Powered By 画RSS


【銀河乙女】ミレイユ「ねえ、シャルロット」シャルロット「はい、ミレイユ様」

1 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 19:12:04.22 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「シャルロット」ジーッ

シャルロット「ミレイユ様?」キョトン

ミレイユ「うーん……?」

シャルロット「どうかしましたか? ミレイユ様」

ミレイユ「いえ、なんだか最近ぼーっとして……」

シャルロット「ぼーっと? もしかして風邪ですか!?」アセアセ

シャルロット「ミレイユ様のお身体はミレイユ様だけのものではないんですからお大事にしないと……」ズイッ




2 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 19:15:47.03 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「……」ジーッ

シャルロット「み、ミレイユ様?」ドキッ

ミレイユ「不思議ですわ」ジーッ

シャルロット「な、何がですか?」ドキドキ

ミレイユ「シャルロットを見ていると頭に霞がかかったようになって、でも生きているっていう実感がわいてきて……」

ミレイユ「本当に不思議ですわ」ポケーッ

シャルロット「っ!」ドキッ

ミレイユ「それになんだか胸の奥が熱くなってくるの」

ミレイユ「一体何なんでしょう……」ハァ


3 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 19:18:37.51 ID:GXh4ZP/s0
シャルロット「ミレイユ様、それは――っ」

ミレイユ「シャルロット、もしかしてあなた何か知ってるの?」ズズイッ

シャルロット「…………。いえ、きっとミレイユ様は疲れているんですよ」

シャルロット「少しお休みになったらどうですか?」

ミレイユ「うーん。そうさせてもらいますわ」

ミレイユ「その、シャルロット?」

シャルロット「はい、ミレイユ様がお休みしている間は私にお任せください!」

ミレイユ「そういうわけではなくて……」


4 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 19:21:35.85 ID:GXh4ZP/s0
シャルロット「では、なんですか?」

ミレイユ「一緒に、添い寝してくれませんか?」

シャルロット「そ、添い寝ですか!?」

ミレイユ「ダメかしら……?」ウルウル

シャルロット「だ、ダメではないですけど」

ミレイユ「っ!」パアアアアアア

ミレイユ「決まりですわ! 行きましょう、シャルロット!」グイッ

シャルロット「ちょっと、ミレイユ様っ!」


5 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 19:24:45.27 ID:GXh4ZP/s0
――――
――


ミレイユ「ほら、シャルロット。もっとこっちに」

シャルロット「も、もう十分近いですよ、ミレイユ様」ドキドキ

ミレイユ「そっちがそのつもりなら、こうですわ!」ギュッ

シャルロット「ひゃっ、み、ミレイユ様!?」カアアアアアア

ミレイユ「あら、シャルロット。もしかして照れているの?」

シャルロット「い、いえ。そういうわけでは……」アセアセ

ミレイユ「わたくしは、照れていますわ」

シャルロット「え?」


6 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 19:30:20.82 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「いえ、照れているというのは語弊があるかもしれませんね」

ミレイユ「シャルロットの近くにいると照れたような、不思議な感覚になりますの」

シャルロット「ミレイユ様……」

ミレイユ「ねえ、シャルロット?」

シャルロット「………」

ミレイユ「本当はわたくしのこれがなんなのか、わかっているのでしょう?」

シャルロット「……。いいえ、私は何も」


7 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 19:34:54.47 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「嘘、ですわね?」

シャルロット「……ミレイユ様に嘘をつくなんて、恐れ多いことです」

ミレイユ「心音が乱れてますわよ?」

シャルロット「ミレイユ様に抱き付かれているからです」

シャルロット「現に、ミレイユ様も乱れています」

ミレイユ「……わたくし、分かりましたわ」

ミレイユ「これは、シャルロットのせいね?」

シャルロット「っ!」ドキッ


8 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 19:45:48.00 ID:GXh4ZP/s0
シャルロット「私のせい、ですか?」

ミレイユ「だって、シャルロットといるとおかしくなるんですもの」

ミレイユ「シャルロットと一緒にいないときだってシャルロットと何を話すかばっかり考えて」

ミレイユ「シャルロットが原因なのは確かですわ」

シャルロット「……」

ミレイユ「ねえ、シャルロット。わたくしに何をしましたの?」

シャルロット「きっと、それは私とミレイユ様が友達だからです」


9 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 19:49:19.73 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「とも、だち……?」キョトン

シャルロット「友達と一緒にいれば楽しいですし、楽しくて興奮して胸の奥も熱くなってきます」

シャルロット「友達ってそういうものですよ」ニコッ

ミレイユ「友達……。確かにわたくしはシャルロットのことを一番大切な友達だと思っていますわ」

ミレイユ「けど、それとは違う」

ミレイユ「ねえ、シャルロット。わたくしのシャルロットへの気持ちは、そうじゃないの」

シャルロット「なら、それは親友。友達のさらに上の関係です」

シャルロット「きっとミレイユ様は私のことを親友と――」

ミレイユ「誤魔化さないで、シャルロット」

シャルロット「っ!」


10 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 19:52:51.06 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「わたくしはシャルロットに触れたい、触れられたいって思ってますわ」

ミレイユ「シャルロットのすべてを知りたい、わたくしのすべてを知ってもらいたい」

ミレイユ「そう思っていますわ」

ミレイユ「それが、シャルロットの言う親友?」

シャルロット「……そうです」

ミレイユ「そう、シャルロットはわたくしに嘘をつきますのね……」

シャルロット「う、嘘じゃありません!」


11 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 19:59:28.83 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「恋……」ボソッ

シャルロット「っ!」ビクッ

ミレイユ「ですのね?」

シャルロット「こ、恋なんて、誰が、誰にですか?」アセアセ

ミレイユ「わたくしが、シャルロットに」

ミレイユ「この気持ちは恋……。うん、しっくりきますわ」

シャルロット「違います、ミレイユ様! ミレイユ様は初めて感じる感情に戸惑っているだけです!」

シャルロット「ミレイユ様が私に恋をしているなんて、そんなことはあり得ません」


13 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:02:05.16 ID:GXh4ZP/s0
シャルロット「ミレイユ様が私のことを特別に想ってくれていることは嬉しいです。けど、それは恋ではありません」

シャルロット「それは親友以上、でも恋未満です」

シャルロット「ありがとうございます、ミレイユ様」ニコッ

ミレイユ「親友以上、恋未満……」ウーン

シャルロット「はい。ですから恋ではありません」

ミレイユ「違いますわ」

シャルロット「……どうしてそう思うんですか?」

ミレイユ「根拠はありません。けど不思議とそう確信できますの」


15 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:05:18.36 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「わたくし、ミレイユ・アントワネットは」

シャルロット「……っ! ミレイユ様、お気を確かに!」

ミレイユ「シャルロットに――」

シャルロット「ダメ、ダメです! ミレイユ様!」

ミレイユ「シャルロット・エリザベスに」

シャルロット「それを言葉にしたら……っ!」

ミレイユ「恋をしていますわ」ニコッ

シャルロット「っ!」


16 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:08:26.18 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「やっぱりこれがしっくりきますわ」

シャルロット「ミレイユ様……」

ミレイユ「シャルロットは、気付いていましたのね?」

シャルロット「…………」

ミレイユ「沈黙は肯定と受け取りますわ」

ミレイユ「どうして?」ジッ

シャルロット「……………」

ミレイユ「どうして教えてくれなかったの?」


17 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:11:03.36 ID:GXh4ZP/s0
シャルロット「………………」

ミレイユ「答えて、シャルロット」

シャルロット「……ミレイユ様は第一皇女、この国を背負うお方ですから」

シャルロット「第五皇女である私に恋をしているなんてそんなことはあってはなりません」

ミレイユ「それでも、わたくしはあなたをスキになってしまった」

ミレイユ「それは、その気持ちだけは変えられませんわ」スッ

シャルロット「っ……! ダメです、ミレイユ様……」


18 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:15:45.98 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「わたくしは何も望みませんわ。ただ、この気持ちだけは大切にしておきたい」

ミレイユ「ダメかしら?」

シャルロット「……ぅ。…………」フルフル

シャルロット「ダメです。その気持ちを忘れてください」

ミレイユ「この気持ちを密かに胸の奥にしまっておくことも、ダメなの?」

シャルロット「……はい」

ミレイユ「どうして?」

シャルロット「だって……!」ジワッ

ミレイユ「っ! しゃ、シャルロット? どうして泣いて……」オロオロ


19 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:18:59.05 ID:GXh4ZP/s0
シャルロット「だって! ミレイユ様が私を想ってくれてるって、そう知ってしまったら――」ポロポロ

シャルロット「私の想いが止まらなくなってしまいますから」ニコッ

シャルロット「私は、ミレイユ様のお目付け役ということでミレイユ様の側においてもらっています」

シャルロット「私は、第五皇女で、お目付け役。正第一皇女のミレイユ様とは釣り合いません」

シャルロット「それなのに、私、シャルロット・エリザベスは引っ込み思案で、少し泣き虫で、とても心が優しい、そんなミレイユ様に、恋をしてしまいました」

シャルロット「おどおどしているのが可愛い、そう思ってしまったんです」

シャルロット「私には、ミレイユ様に恋をする資格なんてないのに」


20 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:20:46.14 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「恋をするのに、資格は必要なの?」

シャルロット「……はい」ポロポロ

シャルロット「私とミレイユ様は、絶対に結ばれてはいけないんですから」

ミレイユ「……もう、遅いですわ」

シャルロット「え……?」

ミレイユ「だって、わたくしも知ってしまったんですから」

ミレイユ「わたくしとシャルロットが想いあっていることを」


21 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:24:17.78 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「スキな人にスキと言われて、想いが止められるほどわたくしは器用ではありませんもの」ニコッ

シャルロット「で、でも……っ!」

ミレイユ「わたくしは別にシャルロットとどうにかなりたいというわけではありませんわ」

ミレイユ「今まで通りの"なかよし"な"ともだち"で構いません」

ミレイユ「だって、大スキな人に、会える毎日が幸せなんですもの」

シャルロット「……っ!」

ミレイユ「シャルロットは、わたくしと何かしたいんですの?」


22 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:27:34.27 ID:GXh4ZP/s0
シャルロット「……。……いえ」

シャルロット「ミレイユ様と一緒に、毎日会えるだけで私も幸せです」

ミレイユ「……やっぱり、最後に一つだけ」

シャルロット「はい?」

ミレイユ「わがままを言ってもよろしいですか?」

シャルロット「わがまま、ですか?」

ミレイユ「えぇ。"ともだち"の証のくちづけを、シャルロットとしたいのですわ」

シャルロット「く、くちづけ……!?」カアアアアアアア


23 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:32:14.82 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「ダメ……?」

シャルロット「……しましょう」

シャルロット「これは、あくまで"ともだち"のキスです」

シャルロット「それ以上でも、それ以下でもありません」

ミレイユ「えぇ、それで結構よ」ニコッ

ミレイユ「それじゃあ、シャルロット。目をつむって」

シャルロット「はい」ツムリッ


24 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:35:52.16 ID:GXh4ZP/s0
ミレイユ「それでは、失礼して……。んっ」チュッ

シャルロット「……っ!」

シャルロット「ほ、ほっぺ、ですか……?」キョトン

ミレイユ「? 何か変だったかしら?」

シャルロット「だ、だって……!」

ミレイユ「くちづけってこういうものでしょう?」キョトン

シャルロット「……っ!」


25 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:38:32.75 ID:GXh4ZP/s0
シャルロット「もう、ミレイユ様なんて知りません!」

ミレイユ「シャルロット!? 何を怒ってますの!?」アセアセ

シャルロット「知りません……!」フイッ

ミレイユ「シャルロット! 待ってください!」オロオロ

シャルロット「……。はあ……」

シャルロット「いいですか? ミレイユ様」クルッ

ミレイユ「は、はい……?」


26 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:41:17.32 ID:GXh4ZP/s0
シャルロット「キスって言うのは――」スッ

ミレイユ「――――っ!」カアアアアアアアアア

シャルロット「こうするんですよ?」プイッ

ミレイユ「わ、わたくし、シャルロットに食べられて……? あれ……?」アセアセ

シャルロット「ぷっ、ミレイユ様」クスクス

ミレイユ「な、なんで笑ってるんですの!?」

シャルロット「ミレイユ様が、大スキだからですよ」ニコッ

ミレイユ「……っ! わたくしも、大スキですわ。シャルロット」ニコッ

おわり


27 : ◆ZTPjpycbhE 2015/03/07(土) 20:42:36.80 ID:GXh4ZP/s0
――大スキな人に会える毎日はなんて幸せだろう
――ときめきをコンプリート、想い止まらない
そんなSSにしたかった
キャラとしてはヒルダ様大好きなレベッカちゃんが一番好きだけどエルナト組かわいすぎて、もうね


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/08(日) 01:26:49.40 ID:tXqvJosZo
乙 甘かった


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/08(日) 01:34:40.79 ID:6e5Pz+/8O
銀河乙女とはまた妙なチョイスを……
よかったよ乙


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425723123/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ