Powered By 画RSS


P「みんなにTOEICを受けてもらうぞ」

1 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 07:12:32.71 ID:kWDmgKTjo
春香「えっ…?と、TOEICですか?」

千早「どうしたんですかいきなり…」

P「実はな、今度やるバラエティー番組の企画で必要になってな」

P「その番組には、765プロ全員出演するから、全員に受けてもらうよ」




2 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 07:18:29.88 ID:kWDmgKTjo
律子「ちなみに、公開テストですか?IPテストですか?」

P「いいや、違うよ。試験場所のこともあるし、今回はIPテストで受けてもらう。」

律子「なんだぁ…せっかくだから私も受けて、スコア更新目指そうと思ってたのに…」

P「おお。流石律子だな。既に受験してたか」

律子「ええ。何回かは受けてますし、TOEICに関する対策パターンもきっちり覚えてますよ」


3 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 07:26:20.25 ID:kWDmgKTjo
早速>>2で文法ミスです。申し訳ないです…


P「ほー、そうか。まぁ、受けてみたらどうだ?」

律子「そうですね。平均スコアを保持できてるかチェックも兼ねて受けてみます」

P「小鳥さんもどうです?せっかくの機会ですし」

小鳥「ええっ?わ、私もですか?」

P「小鳥さんの英語力…見てみたいなぁ」

小鳥「そそ…そうですねぇ!せっかくなので受けてみましょう!(ピヨ…試験なんて何年ぶりかしら…)」


4 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 07:32:53.38 ID:kWDmgKTjo
P「と、いうわけでだ。番組で必要になったから、みんなの英語力チェックも兼ねて、TOEICの試験を受けてもらうぞ。」

伊織「ホントにいきなりね…いつやるの?」

P「今でしょ」

伊織「…は?」

P「…オホン」

P「えー、試験についてだが、明日の10時からだ。30分前までには事務所に来るように。リスニングテストの音チェックもあるしな」

響「ええっ!?あ、明日なのか!?それじゃあ、勉強できないじゃないか!」

P「大丈夫だ。お前らの今持ってる英語力で取り組んでくれれば問題ない」



5 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 07:41:17.85 ID:kWDmgKTjo
P「まぁ、TOEICは対策の仕方によっては、前日対策で10点20点は上げられるしな。その辺は各自、自由にしてくれ」

P「と、いうわけで今日は解散。みんな気をつけて帰れよー」

(バタンッ

真「ほ、本当にいきなりだなぁ」

雪歩「どうしよう…私、TOEICなんて受けたことないよぉ…」

やよい「あ、あのっ…TOEICってなんですかぁ?」

真美「真美も知らない!」

亜美「亜美も!」

貴音「わたくしも、とーいっくというのは初耳です」


6 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 07:48:00.20 ID:kWDmgKTjo
律子「簡単に言うと、英語のテストよ。200問の選択問題形式で990点満点」

律子「聞いて解く問題が100問、読んで解く問題が100問。今や世界中でたくさんの人が受けてる世界共通テストよ」

やよい「はわっ…なんだか難しそうですー…」

真美「でも、選択形式なんでしょ?」

亜美「つーことはっ」

真美「鉛筆転がして選んで」

亜美「正解する可能性も…」

真美・亜美「あるっしょ!」



8 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 07:55:04.29 ID:kWDmgKTjo
律子「まぁ…そうね。けど、全問をそれでやっちゃったら、相当運が良くない限りは、点数酷いことになるわよ」

真美「うあうあー!!でもでもっ…真美たちまだぴっちぴちのちゅーがくせーだよぉー!?」

亜美「英語の能力なんて、まだまだヒヨッコレベルだよぉ!」

やよい「あう…わ、私もまだ英語はよく分かりませんー…」

律子「そうね…やよいはともかく、亜美と真美にはまだ厳しいかもしれないわね…」

美希「あふぅ…それってどんくらいかかるのー?なんだか眠くなりそうなの…」

律子「2時間よ。確かに、あのテストは後半がすごくしんどくなるわ…」


9 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 08:06:07.64 ID:kWDmgKTjo
春香「と、とにかく!明日はみんな頑張ろうねっ!」

響「よしっ!最下位には何か罰ゲームしようよっ!」

雪歩「えええっ!?は、罰ゲーム!?」

千早「我那覇さん。それだと、亜美、真美はともかく、高槻さんが可愛そうだわ」

響「フッフッフ…案外そうでもないぞ」

響「TOEICは選択形式だ…運が良ければ、意外と良い点数になったりしてな」

響「それに、TOEICのテストは経験慣れが結構重要で、英語が出来る人でも、初受験で案外低い点数になったりする人もいるんだぞ」


10 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 08:15:10.88 ID:kWDmgKTjo
千早「そ、そんなものなのかしら…」

律子「私はともかく、受験経験のある人ってどれくらいいるのかしら」

響「自分は受けたことあるぞ!」

あずさ「私も、短大で1度受けさせられたわねぇ」

律子「私を含めて3人か…」

響「よしっ!じゃあ、自分たち3人はハンデとして、スコアが600点を越えなかったら強制罰ゲームで!それでいいだろ!?」

あずさ「あらあら~」

律子「まぁ…それならいいけど…」

千早「…みんながそれでいいならいいわ。それで、どんな罰ゲーム内容なの?」


11 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 08:24:51.17 ID:kWDmgKTjo
響「フッフッフ…」

響「その日1日だけ、犬のモノマネをして過ごすってのはどうだ!」

雪歩「い、犬ゥ…!?」

美希「アハッ!なんだかおもしろそうなの」

真「地味にきつい罰ゲームだなぁ」

伊織「のぞむところよ!にひひっ」

貴音「真剣勝負ですね」

真美「んっふっふ~。こりゃ負けられませんな~」

亜美「こりゃ、提案したひびきんを一泡吹かせてやりたいですなぁ…」

やよい「わ、私も頑張りますっ!」

あずさ「今日はちょっと復習しようかしら~」

律子「…久々に腕試しだわ」

千早「リスニング…聞き漏らさないようにしないと…」

春香「き、緊張してきたぁ…」


小鳥「(きょ、今日はゲームせずに、明日に備えて早く寝よ…)」


13 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 08:37:00.65 ID:kWDmgKTjo

-----数日後…


P「よし。みんな集まったな。こないだ受けたTOEICのテストの結果が来たから発表するぞー」

一同「ゴクリ…」

P「…じゃあ、まず最初に…春香」

春香「は、はいっ!」

P「480点だ」

春香「…これって、いいんですか?悪いんですか?」

P「そうだな…春香の年齢層からして見ると、高いほうだな。」

春香「ほ、ホントですか!?やったぁ!」


14 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 08:42:35.05 ID:kWDmgKTjo
P「次に、千早」

千早「はい」

P「すごいな。720点だ」

千早「…大きいわね」(ボソッ

P「ん?何か言ったか?」

千早「い、いえ。何も」

P「特にリスニングの点数が良かった。450点だ」

千早「ありがとうございます」


15 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 08:45:50.26 ID:kWDmgKTjo
P「次に亜美」

亜美「はいは~い!」

P「うん…まぁ、中学生だと少し厳しかったかな。290点だ」

亜美「うあうあうあー!!サイコロパワーでもダメだったかぁ!このままだと罰ゲームだよぉ…!」

P「ん?罰ゲーム?」

亜美「そうなんだよー!ひびきんがやろーって…」

P「ほほう…」


16 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 08:49:28.33 ID:kWDmgKTjo
P「次に真」

真「はいっ!」

P「うん。いいぞ。460点だ。まさしく高校生の平均スコアだ。」

真「本当ですか!?やっりぃー!」

P「ちゃんと日頃勉強してるんだな。えらいぞ」

真「えっへへ///」


17 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 08:57:13.43 ID:kWDmgKTjo
P「真美」

真美「ほ、ほいさ!」

P「よし。350点だ」

真美「うぇ!?まぢで!?やったぁ!亜美に勝ったぁ!」

亜美「あー!!!真美ずるいずるい!やっぱそっちの鉛筆にしときゃよかったよぉ!」

真美「んっふっふ~。すまぬのぉ亜美」

P「まぁ、お前ら2人はまだまだ伸びしろがある。勉強サボらずにがんばれよ」

亜美真美「ふぁーい」


18 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 09:06:39.17 ID:kWDmgKTjo
P「じゃあ次は…響!」

響「は、はいっ!!!」

響「(ふふふっ…今回リーディングの調子が良かったからな…600越えは確定だぞ…)」

P「…うん!いいぞ!595点だ!」

響「うぉっしゃぁー!やった……え?」

P「千早もそうだが、響ももしかして経験者か?」

千早「いえ。私は初受験です」

響「…あ、あれ?」

P「そうなのか。アレは結構初受験者には厳しいとは思ったんだが…さすがだな千早」

千早「ありがとうございます」

響「」

(トントン

響「!?」

亜美「忘れてないよねぇ?ひびきん?…お手」(スッ

響「へ…まさか…自分で自分を苦しめるなんて…うが…ゎん」(ポフッ

P「何やってんだお前ら?」


19 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 09:11:28.68 ID:kWDmgKTjo
P「次は、雪歩だな。」

雪歩「は、はいっ…」

P「…雪歩もすごいぞ!高校生平均スコア余裕超えの530点だ」

雪歩「えっ?ほ、本当ですか?」

雪歩「や、やりましたぁ!」

P「やったな雪歩。何か対策したのか?」

雪歩「は、はいっ。テスト前日に、前日対策法を調べて、勉強してたんですぅ」

P「偉いぞ雪歩」

雪歩「ありがとうございますぅ」

響「わぉん…」


29 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 20:35:43.40 ID:S3QKJs01o
P「次は貴音だ」

貴音「どきどき…」

P「…400点だ。…うーん…ちょっと意外だったな」

貴音「はて…?何故でしょう」

P「貴音のポテンシャルと…謎に包まれた出身地…からして、良い点数になるとは思ったんだがなぁ…」

貴音「…?わ、わたくしは、何かよくない事を…?」(オロオロ

P「い、いや!大丈夫だ。悪くはない点数だぞ!」

貴音「そうでしたか…それはよかったです」(ホッ

貴音「しかし…とーいっくというもの…非常に面妖でした。分かる問題が少なかった故に、解答用紙は空白だらけになってしまいました…」

P「…え?貴音、分からない問題は、全部空白にしたのか!?」

貴音「えっ?ええ…」

P「(あちゃぁ…一言アドバイスしておくべきだったな…)」

響「ワン!ワン!」


30 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 20:44:54.56 ID:S3QKJs01o
P「えー・・・次はー…って、響?さっきからなんで四つん這いになってるんだ?」

響「あっ…これh……」

響「わん」

P「え?」

亜美「プククッ…」

P「ま、まぁいいや。次はあずささんです」

あずさ「どうだったのかしら…」

P「流石ですあずささん。630点です」

あずさ「あらぁ!スコア更新だわ!」

P「短大に居た頃に受けた経験があるんです?」

あずさ「はい。その時、必死に勉強しましたから、だいぶ対策パターンを覚えてたんでしょうねぇー」

あずさ「ただ、Part7は相変わらずよく分かりませんでしたねぇー。後半はほとんどCをマークしてましたよ。うふふっ」

P「Part7は900点代の人でも鬼門ですからねぇ。仕方がないですよ」

響「」(トテテテテテ



31 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 20:57:30.70 ID:S3QKJs01o
P「さて、次だが…今から言う2人は、765プロ内での最高得点獲得者だ」

P「伊織、890点。律子、845点だ。」

律子「なっ…!?伊織!?」

伊織「…にひひっ」

P「律子はともかく、伊織すごいな。TOEICは受けたことあるのか?」

伊織「ないわよ。けど、スーパーアイドルとして、英語ができるのは当然よね」

律子「さ、さすがはお嬢様ね…英才教育ってやつなのかしら…」

伊織「まぁ、私に言わせれば、300点以下の人は英語のセンスが無いわね。幼稚園に戻ったほうがいいんじゃないかしら」(チラッ

亜美「あー!いおりんバカにしたー!」(プンスカ

響「(プロデューサーの足くさいぞ…)」(クンクン

P「ひ、響?」


33 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 21:03:15.42 ID:S3QKJs01o
P「残るは3人。…えっと、次は…やよいだな…」

やよい「」(シュン

P「や…やよい?」(アセアセ

やよい「…分かってます。私が最下位なんです…」

P「や、やよい…まだ諦めちゃだめだぞ。ホラ、小鳥さんや美希の方が下かもしれないし…なっ?」

やよい「…今のセリフで、私が290点以下なことは分かりました…」

P「あっ…」

伊織「…っ」(オロオロ

P「え、えっと…やよい。…250点だ」

やよい「わぁぁぁぁん!!私、幼稚園に戻りますぅ!」

P「お、おい!やよい落ち着け!」

伊織「お、落ち着きなさいやよい!あのテスト、見る限りだと、結果には運も混じってくるわ!きっと、たまたま今回は…」


34 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 21:08:47.20 ID:S3QKJs01o
やよい「一生懸命がんばったんですー!でも、私は幼稚園児なんですー!」(ポロポロ

やよい「うぇえええん!犬のモノマネやりますぅー!」(ガルーン

P「へっ?い、犬!?」

P「ま、まて!やよい!最後まで聞け!大丈夫だ…安心しろ…」

やよい「ぐすっ…」

P「やよい、最下位はお前じゃないんだ…」

やよい「ぐすっ…えっ?」

P「いいから。落ち着け。なっ?」

美希「ムニャ…」(スヤスヤ

響「ウガー…」(スヤスヤ


35 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 21:21:25.77 ID:S3QKJs01o
P「えっと…次…美希だ」

美希「」(スヤスヤ

P「美希。10点だ…」



一同「ええっ!?」



美希「ん…あふ…寝ちゃってたの…」

美希「どしたの?みんな大声で…」

P「美希…お前、10点だぞ…」

美希「あれ?0点じゃないの?ミキ、テスト中眠くて寝ちゃってたら、いつのまにか終わってたの」

P「…やっぱりな。寝てたんだな」

P「TOEICではな、絶対に0点になることはないんだ。最初からみんな10点を持った状態でスタートする。…加点方式じゃないから意味合い的には違うが…」




36 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 21:22:47.81 ID:S3QKJs01o
P「とにかくだ。美希。お前は実質0点…つまり、最下位なんだよ…」

美希「だよねー。ミキ、罰ゲームおもしろそうだなーって思ってたけど、最初からミキで決まってたんだよねぇ…」

P「そういや、罰ゲームの内容ってなんなんだ?」

美希「んっとねー。犬のモノマネをするの」

P「え?犬のモノマネって、さっきから響がずっとやってる…」

春香「響ちゃんを含めた、3人の受験経験者は、600点ボーダーを定めてて、それを越えなかったら強制罰ゲームにしてるんです」

P「そうか…なるほどな」

響「わんわん!」


37 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 21:32:00.26 ID:S3QKJs01o
P「と、いうことは、罰ゲームは響と美希か?…響はもう既にやってるみたいだが…」

響「わんわん!くぅーん…」

(スリスリ

貴音「ひ、響?そ、そんなに足を擦っては…汚れてしまいますよ」

美希「それじゃあ、美希も犬になるの…わぉん!」

P「うおぅ!?」

美希「ハニー、ハニー」(スリスリ

P「(ふ、2人の女の子が…事務所で…四つん這いとは…アングル的にも倫理的にもちょっと危ないな…)」

P「(捕まる前に…っと)」

P「んじゃあ、後日スコアシートはテレビ局に送っておくから!俺、この後打ち合わせがあるから、今日は解散だ!お疲れ様!」

(バタンッ



40 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 21:43:32.16 ID:S3QKJs01o
春香「ふぅーっ!なかなかの結果で安心したなぁー」

千早「ええ。そうね。これからは、自分の苦手な部分を克服できるように頑張らなくちゃ…」

千早「(990点…なんて響きの良い数字なのかしら…)」(ムネチラ

亜美「こうなったら、もーっと強力な鉛筆を作るしかないっしょ!」

真美「護符をつけなきゃねぃ!」

真「普通に勉強しようよ…」

雪歩「私、次は600点目指しますぅ!」

響「きゃいん!きゃいん!」

美希「あふ…」(スヤ

律子「次は…伊織のスコアを抜かなきゃ…」

貴音「とーいっく…なかなかの強者でした」

あずさ「私、頭脳はまだまだ学生時代のままみたいねぇ…うふふっ」

やよい「うう…でもでもっ…美希さん真面目に解いてたら、きっと私が…」

伊織「もうっ!やよい!クヨクヨしないの!」

やよい「伊織ちゃん…」

伊織「私がみっちり教えこんであげるわっ。私にかかれば、1ヶ月で春香は越えさせてみせるわよ」

春香「うぇっ!?わ、私?」

伊織「にひひっ」

春香「くぅー…私も頑張らなくちゃ!」

伊織「だからやよい、安心しなさい」

やよい「伊織ちゃぁん…」(グスッ



41 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 21:54:39.39 ID:S3QKJs01o
(ガチャッ


P「あぶないあぶない。忘れてたよ」

やよい「ぷ、プロデューサー?」

P「小鳥さんの結果を言うのを忘れてたよ」

小鳥「えっ…!?わ、わたしはもういいじゃないですかぁー!ねっ?みんなよく頑張ったわ!これからも応援しt」




P「160点です」



小鳥「えっ」



一同「えっ」

P「それじゃ、お疲れ様でーす」

(バタンッ

小鳥「…」

一同「…」

響「」(ジーッ

小鳥「…へへっ」



小鳥「アォーーーーーーーーーーン!」


Stop! This is the end of the SS. If you finish before time is called, you may go back to >>1 check your work.


42 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/19(木) 21:57:24.70 ID:S3QKJs01o
終わりです。TOEIC奮闘中にむしゃくしゃして書きました。

千早の点数は正直配点ミス。

ありがとうございました。


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 21:59:26.47 ID:kJatf3vOo
乙!
良かった


44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 22:05:17.12 ID:7V467csHO
乙ー

小鳥さんェ……


49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 23:30:35.43 ID:1xf2Of/Jo
>>1のスコアは


52 : ◆X56GzyzRrnWt 2015/03/20(金) 08:54:34.21 ID:BP9Xfbnro
>>49
1月のを受けて、580でした…600越えたい


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1426716752/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ