Powered By 画RSS


叢雲「『可愛い』と『好き』」

2 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:21:04.48 ID:MNe+kLFd0
卯月「司令官!今日は一段とステキぴょん!!」

提督「卯月も今日は一段と可愛いぞ!!」

卯月「本当!?」

提督「もちろん!」




3 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:21:33.13 ID:MNe+kLFd0
北上「おー、提督は今日もかっこいいねー」

提督「おー、北上は毎日可愛いなー」

北上「そう?ありがとねっ♪」

大井「提督、北上さんに近づいたら容赦しませんよ?」ニコッ

提督「大井の笑顔は可愛いなー」

大井「っ!そ、そんなこと言っても私は惑わされませんからねっ!!」


4 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:22:05.59 ID:MNe+kLFd0
朝潮「あっ、司令官!おはようございます!」ビシッ

提督「おはよう朝潮」

提督「朝潮は今日も真面目で可愛いな~」

朝潮「あ、ありがとうございます!」


5 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:22:47.69 ID:MNe+kLFd0
金剛「テートクゥーーーーー!」

提督「おはよう金剛」

金剛「バーニングラーーーブ!!テートクは今日もステキですネ!!!」

提督「ありがとう!金剛も可愛いぞ!!!」

金剛「もー、そんなストレートに言われると照れちゃいマース///」


6 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:23:51.21 ID:MNe+kLFd0
―――――ガチャ

提督「おはよう、叢雲。今日も可愛いな!」

叢雲「おはよう。今日は何人にその言葉を送ってきたのかしら?」

提督「5人かな」

叢雲「全く…そんな軽々しく可愛いなんて言って、いつか刺されても知らないわよ?」

提督「ははは、事実だからしょうがないだろ?」

叢雲「…そ。まあ、仕事さえしっかりしてくれるならいいわ」

提督「分かってるよ。叢雲は今日もクールだなー」

叢雲「あら、冷たい私は可愛くないかしら?」

提督「まさか。クールな叢雲も好きだぞ!!」

叢雲「すっ!?///」カァア

提督「ん?大丈夫か?林檎みたいに真っ赤になってるぞ?」

叢雲「なんでもないわよっ!」


7 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:24:40.99 ID:MNe+kLFd0






叢雲(……なんでこんな奴が司令官なんだろ)






叢雲(……なんでこんな奴が人気なんだろ)






































叢雲(……………なんで私はこんな奴が好きなんだろ)


8 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:25:46.07 ID:MNe+kLFd0
提督「……………」カキカキ

叢雲(黙ってれば真面目でかっこいいのよね……)

提督「叢雲ーそっちの資料取ってくれー」

叢雲(いや、別に喋ってる時がかっこ悪いとかではないんだけど……)

提督「叢雲?」

叢雲(………いや、流石に色んな子に可愛いって言ってる時は気分がいいとは言えないわね……)

提督「おーい、叢雲さーん?」

叢雲(でも、それを除けばー………………)

提督「叢雲?」ズイッ

叢雲「わっひゃい!」ビクッ

提督「うおっ!?」


9 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:26:36.32 ID:MNe+kLFd0
提督「ど、どうした叢雲?調子でも悪いのか?」

叢雲「な、なななんでもないわ!///」

提督「そうか?無理は禁物だぞ?」

叢雲「分かってるわよ!それで、何の話だったかしら?」

提督「ん?ああ、これ取ってくれって言っだけだ」ピラピラ

叢雲「そう…悪いわね、考え事してたせいで聞いてなかったわ」

提督「別にいいさ」

提督「それより、何かあるなら相談に乗るぞ?」

叢雲(本人にこんな事言えるわけないじゃない…!)

叢雲「そ、そうね…気が向いたらね」

提督「いつでもいいから遠慮するなよ?」

叢雲「了解よ……」

叢雲(相談………)


10 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:28:08.48 ID:MNe+kLFd0
-居酒屋・鳳翔-


―――――ガラガラ

鳳翔「いらっしゃい……あら、叢雲さんが平日に来るなんて珍しいですね」

叢雲「……ちょっと相談事があるんです」

鳳翔「いいですよ。こちらへどうぞ」

鳳翔「それで、提督がどうなさったんですか?」

叢雲「………私まだ何も言ってないんですけど」

鳳翔「提督の事じゃありませんでしたか?」

叢雲「………いえ、アイツの事です。どうして分かったんですか?」

鳳翔「長い付き合いになりますから」ニコッ

叢雲「………鳳翔さんには敵いませんね」

鳳翔「ありがとうございます♪」


11 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:29:01.12 ID:MNe+kLFd0
鳳翔「それで、相談事とはなんですか?」

叢雲「………最近司令官の言動が悪化してる気がするんです」

鳳翔「提督のあの言動は昔からですが……悪化ですか?」

叢雲「はい。最近執務室に来る時間が遅くなってますし、可愛いと言っている光景を良く見ます」

鳳翔「ここの艦娘も増えてきたので、その影響ではないでしょうか?」

叢雲「それだけならいいんですけど、最近は好きとも言い出して…」

鳳翔「好き……ですか?」

叢雲「はい。可愛いだけならまだしも、好きは流石に行き過ぎかと…」

鳳翔「………ちなみに、提督が誰に好きって言ったか覚えていますか?」

叢雲「えーっと、私と………」

叢雲「私と……………私と………………」


12 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:29:36.37 ID:MNe+kLFd0





叢雲「…………あれ、誰だっけ?」

鳳翔「やはりそうですか」

叢雲「え?え?それはどういう…」

鳳翔「みなさんの間で話題になるんですよ」

鳳翔「『提督は可愛いと言ってくれても、好きと言ってくれた事は一度もない』…と」

叢雲「それって……………」

鳳翔「恐らく、そういう事かと思いますよ♪」ニコッ

叢雲「!?!?///」ボッ


13 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:35:12.57 ID:MNe+kLFd0


叢雲「…どうしよう。昨日鳳翔さんにあんな事言われたから、司令官と顔を合わせづらい………」

叢雲「うー……いや、普段通りにしてれば大丈夫!…なはず」

叢雲「平常心…平常心……」ブツブツ

―――――ガチャ

提督「おはよう、叢雲。今日も可愛いな!」

叢雲「っ!///」

提督「叢雲?」

叢雲「にゃ…なんでもないわ!!それより、さっさと仕事を終わらせましょう!」

提督「?おう」


14 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:35:45.77 ID:MNe+kLFd0
提督「叢雲」

叢雲「なにかしら」メソラシ

提督「これ確認してほしいんだが……」

叢雲「そこに置いといてちょうだい。後で見るわ」

提督「え?いや、今一緒に見れば――――」

叢雲「あ と で み る わ」

提督「お、おう……」


15 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:37:37.26 ID:MNe+kLFd0
提督「お、もうこんな時間か。叢雲、お昼食べに行かないか?」

叢雲「…今キリが悪いから後にするわ」

提督「そうか。なら手伝うよ」

叢雲「これは私の仕事だから、あんたは先に行ってていいわよ?」

提督「一人で食べても美味しくないだろ?」

叢雲「他の人を誘えばいいじゃない。あんたが声かければみんな了承するでしょ?」

提督「じゃあ叢雲。一緒に食べよう」

叢雲「………だから、私じゃなくて他の人を―――」

提督「俺が叢雲と食べたいんだ。それじゃダメか?」

叢雲「~~~~~っ!///」

提督「叢雲?」

叢雲「ああもう、分かったわよ!さっさと終わらせるから手伝ってちょうだい!!」

提督「了解」


16 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:38:58.71 ID:MNe+kLFd0
叢雲(あーもう、気になって全然集中できない!)

叢雲(うー……なんで私がこんな気にしなきゃいけないのよ………)



―――――ガチャ

天龍「提督、今戻ったぜ!」

提督「お、天龍お疲れ様。首尾はどうだ?」

天龍「ふっふっふ………見て驚くなよ?」

天龍「どうだこの資材の量!!」ドサッ

提督「おお!流石天龍!!」

天龍「へへっ、もっと褒めてもいいんだぜ?」

提督「よっ、演習番長!天龍幼稚園!!」

天龍「てめぇ、それバカにしてるだろ!?」


17 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:39:42.38 ID:MNe+kLFd0
提督「はははっ、天龍は可愛いからな。ついからかいたくなるんだよ」

天龍「かわっ…!?///」

提督「天龍可愛い!ふふかわ!!」

天龍「っ!!///」

天龍「提督のバカ!バーカ!!もう遠征行ってやんねぇからなっ!!!///」ダダダッ

提督「………ふう」

提督「天龍はなんだかんだ言ってちゃんと仕事してくれるところも可愛いんだよな~」

叢雲「そう………」

提督「叢雲?どうした、体調悪いのか?」

叢雲「なんでも―――」

叢雲(…いや、気にして惑わされるならいっそ………)


18 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:40:47.29 ID:MNe+kLFd0
叢雲「…………そうね。みんなあなたが『可愛い』とは言っても『好き』とは言わないって話をするから、気になったのよ」

提督「そうなのか?」

叢雲「………それで、実際はどうなの?」

提督「うーん……………完全に無意識だなー……」

叢雲「……………そう」






叢雲(はぁ…じゃあ、あれはただの偶然だったのね………)

叢雲(……って何残念がってるのよ私!)

叢雲(悩みの種がなくなって良いことじゃない!これで仕事に集中出来るわ!!)

叢雲(……………はぁ)


19 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:41:29.89 ID:MNe+kLFd0
















































提督(好き………?)


20 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:42:13.95 ID:MNe+kLFd0


叢雲「……これで終わりっと。はぁ……もうすっかり夜ね。」

提督「……………」ボーッ

叢雲「……ちょっとアンタ、聞いてるの?」

提督「え?あ、ああ……ごめん」

叢雲「まあ、今日はこれで終わりだからいいけど。明日もそんなだったら承知しないわよ?」

提督「ああ、分かってるよ」

叢雲「それならいいわ。お疲れ様」

提督「お疲れ様……」


21 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:42:42.08 ID:MNe+kLFd0
提督「…………叢雲」

叢雲「ん?何よ?」

提督「………………………なんでもない」

叢雲「そう。もう戻るわよ?」

提督「ああ、呼び止めてすまなかった……」

提督(……………?)


22 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:43:27.35 ID:MNe+kLFd0


吹雪「あ、司令官!おはようございます!」

提督「おはよう、吹雪。今日も可愛いな!!」

吹雪「もうっ!からかうのはやめてください!」


23 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:43:56.87 ID:MNe+kLFd0
鈴谷「あ、提督じゃん。おはよー」

提督「おはよう、鈴谷。今日もばっちり決まってて可愛いぞ!!」

鈴谷「えへへ……ありがと!」


24 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:45:50.91 ID:MNe+kLFd0
加賀「おはようございます、提督」

提督「おはよう、加賀。相変わらず可愛いな!!」

加賀「………………………………そうですか」


25 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:46:32.06 ID:MNe+kLFd0
提督(うんうん、今日もみんな変わりないな)

提督(……俺も大丈夫だよな?やはり気にし過ぎだったか……)

―――――ガチャ

提督「おはよう、叢雲」

叢雲「おはよう」

提督「…………………」

叢雲「……何ぼーっと突っ立ってるのよ」

提督「いや……なんでもない………」

提督(………………)


26 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:47:36.97 ID:MNe+kLFd0


―居酒屋・鳳翔―


叢雲「—―――――というわけで、この前のは偶然だったようです」

鳳翔「あら……そうだったんですか………」

鳳翔「すみません。私の早とちりだったみたいですね……」

叢雲「いえ、あれだけ聞けば誰でもそう思いますから」

叢雲「まあでも、これで解決ですね。もう提督の言動治ったみたいですし」

鳳翔「え?そうなんですか?」

叢雲「はい。今日は一言も『可愛い』と言ってませんでしたから」

鳳翔「え………?」

鳳翔(おかしいですね……そんなことがあったら、もっと騒ぎになるはずですが………)

鳳翔(……これは一度確認した方がいいですかね)


27 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:48:42.30 ID:MNe+kLFd0


鳳翔「提督、おはようございます」

提督「おはようございます、鳳翔さん。今日も可愛いですね!!」

鳳翔「……やはり変わられていませんね」

提督「え?」

鳳翔「昨晩、叢雲さんに提督の言動が治ったと言われたんです」

提督「あー…………」

鳳翔「……何か心当たりがあるのですね?」

提督「はい………」


28 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:49:43.49 ID:MNe+kLFd0
提督「………実は、叢雲にだけ可愛いって言えなくなったんです」

提督「普通に言おうとしても、面と向かい合うと言葉が出なくなって………」

提督「原因が分からなくて、困ってるんですよね……」

鳳翔「……そうなったのはいつからですか?」

提督「えーっと……叢雲に俺が『好き』と言わないと話題になってるって指摘された日からです」

鳳翔「なるほど…………」

提督「!鳳翔さん、何か分かるんですか!?」

鳳翔(これは……私が言うのは野暮ですね)

鳳翔「………いえ、分かりません」

提督「そうですか……」

鳳翔「ただ、叢雲さんが原因なら、一緒に過ごす時間を増やしてみたら何か分かるかもしれませんよ」

提督「なるほど……ありがとうございます!早速行ってきます!」

鳳翔「はい、良い報告をお待ちしてます」


29 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:50:12.18 ID:MNe+kLFd0










鳳翔(………さて、いつでもお赤飯を炊けるようにしておきましょうかね♪)


30 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:54:46.88 ID:MNe+kLFd0


―数日後―


叢雲「今日の仕事はこれで終わりね……」

提督(結局何も分からないまま、今日も終わってしまう……)

提督「………ああ、そうだな」

叢雲「……………ねえ」

提督「………なんだ?」

叢雲「…………………………なんでもないわ」

叢雲(………提督が可愛いって言わなくなったのは私にだけ。私相手の時は口数も減ったし…………)

叢雲(……………嫌われたのかしら)

提督「…………なあ、叢雲」

叢雲「…………何よ」

提督「ちょっと外でも歩かないか?」

叢雲「…………いいわよ」


31 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:56:43.79 ID:MNe+kLFd0


提督「…………………」

叢雲「…………………」

提督(あと少しで何か掴めそうだったから連れ出したものの、どうすればいいか全く分からない………)

叢雲「………ねえ」

提督「ん?」

叢雲「…………わざわざ日を改めなかったってことは、重要な話でしょ?」

提督「(何だ知ってたのか)そうだ」

叢雲「…………分かったわ」

提督「何!?お前、原因が―――――」


32 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:57:53.72 ID:MNe+kLFd0





































叢雲「私の秘書艦の任を解くんでしょ?」

提督「—―――はい?」


33 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 21:59:26.75 ID:MNe+kLFd0
叢雲「後任は誰なの?鳳翔さんかしら?それなら―――」

提督「ちょ、ちょ、ちょっと待ってくれ。何の話をしてるんだ?」

叢雲「え?私、秘書艦を辞めさせられるんじゃないの?」

提督「何で?」

叢雲「だって………最近その…………って言ってくれなくなったし、話もしなくなったから嫌われたのかと思って…………」

提督「あ、あー………それには色々事情があってだな…………」


34 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 22:00:00.77 ID:MNe+kLFd0
提督「ともかく!俺はお前に秘書艦を辞めさせる気はないし、お前を嫌いになったりは…………」

提督「嫌いに………嫌い……………?」

叢雲「ちょっと。どうしたのよ?」ノゾキコミ

提督「っ!!///」





提督「なるほど………そうか、そうだったのか……」

叢雲「?」


35 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 22:00:31.64 ID:MNe+kLFd0
提督「あー……そうなると今ここで………?うーん………いやでも………」ブツブツ

叢雲「ちょっと!一人で唸ってないで、私にも教えなさいよ!」





提督「………………………思い立ったが吉日……だな」

提督「よし!叢雲、ちょっとここで待っててくれ!すぐ戻る!!」ダダダッ

叢雲「え?……いったい何なのよ………」


36 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 22:01:15.86 ID:MNe+kLFd0


提督「はぁ……はぁ………ま、待たせたな…………」ゼェゼェ

叢雲「……とりあえず、深呼吸したら?」

提督「お、おう…………………よし、落ち着いたかな」

叢雲「で、何の話なの?」

提督「それは………いや待ってくれ。もう少し時間を………」


37 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 22:02:37.10 ID:MNe+kLFd0
提督「………………よし」






提督「…………………叢雲」

叢雲「何よ?」


38 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 22:03:17.91 ID:MNe+kLFd0





















































提督「……………俺と、ケッコンしてくれ」


39 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 22:03:52.50 ID:MNe+kLFd0







叢雲「………………………え?」

叢雲「え……え………?アンタ、その指輪って………」

提督「ああ」

叢雲「…………………本当に……?」

提督「もちろん……だ」


40 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 22:04:21.54 ID:MNe+kLFd0
叢雲「で、でも……最近可愛いって言わなくなったし、喋らなくなったのにどうして…………」

提督「それは………その…………………恥ずかしかったんだろう………」

提督「何度も言おうとしたが、言葉が出なかった………お前に『好き』と言わないって指摘された時から、もう心のどこかで気づいてたんだろうな………」

叢雲「…………そう」


41 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 22:04:57.54 ID:MNe+kLFd0
提督「………………………返事は………どう…なんだ……?」

叢雲「あんたとは一番付き合い長いし、今までずっと秘書艦やってきて、色んな事を乗り越えてきたし、そこまで嫌いじゃないっていうか、命令……いや、お願いを聞いてもいいっていうか……………」

提督「それって………」

叢雲「………………」


42 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 22:05:35.66 ID:MNe+kLFd0











































叢雲「………………………よろしく、お願いします」


43 : ◆i9QjiD6PFk 2015/04/17(金) 22:08:06.70 ID:MNe+kLFd0

――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
鳳翔「お赤飯はまだまだありますよ~♪」

卯月「おかわりだぴょん!」

金剛「うぅ……テートクぅー………」

北上「ま、叢雲っちならしょうがないか~」

鈴谷「だねぇ………」

加賀「お似合いカップルですね」

大井「北上さんには私がいるじゃないですか!」

吹雪「妹に先を越されるってどうなんだろ…」

朝潮「だ、大丈夫です!吹雪さんならきっと良い人が見つかりますよ!」

天龍「まあまあ、素直に祝ってやろうぜ!」

鳳翔「さ、みなさん。そろそろ、今日の主役が来ますよ!」

―――――ガチャ













艦娘「「「ケッコンおめでとうございます!!!」」」






45 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 22:24:53.20 ID:HYeSdFdn0

面白かった


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429273235/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「艦これ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ