Powered By 画RSS


北上「今日も大井っちは可愛いなぁ~」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 22:25:31.34 ID:TCpw+cW20
北上「可愛いなぁ~、可愛いなぁ~」

北上「一生懸命あたしのために尽くしてくれる大井っち」

北上「可愛いなぁ~」

北上「今日はどんなことをしてあたしを楽しませてくれるのかなぁ?」

北上「楽しみだなぁ~、楽しみだなぁ~」

北上「へへへへへ・・・」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 22:28:41.43 ID:TCpw+cW20
北上「あぁ、美味しそうにご飯を食べている大井っち可愛いなぁ~」

北上「これはさ、ご飯が美味しい他にも」

北上「大井っちと一緒に食べるから美味しいんだよ?」

北上「ねぇ、もっとあたしに見せてよ」

北上「大井っちの食べているところ」

北上「もっともっともっとさぁ」



3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 22:29:53.49 ID:Z9WJUM6uO
アカン


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 22:31:44.86 ID:TCpw+cW20
北上「ねぇ、大井っちさぁ~、どこに行くの?」

北上「えぇ? 散歩?」

北上「もちろんあたしも行くよぉ」

北上「良いでしょ? 一緒に行っても」

北上「やっぱりそう答えるよね」

北上「良いんだよぉ? それで」

北上「んじゃぁ、ゆっくり行こうか?」

北上「2人でさぁ」



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 22:34:13.16 ID:TCpw+cW20
北上「綺麗な花だね」

北上「でも大井っちの方がずっと綺麗だよ?」

北上「うん」

北上「ずっとずっとずっとずっとずっとずっと」

北上「綺麗だよ?」

北上「そんなに照れることないってぇ~」

北上「その通りなんだからさ?」

北上「あぁ、綺麗だよ大井っち・・・」

北上「はは・・・あははは・・・」



8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 22:36:46.22 ID:TCpw+cW20
北上「あれ? 今日のお昼は大井っちが作ってくれたの?」

北上「それは嬉しいなぁ~」

北上「大井っちの料理はすごく美味しいからね」

北上「さて、いただきま~す」



9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 22:40:45.30 ID:TCpw+cW20
北上「大井っち、やっぱり美味しかったよ」

北上「ありがとうね?」

北上「また作ってよ、残さず全部綺麗に美味しく食べるから」

北上「今、あたしの胃袋の中は大井っちでいっぱいになっている気分だよ」

北上「あぁ・・・あぁ・・・気持ち良いなぁ・・・」

北上「・・・そうだ」

北上「晩ご飯はあたしが作ってあげるよぉ~」

北上「たっぷりと愛情をこめて作ってあげるよぉ~」

北上「嬉しい? 嬉しい?」

北上「そっかぁ~、そんなに嬉しいかぁ~」

北上「へへ・・・へへへへへ・・・」



10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 22:43:27.85 ID:TCpw+cW20
北上「はぁ・・・ちょっと肩が重いね」

北上「魚雷は重いからさ」

北上「え? 大井っちマッサージしてくれるの?」

北上「それは嬉しいなぁ~」

北上「じゃあさ、まずは脚の方からしてくれないかな?」

北上「肩は後回しだよ」

北上「ほら、早く」



11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 22:46:40.26 ID:TCpw+cW20
北上「あぁ~、気持ち良いよ」

北上「良い手つきだね」

北上「そうそう、もっと付け根の方もさ」

北上「丁寧にゆってくれるかな?」

北上「あぁ・・・良い・・・」

北上「・・・・・・」

北上「」ガシ  グィ

北上「大井っちぃ~、あたしの股はどんな感じ?」

北上「温かい? どんなニオイがする?」

北上「ゴメンねぇ~、ちょっと驚かしてみたかっただけだよぉ~」

北上「えへへ・・・」



12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 22:51:00.16 ID:TCpw+cW20
北上「大井っちってさ、髪が綺麗だよね」

北上「肌も綺麗だし、胸も大きいし」

北上「大井っちはあたしのことを綺麗だと言ってくれるけど」

北上「もっと自分のことを考えるべきだよぉ~?」

北上「大井っちより可愛い艦娘なんていないんだからさぁ」

北上「もっと自分に自信を持って良いんだよ?」



13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 22:53:09.50 ID:TCpw+cW20
北上「じゃじゃーん! 北上様特製肉じゃが!」

北上「どう? 美味しいかなぁ~?」

北上「・・・そっかそっか、うんうん」

北上「今回は特製のタレを使ったからね」

北上「どんなものかは秘密だよぉ?」

北上「美味しいでしょ?」

北上「へへへ・・・」



14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 22:57:30.32 ID:TCpw+cW20
北上「綺麗な硝子玉のような無垢な瞳」

北上「あたしはいつだって大井っちを見ているし」

北上「大井っちもいつだってあたしを見ている」

北上「あぁ、あまりに素直に美しく、汚れないから」

北上「あたしは辛いほどに切なく、苦しいほどに嬉しくなる」

北上「あたしは大井っちを傷つけ、破滅していきたい」

北上「あたしのこの思いを知ったら、大井っちはどう思うかな?」



15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 23:01:14.95 ID:TCpw+cW20
北上「ただ何も言わず微笑んでくれるかな?」

北上「大井っちの口からなら、たとえ罵る言葉さえ」

北上「真珠のように美しいだろうなぁ~」

北上「口付けを交わすように、大井っちの顔に左手を添える」

北上「そして親指を大井っちの眼窩へと、ぐいと押し込む」

北上「不意に力強く、躊躇いもなく、穴を穿つように」

北上「それはどんな感触かなぁ? ゼリーのような感じかなぁ?」

北上「あたしは歓喜に打ち震えながら、淫猥に掻き混ぜて」

北上「その血のぬるみを味わうんだぁ」



16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 23:05:00.54 ID:TCpw+cW20
北上「大井っちはどんな声をあげるのかなぁ?」

北上「潰された目から、辰砂のように赤い涙を流して」

北上「痛い痛い、と叫ぶのかなぁ?」

北上「幾度一緒に過ごしたか忘れるほどの生活の中で」

北上「あたしが狂おしいほどの飢餓を思っていたことを」

北上「大井っちは知らないんだよねぇ~」

北上「大井っちのその泣き叫ぶ声を飲み込むように」

北上「今、あたしは願いを果たし、大井っちの舌を噛み千切る」

北上「口紅を味わうように、唇に食らいつく」



18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 23:08:10.28 ID:TCpw+cW20
北上「あぁ、あぁ、それはどんなに幸福なんだろう」

北上「貪欲で意地汚いメス犬のように、欲望が満たすのは」

北上「大井っちの桜色に染まる頬も、あたしは憧れていた」

北上「それは舌が蕩けるほどに旨いに違いないよね」

北上「あたしはきっと癒されて、幼子のように泣くんだろうね」

北上「大井っちの柔らかな耳朶はどうかな?」

北上「頬に触れるあたしの唇を這い上げて歯を立てたい」



19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 23:13:48.77 ID:TCpw+cW20
北上「いつもタルトのように甘い言葉を囁いてきた大井っちの左耳に」

北上「あたしの本当の想いを聞かせたいなぁ」

北上「偽りは無かったけれど、秘密は幾つも有ったからね」

北上「あぁ、大井っちはあたしをどう思うのかなぁ?」

北上「たぶん憎悪か恐怖なんだろうね」

北上「あたしが大井っちを終演に至る苦痛へと誘うように」

北上「大井っちが望むなら壊してくれても構わないよ?」

北上「大井っちが望むままに、あたしを壊してくれても構わないんだからさぁ」

北上「へへ・・・えへへへへへ・・・」

北上「・・・なぁーんて、こんなことできたら良いんだけどさ」

北上「大井っちがいなくなったら、寂しいもんね」

北上「だからこれはあたしの妄想」

北上「もし大井っちが沈んじゃったときは」

北上「すぐにそっちに逝くからね?」

北上「どこまでもどこまでも追いかけてあげる」

北上「そしたらさぁ、大井っちも寂しくないよね?」



20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 23:14:29.98 ID:TCpw+cW20
スーパー北上様のハイライト吸ってきます


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 23:29:30.07 ID:TCpw+cW20
北上「おーい、大井っちぃ~」

北上「あ・・・」





大井「まぁ、最近は頑張っていると思いますわよ?」

吹雪「大井さん! ありがとうございます!」ダキ

大井「わっ!?」

吹雪「えへへ!」

大井「まったく・・・今日だけですよ?」ナデナデ





北上「・・・・・・」





i1399811-1425997730.jpg






26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 23:34:48.65 ID:TCpw+cW20
北上「ねぇ、大井っちさぁ」

北上「なんであたし以外の娘と話してんの?」

北上「あたしだけじゃ不満?」

北上「ちょっと許せないなぁ~」

北上「」ドス

北上「ねぇ、痛い? 苦しい?」

北上「ははっ、大井っちもそんな顔するんだね」

北上「いつもあたしに笑顔で接してくれるのに」

北上「今は苦しそうな顔をしているね」

北上「あぁ・・・あぁ・・・大井っちの苦しそうな顔も好きだよ」

北上「可愛い・・・本当に愛おしいよ・・・」

北上「涙も流して・・・」

北上「」ペロ

北上「美味しいなぁ~」

北上「ねぇ、大井っち」

北上「もうこんな苦しい思いはしたくない?」

北上「だったらさ、あたしだけを見てよ」

北上「あたしだけを見て、あたしだけを感じていれば良いんだよ」

北上「ふふ・・・ふふふ・・・」



27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 23:42:39.13 ID:TCpw+cW20
北上「大井っち、おはよう」

北上「今日も良い天気だねぇ」

北上「え? 部屋から出してくれって?」

北上「それはできないなぁ~」

北上「だって大井っちと離れたくないんだもん」

北上「大丈夫だって、あたしに任せなよ」

北上「全部お世話してあげるからさ」

北上「大井っちがあたしにしてきてくれたように」

北上「大井っちの全てを愛してあげる」

北上「だからさ、あたし達ずっと」

北上「一緒にいようね・・・?」

北上「へへ・・・えへへへへへ・・・」





――― 終 ―――




28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/10(火) 23:46:02.98 ID:L/cpG+OUO

北上の方が病むのって珍しかったよ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425993931/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「艦これ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ