Powered By 画RSS


漫画主人公「作者に頼まれて名言を生み出すことになった」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 21:46:57 ID:PyN6GFag
とある漫画の世界──

作者「やぁ」

主人公「あ、どうも! お久しぶりです!」

主人公「あなたがここに来るなんて……何年ぶりですかね」

主人公「たしか、よほど集中しないとここには来れないはずじゃ……」

作者「うん、そのとおり」

作者「実は困ったことになってね。キミに相談をしに来たんだ」

主人公「困ったこと? いったいなんですか?」




2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 21:50:53 ID:PyN6GFag
作者「それを話す前に、少しおさらいしておきたい」

作者「この漫画は、悪の大帝国に挑むレジスタンスの戦いがテーマだ」

作者「そしてキミはレジスタンスの集団に新兵として参加し」

作者「メキメキ頭角をあらわしている」

主人公「そのとおりです」

主人公「この間も俺の活躍で、帝国基地を一つ潰しましたしね」

主人公「もちろん、あなたがやらせた(描いた)ことなんですが……」

主人公「そしていよいよ、帝国軍精鋭との戦いが始まろうというところです」

主人公「物語としては、ここからが本番ってところですね」

作者「そう、そのとおり……ストーリーはどんどん盛り上がっている」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 21:52:17 ID:PyN6GFag
主人公「──あ、そうか!」

主人公「もしかして、困ったことというのは、今後の展開に悩んでいるのでは?」

主人公「俺はだいぶ強くなったといってもまだまだ発展途上だし」

主人公「逆に帝国はあまりにも強大……。どうすればいいんだ、と」

作者「いや、そうじゃない」

作者「ボクが悩んでるのはもっと単純……いや、基本的なことなんだ」

主人公「基本的?」

作者「実は、読者の意見の中で……『この漫画には名言がない』ってのがあったんだ」

主人公「名言……ですか」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 21:54:56 ID:PyN6GFag
主人公「名言っていうと、たとえば──」

主人公「『天は人の上に人を造らず』とか『青年よ、大志を抱け』みたいな?」

作者「いや、なにも立派なことをいう必要はないんだ」

作者「名言というより、“印象に残るセリフ”といいかえてもいいかもしれない」

作者「この作品といったらこのセリフ、みたいなやつさ」

主人公「印象に残るセリフ……」

主人公「たしかに……あまりないかもしれないですね」

作者「ボクとしても、設定やストーリーを考えるので精一杯で」

作者「セリフ回しはあまり練ってこなかったからねえ」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 21:57:44 ID:PyN6GFag
作者「──というわけだから、名言を考えてくれ! 明日までに!」

作者「そうしてできあがった名言を、今度使わせてもらうからさ!」

主人公「ハァ!?」

主人公「な、なにいってんですか!」

主人公「それを考えるのは、作者であるあなたの仕事でしょう!?」

作者「う~ん、だけどボクも色々と忙しいしさ」

作者「ここは一つ“キャラクターが勝手に動いた”ってやつに委ねてみようと思ってね」

主人公(相変わらず勝手なヤツだ……。だけど逆らうわけにもいかないし……)

主人公「分かりました……やってみます」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 21:59:49 ID:PyN6GFag
作者「あ、ひとつだけいっとくけど」

作者「もしいい名言ができなかったら、主役交代させてもらうから」

作者「キミには戦死してもらって、別のキャラで第二部ってね」

主人公「え!?」

作者「それじゃ!」

主人公「あ、ちょっと待って……!」



主人公「……行っちまった。ホントひどい作者だ」

友「よう、こんなとこでなにやってんだ?」ザッ

主人公「あっ、実は──」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:01:47 ID:PyN6GFag
友「“名言を作れ”か……。あのいい加減な作者らしいな」

主人公「どうすりゃいいかな?」

友「他ならぬ親友の頼みだ。半日だけ時間をくれ」

友「外の世界に干渉して、他の作品の名言ってやつがどんなもんか調査してみるから」

主人公「え、なんでお前そんなことできんの!?」

友「…………」ギロッ

主人公「わ、分かった、なにも聞かない」

主人公「じゃあ……頼むよ」

友「ああ、任せときな!」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:04:43 ID:PyN6GFag
半日後──

友「ただいま」

主人公「おお、どうだった? 名言ってどういうもんか分かったか?」

友「名言っていっても色んなタイプがあるから」

友「名言とはこういうものだ、って一言でいうのは難しいな」

友「だけど“名言の法則”みたいなもんは、なんとか分かったような気がするよ」

主人公「すげえ! ぜひ教えてくれよ!」

友「んじゃさっそく、講義を始めるぞ」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:07:25 ID:PyN6GFag
友「まず……“自分の目的をしっかり告げる”なんてのは名言になりやすいな」

主人公「目的か……俺だったら帝国を倒す、かな?」

友「まぁ、そうなるだろうな」

友「代表的なのはワンピースのルフィの『海賊王におれはなる!』なんてのがある」

主人公「!」ビビッ

主人公「お~、いいねえ。今ビビッときたよ」

主人公「ここは海でもなんでもないのに、潮風の匂いがしたよ」

友「明確な目的がある主人公の方が、読者ものめり込みやすいだろうしな」



1.目的を告げる


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:09:03 ID:PyN6GFag
友「それと……いわゆる“キレイごとを否定するセリフ”も名言になりやすい」

主人公「キレイごとを否定……」

主人公「人は愛があれば生きていける、みたいのを全否定すればいいわけか」

友「そうそう」

友「例としてはカイジの『金は命より重い……!』なんてのがある」

主人公「すげぇな、いいにくいことをいい切っちゃってるところがすげえ」

友「だろ? 思っててもなかなかいえねぇよ、金は命より価値があるなんて」



2.キレイごとを否定


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:10:37 ID:PyN6GFag
友「だけど逆に、“命の素晴らしさ”を説くようなセリフも人気が出る」

主人公「ふうん、たとえば?」

友「ダイの大冒険の『閃光のように……!』とかだな」

友「人間の一生は短いけど、だから閃光のように生きてやるっていうセリフだ」

主人公「熱いな……」

主人公(俺、閃光のように生きられてるかな……せいぜい線香花火だ)



3.命の素晴らしさを説く


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:12:36 ID:PyN6GFag
友「あとは単純に“自己紹介”のセリフが名言になったりする」

主人公「自己紹介が名言? どういうことだよ?」

友「名探偵コナンの主人公のコナンはこうやって自己紹介するんだ」

友「『江戸川コナン、探偵さ』ってね」フッ…

主人公「おぉ~、かっけえな。キザだけど、悔しいけどかっこいいや……」



4.自己紹介


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:15:08 ID:PyN6GFag
友「他には……“面白い比喩”なんてのも名言になりやすい」

主人公「比喩? 炎のように熱い俺のハート、みたいな?」

友「ちょっと普通すぎるな。それじゃ名言にはなりにくいよ」

主人公「ぐ……!」

友「ジョジョの奇妙な冒険にはこんなセリフがある」

友「『コーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!』ってな」

主人公「ぶふっ! す、すげえ……」

主人公「確実とゲップをつなげるなんて……どんな発想だよ……」



5.面白い比喩


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:16:37 ID:PyN6GFag
友「あとは……“同じフレーズを何度も繰り返し使う”なんてのもありかもな」

友「たとえばブリーチって漫画だと」

友「『なん……だと……』って言い回しが何度も何度も出てくる」

友「そのおかげで、ブリーチといえば『なん……だと……』っていうファンも多い」

主人公「なん……だと……」

主人公「うん、これはたしかに使いやすい」

友「使いやすい……だと……」

主人公「応用した……だと……」



6.同じフレーズ


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:18:06 ID:PyN6GFag
友「それから、意外と“何気ない仕草”も名言になったりする」

主人公「何気ない仕草が?」

友「バスケ漫画のスラムダンクの『左手はそえるだけ』ってのは」

友「別に特別な技でもなんでもない、ジャンプシュートの時のコツなんだけど」

友「このセリフが、いざという時に使われるとグッとくるわけだな」

主人公「ジャンプシュートのコツが、ものすごい感動を生むわけか……」



7.何気ない仕草


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:20:20 ID:PyN6GFag
友「あと、名言とはちょっとちがうかもしれないけど」

友「“変わった語尾”なんかも印象に残りやすいな」

主人公「語尾?」

友「NARUTOの主人公のナルトは『ってばよ』って語尾を使うんだが」

友「おかげでこいつのセリフ回しは記憶に残りやすくなってる」

主人公「語尾かぁ……ちょっと工夫してみるかなってばよ」

友「パクるなってばよ」



8.変わった語尾


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:22:29 ID:PyN6GFag
友「それと……やっぱり“長いセリフ”ってのは記憶に残りやすい」

友「ヘルシングって漫画で敵のボスが『諸君、私は戦争(クリーク)が好きだ』って」

友「延々と戦争について演説をかますシーンがあるんだが」

友「あまりに強烈なので、作品知らない人でもこの演説は知ってるレベルになってる」

主人公「長いセリフは得意じゃないけど……やってみる価値はありそうだな」



9.長いセリフ


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:24:19 ID:PyN6GFag
友「そして最後は……やっぱり“数字”だな」

友「ドカンとでかい数字でインパクト出してやりゃ、それだけで名言になる」

友「ドラゴンボールのフリーザの『わたしの戦闘力は530000です』とかな」

友「それまで戦闘力数万でやりあってたところに、53万だからな」

友「イヤでも印象に残るってもんよ」

主人公「数字ってのは分かりやすいもんなぁ」



10.大きい数字


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:26:58 ID:PyN6GFag
友「──さてと、オレの調査はこんなところかな」

友「あとはおまえ次第だ」

主人公「ありがとな……。俺、やってみるよ! 名言、生み出してみせるよ!」

友「がんばれよ」

友「この漫画から、名言が生まれりゃオレだって嬉しいんだからさ」

主人公「ああ、任せてくれ!」

主人公(必ずすごい名言を作って、作者をギャフンといわせてみせる!)


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:28:50 ID:PyN6GFag
その夜──

主人公(ああでもない、こうでもない……う~ん……)

主人公(くそっ、なかなかいい名言ができないな……)

主人公(ただでさえ、帝国軍との戦いで忙しい時に……)

主人公(ええい、今夜は徹夜だ!)



………………

…………

……


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:30:44 ID:PyN6GFag
翌日──

作者「やぁ」

主人公「ど……どうも」クラッ…

作者「昨日ボクがいった宿題、名言は作ってきたかな?」

主人公「……バッチリです! 自信作です!」

作者「よし、じゃあさっそく聞かせてもらおうか。キミの“名言”を!」

主人公「はいっ!」


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:35:08 ID:PyN6GFag
主人公「ククク、俺は主人公で帝国反乱軍の一員だ!

    俺は帝国を絶対にブッ倒す! ドミノ倒しをするようにな……!

    ククク、もちろんブッ倒すって思ってれば報われるとは限らない……!

    だが、俺のちっぽけな命を燃やせば大帝国だって倒せるはずだ!

    ククク、剣を持つ時は両手で握り締めるだけ……。

    俺が本気を出せば帝国兵700000人くらい余裕で倒せるぜ。

    ククク、やってやるでヤンス!」


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:38:42 ID:PyN6GFag
1.目的を告げる 「帝国を絶対にブッ倒す」

2.キレイごとを否定 「思ってれば報われるとは限らない」

3.命の素晴らしさを説く 「ちっぽけな命を燃やせば大帝国だって倒せる」

4.自己紹介 「俺は主人公で帝国反乱軍の一員だ」

5.面白い比喩 「ドミノ倒しをするように」

6.同じフレーズ 「ククク」

7.何気ない仕草 「両手で握り締めるだけ」

8.変わった語尾 「ヤンス」

9.長いセリフ 「176文字」

10.大きい数字 「700000」

PERFECT!



主人公(き、決まった……!)


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:42:12 ID:PyN6GFag
作者「……なにそれ?」

主人公「え?」

作者「やたら無駄に長いわ、内容は支離滅裂だわ、しかもヤンスってなんなんだよ」

作者「響くものがなんにもなかったよ」

作者「散々期待させといてこれかよ……ガッカリだわ」

作者「悪いけど、キミもういいや」シッシッ

作者「適当なところで死んでもらって、新しい奴を主役にすっから」

作者「じゃあな」スタスタ…

主人公「…………」


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:44:40 ID:PyN6GFag
主人公(なんだよそれ……!)

主人公(せっかく人が一生懸命考えたってのに……)

主人公(だいたい、漫画のセリフなんてもんは作者が自分で考えるもんだろがよ)

主人公(それをよりによって自分のキャラクターにやらせて、なにがガッカリだよ……)

主人公(好き勝手、ほざいてんじゃねえ……)

主人公「…………」ブツブツ…

作者「?」

主人公「好ききゃって、ほざいてんじゃねェェェェェッ!!!」

作者「!!!」ビビビッ


26 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:47:12 ID:PyN6GFag
主人公「このヤロ──」

作者「おおっ、い、今のはよかったよ!」

主人公「へ?」

作者「心の底からの叫びって感じで、なんかこうビビビッときた!」

作者「“勝手”を噛んじゃって“きゃって”になってたのもちょっと面白い!」

主人公「え、え、え?」

作者「ボクが求めてたのは、そういうセリフだよ! ぜひ使わせてもらう!」

主人公「ど、どうも……」

主人公(なんか知らんが、どうやら名言が生まれたようだ……)


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:54:46 ID:PyN6GFag
その後、ある漫画雑誌にてこんなシーンが掲載された──



帝国将軍『国が民の命や財産を奪い取ってなにが悪い?』

主人公『好ききゃって、ほざいてんじゃねェェェェェッ!!!』





読者A「なんだこれ? 誤植か?」

読者B「いや、それだけ主人公がブチキレてるって表現だろ? すげえよ」

読者C「この漫画、絵やストーリーはいいのにセリフ回しはイマイチだったからな」

読者D「ようやくこの漫画にも、名言が生まれたな」

読者E「俺、このコマでコラ作ろっと」


28 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 22:59:41 ID:PyN6GFag
友「よかったよかった」

友「例の名言、外の世界じゃずいぶん好評みたいじゃんか」

主人公「思いっきり噛んでるから、ちょっと恥ずかしいけどな」

主人公「お前の調査やアドバイスも役に立ったよ。どうもありがとう」

友「苦労したかいがあったよ」

主人公「だけど、読者の心に響く“名言”を生み出す上で一番大切なのは」

主人公「こういうセリフがウケるからこうしよう、とかいうことじゃなく」

主人公「いいたいことを心の底からズバッという、ってことなんじゃないかなと思うよ」







おわり


29 : ◆4QOsBV.E5M 2015/04/13(月) 23:00:17 ID:PyN6GFag
以上で終わりです
ありがとうございました


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 23:14:45 ID:NBBf6hRw
面白かった!
確かにさらっと何気なく生まれる名言は多いな


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/14(火) 01:12:03 ID:BYAI2jWg
乙、オチまで良かったぜ


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1428929217/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ