Powered By 画RSS


悠貴「大好きですっ!」まゆ「そうですかぁ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 18:30:19.12 ID:MGXwNV9b0
~事務所~


P「……」カタカタ

乙倉悠貴「……」ソワソワ

P 「……」カタカタ

悠貴「……あのっ、プロデューサーさんっ。少しいいですかっ?」

P「ん? なんだ、悠貴」

悠貴「お仕事中に申し訳ないんですけどっ……」

P「別にいいよ。急ぎの仕事でもないしな」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 18:32:34.03 ID:MGXwNV9b0
悠貴「ありがとうございますっ。あのっ……プロデューサーさんに手伝って欲しいことがあるんですっ」

P「おう。なにを手伝えばいいんだ?」 

悠貴「ドラマの役の、練習をっ……」

P「ああ、『探偵・鬼ヶ島羅刹』のか。面白いよ、あれ」

悠貴「ですよねっ!トリックとかっ、毎回驚かされます……って、そうじゃなくてっ」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 18:34:51.62 ID:MGXwNV9b0
悠貴「……実は、次の撮影で告白する場面があるんですっ」

P「うん」

悠貴「それでっ、そのっ……プロデューサーさんに、あ、相手役をしてもらいたいなって……」 モジモジ

P「……俺に?」

悠貴「はいっ……」

P「……」

悠貴「ダ、ダメでしょうかっ……?」

P「……もしかして……」

悠貴「えっ?」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 18:37:44.25 ID:AHHD50m60
P「いや、なんでもない。……もちろんOKだよ」

悠貴「ありがとうございますっ!」

P「おう。でも、俺に天ヶ瀬冬馬の代わりがつとまるのかな 」ハハハ

悠貴「大丈夫ですよっ!天ヶ瀬さんも、よくセリフ忘れちゃったりしてますしっ」

P「そうなのか……完璧な人だと思ってた」

悠貴「天ヶ瀬さんは、結構おっちょこちょいですよっ。……でも」

悠貴「ぶっきらぼうに見えて……実は気配りができる、優しい方ですっ」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 18:40:34.35 ID:AHHD50m60
P「……よかったな、そんな人と組めて」

悠貴「プロデューサーさんが頑張ってくださったおかげですよっ」

P「……ありがとな。これからも、もっともっと頑張るよ」

悠貴「私もっ、プロデューサーさんに負けないくらい頑張りますっ!」

P「その意気その意気。……じゃ、とりあえず始めるか」

悠貴「はいっ!」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 18:42:44.83 ID:AHHD50m60
P「悠貴、台本くれるか?」

悠貴「あっ、そうですねっ。えっと……」ゴソゴソ

悠貴「……ありましたっ。はいっ、プロデューサーさんっ」

P「サンキュー。……ふーむ」ペラペラ

P「おっ、ここかな。えっと……」

P「『ありがとう。俺も同じ気持ちだ。……好きだよ、○○』……まあ、普通だな」

悠貴「普通かもしれないですけどっ、私は好きですよっ? 変にかっこつけるよりもいいと思いますっ」

P「そうだな。俺もキザなセリフはできれば……って思ってたんだ」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 18:45:26.48 ID:AHHD50m60
悠貴「そうですよっ! プロデューサーさんにキザなセリフは似合いませんっ」

P「おおう、断言するか……」

悠貴「だって、プロデューサーさんはいつもの姿が一番……か、かっこいいですからっ!」

P「そうか? ありがとな。……悠貴も、いつも通りが一番かわいいよ」

悠貴「えへへっ……ありがとうございますっ!」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 18:47:27.46 ID:AHHD50m60
P「まあ、悠貴はどんな時でもかわいいんだけどな」

悠貴「えっ……か、からかわないでくださいっ」

P「ははは」

悠貴「もうっ……」

P「すまんすまん。……ところで、そろそろやらないか?」

悠貴「あっ、そうですねっ。やりましょうっ!」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 18:50:28.89 ID:AHHD50m60
P「じゃあ、始めるぞ。えっと……」

悠貴「あ……! ちょ、ちょっと待ってくださいっ!」

P「どうした?」

悠貴「あの……名前を、わ、私の名前で呼んでくれませんかっ?」

P「えっ? 役の名前じゃなくて?」

悠貴「はいっ……」

P「あ……うん、いいぞ……」

悠貴「……ありがとうございますっ! それじゃあっ、セリフお願いしますっ」

P「……」

悠貴「……プロデューサーさん?」

P「……なんでもない。よし、やろう」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:03:23.03 ID:AHHD50m60
~廊下~


緒方智絵里「~♪」テクテク

智絵里 (えへへ……今日も四葉のクローバー見つけちゃった。最近、幸せだなあ……)

智絵里 (どれもこれも、Pさんと……事務所のみんなのおかげ……)

智絵里 (Pさんと出会って……アイドルになれたから私も変われた……)

智絵里 (このままずっと、幸せが続くといいな……あれ?)


『どうしたんだ? こんなところに呼び出して』


智絵里 (Pさんの声……誰かと話してる……?)


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:05:01.96 ID:AHHD50m60
『あのっ……実は、私……』


智絵里 (悠貴ちゃん、かな……? どんなお話を……) チラッ

悠貴「私、あなたのことが……あなたのことが好きなんですっ!」

智絵里 (!?)

P「……」

悠貴「……初めて会ったときから、ずっと好きでしたっ。だけどっ、関係が壊れるのが怖くて今まで打ち明けられなかったんですっ……」

悠貴「でもっ、もうあなたへの想いを抑えることができなくなって……お願いしますっ、あなたの気持ちも聞かせてくださいっ」

P「……」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:07:06.23 ID:AHHD50m60
智絵里 (ど、どうしよう……このまま見ててもいいのかな……) アタフタ

P「……ありがとう。俺も同じ気持ちだ。……好きだよ、悠貴」

智絵里 (……えっ)

悠貴「……嬉しいですっ」

智絵里 (そ、そんな……まさか……)

P「悠貴……」

悠貴「Pさん……」

智絵里 (……!)

智絵里 (も、もう、ダメ……!) タタタッ


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:09:25.35 ID:AHHD50m60


P「……で」

P「このあと、悲鳴が聞こえてきて」

悠貴「はいっ」

P「そこで起きた事件を、天ヶ瀬冬馬演じる鬼ヶ島羅刹がビシッと解決すると」

悠貴「はいっ」

P「なるほどな……というか、台本なしでもできてるじゃないか。すごいぞ」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:10:46.43 ID:AHHD50m60
悠貴「えへへっ……」

P「だけど、最後だけ間違ったな」

悠貴「えっ!?」

P「Pさん、じゃなくて羅刹さんだろ?」

悠貴「あっ……」

P「俺の名前を呼んでどうする」ハハハ

悠貴「……そう、ですねっ……」

P「どうする? もう一回やるか?」

悠貴「……はいっ、お願いしますっ!」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:12:43.46 ID:AHHD50m60
~廊下~


智絵里「…………!」タタタッ


智絵里「はあっ……はあっ……」

智絵里「……」ヘタッ

智絵里 (そんな……こんなことって……)


『好きなんですっ!』

『好きだよ、悠貴』


智絵里 (こんな……ことって……) グスッ

智絵里「うぅぅ……ひっく……」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:14:28.29 ID:AHHD50m60
??「あれ?……どうしたんですかぁ、智絵里ちゃん」

智絵里「悠貴ちゃんが……Pさんに……好きだって……」

??「それで?」

智絵里「Pさんも……ゆ、悠貴ちゃんのことが……好きだって……ひっく」

??「……そう、なんですかぁ」

智絵里「うぅ……って、えっ? ま、まゆちゃん!?」

佐久間まゆ「……悠貴ちゃんは、私のかわいいかわいい後輩ですけどぉ……ちょっとお話する必要がありそうですねぇ……」ニコォ

智絵里「あ、あああ……」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:16:47.95 ID:oyiGY4ZU0
悠貴逃げて超逃げて


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:17:04.81 ID:AHHD50m60
智絵里 (どっ、どどどうしよう……ま、まゆちゃんに話しちゃうなんて……)
まゆ「いつもの部屋ですよね?……ちょっと行ってきますねぇ」

智絵里「ま、待ってまゆちゃん!」

まゆ「……どうしてですかぁ?」

智絵里「えっと……それは……」

まゆ「なにもないなら、もう行きますよぉ」スタスタ


智絵里「ああ……」

智絵里「ど、どうしよう……!」


水本ゆかり「あれは……智絵里ちゃん?」

五十嵐響子「どうかしたんでしょうか?」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:18:59.46 ID:AHHD50m60
ガチャ  バタン

まゆ「おはようございます」

悠貴「あっ、まゆさん。おはようございますっ!」

まゆ「……悠貴ちゃん、Pさんはどこですかぁ?」

悠貴「ああ、プロデューサーさんなら、もうお仕事に行かれましたよっ?」

まゆ「……そうですか」

悠貴「はいっ」

まゆ「……」

悠貴「……? まゆさん、どうかされたんですかっ?」

まゆ「……ちょっと、悠貴ちゃんとお話したいんです。……いいですかぁ?」

悠貴「はいっ。大丈夫ですっ!」

まゆ「うふ、じゃあ別の部屋でお話しましょう……来てください……」

悠貴「……? はいっ」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:20:56.14 ID:AHHD50m60
~~~~


ゆかり「……それで、まゆちゃんが行ってしまったと」

智絵里「うん……」

響子「悠貴ちゃんと、Pさんが……ねぇ……」

ゆかり「ちょっと意外ですね……」

智絵里 (ちょっと……?)

ゆかり「でも、二人はどうするんでしょう? もしも手を出してしまったら犯罪ですよ?」

智絵里「それは、わからないけど……」

ゆかり「まあ、Pさんに限ってそんなことはないと思いますが……」

智絵里「……」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:22:24.75 ID:AHHD50m60
響子「……よしっ! Pさんを思いとどまらせましょう!」

ゆかり「えっ?」

響子「このままだと、取り返しのつかないことになるかもしれません! そうなる前に早く!」

智絵里「だ、だけど、どこにいるのかわからないし……」

響子「ですよね……」ガクッ

ゆかり「……取り敢えず、現場に行ってみては? ここにいるよりはいいでしょうし」

智絵里「確かにそうだね……」

響子「それじゃあ、行きましょう!」

タタタッ


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:24:33.07 ID:AHHD50m60
智絵里「さっきは、この部屋にいたんだけど……」

ゆかり「誰もいませんね」キョロキョロ

響子「違うところ、探してみましょうか……」

P「あれ? お前たち、なにやってるんだ?」

智絵里「ひっ!?」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:26:06.83 ID:AHHD50m60
ゆかり「ぴ、Pさん……いたんですか」

響子「も~っ、驚かせないでくださいよ!」

P「す、すまない。……で、こんなところでなにやってるんだ?」

響子「なにって、Pさんを探していたんですよ!」

P「俺を? どうしてだ?」

智絵里「そのっ、Pさんに……か、考え直してもらうためです……」

P「……?」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:27:33.42 ID:AHHD50m60
ゆかり「……間違っていたらすみません。……Pさんは、悠貴ちゃんと付き合っているんですか?」

P「……は?」

ゆかり「違うんですか?」

P「ちょっと待ってくれ。どうして、そうなってるんだ?」

響子「智絵里ちゃんが、告白するところを見ていたらしくて……」

智絵里「す、すみません……覗き見するつもりはなかったんですけど……」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:29:01.72 ID:AHHD50m60
P「告白……悠貴に……ああ、もしかして……」

ゆかり「心当たりがあるんですか……? まさか本当に……」

P「違う違う。智絵里が見たのは多分、演技の練習しているところだ」

智絵里「え、演技?」

P「ああ。次のドラマに、告白する場面があるから、相手役をやってくれって悠貴に頼まれたんだよ」

三人「……」

P「うん」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:33:18.74 ID:AHHD50m60
ゆかり「……ということは、つまり」

響子「これは……」

智絵里「すっ、すみません! 私が勘違いしたばっかりにっ」

ゆかり「……いえ、いいんです。勘違いは誰にでもありますし」

響子「むしろ、よかったですよ! Pさんが正常な人だってわかったんですからっ」

P「……お前たちには、俺がそんなことをするような奴に見えていたのか」 ハァ

響子「あっ!?そ、そんなことは……はい、 すみません……」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:34:56.20 ID:AHHD50m60
P「冗談だよ。……とにかく、誤解が解けてよかったよかった」ハハハ

ゆかり「ふふっ、そうですねっ」

響子「あははっ……」

智絵里 (はあ……私の勘違いで、みんなに迷惑かけちゃった……)

智絵里 (でも、勘違いでよかったな……えへへ)

智絵里 (……あれ? なにか忘れてるような……)


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:36:40.69 ID:AHHD50m60
P「……そうそうみんな、まゆがどこにいるか知らないか? もうすぐ仕事なんだけど……」

智絵里 (そうだ、まゆちゃんのこと忘れてた……)

ゆかり「まゆちゃんなら、悠貴ちゃんと一緒らしいですよ? ですよね、智絵里ちゃん」

智絵里「う、うん。そのはずなんだけど……」

響子「悠貴ちゃんの居場所もわからないんですよね……」

P「だよな……探しに行かないと――」


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:38:20.85 ID:AHHD50m60
響子「……! ちょ、ちょっと待ってください!」

P「ん?」

響子「なにか、聞こえませんか……?」


『……やめて………どうし……』

『……こと………関係ない……』


P「確かに……多分、あっちの部屋からだな」

ゆかり「なにか、不穏な単語が聞こえたような気がしましたけど……」

響子「いったい、なにが……」


『ま、待って! せめて話を……話を聞いてくださいっ!』


P「!?」


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:40:59.04 ID:AHHD50m60
ゆかり「今のって、悠貴ちゃんの声ですよね……?」


『聞く必要などないわ。……死んでちょうだい』


智絵里「ま、まゆちゃん……」


『そんなっ! ひっ……こ、来ないで……』

『うふ、うふふふふふふふふふ……』

『い、いや……いやあああああああああっ!!』


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:42:25.81 ID:AHHD50m60
ガチャ  バタン

P「悠貴っ!!!」

まゆ「あら……?」

P「おいまゆ!! 悠貴になに……って」

悠貴「あれっ? プロデューサーさん、どうしたんですかっ?」

P「ゆ、悠貴……大丈夫なのか……?」

悠貴「えっ? ど、どうしてですかっ?」

P「だって、あんなに大きな声で悲鳴を……」


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:43:59.50 ID:AHHD50m60
悠貴「悲鳴?……ああ」

ゆかり「……! もしかして……」

悠貴「……あれは、まゆさんに手伝ってもらってたんですよっ。演技の練習を」

響子「あ、やっぱり」

P「な、なんだ……よかった」

まゆ「……Pさん、まゆになにか言うことがあるんじゃないですかぁ?」

P「ああ、そうだな。……まゆ、怒鳴ったりして悪かった。すまない」

まゆ「うふ、いいですよ♪ 許してあげます」


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:45:33.92 ID:AHHD50m60
智絵里 (よかった……大変なことになってなくて……) ホッ

P「……そうそう、まゆ。そろそろ仕事だぞ? 準備できてるか?」

まゆ「はい♪ いつでも大丈夫ですよぉ」

P「よし、じゃあもう行こうか。……そうそう、悠貴」

悠貴「はいっ、なんでしょう?」

P「演技の練習を続けるなら、ゆかりたちにアドバイスもらったらどうだ?」


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:47:12.82 ID:AHHD50m60
ゆかり「私たちに、ですか?」

P「三人とも色々な役を経験してるだろ? ホラーとか、ファンタジーとか……」

響子「あ、確かにそうですね……聖靴学園とか」ナルホド

P「よろしく頼むぞ。……待たせたな、まゆ。行こうか」

まゆ「はい♪……悠貴ちゃん」

悠貴「……? なんですかっ」


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:49:30.09 ID:AHHD50m60


まゆ「……頑張って、くださいね?」


悠貴「……!はいっ、頑張りますっ!」

まゆ「うふふ……」


ガチャ  バタン

悠貴「それじゃあ、皆さん。お願いしても……?」

ゆかり「ええ、いいですよ」

響子「教えられることなら、なんでも教えます!」

智絵里「わ、私でよかったら……」

悠貴「みなさんっ、ありがとうございますっ!」

ゆかり「いえいえ」

響子「よしっ、じゃあ始めましょう!」


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:51:00.64 ID:AHHD50m60
~車内~


P「……」

まゆ「……」

P「まゆ。珍しく黙ってるけど……なにかあったのか?」

まゆ「……Pさん」

P「おう」

まゆ「Pさんは……まゆのこと、好きですか?」

P「……おう」


37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:52:27.67 ID:AHHD50m60
まゆ「じゃあ、みんなのことは?」

P「……まゆのことも、みんなのことも、好きだ」

まゆ「……Pさんなら、そう言うと思ってました」

P「……まゆ」 

まゆ「……少し、お話してもいいですか?」

P「……ああ」


38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:53:53.30 ID:AHHD50m60


まゆ「まゆは、Pさんが大好きです。……いえ、愛しています」

まゆ「でもPさんは、いつもみんなを見てました。……まゆだけじゃなくて、みんなを」

まゆ「まゆだけを見ていてほしい、まゆだけを好きでいてほしい、まゆだけを……愛してほしい」

まゆ「そんなふうに、いつも思ってました」


39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:55:21.19 ID:AHHD50m60
まゆ「……でもまゆ、気づいたんです」

まゆ「そんなことをしても、Pさんは……みんなのことが大好きなPさんは、絶対に喜ばない」

まゆ「まゆは……Pさんが悲しむ姿なんて見たくない。まゆのせいでそんなことになるのだけは……絶対にイヤなんです」


40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:56:34.92 ID:AHHD50m60
P「……」

まゆ「もちろんまゆは……いつか、Pさんの隣に立ちたいですけど」

まゆ「もしも、その時……別の人が立っていたとしても」

まゆ「それが、Pさんが心から望んだことなら……まゆは、Pさんの幸せを願います」

まゆ「だって、Pさんの幸せは、まゆの幸せ。……Pさんの悲しみは、まゆの悲しみですから」


41 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:58:14.84 ID:AHHD50m60
P「……すまない、まゆ。俺は……」

まゆ「うふふっ。もちろん、諦めるなんてこと、しませんよ? Pさんが振り向いてくれる、その時まで……」

P「まゆ、お前……」 

まゆ「いいんです。……さあ、お仕事頑張りましょう?」

P「……ああ」

まゆ「……」


まゆ (……やっぱり、厳しい道ですね。でも……)



43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:00:28.24 ID:AHHD50m60
~~~~


まゆ「……演技の練習?」

悠貴「はいっ」

まゆ「なんだ、そうだったんですかぁ……」

悠貴「す、すみませんっ。勘違いさせてしまったみたいで……」

まゆ「……いえ、いいんです。智絵里ちゃんも悠貴ちゃんも悪くないですから」


44 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:01:16.79 ID:AHHD50m60
まゆ (でも、そんなお願いをするってことは……やっぱり……)

悠貴「そうだっ!まゆさん、もしよければ練習に付き合ってもらっても……まゆさん?」

まゆ「……」

悠貴「まゆさん? どうかしたんですかっ?」

まゆ「……悠貴ちゃん」

悠貴「はいっ」


45 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:02:17.08 ID:AHHD50m60
まゆ「悠貴ちゃんは、Pさんのこと好きですかぁ?」

悠貴「えぇっ!? え、えっと……」

まゆ「正直に、お願いします」

悠貴「……はいっ、大好きですっ!」

まゆ「……そうですかぁ」

まゆ (やっぱり、ですね……)

悠貴「でも……」

まゆ「?」


46 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:04:13.00 ID:AHHD50m60
悠貴「……子どもの私なんて、相手にされてませんよねっ……」

まゆ「……」

悠貴「事務所のみなさんは、素敵な方ばかりですし……」

まゆ「悠貴ちゃんも、十分素敵ですよぉ?」

悠貴「そうでしょうかっ……」

まゆ「……」


まゆ「……大丈夫、悠貴ちゃん」


47 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:05:28.46 ID:AHHD50m60
まゆ「確かに、今は相手にされていないかもしれません」

まゆ「……でもそれなら、自分を磨けばいいんです。いつかそんな日が来ると信じて」

悠貴「まゆさん……」

まゆ「待って、待って、待ち続けて……その間に、自分にできることをやりきるんです。……そうすれば」


まゆ「……どんな結果になっても、悔いはないと思うから」



48 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:09:04.88 ID:AHHD50m60
悠貴「……!」

まゆ「……でも、みんなも譲る気はないと思いますけどね。もちろん、まゆもです」

悠貴「……わ、私も負けませんっ!」

まゆ「うふふ、その意気です。……それじゃあ練習、始めましょうかぁ」

悠貴「……まゆさんっ」

まゆ「はい?」


49 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:10:39.63 ID:AHHD50m60
悠貴「あのっ、うまく言えないんですけどっ……ありがとうございましたっ!」

まゆ「いえいえ。……頑張って、くださいねぇ?」

悠貴「はいっ、頑張りますっ!」



まゆ (……絶対、負けませんよ? 悠貴ちゃん)


50 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:12:05.70 ID:AHHD50m60
~~~~


P「ただいま……なんて言っても誰もいないか」

悠貴「あっ、プロデューサーさんっ!」

P 「……」

悠貴「お疲れ様ですっ!」

P「……ありがとう、悠貴。まだ残ってたのか」

悠貴「す、すみませんっ……」


51 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:13:23.60 ID:AHHD50m60
P「いや、別にいいんだけど……どうしたんだ? 俺になにか用か?」

悠貴「……そのっ、プロデューサーさんに、伝えたいことがあって……」

P「……!」

悠貴「今、いいですかっ?」

P「……おう」


52 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:14:56.86 ID:AHHD50m60
悠貴「あのっ、私……私っ」

P「……」


悠貴「――私、トップアイドルになりたいんですっ!」


P「え……?」


53 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:16:39.19 ID:AHHD50m60
悠貴「今までは、かわいくなれれば……かわいいアイドルになれればいいなって思ってましたけどっ」

悠貴「でも、今は違います……今は、トップアイドルを目指してみたいんですっ!」

P「……簡単な道じゃないぞ」

悠貴「……確かに、私一人で進むには長すぎる道です……でもっ」
 
P「プロデューサーさんや……事務所のみなさんと一緒に進んでいけば、きっと……」


悠貴「進んでいった先にある……明るくてきれいな景色を、見ることができると思うんですっ!」


54 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:18:17.80 ID:AHHD50m60
P「……」

P「……そうだな。確かに、景色を見せるのは俺の仕事だ」

P「だけど、見ようと思わなければ……決して見ることはできないよな」 

P「……嬉しいよ。悠貴が気持ちを伝えてくれて」 

悠貴「私も……私の気持ちを、伝えられてよかったですっ」

P「……ただ、一つだけ聞いてもいいか? いったい、どうして……」

P「……」


55 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:19:51.10 ID:AHHD50m60
悠貴「どうして、なんですかっ?」

P「……いや、なんでもない。忘れてくれ」

悠貴「? わかりました……」

P「……もう遅いし、送っていくよ」

悠貴「はいっ」


56 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:21:43.39 ID:AHHD50m60
~寮~


P「……ここまでだな」

悠貴「送ってくださってありがとうございましたっ!」

P「どうしいたしまして。……じゃあな悠貴」

悠貴「あっ、プロデューサーさんっ」

P「ん?」


57 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:23:33.74 ID:AHHD50m60
悠貴「私、トップアイドル目指して頑張りますからっ」

悠貴「明日からも……プロデュース、よろしくお願いしますねっ!」

P 「おう。……任せてくれ」


悠貴 (……もしも私がトップアイドルになれたら、その時は――)


58 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:25:15.77 ID:AHHD50m60
悠貴「ふふっ……じゃあおやすみなさい、プロデューサーさんっ」

P「おやすみ、悠貴」



悠貴 (――私の心からの気持ち、伝えますからねっ!)


59 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:26:38.42 ID:AHHD50m60
これで終わりです。

思いやりの気持ちは大切だと思います。自分勝手になってはいけませんよね。

見てくれた方々、どうもありがとうございました!


62 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 21:48:28.59 ID:MG+BzQhGo
乙乙


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1426584618/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ