Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真姫「凛の馬鹿!」 凛「真姫ちゃんのほうが馬鹿だよ!」

1 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 16:48:56.33 ID:xX/TFu/X.net
まきりんぱなSSです
その気はありませんが他のSSのぱくりになってたらごめんなさい


3 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 16:50:16.25 ID:xX/TFu/X.net
真姫「もういい!凛とは一生口利かないから!」

凛「こっちこそ!もう絶交にゃ!」

凛真姫「んぬぬぅ~~~!」

凛真姫「ふん!」

凛「」タタタ バタン

真姫「...」




4 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 16:52:24.76 ID:xX/TFu/X.net
廊下

花陽「あ、凛ちゃんどうしたの?そんなに急いで」

凛「かよちんには関係ないよ!ほっといて!」

花陽「え!?凛ちゃん!?」

凛「なんでもないったら!」タタタ

花陽「う~ん、どうしたんだろう...」


6 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 16:55:00.32 ID:xX/TFu/X.net
部室

花陽「こんにちは~、って!?真姫ちゃん!?どうしたの!?」

真姫「あぁ...花陽、どうしたのって何が...?」ドヨーン

花陽「すごい顔だよ?凛ちゃんがさっき走っていったけどなにかあったの?」

真姫「なんでもないわよ...」

花陽「え...」

真姫「花陽には関係ないし...」

花陽「関係あるよ!」バンッ

真姫「」ビクゥ


7 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:00:07.48 ID:xX/TFu/X.net
花陽「二人は花陽の親友だよ!?二人に何かあったら私まで悲しいよ!」

花陽「二人に何があったのかは知らないけど私が無関係ってことは絶対ない!」

真姫「花陽...」

花陽「さあ、真姫ちゃん。なにがあったのか教えて?」

真姫「えぇ...あれは花陽が来る10分前ぐらいの事だったわ...」


9 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:03:45.59 ID:xX/TFu/X.net
~~~~~~~~~~~~

凛「今日クラスで当てられたときのかよちん、可愛かったにゃ~」

真姫「確かにそうね、少しあたふたしてから噛んじゃうんだもん。きゅんときたわ」

凛「だよねだよね~、あ~かよちんってなんであんなに可愛いんだろ~」

~~~~~~~~~~~~

花陽「すとっぷすとっぷ!え!?真姫ちゃんたちなにしてるの!?」

真姫「えぇ、それがどうかしたの?」

花陽「どうもするよ!なんでそんなこと話してたの!?」

真姫「花陽が可愛いからでしょ?なに言ってるのよ」


10 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:07:28.83 ID:xX/TFu/X.net
花陽「え?え?いつも花陽がいないところでそういう話してるの!?」

真姫「当たり前でしょ?逆にどこで話しろって言うのよ」

花陽「え、う、う~ん、やっぱり、いないところで、かなぁ」

真姫「でしょ、話の腰折らないでよ」

花陽「ご、ごめんね、じゃあ続き話して良いよ...」

真姫「それで...」


11 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:09:55.43 ID:xX/TFu/X.net
~~~~~~~~~~~~

凛「それでね、真姫ちゃん、かよちんったら口元にご飯粒がついてたんだにゃ~」

真姫「その話何回目よ...可愛いけど...」

真姫「それより、授業中居眠りしててそのとき寝言で「それももう聞いたにゃ!」

真姫「なによ、可愛いから良いでしょ」

凛「それもそうだにゃ~」


凛「ところで真姫ちゃん、今度のかよちんの可愛さを存分に感じよう合宿第18回目の話だけど...」

真姫「ああ、それなら私の家で...」

凛「なにいってるにゃ!第17回は真姫ちゃんの家でやったにゃ!」

真姫「16回で撮影失敗したの誰よ!最高のショットだったのに!」

~~~~~~~~~~~~


12 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:12:53.90 ID:xX/TFu/X.net
花陽「」

真姫「どうしたのよ」

花陽「え?真姫ちゃんたちそんなことしてたの?」

真姫「何か問題かしら?」

花陽「やけにお泊りに誘ってくると思ったらそういうことだったの!?しかも撮影って、私聞いてないよ!?」

真姫「そりゃ知ってたら自然体で撮影できないじゃない」

花陽「え!?いや、そ、そうだけど...」

真姫「続き話していいかしら」イライラ

花陽「ど、どうぞ」

真姫「マッタクー」


13 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:15:22.17 ID:xX/TFu/X.net
~~~~~~~~~~~~~

凛「たまたま失敗しただけにゃ!」

凛「それに凛知ってるよ?15回で真姫ちゃんが撮ったスペシャルショットを凛に内緒にしてる事」

真姫「な、なぜそれを...」

凛「ほかにも余罪はあるんだから!」

凛「13回のとき匂いの残ったシーツ独り占めしようとしたでしょ!」

真姫「なによ、家主がどうしようが勝手でしょ?」

凛「まきりんぱな規約第3条は?」

真姫「...花陽グッズの独占禁止...」

凛「破ったものは?」

真姫「...1日会話禁止...」

凛「おかしくないかにゃあ?」


15 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:20:22.90 ID:xX/TFu/X.net
真姫「なにがよ...」

凛「その翌日、会話できたのはだれの温情かにゃあ?」

真姫「それはそうだけど!」

凛「じゃあちゃんと順番を守るにゃ!」

真姫「次失敗されたらたまったもんじゃないわ!私がお手本を!」

凛「凛が!」

真姫「私が!」

凛「凛が!」

真姫「私が!」

真姫凛「ふん!」

~~~~~~~~~~~~~


18 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:28:51.04 ID:xX/TFu/X.net
真姫「こんな感じなんだけど」

花陽「突っ込みどころ多すぎるよ...」

真姫「正直私も悪かったところあると思うのよね」

花陽「じゃあ謝れば良いんじゃないかな...」

真姫「謝れたら苦労しないわよ!」

真姫「許してくれなかったらと思うと...」

花陽「じゃあなにかプレゼントするのはどうかな?」

花陽「誠意が伝わると思うし、なにかもらって嬉しくないわけないもん」

真姫「花陽、ナイスアイディア」


20 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:37:51.13 ID:xX/TFu/X.net
花陽「えへへ///」

真姫「じゃあこの花陽のパンツをもって謝りに...」

花陽「一応それは没収するね」

真姫「花陽!?それがないと仲直りできないじゃない!」

花陽「パンツがないと直らない友情ならなくて良いんじゃないかな...」

真姫「なに言ってるのよ!」バンッ

花陽「」ビクゥ


21 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:39:08.97 ID:xX/TFu/X.net
真姫「凛は大切な私の友達、いえ、親友なの!」

真姫「その友情がなくてもいいなんて、たとえ同じ親友の花陽でも許さないんだから!」

花陽「ご、ごめん真姫ちゃん」ジーン

真姫「わかってくれたならいいわ、私も言い過ぎちゃった」

花陽「ううん、私が悪いの、真姫ちゃんの気持ちも考えず軽薄なこと言っちゃったから...」

真姫「花陽...とりあえずそれは返してもらうわね」

花陽「それとこれとは話が別じゃないかな?」


23 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:42:30.58 ID:xX/TFu/X.net
真姫「困ったわ...それ(パンツ)なしにどうやって許してもらえばいいのよ...」

花陽「普通に謝る選択肢はないの?」

真姫「許してくれるかしら...」

花陽「なんでへんなところ消極的になるの?」

真姫「やっぱり謝らないとダメよね...勇気出さないと...」


24 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:46:19.58 ID:xX/TFu/X.net
真姫「ねぇ花陽?ちょっと背中押してくれない?」

花陽「え?」

真姫「背中よ背中、ほら、早く」

花陽「う、うん...」ポン

真姫「うっひょおおおおおおおお高まってきたあああああああああ」

花陽(帰りたい)

真姫「じゃあ行ってくるわね...えっと...その...」

花陽「どうしたの?」

真姫「ありがとう...」ボソッ タタタ バタン

花陽「」キュン


27 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:50:23.59 ID:xX/TFu/X.net
数分後

凛真姫「おさわがせしました」

花陽「良いんだよ二人とも、私もいいもの見せてもらったし」

凛真姫「え?」

花陽「ううん、なんでもない、それで、ちゃんと仲直りしたの?」

真姫「えぇ、おかげさまでね」

凛「ごめんね?かよちん、ひどいこと言っちゃって」

花陽「気にしてないよ、凛ちゃん」

凛「かよちん...」パァァ


28 : 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:56:47.96 ID:xX/TFu/X.net
凛「大好きにゃあ!」ダキッ

花陽「えへへ、凛ちゃんくるしいよぉ」

真姫「」チラッ クルクル ソワソワ

凛「真姫ちゃんもくるにゃあ!」

真姫「いや...私は...」クルクル

花陽(いまさら恥ずかしがってもなぁ)

真姫「ええい!」ダキッ

花陽「ふふ、真姫ちゃんも苦しいよぉ」


29 : 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 17:59:48.57 ID:xX/TFu/X.net
凛「ぎゅ~~~~!」

花陽「りんちゃんったら~」フフフ

花陽(なんだかんだ言っても、3人でこうやってするのは幸せだなぁ)

真姫「ところで花陽、今週末お泊りでも...」

花陽「オコトワリシマス」
             おしまい


31 : ◆GLr5qtGEGKC3 (家)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 18:04:26.19 ID:xX/TFu/X.net
かよキチがはやりますように
駄文失礼しました


34 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/03/20(金) 18:12:55.93 ID:61814z21.net
まきりんぱな乙~


43 : 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/03/21(土) 16:41:23.70 ID:7W4L1XGK.net
乙乙
面白かった


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1426837736/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ