Powered By 画RSS


街角で通りすがりお前ら「貴様…能力者だな?」チラッ俺「…だとしたら?」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:30:29.56 ID:VDojTbU/0.net
お前ら「…倒させてもらおうか」スッ

女子高生「馬鹿ね、こんなとこでやり始めるつもり?」

お前ら「…!!貴様も能力者か?」

女子高生「その呼ばれ方、好きじゃないなぁ」

俺「ふっ…同感だ」

サラリーマン「なんだか面白そうな話をしているね」ニコニコ

お前ら「…!!」

俺「…あんた、強えぇな?」

サラリーマン「いやいや恐縮です、ただのサラリーマンだよハハハ」

――これが俺達の共通した最も古い記憶




9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:36:35.75 ID:VDojTbU/0.net
――次の記憶?ああ…例の喫茶店だ

マスター「注文は?」

お前ら「コーヒー…」

女子高生「私も、あ、あとパフェ」

俺「俺もコーヒー」

サラリーマン「僕はカレーを」

俺「カレー?」

サラリーマン「朝食を取って無くてねハハハ」

女子高生「そーいえばもうお昼だもんね」

俺「なんか俺も腹減ってきたなぁ…マスター、俺もカレー!!」

女子高生「じゃ私も!!」

お前ら「チッ…遊びに来たんじゃねーんだぞ…」イライラ

――この時、お前らだけカレー食わなかったっけ


15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:42:15.10 ID:VDojTbU/0.net
お前ら「…それで?貴様らは俺の敵ではないと…?」

俺「そうなるな」

女子高生「だね、まあ敵の正体が掴めているわけではないけど…」

サラリーマン「僕は一度だけ…ソレを見たことがある」

お前ら「…!!」ガタッ

マスター「…」チラッ

お前ら「…ゴ、ゴホン」スチャッ

お前ら「本当か、オッサン!?」ヒソヒソ

サラリーマン「ああ…一度だけね」

サラリーマン「そして僕は家族を失った」

お前ら「…す、すまない」

俺「お前もちゃんと謝罪が出来るんだな」

女子高生「茶化さないの、ねぇ…私達、チームを組まない?」

――記念すべき、いいや…忌まわしきチーム結成の記憶


23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:50:39.07 ID:VDojTbU/0.net
――そして初めて俺達は敵に出会う

NO.9「やあ…君達が僕らの組織に刃向おうとしてるっていうチームだね」ニコニコ

お前ら「これが…敵…」ゴクリ

サラリーマン「ああ…そうだ」

女子高生「額に…NO.9の文字…」

俺「覚悟は出来てんだろ?さっさとやろうぜ」

NO.9「まずは挨拶代わりに…」クンッ

ドォォォンッ

女子高生「きゃああああっ!?」ブワッ

サラリーマン「うおおっ!?」ブワッ

俺「くっ…二人とも…!!」

お前ら「貴様は下がってろ…俺一人で片付ける…!!」

俺「悪いがお前の言う事聞くのだけはごめんだね」

――思えばお前らとはこん時から衝突ばっかだったな


27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 13:55:38.90 ID:VDojTbU/0.net
NO.9「くっ…なかなかやるね…!!」

お前ら「オラオラオラオラァァァッ!!!」ズドドド

俺「ったく…スマートじゃねぇな」

NO.9「舐めるなァッ!!」ビュンッ

バキィッ

お前ら「ぐあああああっ!?」ズサーッ

俺「ほーらみろ、雑魚」

お前ら「う、うるさい…!!」ムクリ

俺「てめぇには感謝してるぜ、NO.9」

NO.9「なに…?」

俺「初めて敵を知ることが出来たし…なにより」

俺「女子高生のパンツ、拝ませてもらったからな…へへっ」

女子高生「なっ…///」カァァァ

――この後の勝利で俺達は上手くやれる、そう確信した
だけど俺達の知らないところで運命の歯車は…狂い始めていたんだ――


28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 14:01:24.39 ID:VDojTbU/0.net
――その後も俺達は順調に幹部を撃破していった

NO.4「ぐああああ馬鹿なぁぁぁぁぁっ!?」ドサッ

女子高生「バイバイ…先輩…」キラリ…



NO.3「フハハハ…フハハハハハハハ…ハァッ!?」ドサッ

サラリーマン「よし子…タカシ…仇は取ったぞ」キラリ…



NO.2「貴様ごときに…このっ…私がぁぁぁぁぁっ…!?」ドサッ

俺「眠りな…永久に」


――そして俺達はNO.1を追い詰めた


34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 14:10:20.43 ID:VDojTbU/0.net
NO.1「NO.2までを破ったことは褒めてやろう…」

お前ら「すぐに貴様も後を追うことになる…」キッ

NO.1「んん?んっ…ププッ…ブハハハハハハハ!!!!!」ビリビリッ

俺「笑い声で空気が…怯えてやがるッ!?」

NO.1「ブハハハハハハハ!!!!!」ビリビリッ

女子高生「な…なんなのこれ…!!」

サラリーマン「さすがにNO.1は今までのようにいかない…か」

NO.1「ブハハハハハハハ!!!!!」ビリビリッ

お前ら「ひるむな!!ここで負ければ今までの勝利もパーだ!!」

NO.1「ハハハハハ!!」ピタッ

シュンッ ズボッ

お前ら「えっ…?」

ドサッ…

俺「お前らァァァァァァァァァッッッ!!!!」


41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 14:23:11.26 ID:VDojTbU/0.net
――耳に染み付くほど血が流れる音、ドクドクドクドク…

俺「おい!!早く!!治癒するんだ!!早く!!」

女子高生「やってる!!やってるよぅ!!」パァァ

お前ら「…カフッ」ドクドク

女子高生「ダメ…なんで…血、止まらない…!!」

俺「クソが…クソがァァァァッッッ!!」ビュッ

サラリーマン「ダメだ!!早まってはいけない!!」

NO.1「フンッ!!」バキッ

俺「うわぁぁぁぁぁぁっ!?」ズサーッ

女子高生「治って…お願い…目、開けてよぅ…ぐすっ…」パァァ

女子高生「あ…ダメだ…」

サラリーマン「…?」

女子高生「心臓が…無い…」

俺「えっ…?」


45 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 14:27:50.45 ID:VDojTbU/0.net
NO.1「お探しのものはこれかな…?」ニヤッ

お前ら心臓「ドクン…ドクン…」

女子高生「…!!」ヘタン…

俺「あ…あ、あ…」ガクッ

サラリーマン「くっ…」

NO.1「残念、チェックアウト…」グチャッ

お前ら心臓「ビチャァッ!!」

お前ら「…!!」ガクンッガク…

俺「お前ら…おい…お前ら…」ユサユサ

サラリーマン「…」ブワッ

女子高生「いや…いやあああああああああああああああっ!!!」

――そして、敗北


49 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 14:29:04.32 ID:LAfhx6Cr0.net
チェックアウトwwww


54 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 14:35:49.85 ID:VDojTbU/0.net
――傷を負い、足を引きずり、俺達は小高い丘にたどり着いた

俺「…」

女子高生「うくっ…えぐっ…ぐすっ…」

サラリーマン「もう終わりにしよう…僕たちには勝てっこない…」

俺「てめぇ…本気で言ってんのか…?」グイッ

サラリーマン「君も力の差を見ただろう?あれにどうやって…」

俺「お前らが殺されたんだ…悔しくねぇのかよ!!」

サラリーマン「僕だって悔しいさァァァッッッ!!!」ドンッ

サラリーマン「出来ることなら仇を討ちたいさァァッッッ!!」

サラリーマン「だけどあんな化物にどうやって勝つっていうんだ!?」

サラリーマン「無計画に突っ込めば今度同じ目に合うのは自分だ!!」

サラリーマン「どうやるんだ!?さあ答えろ!!答えてみろよ!!!」グイッ

俺「そ、それは…」ガクッ

サラリーマン「僕は会社に戻る…君達も達者で…」スタスタ

――こうしてチームは解散したんだ


55 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 14:37:43.08 ID:iX08rx7l0.net
悲しいな


57 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 14:42:58.03 ID:VDojTbU/0.net
――それから数カ月後…

マスター「注文は?」

俺「コーヒー…」

マスター「…いつもの連れは?」

俺「聞くな…お願いだ…」ガクッ

マスター「はい…コーヒー」ススッ

俺「…?マスター一つ多いぞ?」

マスター「…ふん」チラッ

俺「ん?」クルッ

女子高生「やっほ、久しぶり」

俺「女子高生…久しぶりだな」

女子高生「ここ座っても良い?」

俺「ああ…」


58 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 14:48:58.15 ID:VDojTbU/0.net
女子高生「私ね、大学合格した」ズズズッ…

俺「そーか…おめでとう」

女子高生「まだ…仇打ちを考えてるの?」

俺「…」

女子高生「一応言っておくけど…私はもう無理、戦えない」

俺「…わかってる、お前はもう十分やったよ」

女子高生「ごめんね…」

俺「良いんだ、傷が癒えたら俺一人で行く…うまくやるさ」

カランカラーン

マスター「いらっしゃい」

サラリーマン「もしもし?あーハイ、その件ですが…」チラッ

俺「…」チラッ

サラリーマン「ああいえ、なんでもありません、ええハイ…」クルッスタスタ

マスター「チッ…冷やかしかよ」

俺「オッサンも仕事がんばってんだな」


61 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 14:54:49.10 ID:VDojTbU/0.net
女子高生「そうみたいね」ズズズッ

女子高生「プハー…ごちそーさま」

俺「おい、俺の奢りかよ?」

女子高生「可愛い女子高生とお喋り出来たんだから、コーヒーくらい奢ってよ」

俺「ったく…元気でな」

女子高生「うん…あ、これあげる」スッ

俺「学業成就?」

女子高生「私が合格したという由緒正しきお守り」

俺「俺勉強するわけじゃねーんだけど…」

女子高生「まあまあ、良いじゃない、それじゃ…またね」クルッスタスタ

マスター「ありがとさん」

カランカラーン

俺「ありがとよ…女子高生」


66 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 15:09:04.77 ID:VDojTbU/0.net
――そして…

俺「さーて…弔い合戦といきますか!!」

雑魚「キェェェェッ!!キェェェェッ!!」ワラワラ

俺「ったくあんとき雑魚もかなり蹴散らしたのにまだいやがるのか…」

俺「良いぜ、まとめて相手してやる」スッ…

雑魚「キェェェェッ!!」ガバッ

俺「はぁッッッ!!」ドスッ

雑魚「キェェェェッ!!」ガバッ

俺「とりゃッッッ!!」ドスッ

バキドカオメコボコォッ

俺「ふー…片付いた片付いた」パンパン

スタ…スタ…スタ…

NO.1「また来たのか…愚かなる人間よ」

俺「愚かなだけじゃねーぜ?その上しつこいからな」ニヤッ


69 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 15:27:13.93 ID:VDojTbU/0.net
――一方その頃、TOKYOでは

ポツポツ…ザァァァァァ…

通行人A「うわっ!?なんだこの雨赤いぞ!?まさか…血!?」

通行人B「きゃああああっ!?」

サラリーマン「…ついに始まったか」

サラリーマン「でも…僕は…」

――一方その頃、高校では

クラスメイトA「おい!!外見てみろ!!血の雨が降ってる!!」ザワザワ

女子高生「ブラッディマンデー…」ガタッ…

クラスメイトB「あっ…ねぇどこ行くの!?」

――そして、俺は対峙するんだ…

NO.1「まずは軽くショーを見せてもらおうか、来い…」

俺「そんな…嘘だろ…」

――親友(ライバル)と

お前ら「カタカタカタカタ」


71 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 15:35:16.39 ID:VDojTbU/0.net
俺「お、おい…お前ら!!おい!!」

NO.1「無駄だ、ソレは既に死んでいる我が人形に過ぎん」

お前ら「カタカタカタ」

NO.1「殺(ヤ)れ」

お前ら「ブゥゥゥン」オメメキラーン

シュッ!!シュシュッ!!

俺「や、やめろ!!俺達はチーム…そうだろ!?」ヒョイヒョイ

NO.1「無駄だというのに…まあそのまま殺されたいならずっとそうしているが良い」

お前ら「サツガイ!!サツジン!!」シュッシュッ

俺「クソっ…埒があかねぇ!!」

お前ら「スキアリ!!」シュッ

ドスッ

俺「ぐぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」ズサーッ

NO.1「言っておくが…人形とは言えその能力は生きていた時と同等…もしくはそれ以上だ」

NO.1「あまり舐めないほうが良いぞ…ブハハハハハハハ!!」


74 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 15:45:12.07 ID:VDojTbU/0.net
俺「くっ…だが…あいつとは…戦えない…!!」

お前ら「トドメ!!」シュッ

俺(――殺(ヤ)られる!?)

ガキィンッ

お前ら「グ、グヌヌ…」

サラリーマン「やあ、なんだか面白そうなことをしているね」クワッ

お前ら「ウオオオオオッ!?」ズサーッ

俺「オッサン…!!どうしてここに…」

サラリーマン「定時が過ぎれば仕事は終わり、その後の時間は僕の自由さ」ニコッ

女子高生「あーもう!オジサンばっかカッコつけすぎー!!」

女子高生「私が出づらくなっちゃったじゃない!!」

俺「女子高生まで…なんで…」

女子高生「女心と秋の空、女の子の気持ちっていうのは変わりやすいもんなのよ」ニコッ

サラリーマン「ハハハそれじゃもしかしたら僕も女の子なのかもしれないな」

――そしてここに全ての歯車の欠片(ピース)が揃った


80 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 16:00:29.73 ID:VDojTbU/0.net
サラリーマン「お前ら君は無視、NO.1を叩く!!」バッ

女子高生「わかった!!」ババッ

俺「ああっ!!」バッ

サラリーマン「能力――板上処理(デスクワーク)――」シャキーン

お前ら「サツジン!!」シュッシュッ

女子高生「ああもう邪魔!!どいてて!!」

女子高生「能力――瞬間性布(パンチラ)――」フワッ

お前ら「グァァァァァァッ!?」ピクピク

俺「今だ…能力――包茎脱皮(バーサーカー)――」ムキッ

グシャァッ

NO.1「ぐおおっ!?」ズサーッ

サラリーマン「はぁ…はぁ…やったか…?」

女子高生「まだ…まだよ」

俺「かまわねぇ…休まず叩きこむぞ!!」


85 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 16:15:15.38 ID:VDojTbU/0.net
女子高生「二人とも!!いくわよ?能力――発育乳房(フクラミカケオッパイ)――」プックリ

サラリーマン「タイミング!!合わせて!!」

俺「ああっ!!能力…」

俺&サラリーマン「――W精液発射(セイメイノハドウ)――」ズキュゥゥン

ドォォォォン…

サラリーマン「こ、今度こそ…」フラフラ

NO.1「…」シュンッ

ドスッ

サラリーマン「ガハッ!?」ドサッ…

俺「オッサァァァァン!!!?」

サラリーマン心臓「ドクンドクン…ビチャァッ!!」

NO.1「二人め…ブハハハハハ!!!」

女子高生「あっ…あ、あ…」ガクガク

NO.1「あと何人死んだら気づくのかね、圧倒的な力の差に」


87 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 16:22:17.27 ID:mlb1s7fRM.net
サラリーマァァァン!!


90 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 16:26:55.65 ID:VDojTbU/0.net
NO.1「次は女ァァァ!!」シュンッ

女子高生「…!!」



お前ら「俺…き、君のことが好きだ!!」

女子高生「ごめんなさい…私…俺君が好きなの…」

壁の向こう俺「…」



俺(この娘だけは守らなきゃ…あいつが…あいつが愛したこの娘だけは…!!)バッ

NO.1「な…!?」

女子高生「俺く…」

ズブリ

俺「うぐぅっ…!!」

ポタ…ポタ…ジュチャァッ ドサッ…

NO.1「馬鹿な奴め…自ら我が矛先に飛び込んでくるとは」


91 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 16:29:00.37 ID:o8fWankya.net
なんでお前らに追い打ちをかけた


92 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 16:32:12.93 ID:0Po2tDs70.net
お前らの力は所詮この程度か


95 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 16:38:14.04 ID:VDojTbU/0.net
俺「ガハッ…」ピクピク

女子高生「やだ…やだよぅ…俺君私の気持ち…知ってるくせに…ぐすっ」

女子高生「死んじゃうなんてやだ…やだよぉぉぉっ!!」

――この後のこと、言っても信じられないと思うぜ?

俺「…ん?俺、死んだのか…?」

お前ら「貴様…何を手加減してやがる?」スッ…

俺「お前ら…俺が手加減…?」

サラリーマン「君は初対面の時こう言ったね、あんた、強えぇな?」スッ…

サラリーマン「僕の強さを推し量れたのは、君がもっと強いから…そうだろう?」

俺「…でも俺は…本気出すとこの銀河を破壊してしまうかもしれない…だから」

お前ら「舐めんな、そんときは俺が止めてやる」

サラリーマン「…コクリ」ニッコリ

お前ら「ぶっ壊して来い、絶望という名の歯車を」


101 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 16:49:53.92 ID:VDojTbU/0.net
NO.1「さあ…今度こそ女、貴様の番だ…チェック…」

女子高生「あ…あ、あ…」

NO.1「アウ…」

ドスッ

NO.1「ングァァァッ!?」内臓ビチャァッ

女子高生「う…嘘…そんな…まさか…」

俺「わりぃ、待たせたな」

女子高生「俺君…俺君!!ばかっ!!もう!!心配したんだから!!」ギュッ

俺「へへっ…」

NO.1「ぐくっ…き、貴様ァァァ…」ヨロヨロ

俺「下がってな」スッ

女子高生「う、うん」

俺「さあ、終わりにしようぜ」

俺「くだらねぇ争いと…このクソみてえなSSってやつをさァッ!!」

NO.1「舐めるなァァァァッッッッ!!!」グワッ


105 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 16:51:41.98 ID:Xlmn0TPa0.net
自虐ネタワロタ


111 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 17:05:51.42 ID:VDojTbU/0.net
俺「能力――光速手淫(センジュカンノン)」ブワッ

NO.1「ズオオオオオオッ!!!」ババババッ

女子高生「凄い…右手だけで全部の攻撃を捌いて…」

俺「他愛ない…もはや能力など必要ない!!」

NO.1「そ、そんな…馬鹿な…」

俺「フォォォォイッッッ!!」ケリギュオオオンッ

NO.1「うぎゃぁぁぁっ!?」右手シュポーン

俺「フォォォォイッッッ!!」ケリギュオオオンッ

NO.1「うぎゃぁぁぁっ!?」左手シュポーン

俺「フォォォォイッッッ!!」ケリギュオオオンッ

女子高生「…!!」

俺「チェックアウト…」

NO.1「死ぬわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッッッッ!!!!」

ドカァァァァァン…

――これが、俺の戦いの記録全てだ


116 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 17:15:13.41 ID:VDojTbU/0.net
――


お前らとサラリーマンの墓

女子高生「…」合掌

俺「…終わったかい?」

女子高生「うん、もう終わった」スクッ

女子高生「俺君はお参りしないの?」

俺「そーだな…」

俺「ふっ…いや、やめておこう、あいつはきっと嫌がるだろ」

女子高生「なになにー?ライバル同士の友情ってやつー?」ニヤニヤ

俺「それは違う、俺は常に勝者であいつは常に敗者だ」

俺「ライバル関係はなりたたない」

女子高生「もー俺君ってばひっどいwねーこの後ホテル行くでしょ?」キャピキャピ

青空を見上げて

――そうだろ、お前ら?

― 終焉(ジ・エンド) ―


120 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 17:20:52.39 ID:vFZTIjDup.net
最後のテキトーさワロス


124 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 17:29:32.32 ID:k1g9I9MZ0.net
最後はしょりすぎwwwww


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1424147429/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ