Powered By 画RSS


モバP「最近ツイてないんだ」洋子「ホントですか?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 11:54:04.41 ID:7ApPn5H10
事務所

モバP(以下P)「…んー…」

洋子「どうしたんですか?プロデューサー。難しい顔して」

P「お、洋子。…そんな顔してたか」

洋子「ええ、何かあったんですか?」

P「参ったな、顔にまで出るとは。…最近ツイてないんだ」

洋子「ホントですか?」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 11:55:11.92 ID:7ApPn5H10
斉藤洋子(20)
no title


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 11:55:58.29 ID:7ApPn5H10
P「ああ。行く先々の仕事場で雨が降るし…靴は少し履いただけで壊れるし」

P「俺が触った機材は決まって何かトラブル起こすし」

洋子「…思ったよりも凄かったです。でも、ツイてるツイてないの問題なんですか?」

P「でもツイてない以外に言い用が無くてな、なんと言ったものか」

洋子「ツイてるというより憑かれているような」

P「お、洋子、上手いこと言うな!ははは!…はぁ」

洋子「あ、ごめんなさい。真面目に考えてることなのに」

P「いやいいんだ。話したら少し気が紛れたよ」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 11:57:25.62 ID:7ApPn5H10
P「そろそろ時間だな、よし洋子、仕事に行くぞ!」

洋子「はーい!」


P「今日はだいぶ遠くに行くから…」トコトコ


ズルッ

P「ぎゃあああああ!」ゴロゴロゴロドーン


洋子「きゃーっ!プロデューサーが階段を転げ落ちたー!」

洋子「足元に何かがあったのかな…これ?…バナナの皮?…え、バナナの皮?なんで!?」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 11:57:58.89 ID:7ApPn5H10
P「なんでバナナの皮が落ちてるんだ…あだだ」

タタッ


洋子「大丈夫ですか!?」

P「ああ、大丈夫だよ」

洋子(本当に不思議とツイてないんだなぁ…心配)


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 11:58:54.51 ID:7ApPn5H10
仕事先

ゴオオオ ザアアア ゴオオオオオ


スタッフA「すごい暴風雨ですね、ちょっと前は平気だったのに」

P「…はい」

スタッフA「Pさんに調整してもらった機材も様子が変だし…」

P「…はい」

スタッフA「このままじゃ中止も視野に入れないとならないですね」


P「…。すいません、ちょっと近くの公園に行ってきます」

スタッフA「え?公園?何でですか?」

P「洋子、仕事の内容は頭に入ってるよな?もし俺が時間通りに来なくても、その通りにやってくれ」

洋子「あ、はい。わかりました」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 11:59:22.04 ID:7ApPn5H10
数分後

スタッフA「…なんだか様子が変だったなぁ、Pさん」

洋子(自分が居たら天気が悪くなるって言ってたけど…。だからここを離れたのかな?)

洋子(でもそんな極端なこと…)

ザアアア  ピタッ


スタッフA「あれ、雨止んだ?」

洋子「嘘!?」

スタッフA「嘘?」

洋子「あ、いえ、こっちの話です」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 11:59:58.00 ID:7ApPn5H10


スタッフA「ではこれで終わりです。どうもありがとうございました」

洋子「ありがとうございました!」

スタッフA「Pさん戻ってきませんでしたね、公園に行ってそのままですよね?」

洋子「そうですね、戻ってきてないです」

洋子(何かあったのかな?)


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:00:40.82 ID:7ApPn5H10

タタッ

スタッフB「おい、聞いたかスタッフA」

スタッフA「どうかしました?」

スタッフB「近くの公園で雨が降りすぎて、近くの川が氾濫してるって」

スタッフA「近くの公園!?」

洋子「え…え?ぷ、プロデューサーが危ないー!」ダダダッ

スタッフA「あ、洋子さん!」

スタッフB「どうしたんだ?」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:01:35.90 ID:7ApPn5H10

事務所

P「仕事場から離れたら暴風雨がどこかに行くと思ったんだけど…暴風雨全力でこっちまで来たよ」

洋子「無事でよかったです。レスキュー隊の人には感謝ですね」

P「あそこまで水に濡れたの始めてだな…ハクション!」

洋子「お茶です」

P「ありがとう洋子…」

洋子「仕事の方は上手くいきましたよ」

P「…すまん一人で任せてしまって」

洋子(でもやっぱり、プロデューサーに見て欲しかったなぁ)

P「しかし日に日に酷くなってるな…何か考えないと」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:02:22.25 ID:7ApPn5H10
数日後

ガチャッ


P「おはようございま…」

バギャッ

P「ドアが壊れた!」

洋子「立てかけておきましょう。今日も絶好調ですね…あはは」

P「ああ…あはは、はあ。参ったなぁ、思い切って開運グッズ買ったのに効果も無いし」

洋子「開運グッズ?」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:03:26.20 ID:7ApPn5H10
P「ああ、出店で呼びとめられて…思い切って買ったんだ。この置物がそう」ゴトッ

洋子「持ち歩いてるんですか?…あれ、この前雑貨屋さんで似たようなの見かけたような」

P「…え!?いや、でも…ほら、この目とか見てみてくれ。赤色で普通とはは違うだろう。特殊な宝石を…」

洋子「ホントだ、赤い…。…触ったら色とれちゃいましたよ」

P「え、ちょっと!?本当か!…とれた、とれちゃった…」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:03:55.00 ID:7ApPn5H10
洋子「あの、プロデューサー…まさか…」

P「…だ、騙された…のか…マジか…」

洋子「でも!安かったんですよね!インテリアにもなると思えば…」

P「ほぼ全財産出して買ったよ…思い切って…」

洋子「えええ!?」

P「ああ…マジかよー…こんなのってないよ…」



ちひろ「騙されたとはどういうことですか!」バーン

P「わあ!ちひろさん!」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:04:22.14 ID:7ApPn5H10
千川ちひろ(??)
no title


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:05:09.17 ID:7ApPn5H10
ちひろ「プロデューサーさんのお金に手を付けていいのはこの私だけなんです!何勝手に騙されちゃったりしてるんですか!」

P「何言ってるんですかちひろさん!?」

ちひろ「その置物を買った場所にさっさと案内してください!クーリングオフしに行きますよ!」ガシッ

P「ちひろさん何か怖いってー!」ズルズル


洋子「あ、プロデューサー!私これからお仕事…おーい!」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:05:39.53 ID:7ApPn5H10
翌日

洋子「お金は戻ってきたんですか?」

P「ああ、無事全額戻ってきたよ。ちひろさんはやっぱり何だかんだ優しい」

洋子「さすがちひろさんですね」

P「手数料として一部ドリンクに変わったけど…」

洋子「あはは…」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:06:06.57 ID:/bBB0juUo
サンキューちっひ


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:06:26.22 ID:7ApPn5H10
洋子「でも戻ってきてよかったです」

P「本当によかった。もう二度と手元からお金は離さない」

洋子「手元…って、銀行に預けてないんですか?」

P「大金を持ち歩くのも怖くなったから家においてあるんだ」

洋子「危ないですよ、ちゃんと銀行に預けないと」

P「あんなボロアパートに大金があるなんて誰も思わないって」

洋子(大丈夫かなぁ?)


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:07:25.90 ID:7ApPn5H10
翌日

洋子「おはようございまーす!」



P「」グッタリ

洋子「プロデューサー!?どうしたんですか!倒れて…何かあったんですか!」

P「…」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:08:02.42 ID:7ApPn5H10
洋子「プロデューサー!しっかりしてください!白目剥いてる!?」


P「…い…家が……」

洋子「家!?家が!?家がどうかしたんですか!」


P「爆発した…」


洋子「」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:08:41.78 ID:7ApPn5H10
ちひろ「…○○区のアパートの一室が爆発、幸いにも負傷者は出ず…。このニュースですか」

P「はい…」

洋子「え、ええ!?持ち物とかどうなっちゃったんですか…」

P「爆発して…全部消えた…」

洋子「持っていたお金は…」

P「一つ残らず爆発した…」

洋子「」


ちひろ「だからお金は私に預けておきなさいと」

P「それは無くなったのと同じ…」

ちひろ「何か言いました?」

P「なんでもないです」


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:09:36.55 ID:7ApPn5H10
洋子「これからどこに住むとか予定は…」

P「無いなぁ…一文無しだし着替えもないし…どうしよう」

洋子「私、手伝いますよ!泊まる所は…えーっと」


ちひろ「これを使ってください」ドサッ

洋子「え?ちひろさん…これって」

P「…。あの、もしかしてこれは」

ちひろ「キャンプセットです」

P「野宿しろと!?」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:10:03.92 ID:7ApPn5H10
ちひろ「今のところ寮施設に空きもないので」

P「まだ寒い季節ですよ!」

ちひろ「それにプロデューサーさん真面目にツイてないっぽいんで、落ち着くまではちょっと一人でいてほしいなぁ、と」

P「ひどい」

洋子(私も寮暮らしだからなぁ、アパート借りてればよかった)


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:11:07.52 ID:7ApPn5H10
P「…うーん、でも落ち着くまで、というのは…俺も思っていたんですよね。キャンプセット借ります」

洋子「他にも身の回りのものとか必要ですよね?手伝いますよ」

P「気持ちは嬉しいけど、そこまでしてもらうわけにはいかないよ。おとなしく給料の前借りをするかな」

ちひろ「利息は十日に一割ですけどいいですか?」

P「なんでトイチになるんですか!」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:11:48.78 ID:7ApPn5H10


P「暗い、寒い…」

P「コンビニでチンした弁当はすぐに冷めてしまうし」

P「七輪使うか。お湯を沸かして上手い具合に蒸気を弁当に…」


P「…。揺れた、不安定、こぼれたー!あー!」

P「弁当が燃えたー!…燃えた…」

P「しょうがない。明日の朝食に買ってきたパンだけ食べよう」

P「…無い!ああ…多分犬に吠えられて逃げたときに落としたんだな…」

P「ますます悲しくなってきた…今日はもう寝よう…」


洋子「プロデューサー!」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:12:38.34 ID:7ApPn5H10
P「あれ、洋子!?どうしたんだ」

洋子「心配で見に来たんですよ」

P「…見ての通りだよ」

洋子「はい、差し入れです。よかったら食べてください」

P「…弁当!おおお!嬉しいよ!ありがとう洋子!」

洋子「食事は大切からですからね!しっかりと食べてください」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:13:11.91 ID:7ApPn5H10
洋子「でも本当にテントで寝るんですか?」

P「まあしょうがないよ」

洋子「何なら…その…えーっと」

P「…?どうしたんだ?」

洋子「あ、なんでもないです!そうだ毛布も持ってきたんでした!どうぞ!」

P「おお!ありがとう!さすがに寝袋だけじゃ心細くてさ…」

洋子「じゃあ、おやすみなさい!」」

P「ああ、おやすみ」

洋子(さすがに部屋に誘うのは無茶だよね…)


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:14:40.71 ID:7ApPn5H10
数日後

P「おはようございます」ボロッ

ちひろ「…なんだか汚いですね」

P「風呂は銭湯借りたりしてるんですけど…スーツの保存場所に困って」

洋子「上着貸してください。ホコリだけ取れば…。あれ、ここ破れてますよ!」

ちひろ「仮にもプロデューサーがなんてもの着てるんですか…」

P「俺のテントの周りだけ小さい竜巻が起こったり犬が集まってきたりともうめちゃくちゃで」

洋子「竜巻!?犬!?」


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:15:19.18 ID:7ApPn5H10
洋子「やっぱり外で寝るのは危ないですよ」

ちひろ「でも開いている寮が…」

洋子「そうだ、ちひろさん。仮眠室ならどう?」

ちひろ「仮眠室ですか?…確かに使うのプロデューサーさんぐらいですけど」

洋子「だったら、室内の方がいいですよ。体調も崩しにくいと思いますし」

P「俺も野宿と仮眠室だったら仮眠室の方がいいです」

ちひろ「…爆発させないで下さいよ?じゃあ仮眠室を貸しますね」

P「ありがとう洋子」

洋子「健康が一番ですからね」


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:16:22.45 ID:7ApPn5H10
仮眠室前

P「よし、中に荷物も入れたし、住処の完成だな」

洋子「名札も付けちゃいましょう」

P「いいね、住んでるってわかりやすいし」

洋子「お風呂や洗濯は大丈夫なんですか?」

P「サウナルームやランドリーもあるプロダクションだし、不自由はしないよ。キャンプ生活よりは楽になるさ」

洋子「何かあったら呼んでくださいね」

P「まあ心配をかけるようなことはしないよ、安心してくれ」


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:16:58.56 ID:7ApPn5H10
一週間後

ちひろ「はい、そうですか…はい、わかりました、確認しますね。わざわざありがとうございます。失礼します」ガチャッ

洋子「どうしたんですかちひろさん?」

ちひろ「仮眠室から異臭がするってトレーナーさんから報告が」

洋子「仮眠室?…まさか」

ちひろ「そのまさか…かもしれませんね」


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:17:40.96 ID:7ApPn5H10
仮眠室前

ちひろ「やっぱりプロデューサーさんの仮眠室前ですか」

洋子「いろんな食べ物の混ざった匂いが…」

ちひろ「この中で何しているのやら…。引っ張り出しますか」


ちひろ「もう規定の時間はとっくに過ぎてるんですよ!」ドンドン

ちひろ「決められた約束は守るのが大人なんじゃないんですか?」ドンドン

洋子「ちひろさんちょっと怖いですよ!呼ぶだけですよね?」

ちひろ「あ、すいません」

洋子(変に手馴れてるような…)


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:18:40.48 ID:7ApPn5H10
ちひろ「…。出てこない」

洋子「えーっと予定表を…。あ、プロデューサー、今送迎中みたいですよ。もうすぐ帰ってくるみたいですけど」

ちひろ「そうだったの?…でもなんだか中が気になるわね。ええい開けちゃえ」ガチャッ


ドドドドドド


ちひろ「きゃああああ!」

洋子「ああっ!ちひろさんがゴミ袋の山に飲まれた!」


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:19:11.17 ID:7ApPn5H10
タタッ


P「なんだこの音!どうしたんだ!」

洋子「あ、プロデューサー!ちひろさんが埋まっちゃって…」

P「え!?」


ハヤクタスケテー 

P「ち、ちひろさーん!これはその…」


ユルシマセンヨー 

P「ヒィッ」

洋子「早く助けましょう!」


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:20:42.27 ID:7ApPn5H10


ガサガサ

ちひろ「ぷはあ!助かったあ」

洋子「でもすごい量のゴミですね…。…袋の中身コンビニ弁当ばっかりじゃないですか」


ちひろ「それと私のドリンクの空き瓶ばかりですね」

洋子「コンビニの弁当ばかりだったら、体に悪いですよ」

P「環境が環境だから自炊も出来なくて」

ちひろ「キャンプセット貸しますか?どうですかまた外の暮らしは」

P「いえキャンプはもう…」

ちひろ「キャンプが嫌なら!綺麗にしてください!」

P「すいません…」


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:21:24.99 ID:7ApPn5H10
ちひろ「私はこの結果を報告してきますので後はよろしくお願いします!」ズカズカズカ


洋子「…。もしかして元暮らしてた部屋もあんなにゴミ袋多かったんですか?」

P「…ん、まあ…まあ、そうだな」

洋子(爆発しても不思議じゃなかったのかも…)

洋子「今回の件はプロデューサーの責任ですからね、しっかりとしないと」

P「…うん、そうだな」

洋子「またお弁当作りますね。それと…明日は早起きしてください」

P「早起き?」

洋子「迎えに来ますね」


37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:22:24.72 ID:7ApPn5H10
翌日 早朝

公園

洋子「改めて、おはようございますプロデューサー」

P「おはよう洋子。朝起きてどこ行くかと思ったら…公園?」

洋子「まだお仕事までは時間がありますからね、ちょっと歩いて体をほぐしましょう」

P「なるほど、運動か」

洋子「そうです!でも急に体を動かすと体がびっくりしますから、まずはウォーキングからです」


38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:22:52.12 ID:7ApPn5H10
洋子「体を動かすのは頭にもいいんですよ」

P「…確かに心地いいな。目も冴えてくる」

P(横に洋子がいるからっていうのもあるかもだけど)

洋子「体も健康になれば、身の回りも綺麗になると思います。のんびり続けましょう」

P「ああ、ありがとうな洋子」


39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:23:27.21 ID:7ApPn5H10
一週間後

P「おはようございます!」

ちひろ「おはようございます」

洋子「顔色、良くなってきましたね!」

P「この立てかけてあるドアにも慣れてきたよ」

ちひろ「さっさと直すか業者呼んでください」


40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:23:58.33 ID:7ApPn5H10
洋子「運の調子はどうですか?」

P「未だに犬には吠えられるけど、体調はいいし…良くなってきたと思うよ」

洋子「やった!今日のお仕事は、ちゃんと見ててくださいね!」

P「ああ、任せろ!今日の星占いは11位だったし、ちょっとよかったんだ!」

洋子「わあ、いっこ上がりましたね!」

ちひろ(いっつも12位なのかしら?)


41 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:26:01.93 ID:7ApPn5H10
仕事先


ザアアアア ゴロゴロゴロ ピシャーン


スタッフA「ちょっと前までは晴れていたのに…今日は雷もあるのか」

P「…。あの、今日も俺、公園に…」


洋子「いえ、ダメです!そこで見ていてください!」

P「え?洋子?」


42 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:27:31.11 ID:7ApPn5H10
洋子「こんな天気、私が追っ払ってしまいます!」

P「追っ払う!?」

タタタッ


洋子「晴れろー!ええい、晴れろ―!」

P(空に手を挙げて走り回ってる…)

P(…。そうだな、クヨクヨしてちゃダメだな!)


P「晴れろー!天気よ晴れろー!」


43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:27:58.05 ID:7ApPn5H10
仕事後

スタッフA「今日はどうもありがとうございました」

P「ありがとうございました!」

スタッフA「曇りになってよかったですね!なんとか出来ました」

P「ええ、洋子のおかげですよ」

洋子「あはは…ちょっと思いつきでしたけど。関係あったのかな?」

P「あったよ!あったあった」

洋子「えへへ…だったら嬉しいなあ」

スタッフA(仲いいなあ)


44 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:28:40.05 ID:7ApPn5H10
帰り道

ザアアアア 

P「…。また降ってきちゃったな」

洋子「帰るまでもちませんでしたね」

P「タクシーも捕まらないし…おーい。…また行ってしまった」

洋子「たまたまですよ、きっと」

P「うーん、洋子、ちょっと俺の代わりに捕まえてもらっても」


バシャアアアア


45 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:29:14.65 ID:7ApPn5H10

P「ぺっぺっ、思いっきり水かけられた!」

洋子「私にも…どろんこです」

P「…。ええい負けんぞー!洋子が天気を良くしてくれたんだから、次は俺の番だ!」

P「事務所まで走って帰るぞ!距離も近いし、小ぶりだしすぐ帰れる!」

洋子「…よし、走りますか!」

P「この程度の雨になんて負けんぞー!」


46 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:30:15.62 ID:7ApPn5H10
事務所

P「ハクション!ハクション!ハークション!」

ちひろ「雨の中走って帰るとか何考えてるんですか!アイドルは体調管理が重要なんですよ!」

P「ずびばぜん…ハークション!」

洋子「ま、まあまあちひろさん…私は平気だったから…」

P「俺は雨には勝てんのか…ハクション!」

洋子「しょうが湯作りました、飲んでください」

P「ありがとう…」


47 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:32:51.74 ID:7ApPn5H10
数日後

P(…今日の星占いは…12位。雑誌も新聞も12位。…参ったなあ)

P(というかどういう仕組みで毎回俺の星座だけ最下位になるんだ…)

洋子「おはようございますプロデューサー」

P「ああ、おはよう」

洋子「今日は…どうでした?」

P「最下位だったなぁ…」


洋子「あはは…でも、昨日よりはいいと思いますよ」

洋子「昨日みたいにプロデューサーのところにだけカラスが集まるなんてこと、もうないですよ」

P「ははは…確かにそうだな」

洋子「今日も頑張りましょうね」


48 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:33:53.54 ID:7ApPn5H10
P「ああ、頑張ろう…」

P(…しかし長いことツイてないなぁ)

P(家は爆発するし、お金もないし…)

P(行く先々で雨だし、動物に襲われるし…)

P(…色々と洋子に何とかしてもらってるけど)


49 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:34:31.32 ID:7ApPn5H10
P(家が爆発したら住むところを世話してもらったり…)

P(運動に誘ってもらったり…)

P(弁当作ってもらったり…)

P(俺を元気づけようとしてくれたり…何だか色々やってもらってるなあ)


P(…ん?)


50 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:35:52.11 ID:7ApPn5H10
P「…」ジー

洋子「…あの、どうしましたプロデューサー…じっと見て、私の顔に何か付いてます?」

P「…ふっ、はっはっは!」

洋子「!?」


P(こんないい子がずっと側にいてくれるのに…)

P(ツイてないツイてない、って言うのも変だな!)

洋子「どうしたんですか!?大丈夫ですか?」

P「ああ、何でもないよ…大丈夫だ!今日も俺は絶好調だったみたいだ!仕事頑張るぞ!」

洋子「…ふふっ、はーい!」


51 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:36:54.48 ID:7ApPn5H10
ガチャッ


洋子「バナナの皮に気をつけてくださいね!」

P「なーに心配いらない!今日は右にあると思う…ほら右にあった!というわけで左足から踏み出す!」ヒョィ


ズルッ

P「と思ったら左にもあったあああああああああ!?」ゴロゴロゴロガシャーン

洋子「きゃーっ!プロデューサー!」


52 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:37:33.32 ID:7ApPn5H10

P「あだだ…」

洋子「大丈夫ですか!?」

P「ああ、大丈夫大丈夫!洋子が一緒にいる限りは大丈夫な構造になっているみたいだ!」

洋子「こ、構造?よくわかんないですけど…えへへ」

P「さあ、仕事に行くぞ!」

洋子「はーい!」


53 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:38:11.76 ID:7ApPn5H10


ちひろ「仲良くするのもいいですけど、事務所のドアとか事務所の車とかその他もろもろもとっとと直してください!」

P「そ…そのうち…」

洋子「他にも壊してるんですか!?」





54 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:38:40.50 ID:7ApPn5H10
これで終わりです
プロデューサーが変にツイてない理由は特にありません
のんびりとしたSSを書きたかったのでこうなりました

最後まで読んでくださりありがとうございました!


55 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 12:43:17.65 ID:/GVZBz300
おっつ、よーこさんかわいい


59 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 19:50:54.53 ID:rj5k/23o0

洋子さんは女神


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428202444/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ