Powered By 画RSS


乙倉悠貴「桜ひらひら、春らんまん」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:20:49.98 ID:wD/h2S4G0
~桜並木~


チュンチュン  ホーホケキョ

P「おーい悠貴。ちょっと待ってくれよ」

悠貴「プロデューサーさんっ、早く早くっ」

P「いったいどうしたんだ? いきなり走り出して」

悠貴「ほらっ、見てくださいっ!」

P「なんだなんだ」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:25:24.97 ID:wD/h2S4G0
悠貴「桜の花びら、つかまえましたっ! えへへっ」

P「ほう、綺麗だな……さっきから、それをとろうとしてたのか?」

悠貴「はいっ」

P「はは、いつもは大人っぽく見えるけど……やっぱり悠貴もこどもだな」

悠貴「ふふふ、そうですよっ。背が高くたって、私はまだまだこどもなんですっ」

P「悠貴は年相応に扱われたいんだよな。……珍しいよ、全く」

悠貴「そんなに珍しいですかっ?」

P「ああ。 ありすだったら、『こども扱いしないでください。不愉快です』とか言いそうだし」

悠貴「さすがにっ、不愉快とまでは言わないと思いますけどっ……」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:27:11.56 ID:wD/h2S4G0
ビュウウウウウ

P「わっ」

悠貴「つ、強い風でしたねっ……あっ!」

P「どうした、悠貴?」

悠貴「ほらっ、あそこっ! すごい桜吹雪ですよっ!」

P「おお……確かに、凄いな」

悠貴「キレイですねっ……」

P「ああ……」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:29:09.50 ID:wD/h2S4G0
悠貴「……そういえば、プロデューサーさんっ」

P「ん?」

悠貴「プロデューサーさんは、桜のジンクスって知ってますかっ?」

P「いや、知らない。どんなのなんだ?」

悠貴「何でも、舞い落ちてくる花びらを上手に3つつかまえられたら、願い事が叶うとかっ」

P「へぇ~……あっ、それで悠貴は花びらをつかまえてたのか」

悠貴「もちろんっ、それもありますけどっ……」

P「けど?」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:31:29.03 ID:wD/h2S4G0
悠貴「桜の花びらって、可愛いじゃないですかっ。小さくて、ひらひら舞ってて……」

悠貴「だからつい、つかまえたくなっちゃうんですっ!」

P「なるほど。悠貴は可愛いもの、好きだもんな」

悠貴「はいっ!……プロデューサーさんも一緒につかまえませんかっ?」 

P「俺も?」

悠貴「私、お手伝いしますよっ」

P「そうか……よし、やってみよう」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:33:16.96 ID:wD/h2S4G0
~~~~


P「……」

ヒラヒラ

P「……それっ、とった! あれ?」

悠貴「あははっ、ダメですよプロデューサーさんっ。しっかりとらないとっ」

P「んー……悠貴、手本見せてくれないか?」
 
悠貴「分かりましたっ。しっかり見ててくださいねっ?」

P「OK。バッチリ見てるぞ」

悠貴「こうやってっ……えいっ」

P「おおっ」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:35:01.83 ID:wD/h2S4G0
悠貴「ほらっ、出来たでしょっ?」

P「あんなに簡単に……すごいな」

悠貴「ふふふっ、慣れちゃえば簡単ですからっ。プロデューサーさんも、もう一回やってみてくださいっ」

P「ん、了解」

P「……よし……とうっ!」

P「……」

悠貴「ど、どうでしたかっ?」

P「……とれた。あっさり」

悠貴「……! やりましたねっ、プロデューサーさんっ!」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:36:38.90 ID:wD/h2S4G0
P「はは……悠貴のお陰だよ。ありがとう」

悠貴「どういたしましてっ、ですっ!……そうだっ」

悠貴「プロデューサーさんっ、どっちが多く花びらをつかまえられるか……勝負しませんかっ?」

P「……その勝負、乗った。言っておくが、負ける気はさらさらないぞ?」

悠貴「ふふっ、それは私も一緒ですっ!」

P「そうやって余裕でいられるのも今のうち……後で泣くなよ、悠貴」

悠貴「私だって、負けませんよっ!」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:38:19.14 ID:wD/h2S4G0
~~~~


P「結局、俺の負けか……分かってたけど」

悠貴「すみませんっ。つい調子に乗っちゃってっ……」

P「いやいや、気にすることないぞ。むしろ、嬉しかったくらいだし」

悠貴「嬉しかった?」

P「悠貴が年相応にはしゃいでいることがだよ。笑顔で……」

悠貴「ふふふっ。さっきも同じようなこと、言ってませんでしたっ?」

P「……そうだったかもな。まあそれだけ、嬉しいってことだ」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:44:47.20 ID:wD/h2S4G0
悠貴「そんな風に思ってくれてありがとうございますっ、プロデューサーさんっ!」ニコッ

P「どういたしまして。……あ」グゥ

悠貴「!」

P「ははは、何か食べたくなってきたな……」

悠貴「花より団子、なんですねっ」

P「むっ、失敬な。俺にだって風流を理解する心はあるんだぞ。今はただ、小腹が空いただけだ」

悠貴「えへへっ、分かってますよっ。ちょっと、プロデューサーさんをからかってみたくなっただけですっ」

P「……うう、悠貴がそんなことするなんて……」

悠貴「えっ!?」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:46:24.39 ID:wD/h2S4G0
P「俺は悲しいよ……」

 悠貴「す、すみません、プロデューサーさんっ」オロオロ

P「……なんてな、冗談冗談」

悠貴「な~んだっ……もうっ、驚かせないでくださいっ!」ホッ

P「はは、さっきのお返しだ」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:48:25.38 ID:wD/h2S4G0
~~~~


テクテク  

悠貴「結構歩いて来ましたねっ」

P「桜並木が続いてるから、景色はずっと変わらないけどな」

悠貴「そうですねっ……変わらなく、キレイですっ」

P「形式美……いやちょっと違うか。どうなんだろう……?」ウーム

悠貴「プロデューサーさんっ」

P「ん、どうした?」

悠貴「少し、そこのベンチでひと休みしませんかっ? おしゃべりもしたいですしっ」

P「……そうだな。ちょっと休んでいくか」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:50:30.61 ID:wD/h2S4G0
~~~~


ソヨソヨ  

悠貴「春の香りでいっぱい……そよ風も暖かいなっ」

P「ああ……」

悠貴「ぽかぽか陽気で……もう、すっかり春ですねっ!」

P「ああ……」

悠貴「……プロデューサーさんっ? ちゃんと聞いてますかっ?」

P「ああ……聞いてるよ。こうもいい天気だと、どうも眠くなってしまってな」

悠貴「あははっ、それでぼんやりしてたんですねっ。でも、その気持ち分かりますっ」

P「だろ?」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 18:51:53.50 ID:wD/h2S4G0
ヒラヒラ

悠貴「あっ、桜の花びら……」

P「ちょうど悠貴の手の上に落ちてきたな」

悠貴「ふふふっ……小さくて、可愛いですっ」

P「あんなに壮大な桜の景色が、こんなにも小さく儚いものでできてる……なんだか不思議な感じだ」

悠貴「小さくても……しっかり咲いた、花ですからっ。それがたくさん集まるから、あんなにキレイになるんですよっ」

P「……その通りだな」

悠貴「はいっ」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:00:15.46 ID:wD/h2S4G0
~~~~


悠貴「あのですねっ、プロデューサーさんっ」

P「おう」 

悠貴「私、桜の花のようなアイドルを目指してみますっ」

P「……ん?」

悠貴「さっき、桜の花のジンクスの話をしましたよねっ?」

P「ああ。花びらを上手く3つつかまえると願いが叶う、ってやつだろ?」

悠貴「はいっ。それでですねっ、私さっき思ったんですっ」

悠貴「……プロデューサーさんが、私の桜かもしれないってっ」

P「俺が?」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:05:45.28 ID:nsN7yRZx0
悠貴「……私はずっと、可愛くなりたかったんですっ。……女の子らしく、輝きたかったっ」

悠貴「……そんな時、プロデューサーさんが私を変えてくれましたっ。私の、願い事を叶えてくれましたっ」

P「……」

悠貴「私の目に映るプロデューサーさんの姿はとってもかっこよくて……とっても、素敵でしたっ。……だからっ」

悠貴「今度は私が、皆の願いを叶える……皆の心に春を運ぶ、希望の花に……なってみたいんですっ!」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:07:04.33 ID:nsN7yRZx0
P「……なれるよ、きっと。悠貴なら」

悠貴「私とプロデューサーさんなら、ですよねっ?」

P「そうだ、な。……俺も頑張らないとな」

悠貴「はいっ。これからも、一緒に頑張りましょうっ!」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:08:59.70 ID:nsN7yRZx0
~~~~


悠貴「今さらかもしれないですけどっ……プロデューサーさんは春、好きですかっ?」

P「……? 好きだよ」

悠貴「えへへっ、一緒ですねっ! 私も大好きですっ!」

P「春は暖かくて、過ごしやすいからな」

悠貴「陽気だと、なんだか踊りだしたくなっちゃいますよねっ!」

P「お、おう。ハイだな、悠貴」

悠貴「はいっ!」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:10:20.90 ID:nsN7yRZx0
P「……それ、洒落のつもりか?」

悠貴「ち、違いますよっ? ただ、返事をしただけですっ」

P「ははは、分かってる分かってる」

悠貴「もうっ……ホントにここで、踊っちゃいますよっ?」

P「どうぞ。むしろ見たい」

悠貴「むーっ!」プクー

P「悪い悪い。そうふくれるな」ハハ

悠貴「まあ、春の陽気に免じて……許してあげますっ」

P「よかった。春に、感謝しないとな」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:12:06.65 ID:nsN7yRZx0
~~~~


ソヨソヨ  ヒラヒラ

P「春ってさ……」

悠貴「はいっ?」

P「いや、春はさ。すごく……短く感じるよな」

悠貴「言われてみればっ、確かにっ……」

P「新しい年度が始まって、慌ただしく過ごしているうちに……桜は散り、春は終わってしまう」

悠貴「桜はすぐに散っちゃいますからっ……少し、寂しいですっ」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:14:48.22 ID:nsN7yRZx0
P「春といえば桜。そう思う人にとっては、桜の終わりは春の終わりを意味するのかもしれないな」

悠貴「……プロデューサーさんは、ずっと春が続いてほしいんですかっ?」

P「いや……そうは、思わない。さっき俺は、春が好きだって言ったよな?」

悠貴「はいっ」


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:15:51.58 ID:nsN7yRZx0
P「一年中春で、好きなときに桜が見られるとしたら……多分、好きにはならなかったと思う。慣れてしまって、価値が見出だせないだろうから」

P「春も桜も……すぐに終わってしまうからこそ、心ひかれるんじゃないかな」

悠貴「……」

P「……! す、すまない。つまらない話だったな」

悠貴「いえっ、ためになるお話でしたよっ! なるほどって思いましたっ」

P「そうか。ならよかった」ホッ


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:17:44.60 ID:nsN7yRZx0
悠貴「でもどうして、その話をしようと思ったんですかっ?」

P「そういえば何でだろうな……よく分からないが、多分」

P「一瞬一瞬を大切に……って伝えたかったんだと思う」

悠貴「……ありがとうございますっ!」

P「えっ?」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:20:56.45 ID:nsN7yRZx0
悠貴「プロデューサーさんのおかげで、ますます決意が固まりましたっ」

悠貴「私も、桜の花みたいにっ……一瞬一瞬を、精一杯輝きたいと思いますっ!」

P「おう。頑張れよ」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:23:34.59 ID:nsN7yRZx0
悠貴「……でも、ですよっ? プロデューサーさんっ」

悠貴「いつまでもここで、一緒に桜を見ていられるなら……それはそれで、素敵ですよねっ!」

P「え? 突然、どうし……」

P「……」

悠貴「……」ニコニコ

P「……そうかもな。でも、戻らないわけにもいかないだろう?」

悠貴「ふふっ、プロデューサーさんならそう言うと思ってましたっ」

P「すまないな」

悠貴「いえっ」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:31:49.96 ID:nsN7yRZx0
ピピピピ

P「ん、メールだ。……美嘉からか」

悠貴「美嘉さんは、なんて言ってますかっ?」

P「えと、なになに……皆でカラオケをやりたいから、そろそろ戻ってきてくれだってさ」

悠貴「……皆さんを待たせる訳にはいきませんねっ。戻りましょう、プロデューサーさんっ」

P「……そうだな。戻ろう」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:34:39.91 ID:nsN7yRZx0
~~~~

テクテク

P「……もう着くな」

悠貴「プロデューサーさんっ」

P「ん?」

悠貴「もしよかったら……来年の春もまた、一緒にお花見に来ませんかっ?」

P「……ああ。桜が咲いたら、また来ようか」

悠貴「絶対ですよっ?」

P「もちろんだ。約束する」

悠貴「ふふっ、よかったですっ」


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:39:58.84 ID:nsN7yRZx0
オソイヨー  ハヤクハヤクー

悠貴「あっ、皆さん呼んでますねっ……走りましょうっ、プロデューサーさんっ!」

P「……急がないとだな」

悠貴「どっちが早く着けるか……競争ですっ!」

P「おいおい、勘弁してくれよ」ハハハ


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:49:15.79 ID:nsN7yRZx0
悠貴「遅くなって、すみませーんっ!」タッタッタ

P「え? 結局走るの?」

悠貴「……」チラ

ヒラヒラ

悠貴(……桜はもうすぐ散っちゃいますけどっ、来年にはまたきっと……キレイに咲くはずですっ)

悠貴 (その頃には、プロデューサーさんや、皆さんにっ……)


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:51:49.48 ID:nsN7yRZx0


悠貴 (――アイドルとして成長した姿……見せられるといいなっ!)


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/15(水) 19:53:21.04 ID:nsN7yRZx0
これで終わりです。

桜は春の象徴だと思います。いつ見ても綺麗ですよね。

見てくれた方々、どうもありがとうございました!


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429089649/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ