから


包み隠さず、本心を伝えた





「そうか」



「分かった」



お父さんが、私を抱きしめる
ゴツゴツとした大きな手が、頭に触れる
大きな体と長い腕で、お母さんと一緒に私を包み込む
それはとても安心できて、とても幸せだった


私はもう泣いていない
今、全てに納得できたから
ただ、ただ


二人の暖かさに、優しさに、愛に包まれて




暮れ行く空、からかう風
二人の手は冷たいけど


放さないで、歩いていたい




一人じゃない


一人じゃない





16 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:45:19.36 ID:5a2tL1YF0


―――――
――――――――――
―――――――――――――――



「―――皆の、ため、です」



お昼休み、学校では唯一の友人である同級生と食事をしていたら、そんなことを聞かれた。
似た者同士は惹かれあうのか、私にとても似ていて、内気な娘。
友人と言うほどにコミュニケーションを取っている訳ではなく、一緒にいても話すことは滅多にない。
でも一人じゃ寂しいから、食事はいつも一緒に食べるような、そんな仲。

そんな友人が、珍しく質問を投げかけてきた。





「……そ、そっか…」



「……はい…」



「……お、応援…!してる……から」



「………ふふっ……ありがとう、ございます」




17 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:46:20.26 ID:5a2tL1YF0


『どうしてアイドルをやめないのか』



今の私には、その理由が明確に分かっていた。


お父さん、お母さんの期待に応えるため。


でも、今はそれだけじゃない。


プロデューサーさん、ちひろさん、トレーナーさん、事務所の皆……そして、私のファン。



全ての期待に応えるために、私は頑張る。
今でもお仕事は辛いけれど、レッスンは大変だけれど、人と話すのは苦手だけれど。
それでも、それでも。



お仕事を終えたら、プロデューサーさんが褒めてくれて。
事務所に帰れば、ちひろさんが出迎えてくれて。
携帯を見ると、輝子さんや美玲さんからの連絡が入っていて。
笑いながら、一緒に帰って。
家に着けば、お母さんの声が聴こえて。
そして、お父さんが帰ってきて、三人でご飯を食べて。
一日を終える。



辛くて、大変で、嫌だけど。
それでも、少し幸せだから。



いつもと同じセリフも、少し笑って言えるんだ。


皆と、私の幸せの為に、私は頑張る。
この夢みたいな世界を、私は生きる。




夢の向こうまで、私は旅を続ける。
皆を連れて。







18 : ◆5/VbB6KnKE 2015/03/06(金) 19:48:00.97 ID:5a2tL1YF0
おしり
本日はアニメ第8話だ!皆丸太は持ったな!行くぞォ!
前作です
【モバマス】幸子「フフフ……驚かせてあげますよ!」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 20:00:13.27 ID:09XiQq2Ko

良かった


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425637583/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ