Powered By 画RSS


咲子「イブちゃんと新しいプレイをしますっ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:04:24.07 ID:qncS99sTo
◆ひなビタ♪SSです
◆さきいぶちゃんはバカップル


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:05:22.33 ID:qncS99sTo
一舞「あ、新しいぷれい……?」

咲子「はいっ!」

一舞「もうさきこ、さっき起きてしたばっかでしょ?まだあたしちょっとだるいんだけど……」

咲子「いいじゃないですかっ!うふふふふー」ニコニコ

一舞「嫌な予感がするな?」

咲子「それでイブちゃん、私が思いついたのは……」

一舞「うーん、ビーチでするとか……」

咲子「あらあら、それもいいですね、うふふ」

一舞「う、で、さきこが思い付いたのはなんなのさ!」

咲子「そうですね……じゃあ実際にやってみましょうか?」

一舞「え」




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:09:04.89 ID:qncS99sTo
……

咲子「いやあ、イブちゃん以外の人に犯されるなんてえ……」

一舞「こんなに柔らかな身体を女の子だけに許すなんてもったいないよー」ボーヨミ

咲子「た、例え身体を汚されても、心はイブちゃんだけのものですもん」

一舞「くっくっく、今から心を書き換えてあげるよ」ボウ

咲子「ううう、助けて、イブちゃぁん……」

一舞「……」

咲子「……」

一舞「……」

咲子「……イブちゃん、次の台詞は『助けを呼んでも誰も来ないよ』ですよ」

一舞「いやそうじゃなくって」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:13:03.77 ID:qncS99sTo
一舞「やっぱり気が進まないし……」

咲子「うーん、ねとられさんはお嫌いですか?」

一舞「嫌いっていうか……なんか、やだし」

咲子「……どんなことがあっても、私はイブちゃんのものですよ?」

一舞「し、知ってるし」

咲子「だって、私の心はイブちゃんに鷲掴みにされちゃってますから!」

一舞「だ、だからそれも」

咲子「イブちゃん顔赤いですよっ」

一舞「う、うっさいっ///」

咲子「ふふふふー」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:17:05.04 ID:qncS99sTo
咲子「そうですね、私もイブちゃんをねとられさんされるなんて、嫌ですから」

一舞「うんうん」

咲子「もしそんなことになったら、その人を……うふふ……♪」

一舞「さ、さきこ、こわい」ブルッ

咲子「さて、じゃあ次はどんなプレイします?」

一舞「別に無理して新しいことはしなくていいんじゃないかなあ」

咲子「あ、別にいつものが飽きたわけじゃないですからね?」

一舞「知ってるしっ」

咲子「うふふ」

一舞「えへへ」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:21:19.70 ID:qncS99sTo
……

咲子「イブお姉ちゃん、ちゅーしよ?」

一舞「もう、さきこは甘えん坊だなー」

咲子「んー、お姉ちゃんいい匂いがする……」

一舞「さきこだって、そうだしっ」

咲子「ねえ、はやくキスしよ……?」

一舞「ふふふ、さきこのえっち」

咲子「えっちな妹はきらい……?」

一舞「そんなことないよ、さきこ……♪」スッ

咲子「お姉ちゃん……」

チュ


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:25:01.76 ID:qncS99sTo
一舞「んー……」

咲子「……?イブちゃん?」

一舞「なんかムズムズするからやめない?」

咲子「ええ?私は結構、燃え上がりそうな気も……」

一舞「やっぱさきこはさ、その口調が似合うよ」

咲子「そ、そうですか///」

一舞「まあ、さきこが妹っていうのは、可愛いけど」

咲子「イブちゃんがお姉ちゃんっていうのも、とってもとっても素敵ですっ!」

一舞「でも姉妹じゃ結婚出来ないんだよ」

咲子「……他のにしましょう」

一舞(早ッ)


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:29:12.99 ID:qncS99sTo
咲子「じゃあ、こういうのはどうでしょう?」

一舞「こういうの?」

咲子「私は奥さんを早く亡くした未亡人さんです」

一舞(前提がおかしいけど黙っておこう)

咲子「イブちゃんはそんな私に言い寄ってくる人です」

一舞「ふーん……」

咲子「さぁイブちゃん、さっそく」

一舞「さきこ、その設定でさきこが亡くした奥さんって誰?」

咲子「それは勿論イブちゃんですよ?」

一舞「へえ、あたし死んだんだ……」

咲子「……ううっ」ブワッ


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:33:02.52 ID:qncS99sTo
一舞「ちょ、ちょっとさきこ!?」

咲子「嫌ですっ!イブちゃんが死んじゃうなんて、私、私……」

一舞「さ、さきこ、例えだから!プレイだからね!」

咲子「イブちゃんがいないなんてえ……」グスッグスッ

一舞「もう、自分の妄想で自爆しないでよ」

咲子「ううう……」グス…

一舞「さきこ」ギュ

咲子「イブちゃぁん……」

一舞「あたしはちゃんといるから、泣き止んで?」ナデナデ

咲子「はい……」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:37:15.50 ID:qncS99sTo
一舞「落ち着いた?」

咲子「はい……」

一舞「もうさきこは泣き虫だなー」

咲子「だってだってイブちゃんがあ……」

一舞「あたしが大好きなさきこ可愛いっ」ナデナデリ

咲子「ん……ねえ、イブちゃん」

一舞「なあに」

咲子「しません?」

一舞「普通に?」

咲子「はい」

一舞「んー……いいよ、さきこ……♪」

…………
……


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:41:17.94 ID:qncS99sTo
~一方その頃~

めう「りんりん先生!さききどこめう?」

凛「洋服屋の部屋じゃないかしら……?」

めう「や、やっぱり?」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:45:19.16 ID:qncS99sTo
……

咲子「えへへ、イブちゃん」

一舞「さきこっ」

咲子「結局、普通にしちゃいましたね」

一舞「さきこがそれがいいって言うからだよ?」

咲子「やっぱり慰めてくれる時は普通が一番ですね、イブちゃんも、とってもとっても積極的でしたし……♪」

一舞「だ、だって甘えてくるからさあ」

咲子「ふふふ、イブちゃんのなでなではとってもとっても気持ちいいんですよ」

一舞「そ、そっか」

咲子「それで次のプレイの案ですけど」

一舞「えっ、まだその話する?」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:49:02.48 ID:qncS99sTo
咲子「イブちゃんはイメージプレイはお嫌いですか……?」

一舞「そういうんじゃないけど……さっきしたし……」

咲子「まあまあいいじゃないですか!じゃあえっと、何か別の場所でするっていうのはどうでしょう?」

一舞「べ、別の場所?あ、あたしもう電車の中とかでするのは嫌だからねっ!」

咲子「あの時のイブちゃん結構ノリノリだったじゃないですか」

一舞「そ、それはその時、だしっ」

咲子「じゃあお外で」

一舞「だめっ!」

咲子「えー?」

一舞「えー、じゃないしっ!」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:53:04.58 ID:qncS99sTo
咲子「イブちゃん知ってますか?ここなちゃんとなつひちゃんのお二人」

一舞「二人がデキてるのは知ってるけど、それがどうしたの」

咲子「あの二人、橋の下で貝合わせしたことだってあるんですよっ」

一舞「は?」

咲子「やっぱり生まれた頃からのお付き合いだととってもとっても大胆になるんでしょうか……♪」

一舞「ど、どこでそんな話聞いたの///」

咲子「えー?まぁそれはなんでもいいじゃないですかー」

一舞「そ、そう、かな?」

咲子「だから、イブちゃん……」

一舞「だ、だからだめっ!」

咲子「イブちゃん、わがままさんですっ……」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:57:06.14 ID:qncS99sTo
一舞「いや外でする方がおかしいよ?」

咲子「むう……」

一舞「最近は暖かくなってきたけどさ、まだ肌寒いし!それに誰かに見られたらどうするのっ!」

咲子「あおかんさんはそれにぞくぞくするんじゃないんですか?」

一舞「そ、そうだけど、まだ警察のお世話にはなりたくないし……」

咲子「むぐぐぐ」

一舞「さきこ、変な事考えないでさ、するなら普通にしようよ、ね?まだ付き合うからさ」

咲子「ふつう、ですか」

一舞「うん」

咲子「……じゃあ」

一舞「じゃあ?」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:01:09.21 ID:qncS99sTo
……

まり花「あれ、りんちゃん、イブとさきちゃんは?」

凛「さっき家から出て来て退廃ホテルに急行したわよ……」

めう「もうお昼なのにお盛んめう」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:04:58.93 ID:qncS99sTo
……

咲子「ふー……♪」

一舞「もー、さきこのえっち……」

咲子「イブちゃんも、えっちですよ?」

一舞「さきこのせいだもん……」

咲子「私も、イブちゃんのせいですよっ」

一舞「もう、さきこ……」

咲子「イブちゃん……♪」

一舞「ん」チュ

咲子「んーっ♪」チューッ

一舞「んー……はあ」

咲子「はー……イブちゃん……♪」

一舞「えへへへ、さきこ……♪」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:07:51.36 ID:qncS99sTo
咲子「イブちゃんのおっぱい、とってもとっても柔らかいです……♪」ムニムニ

一舞「んん……さきこの方が、柔らかいでしょ」

咲子「でも、イブちゃん、最近少し大きくなったんじゃないですか?」

一舞「わかる?実は最近ブラのサイズ変えたんだ」

咲子「やっぱり」

一舞「でもこれは……」

咲子「これは?」

一舞「さきこに、毎日触られてるからかなあ、って……」

咲子「うっ……い、イブちゃん、とってもとっても可愛いですっ!」ガバッ

一舞「わっ!?」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:11:26.94 ID:qncS99sTo
一舞「も、もう、また、するの?」

咲子「駄目ですか……?」

一舞「駄目じゃないけど……これならあたしの部屋でやった方が……」

咲子「知らない天井や部屋を見ながらイブちゃんとするのって、とってもとっても興奮しません?」

一舞「そうじゃなくってさ、この前夜してたらママに天井ドンッ!ってされたの根に持ってるとかじゃ……」

咲子「……手加減はいらなさそうですね、イブちゃん?」

一舞「じょ、冗談だしっ」

咲子「ふふふー、また、いっぱいいっぱい愛してあげますね、イブちゃん……♪」

一舞「も、もう、さきこったら……♪」

おわり


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:24:44.75 ID:qncS99sTo
お疲れ様でした
ひなビタ小説第二弾は5月29日発売予定です


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/12(日) 01:02:04.61 ID:IX2B/ibqo
おつつめう


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428753863/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ひなビタ♪」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ