Powered By 画RSS


アキラ「りおんが貧乳になった……」

1 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 22:01:50.95 ID:hqQsKLax0
アキラ「ふあ~あ……よく寝た」

アキラ「よし……今日も島から脱出するために頑張るぞ!!」

りおん「zzz……」

アキラ「おっと……りおんはまだ寝てんのか」

アキラ「……ん?」

りおん「zzz……」

アキラ「う、嘘だろ……」

りおん「zzz……」

アキラ「……いや、間違いねえ」

アキラ「りおんが貧乳になった……」




2 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 22:04:32.43 ID:hqQsKLax0
真理谷「仙石、今朝は随分と早いんだな」

アキラ「おお、真理谷か……なあちょっとりおんを見てくれよ」

真理谷「赤神がどうしたんだ」

アキラ「いいから見てみろって! 胸見ろ胸!」

りおん「zzz……」

真理谷「胸部に何かできたのか?」

アキラ「ちげーよ! 見れば分かるだろ!!」

真理谷「……異変があるようには見えないが」

アキラ「よく見ろよ……りおんの胸がなくなってるだろ!!」

真理谷「……は?」


3 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 22:07:30.49 ID:hqQsKLax0
真理谷「……そんなに驚く程のことか?」

アキラ「おま……驚くに決まってるだろ! あのでっかい塊が一夜にしてなくなったんだぞ!」

真理谷「確かにそうだが……やけに悲しそうだな仙石」

アキラ「そ、そうか?」

アキラ(正直……体型がどうであれりおんが可愛いのに変わりはねえ……けど……)

アキラ「……」チラッ

りおん「zzz……」

アキラ(やっぱ……でけえ方がいいじゃねえか……)


4 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 22:11:21.06 ID:hqQsKLax0
りおん「う~ん……」

アキラ「!!」

りおん「……あれ、アキラくん、今日は早いね」

アキラ「あ、ああ……」

りおん「……どうしたの? 何かあったの?」

アキラ「り、りおん……ちょっと自分の胸を触ってみてくれ」

りおん「は、はぁ!?/// 何いきなり変なこと言いだすの!?」

真理谷「素直に言ったらどうだ仙石」

アキラ「い、言える訳ねーだろ!」

りおん「な、何よ……はっきり言いなさいよ!」

アキラ「いいから! とにかく触れ!」

りおん「……もう、何かあったらただじゃ……えっ?」

アキラ「分かるだろ……変化があるのが」

りおん「う、嘘でしょ……なんで……?」

りおん「……胸がない!」


5 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 22:15:11.11 ID:hqQsKLax0
りおん「な、なんで!? どうして!? アキラくんがやったの!?」

アキラ「俺じゃねーよ!」

真理谷「縮む瞬間は見てないのか?」

りおん「真理谷くん!?」

アキラ「ああ、朝見たらこんなになってた」

りおん「こんなって何よ!」

「きゃあああああああああああ!!!」

真理谷「!! 今の声は……」

アキラ「大森さんだ!」

りおん「何かあったのかしら……」

真理谷「行ってみるか」

アキラ「ああ」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/19(日) 22:20:01.92 ID:uaAHfPXG0
「エデンの檻」とは
期待


7 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 22:20:34.15 ID:hqQsKLax0
大森「うっ……うぅ」

アキラ「大森さん、大丈夫!? 何かあったの!?」

大森「仙石くん……私……私……」

真理谷「落ち着いて話せCA」

大森「胸が……なくなっちゃったんです~~~~!」

真理谷「……は?」

アキラ「嘘だろ……大森さんも!?」


8 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 22:26:48.42 ID:hqQsKLax0
真理谷「僕には理解しがたいな……何故胸がないだけでこんなにも泣く必要があるのか……」

大森「だって……私の唯一の取り柄がぁ~~……」

りおん「だ、大丈夫ですよ大森さん! きっと戻れる方法があるはずです! それに私も……」

大森「!」

りおん「だから……頑張りましょう!」

大森「……はいっ!」

真理谷(何をだ)


9 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 22:31:25.41 ID:hqQsKLax0
宮内「大森さん、なんかあったのか?」

常盤「悲鳴が聞こえたけど……」

真理谷「宮内に常盤か」

アキラ「実は……」

アキラ「……!!!!?」

りおん「ど、どうしたのアキラくん!?」

宮内「なんだよ、急に人の顔を見て驚きやがって」

アキラ「お、お前ら……なんか身体に違和感ねーか?」

常盤「違和感?」

アキラ「ま、真下を見てみろ真下!」

宮内「なんで真下なんか……ん?」

常盤「……いつもとなんか違う」

りおん「!! ふ、二人とも……胸がある!」

真理谷「……」


10 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 22:41:37.59 ID:hqQsKLax0
宮内「はぁ!? なんだよこの身体!?」

常盤「ふざけないで……」

真理谷「今度はどういう事だ……? 胸が大きいと女性は喜ぶかと思ったら落ち込んでいるじゃないか」

常盤「邪魔だもん」

宮内「ああ、戦う時にすげー邪魔になるしな」

アキラ「巨乳のやつが貧乳になって貧乳のやつが巨乳になって……一体どういうことだよ!?」

りおん「アキラくん……もしかしたらみんな……」

アキラ「ああ……」

レイ「ほらほらー見てよトオル! ちっぱいになっちゃったー!」

トオル「レ、レイ! 無理矢理触らそうとするな!」

アキラ「レイさん! トオルさん!」

トオル「アキラくん……実はレイが……」

アキラ「貧乳になったんですよね……? 実はりおん達も……」

レイ「……あ! 本当だ!」

宮内「これもこの島となんか関係してんじゃねーの?」

真理谷「非科学的な現象だ……くそっ」

大森「誰か戻してください~……うえ~ん……」

真理谷「泣くなCA!」

大森「ひぃっ! ご、ごめんなさい!」

アキラ「おい真理谷! そんなに怒んなよ!!」

真理谷「……すまない」

アキラ(怒りてえのは俺の方なのによ……なんでりおんが貧乳になっちまうんだよぉ……)


11 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 22:44:41.50 ID:hqQsKLax0
雪「嘘……」

雪「胸が……ある!」

雪「す、凄い! なんだか良く分かんないけど急に大きくなっちゃった!!」

雪「……」モミッ

雪「りおんちゃんより……ある!」

雪「あの変態でエッチなアキラくんの事だから……もしかしたら……」











アキラ『雪の方が巨乳じゃねーか! やっぱ俺、りおんよりも雪が好きだ!』

雪『私もアキラくんのこと大好き!!』













雪「うふふふふ///」

雪「……って何考えてるの私!? そんなことしたらりおんちゃんが……」

雪「……」

雪「……じ、自慢ぐらいならいいよね?」


12 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 22:48:01.86 ID:hqQsKLax0
雪「えーっと……アキラくんは……いた!」

アキラ「……雪! お前、その身体……」

雪「う、うん! なんか急に大きくなって……」

宮内「お前もか佐久間」ボイン

常盤「この際みんな呼んで確認してみる?」ボイン

雪「」

アキラ「ああ、そうするか……」

雪「」

りおん「……雪ちゃん?」

雪「」

レイ「デカいのに感動して言葉もでないとか?」

トオル「違うだろ……」


13 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 22:52:41.99 ID:hqQsKLax0
雪「そっか……みんなに異変が……」

大森「原因は分からないですけど……」

真美「あの……」

アキラ「真美さん! 起きてたんだね!」

真美「話は聞きました……実は私も……」

りおん「本当だ……」

大森「なくなってます……」

アキラ「……そうだ! 真美さんの予知でなんか分かんねーか!?」

真美「や、やってみます……」

アキラ「……」

真美「……あっ!」

アキラ「何か見えたの!?」

真美「周りが……真っ赤です……血の色……」

真理谷「何!?」


14 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 23:01:13.84 ID:hqQsKLax0
アキラ「み、みんなは!? みんなはどうなってる!?」

真美「人も動物も地面も空も……何も見えないです。 赤い血だけが……」

雪「そんな……」

真理谷「神楽真美の予知は外れない……」

アキラ「真理谷……もしかしたら」

真理谷「ああ……誰もいないということは……全員が死ぬかもしれない」

レイ「嘘!?」


15 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 23:03:18.06 ID:hqQsKLax0
真美「あ、あの……私の事なんか信じていいんですか?」

アキラ「真美さんだから信じるんじゃないか」

真美「仙石くん……」

常盤「でも見えたのが血だけって……何も対策しようがないよね」

矢頼「おいアンタ、本当に何も見えてねーんだろーな」

真美「は、はい!」

アキラ「矢頼! 起きてたのか!」

矢頼「……というか起こされた」

アキラ「起こされた?」

操栖「矢頼くん! 先生に何したのか正直に言いなさい! こんなに大きくして!」

矢頼「……うっせーな、見せびらかすんじゃねーよ」

操栖「じゃあ誰がやったのか知ってるの!?」

矢頼「……仙石じゃねーの? 巨乳好きだし」

アキラ「はぁ!?」

りおん「確かに矢頼くんの言う通り、アキラくんは巨乳バカだしね」

雪「あり得る」

アキラ「お前ら!?」

操栖「仙石くん……どうしてこんな事を……」

アキラ「間に受けるなよ来栖ちゃん!」













瀬川(なんで私以外も巨乳になってるのよ!///一人で喜んでた私が馬鹿みたいじゃない!///)


16 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 23:08:24.93 ID:hqQsKLax0
矢頼「それより……本当にその赤は血なのか?」

真美「『本当の』……?」

矢頼「実はトマトの山だったとかねーよな?」

真美「そ、そんな事はないです! トマトだったら直ぐに分かります!」

矢頼「……そうか」

真理谷「その予知から読み取れることは……いずれ惨劇が起こるということか……」

宮内「動物とかだといーけどな、だったら速攻ぶっ飛ばしてやるのに」

常盤「うん」


17 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 23:11:36.05 ID:hqQsKLax0
九重「森田、しっかり撮っとけよ」

エイケン「は、はい!」

武藤「長年医者をやっていたが……こんな事は初めてだ」

社「ライトノベルとかいうやつならあり得そうな展開だけどな……」

正剛「巨乳だろうが貧乳だろうがロリに変わりはないっ!」

鈴木「巨乳の常盤……ヤりてえ!」

真理谷「各々の感想はいいから原因調査に協力してくれ!」


18 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 23:21:06.67 ID:hqQsKLax0
ミイナ「……」

ミイナ(偽)「凄いわね……あんたにも実ってるじゃない」

ミイナ「触る?」

ミイナ(偽)「い、いいわよ!///」

カトル「何!? 偽ミイナちゃんは巨乳になってないのか!?」

ヒイロ「馬鹿! ないからこそ素晴らしいんじゃないのか!」

デュオ「違う! 巨乳だろうが貧乳だろうが関係ない! 大切なのはロリかロリじゃないかだ!」

ミイナ(偽)(こいつら五月蝿えな)


19 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 23:26:31.76 ID:hqQsKLax0
アキラ「ちくしょう……なんで……なんでこうなっちまったんだよお!」

りおん「アキラくん……」

りおん(みんなの為を思って……)

アキラ(りおんが……りおんが……)















コトミ「うふふ……みんな混乱しているわね」

コトミ「これも全部……私の仕業よ!」

コトミ「巨乳の女は貧乳になって貧乳の女は巨乳になる……」

コトミ「そして貧乳は巨乳を妬み殺人が起こる! 完璧ね……」

コトミ「あいつらが生きてて私だけが死ぬなんて……許さないんだから!」

ザジ「そこまでにしろよ……コトミさん!」

コトミ「ザジくん!?」


20 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 23:30:54.84 ID:hqQsKLax0
コトミ「そんな……あなたも死んだの!?」

ザジ「ああ、ちょっとドジしちゃってな……」

コトミ「……ねえ、貴方も死んだのならこう思わない?」

ザジ「?」

コトミ「『なんであいつらが生きてて自分だけが死ぬんだ』って……」

コトミ「……そうだわ、貴方も死んだのならできる筈よ。 男のチンコをでかくしたり小さくしたり」

コトミ「パニックを起こして……殺人を企ててみない?」

ザジ「……やらねえよ」

コトミ「どうして?」

ザジ「なんで自分だけが死んだんだろうなんて……微塵にも思ってねえからな!」


21 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 23:34:14.56 ID:hqQsKLax0
ザジ「それに仙石は……俺が死んだ後にみんなに言ってくれたんだ……」

ザジ「『ザジの為にも生きるぞ』……ってな」

コトミ「……」

ザジ「嬉しかったんだよ……死んだ後は……忘れちまうのかなって……見捨てられちまうのかなって思ったんだよ……」

コトミ「ザジくん……」

ザジ「だったらよ……あいつらの邪魔をするなんて……殺人を起こすなんて……死んでもできるかよ!」

ザジ「……それにコトミさん、俺は許せねー事がある」

コトミ「……何?」

ザジ「夏奈子さんを……泣かした事だ!」

コトミ「……るせえ」

ザジ「!? コトミさん……今なんて……」

コトミ「うるせえつったんだよこのクソガキがああああああ!」

ザジ「!!?」


22 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 23:36:57.25 ID:hqQsKLax0
コトミ「童貞のクセに馬鹿にしやがってよー!」

コトミ「何ヒーローぶってんだよ! クンニしろおらあああああ!」

コトミ「おめーはあいつらが島出るまで我慢しろって言いてーのかよ!?」

コトミ「こちとらずーっと我慢してたっつーの!! 早く死なねーか早く死なねーかずっと祈ってたっつーの!」

コトミ「けどあいつら死なねーんだもん! なんだよあの生命力!! ふざけんなよ!」

コトミ「何で生きてる価値のねーあいつらがヘラヘラ笑いながら生きてて私だけが死んでんだよ!!」

コトミ「死なねーなら私が殺すしかねーだろーがあああああああ!」

ザジ「……なあ、コトミさん」

コトミ「あぁ!?」


23 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 23:40:27.53 ID:hqQsKLax0
ザジ「コトミさんにとって……レイさんとトオルさんって何だ?」

コトミ「……友達……それがどうしたの?」

ザジ「あの二人さ……コトミさんが死んだ時、スッゲー泣いてたんだよ」

コトミ「!!」

ザジ「あの二人を友達と思ってるんなら……二人が悲しむ顔は見たくないんじゃねーのか?」

コトミ「……」

ザジ「仙石も……夏奈子さんも死んだら……きっと泣くと思うんだよ、あの二人……」

ザジ「だからさ……我慢してくれねーかな?」

コトミ「……」

ザジ「……」

コトミ「……どうせやめないって言ってもずっと言い続けるでしょ? いいわよ……止めてあげる」

ザジ「コトミさん……」

コトミ「……戻せばいいんでしょ?」

ザジ「ああ、サンキューな」

コトミ「……クンニ!」

ザジ「それが呪文かよ」


24 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 23:44:24.27 ID:hqQsKLax0
コトミ「……あっ」

ザジ「どうした?」

コトミ「いっけな~い、これみんなを巨乳にする呪文だった☆ 元に戻す方法忘れちゃった~」

ザジ「はぁ!?」

コトミ「でもさぁ……みんな巨乳になるんだよ? だったらいいよね?」

ザジ「……」

コトミ「ダメ……かなぁ?」

ザジ「まぁ……いいか……」

コトミ「やったぁ! ありがとうザジくん! ザジくんはコトミの物だからねえ~」

ザジ「俺は夏奈子さん一筋!!」

コトミ「調子に乗んなよクソガキがああああ!」


25 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 23:47:19.15 ID:hqQsKLax0
りおん「アキラくん……もういいよ」

アキラ「りおん……」

りおん「胸がどうなろうが……私は私だもん!」

アキラ「……」

りおん「大丈夫! これが原因で死ぬ訳じゃないんだしさ!……ねっ?」

アキラ「……」

ギュッ

りおん「……へっ?」

アキラ「お前がこの先……どんな風になっても……俺はぜってーお前を守る」

りおん「アキラくん……」

アキラ「……好きだ」

りおん「!!!」

アキラ「……」

りおん「……私も」

ボンッ

アキラ(……ん? なんだ、胸に何か当たって……)チラッ

アキラ「!!!!!」

りおん「……アキラくん?」

アキラ「り、りおん……自分の胸触ってみろ」

りおん「ま、またセクハラァ!?///」

アキラ「ち、ちげーよ! いいから!」

りおん「……あっ!!」

りおん「胸が……ある!!」


26 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/19(日) 23:56:41.93 ID:hqQsKLax0
りおん「凄い! 元に戻った!!」

アキラ「……そうだ! みんなに報告しよう!」

りおん「うん! もしかしたらみんな戻ってるかもしれないしね!」

アキラ「ああ!」










アキラ「……みんなーー! りおんが元に戻ったぞーー!」

大森「私も元に戻りましたーー!」

アキラ「大森さんも!? 良かった……!」

レイ「私もー!」

アキラ「良かった……みんな戻ったんだな!!」

真理谷「しかし何故急に……原因が全く分からない」

雪「……ねえアキラくん」

アキラ「どうした雪?」

雪「……私、戻ってないんだけど」プルン

アキラ「!!?」


27 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/20(月) 00:00:56.14 ID:Sqy/hy2x0
りおん「ど、どうして!?」

常盤「私達も元に戻ってないんだけど」プルン

宮内「どうなってんだよこれ……」プルン

アキラ「じゃ、じゃあ……みんな巨乳になっちゃったって事か!?」

宮内「仙石、お前の所為じゃねーよな?」ズイ

常盤「戻して」ズイ

雪「ア、アキラくんは関係ないんじゃない?」ズイ

大森「そ、そうですよ!」ズイ

アキラ「み、みんな近い……///」

りおん「……」

アキラ「り、りおん?」

りおん「何ニヤニヤしてんの、この変態!!」パァン!

アキラ「ぐはっ!」


28 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/20(月) 00:03:33.37 ID:Sqy/hy2x0
繰栖「九重先生! どうしましょう! 私ずっとこの姿に……」

九重「いいんじゃねーの?」

瀬川「ど、どーよ矢頼……今の私は……」

矢頼「何も変わってねーよ」

瀬川「は、はぁ!?///あんた目が可笑しいんじゃないの!?」

矢頼「……めんどくせーな」


29 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/20(月) 00:07:56.01 ID:Sqy/hy2x0
鈴木「巨乳の女子に囲まれる仙石……羨ましいぜ、くそっ!」

鈴木「あそこにいるのが俺だったら……」

鈴木「……ぐほっ!」ドピュ

真美「きゃっ!」

エイケン「鈴木の鼻血が真美さんに直撃した!!」

真美「ち、血で何も見えない……あっ!」

真美「この光景……私が予知で見たのと同じ!!」

真理谷「……心配して損したみたいだな」


30 : ◆LYNKFR8PTk 2015/04/20(月) 00:09:54.87 ID:Sqy/hy2x0
あれから月日が経ったが、女子達はみんな巨乳のままだった。

けどこの島のことは未だに何も分かってない。

でもそんな事はどうでもいいんだ、ここがどんなに危険な場所でも……周りに巨乳の女子が沢山いれば……

いつだってそこがエデンなんだから。

~終わり~


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429448510/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ