Powered By 画RSS


美少女「お腹が空きましたよっ! 男さん」

1 : ◆Z2bF.5eyYE 2015/04/03(金) 22:47:08.74 ID:lP3iKAqj0
美少女「という事で何か作ってください!」


男「嫌です」


美少女「えーっ、お腹が空きましたよっー! 空いた、空いたぁーっ!」


男「ウルサイ。そんなにお腹が空いているなら、砂糖でも舐めてなさい」


美少女「お腹を空かしている、私がかわいそうだとは……。」


男「思いません」


美少女「ひどいっ! さらっと言わないでよっー」


男「喋ると余計お腹が空くと思いますが」


美少女「なるほどーっ、じゃあ黙ってればお腹が空かないのか! よし、黙ろう」


美少女「……」ぐぅ~


男「……」


美少女「ひどいっ……騙したなっ!」


男「ふっ!」


男「分かりました。そこまで言うなら作りましょうか、ただし、簡単な物ですよ」


美少女「ヤッフーイ!」




2 : ◆Z2bF.5eyYE 2015/04/03(金) 22:58:46.11 ID:lP3iKAqj0
美少女「ふふっ、何を作ってくれるのですか! 楽しみですねぇ、フハハっ!」


男「簡単な物です。期待はしないでくださいね」


美少女「それで、それで何を!」


男「チャーハンです」


美少女「楽しみですっ! では、出来たら呼んでくださいねっ」


男「ダメです。あなたも手伝いなさい」


美少女「ほんとに、ほんとっ?」


男「本当ですが。何か」


美少女「いたいけな私にっ、そんな事をっ!」


男「いいから、手伝いなさい」


美少女「はいっ……」


美少女「では、まず何を」


4 : ◆Z2bF.5eyYE 2015/04/03(金) 23:16:06.59 ID:lP3iKAqj0
男「では、油を大さじ4、卵を2玉、ご飯お茶碗3杯ぶん、塩胡椒 適量、ネギ 適量、ハム 適量、醤油 大さじ1、うまみ調味料 適量、かにかま 適量を用意してください」


美少女「イェッサー!」


男「用意が出来たら、ネギを刻み、ハムを切り、かにかまを裂き、卵を溶く」


男「とりあえず、下準備は出来ました」


美少女「なるほど」


男「まずは、フライパンを煙が出るまで熱し、油を加えよくなじませる」


男「ここからはスピードです。卵をフライパンに投入したら、すぐさまご飯を入れます。こうする事でお米に卵をコーティングでき、パラパラなチャーハンになります」


美少女「なるほど」


男「多少炒めパラパラとしたら、ネギ、ハム、かにかまを加え、炒めます」


男「具材を加え炒めたら、塩胡椒を全体にかけ、うまみ調味料を多少多めに加えます。うまみ調味料を加えると一気にお店の味です」


男「そしたら最後に、フライパンの地肌に醤油を加え風味付けして完成です」


美少女「おおーっ! 美味しそですっ」


男「では、食べるとしましょうか」


美少女「はいっ!」




5 : ◆Z2bF.5eyYE 2015/04/03(金) 23:23:19.56 ID:lP3iKAqj0
美少女「それでは、頂きます!」


男「いただきます」


美少女「はふっ、はふっ、もぐっ、ごっくん。うーっ! おいしいなぁ~っ。ご飯が口に入れた瞬間にパラパラをほぐれ、油でコーティングされたお米の旨みが広がる! ああっ、チャーハンっておいしいなって事を再認識させますねっ」


男「うんっ、まあまあでしょうか」


美少女「ふぅーっ。ご馳走様でした」


男「お粗末様です」


6 : ◆Z2bF.5eyYE 2015/04/03(金) 23:24:16.91 ID:lP3iKAqj0
次に扱う料理のジャンル
>>7


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/03(金) 23:25:07.37 ID:cRmP7tkO0
おでん


8 : ◆Z2bF.5eyYE 2015/04/03(金) 23:33:55.58 ID:lP3iKAqj0
美少女「うーっ、まだまだ寒い日もあってこんな時はおでんが食べたいですねーっ」


男「そうですね」


美少女「おでんが食べたいですね」


男「そうですね」


美少女「おでん」


男「そうですね」


美少女「あなたは、テレフォンショッキングの観客か何かですかーっ!」


男「そうですね」


美少女「いやあ、今日はおでんが食べたいね」


男「そうですね」


美少女「男は私の事が嫌いなのねっ……。ひぐっ……ぐすん」


男「泣くほどですかっ! 驚きですよ。分かりました、作りましょう」


美少女「ほんとにっ? ヤッフーイ!」


男「騙された」




9 : ◆Z2bF.5eyYE 2015/04/03(金) 23:49:19.10 ID:lP3iKAqj0
男「では、おでんを作ります」


美少女「ヤッフーイ!」


男「本当は昆布から出汁をとったり、カツオ出汁をとったりしたいのですが、面倒なので割愛して市販の白ダシを使います」


美少女「ほうほう」


男「使う材料(分量)は
白だし 150~180c
水 1200cc
みりん 大さじ2」


男「白だし、水、みりんを加え沸騰させる。はい、おでんのつゆ完成」


美少女「簡単! 大丈夫ですか?」


男「市販されている白ダシは、結構レベルが高いので大丈夫です」


美少女「ほんとに?」


男「食べれば分かります」


男「入れる具材の下処理は割愛。ggr」


男「具材を入れ、30分待ちます。沸騰しないように。30分後火を止め蓋をして味を染み込ませるため1時間寝かせる」


男「再び、沸騰しない火加減で蓋をして20分。火を止めて1時間寝かせ完成!」


美少女「美味しそうです」


10 : ◆Z2bF.5eyYE 2015/04/03(金) 23:54:15.91 ID:lP3iKAqj0
美少女「早く、頂きましょうよ!」


男「分かったよ。それじゃあ」


美少女「頂きます!」


男「いただきます」


美少女「はふっ、はふっ、もぐもぐっ、ごくんっ。はふぅ~、噛んだ瞬間、大根から出てくるお出汁がおいしい。卵もほくほくしていて、おいしいですっ! なんだかっ、ほっとする味ですねぇ~」


男「まあまあかな」


美少女「ご馳走様でした」


男「お粗末様です」


11 : ◆Z2bF.5eyYE 2015/04/03(金) 23:55:11.31 ID:lP3iKAqj0
次に扱う料理>>13


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/04(土) 00:01:55.88 ID:18vWj9VHO
親子丼


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/04(土) 00:02:12.17 ID:FG8FHUve0
べったら漬け


14 : ◆Z2bF.5eyYE 2015/04/04(土) 00:17:28.73 ID:r+wFTrdN0
男「ぱりぱり、もぐっ」


美少女「男さん。何を食べているんですか?」


男「べったら漬け」


美少女「私も食べたいです」


男「すいません。もう、食べてしまいました」


美少女「ショックです。某ドラマの最終回ぐらいショックです」


男「それじゃあまた、作りましょうか」


美少女「ヤッフーイ!」


男「べったら漬けと言っても、即席ですから、期待はしないでください」


美少女「イェッサー」


男「材料
大根 500g
砂糖 60g
塩 10g
酢 25cc」


男「まずは、大根の皮を剥き、縦に4等分にします」


男「調味料を全部袋に入れ混ぜ合わせ、大根とよく絡めて冷蔵庫へ」


男「時たま、大根をかきまぜながら1日半~2日漬けます」


男「大根から水分が出てきたら食べ頃です」


美少女「ほうほう、これがべったら漬けですか」


男「そうです。それでは、いただきましょうか」


美少女「頂きます!」


美少女「ぱり、ぽり、ぱり、ぽり。ごくんっ。はぁ~おいしいなぁ~っ、食感が心地よく、味もほっとしますねぇ」


男「うん、まあまあだな」


美少女「ご馳走様でした」


男「お粗末様でした」


15 : ◆Z2bF.5eyYE 2015/04/04(土) 00:18:53.89 ID:r+wFTrdN0
次に扱う料理>>16


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/04(土) 00:19:48.72 ID:JSkAZh8Oo
ガトーショコラ


17 : ◆Z2bF.5eyYE 2015/04/04(土) 00:50:36.69 ID:r+wFTrdN0
美少女「今日はバレンタインデー前日です。チョコを男さんに渡す……渡して告白します。がらにもない事をします、恥ずかしくて、もどかしいです」


美少女「さて、何を作りましょうか。なんて言っても、もう決まってます。男さんが好きなガトーショコラを作ります」


美少女「レシピはこちら
型のサイズ  (18cm)(21cm)
チョコレート 100g  150g
無塩バター 60g   90g
卵 3個 4・1/2個
砂糖(半量に分けて使う) 120g 180g
生クリーム 40g   60g
◆薄力粉 20g   30g
◆純ココア 50g   75g」


美少女「1型の底に紙を敷いて、周りにマーガリンを塗って粉をはたいて置く。オーブンは180度にセットします」


美少女「チョコレートを刻んで約60度の湯煎で溶かす。溶けたらバターを加えさらに溶かす。粉類は合わせてふるっておく」


美少女「ボールに卵白を加え、塩極少々加えハンドミキサーで泡立てる。泡立って来たら、砂糖(分量の半量)を2~3回に分けて加え、角が立つ位しっかりしたメレンゲを作る」


美少女「別のボールに卵黄と砂糖(残りの半量)を加え、ハンドミキサーで白っぽくマヨネーズ状になるまで良くすり混ぜ、②と生クリームを加える。」


美少女「⑤に◆のふるった粉類を練らないようにさっくり加える。」


美少女「メレンゲを再度混ぜ滑らかにし⑥に1/3を加えしっかり混ぜ生地を柔らかくする。残りのメレンゲを2回に分けさっくり混ぜ込む。」


美少女「型に流し、180度で10分後160度に下げ、30~35分焼く。竹くしを挿して何もつかなければOK。周りをナイフで剥がして冷まします。」


美少女「仕上げにトッピング用の粉砂糖を振って完成!」


美少女「美味しくできたっ! 奇跡だっ」


18 : ◆Z2bF.5eyYE 2015/04/04(土) 00:51:32.17 ID:r+wFTrdN0
バレンタインデー当日


美少女「おーとこさんっ! 今日は何の日でしょうか?」


男「さぁ?」


美少女「またまたぁ、とぼけちゃって。男さん、これっ、た、たっ、食べてください!」


男「ほうっ、ガトーショコラか。ぱくっ、もぐっ。しっとりとしていて、なおかつチョコの濃厚さが伝わってくる。美味しいな」


美少女「ほっ、ほんとうですか?」


男「ああ。本当に美味しかったよ」


美少女「よかったっ……うんっ、よかった……よかったよぉ~……」


美少女「男さん!」


男「はい」


美少女「好きです! つ、付き合ってください」


男「はい」


美少女「ほっ、ほんとうですか?」


男「はい」


美少女「男さーん! 大好きですぅ!」


美少女「あっ、男さん。安心したらお腹が空きました。何か作ってください!」


男「いやです」


美少女「そんなあーっ」


おしまい


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/04(土) 04:43:41.22 ID:18vWj9VHO
乙!


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428068828/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「男女」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ