Powered By 画RSS


三好紗南「しゅ、しゅごい…」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 17:40:37.77 ID:I8LrBezU0
レズ、エロです


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 17:42:24.82 ID:I8LrBezU0
「おはようございます」

眠い目をこすりながら事務所に入る

「おはようございます 紗南ちゃん」

いつもと同じ緑色の服を着た事務員さんが挨拶を返してくれた

「紗南ちゃん、眠そうね」
「また夜中までゲームしてたの?」

「い、いやだなぁ そんなわけないじゃないですかー」




3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 17:46:10.34 ID:I8LrBezU0

「本当かしら」

じーっと、ちひろさんが意地悪くあたしを見つめる

夜更かしは禁止だって、Pさんとちひろさんからいつも言われている

「ほ、本当だよ!」
「さぁ今日もレッスン頑張るぞー!」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 17:56:23.68 ID:I8LrBezU0
ちひろさんから逃げるようにレッスン場へと向かう

……嘘は言ってない

あたしは昨日、遅くまでゲームをしてはいない

徹夜でゲームをしていたのだ


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 17:57:16.77 ID:I8LrBezU0

「ふわぁ…」

夜更かしが特技とはいうものの

徹夜となると、さすがのあたしでも眠い

眠そうにしていたら、またPさんに怒られちゃうね

なんとかしないと


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 17:58:39.31 ID:I8LrBezU0

そうだ

こんな時こそ、我がプロダクション特性のエナジードリンク

あれはPさんを48時間ぶっ通しで働かせた魔法のアイテム

大人のPさんであんなに効くんだから

子供のあたしにはもっと効くよね


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:00:05.93 ID:I8LrBezU0

「あったあった」

事務所の冷蔵庫にはいつもエナジードリンクがストックしてある

もう眠くてたまらない

あっちのソファに座ってゆっくり飲もう


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:01:00.24 ID:I8LrBezU0

そう思ってフラフラと歩き出した

どんっ

「うわっ」

「おっと!」

誰かとぶつかってしまった

「いてて…」

「大丈夫か、紗南」

ぶつかった相手はPさんだった


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:02:44.04 ID:I8LrBezU0

尻もちをついてしまったあたしに、Pさんは手を差し伸べる

「すまんな、急いでたもんで」

「いいよ、あたしがフラフラしてたのもいけないし」

「怪我なかったか?」

「うん、大丈夫」

「それならよかった」

Pさんはほっとしたように胸をおさえる


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:05:47.56 ID:I8LrBezU0

「それよりPさん、時間大丈夫?」

「え?おっといけない!急がなくては!」
「それじゃ紗南、またな!」

「頑張ってねー」

ぼーっとPさんの背中を見つめる

26連勤目 頑張ってね、Pさん 


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:06:50.22 ID:I8LrBezU0

コロン…

「ん?」

足に何かが当たった

……エナジードリンクだ

さっきぶつかった時に落としてしまったのだ

中身は…大丈夫、こぼれていない

早いところ飲んでしまおう


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:07:40.74 ID:I8LrBezU0

ソファには先客がいた

「おはよう、紗南ちゃん」

「ふわぁ、おはよー」

寝ぼけ眼で返事をする

「眠そうね」

「ちょっとね」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:08:45.33 ID:I8LrBezU0

「ふふ、あんまり夜更かししちゃダメよ?」

「わかってるってー」

「あら?それ…Pさんがよく飲んでる」

「うん、エナジードリンクだよ」
「これで目が覚めるかなーって思って」

そう言って、あたしは缶の蓋をあけた

ぷしゃあああああああ

「わぁ!」

「きゃっ!」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:10:16.83 ID:I8LrBezU0

………忘れていた

エナジードリンクは炭酸飲料

さっき落としてしまったため、勢いよく中身が吹き出した

濡れたのが、あたしだけならまだよかったのだが…

「……ごめん、美優さん」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:11:08.61 ID:I8LrBezU0

「だ、大丈夫よ」

そう言って美優さんは笑ってくれた

その名の通り、美しくて優しい人だ

「でも、服がびしょ濡れだよ」

「紗南ちゃんも…」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:12:45.91 ID:I8LrBezU0

「あたしは自業自得だから」
「うえー、服の中べたべたして気持ち悪い…」

「そうね」
「…シャワー浴びましょうか」

「そうだね、美優さんからどうぞー」

「でも、紗南ちゃん 濡れた服をいつまでも着てたら風邪ひいちゃうわ」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:15:09.45 ID:I8LrBezU0

「いいよ、元はといえばあたしがいけないんだし…は、は…」
「はーーーっくしょん!!」

「…」

「…」

「…一緒に浴びましょう」

「うん…」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:17:10.11 ID:I8LrBezU0
__
_


レッスン場の横には小さなシャワー室が一つだけある

美優さんに連れられて、脱衣所に到着

あたしの眠気は限界に達していた

「…」

「紗南ちゃん、大丈夫…?」

「はっ…!だ、大丈夫だよ!」

「そう…?」

美優さんが心配そうにあたしを見つめる


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:19:40.78 ID:I8LrBezU0
美優さんはもう服を脱ぎ、下着姿になっていた

……美優さんの下着、なんかえっちだな

この時から、あたしは変な気持ちになり始めていた

下着姿の美優さんをじっと見つめる

「紗南ちゃん…?」

「あっ ご、ごめん!」

私は急いで自分の服を脱ぎ始めた


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:20:31.47 ID:I8LrBezU0

それでも隣にいる美優さんが気になり、横目でチラチラと見る

……あたしは男子中学生か

美優さんはすでにブラジャーを外し、胸をあらわにさせていた

大きくて、綺麗な形の胸

あたしはもう、美優さんから目が離せなくなってしまっていた


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:23:21.97 ID:I8LrBezU0
次に美優さんはパンツに手をかけ、スルスルと下ろしていった

一糸まとわぬ美優さんの姿を見て、あたしはドキドキしていた

大人の女性の裸が、こんなにも刺激的だと感じたのは初めてだ

これも眠気のせいなのだろうか


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:23:51.99 ID:I8LrBezU0
「先に行ってるわね」

そう言って美優さんはシャワー室へと入っていった

あたしも服を脱ぎ、その後を追う


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:25:03.26 ID:I8LrBezU0
__
_


シャワー室は少し狭かったが、あたしたちが二人で入るには十分な広さだった

「美優さん、背中洗ってあげるよ」

「そんな、悪いわ」

「ジュースこぼしちゃったお詫び」

というのは建前

あたしは美優さんの体を触りたくて仕方なかった


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:26:23.87 ID:I8LrBezU0
「わかったわ、それじゃあお願い」

美優さんはそう言って座った

あたしは美優さんの背後に膝をつく形で座る

ボディーソープを手に出し、泡立て、美優さんの背中を撫でる

「ひゃっ!」

「どうしたの?」


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:28:18.35 ID:I8LrBezU0

「あ、えっと…素手でやるとは思わなかったから…」

「ごめんね」
「美優さんの背中傷つけちゃったら大変だと思って」

「そんな気をつかわなくてもいいのに…」

どうやらびっくりさせてしまったようだ

今度は慎重に、ゆっくりと撫でる


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:30:19.46 ID:I8LrBezU0
上から下に、下から上に

美優さんの滑らかな肌に手を滑らせる

「美優さん、気持ちいい?」

「ええ、気持ちいいわ」

あたしも気持ちいいよ


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:32:18.15 ID:I8LrBezU0
美優さんの肌に触れる度に

あたしの美優さんの体への好奇心は高まっていく

この背中の向こうにあの大きな胸があると思うと

あたしの興奮は抑えきれなくなり

息もだんだんと荒くなる


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:34:33.13 ID:I8LrBezU0

「はぁ…はぁ…」

「紗南ちゃん…?どうしたの?」

もう我慢できない

あたしは後ろから抱きつく形で、美優さんの胸を思い切り揉んだ

「きゃっ!?」
「紗南ちゃんどうしたの!?紗ーーーーーーー」

胸を触るのに夢中で、美優さんの声は途中から聞こえなくなった


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:36:48.59 ID:I8LrBezU0

仕留めた獲物を貪る獣のように、あたしは必死に胸を触った

最初は抵抗していた美優さんも、だんだんと力を抜いていった

あたしは胸を揉みしだき、指で乳首をつまんだ

「あっ…っふっ…ん……!」


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:39:59.45 ID:I8LrBezU0
とぎれとぎれに聞こえる美優さんの喘ぎ声は、あたしの性的興奮を助長する

もう触るだけじゃ満足できない

あたしは美優さんの正面に周り、乳首に吸い付いた

「んちゅ…ちゅぱ…」

勃起した乳首と、ボディーソープの苦味を口の中に感じる


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:40:52.15 ID:I8LrBezU0
「はぁ…っ…ん…」

「んっ…美優さん…?」

どういうわけか美優さんはあたしを抱きしめ、そして頭を撫でてくれた

それはあたしがしている行為を肯定してくれているようで、とても心地よかった


36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:41:46.93 ID:I8LrBezU0
__
_


どれだけの時間胸をしゃぶっていただろうか

ふと我に返り、自分がとんでもないことをしてしまったと実感する

「美優さん…」

「……なぁに?」

「ごめんなさい…あたし、あたし…」

なぜこんなことをしてしまったのか、自分でもわからない


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:43:10.43 ID:I8LrBezU0

「大丈夫よ…」

そう言って美優さんはまたあたしを抱きしめてくれた

美優さんに抱きしめられると不思議と心が落ち着く

しばらくの間、あたしは身を委ねていた


38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:44:00.56 ID:I8LrBezU0

「落ち着いたかしら?」

「うん…ありがとう、美優さん」

「ふふ、それじゃあ…」
「今度は…私の番ね…?」

「えっ…?」

今度は美優さんがあたしの背後に座った

そして、やはり後ろから抱きつく形であたしの胸を触ってきた


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:46:15.00 ID:I8LrBezU0

「あんっ…」

あたしの小さな胸を、美優さんが優しく弄る

「はぁ…はぁ…みゆさ…ん……らめ…ぇ…」

息が荒くなり、呂律も回らなくなくなってきた

「こんなの…んっ……おかしいよぉ……」

「うふ…あなたもさっき、やってたことよ…?」

返す言葉もない


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:46:51.76 ID:I8LrBezU0

もう全てを美優さんに委ねることにしよう

あたしはもう、自分の力だけでは座ることさえできなくなっていた

目は半開きになり、口からはよだれが垂れている

だらしなく開いた口を、美優さんがキスで塞ぐ


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:47:41.06 ID:I8LrBezU0

「ん…ちゅぅ……」

美優さんの舌が入ってくる

あたしは残った力を振り絞り、舌を絡ませようとする

うまくできているかはわからない

しかしとても気持ちいい

脳みそが蕩けてしまいそうだ


42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:48:47.37 ID:I8LrBezU0
突然、あたしの大事なところに美優さんの指が入ってきた

「ひゃぁ…」

細くて長い美優さんの指が、あたしの中をかき回す

くちゅ…くちゅ…といやらしい水音が狭いシャワー室に響きわたる

同時に反対の指はあたしの乳首をいじくりまわしている

今まで感じたことのない快感があたしの体を襲う


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:50:22.97 ID:I8LrBezU0
「もぉ…らめっ…!なんかっ…なんかきちゃうっ……!」

おなかの奥の方がきゅんきゅんする

それでも美優さんの指は止まらない

「やめてぇ…!変に…変になっちゃうからぁ…!」

「変になって、いいよ…」

美優さんは耳元で囁くと、あたしの中の何かを指で弾いた

「イっちゃえ…♪」

「っ…!!」


44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:51:59.17 ID:I8LrBezU0
次の瞬間、あたしの体は痙攣を起こした

ビクンビクンという振動が、快感の波となって全身を飲みこむ

美優さんはいったい、あたしにどんな魔法をかけたのだろう

そこからだんだんと意識が遠のいていき

それから先のことは覚えてない


45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:53:16.04 ID:I8LrBezU0
__
_

気が付くと、事務所のソファで寝ていた

……美優さんの膝枕で

「お目覚めかしら?」

「うん…今…何時…?」


46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:55:54.22 ID:I8LrBezU0

「今、午後の二時よ」

「二時…!?レッスンは…?」

「今日はトレーナーさんに急用が入っちゃったみたいでお休みだって」

「あ…そうなんだ…」

少し安心した


47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 18:57:35.41 ID:I8LrBezU0

頭がぼーっとする

さっきのは夢だったのかなぁ…?

「ねぇ美優さん」

「なぁに?」

「さっきのって…」

「さっき…?」

「いや、なんでもないよ」


48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 19:00:16.89 ID:I8LrBezU0

そうだ

きっと夢だったんだ、そうに違いない

だって美優さんが、あんなことするはずないもん

あたしはきっと、事務所についてすぐ寝てしまったんだ

そう自分に言い聞かせる


49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 19:03:01.21 ID:I8LrBezU0

「ねぇ、美優さん もう少しこうしててもいい?」

「ふふ、甘えんぼさんね…」

そう言って美優さんは頭を撫でてくれた

この感触は夢の中と同じだ

寝返りをうとうとして、体勢を変えた時

何かに濡れて干されている、あたしと美優さんの服が見えた


50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 19:03:31.05 ID:I8LrBezU0

終わりです

すみませんでした


51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 19:06:14.19 ID:LdQEmHwjo
乙乙


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1426668037/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無し春香さん 2015/03/21(土) 19:56:21

    なるほど

    なーるほどなるほど(恍惚


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ