Powered By 画RSS


小五郎(コナン)「おそらく犯人は、助走をつけて壁を駆けのぼり、二階の部屋へ侵入した」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/27(月) 22:11:08.342 ID:OLyRMIj/0.net
小五郎(コナン)「そしてそんな芸当ができたのは、元陸上部のあなたしかいない!」

容疑者「なっ! 出鱈目だ! 壁を駆けのぼっただって!? 物理的に不可能だろう!」

目暮「毛利君、さすがに超人でも無い限り、壁を駆けのぼるなんて不可能なんじゃないか?」

高木「そうですよ、毛利さん。マンガじゃないんですから」

小五郎(コナン)「いや、人間の身体能力を甘くみないことだ。実際にやって見せよう」

小五郎(コナン)「おい蘭。あの壁を蹴って三角跳びをしてみてくれ」

蘭「わかった。はぁぁぁぁ!」

ダンッ タッタッ

目暮「おお! あれだけの脚力があれば、壁を駆けのぼって二階の部屋へ侵入することは可能かもしれんな!」

高木「蘭ちゃんの細足であれだけの動きが可能なら、元陸上部の彼ならこれぐらい容易なはずです!」

小五郎(コナン)「その通り。当時、遺体のあった部屋の扉は鍵が閉まっていた……」

小五郎(コナン)「壁を駆けのぼることのできたあなた以外、犯人は考えられないんですよ!」




10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/27(月) 22:18:21.551 ID:OLyRMIj/0.net
容疑者「ま、待ってくれ! 本当に無理だ! あんな脚力無い!」

小五郎(コナン)「女子高生の蘭にできて、成人男性のあなたにできないという言い訳は通じませんよ」

小五郎(コナン)「それに、あなたは元陸上部で脚部の筋肉が発達している。間違いなく可能なはず」

目暮「だが毛利君。肝心の凶器は?」

容疑者「そ、そうだ! まだ見つかってないんだろう!? 犯人は、いったい何を使って奴を殺したってんだ!?」

小五郎(コナン)「もちろん、足ですよ。犯人は、被害者の頭部を蹴ったんです」

容疑者「蹴っただって? おいおい、冗談だろ? やつの頭蓋骨は粉々だったって聞いたぞ?」

目暮「毛利君。さすがに頭蓋骨を粉々にするには、足で蹴るだけじゃ足りんと思うが」

小五郎(コナン)「本当にそうでしょうか。実際に試してみればわかることです」

小五郎(コナン)「おい蘭。ちょっとこのコンクリート片を足で蹴ってみてくれ」

蘭「うん。でやぁぁぁぁ!!!!」

ズガァァァァン


12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/27(月) 22:25:18.191 ID:OLyRMIj/0.net
目暮「なんと! 木端微塵じゃないか!」

高木「蘭ちゃんであの威力なら、元陸上部の彼の太い足で蹴ったらどうなっていたか……!」

目暮「想像に難くありませんな!」

容疑者「っく……!」

小五郎(コナン)「おそらく、あなたは被害者を蹴り殺した後、窓から飛び降りて向かいの道路へ着地した」

小五郎(コナン)「そして、被害者の血痕が付着した靴を履き替え、何食わぬ顔で玄関から入ってきたんですよ」

容疑者「と、飛び降りたって、かなりの高さがあるぞ!? そんなことしたら怪我するだろ!」

小五郎(コナン)「いえ、可能だったはずです。実際にお見せしましょう。蘭、窓から下へ飛び降りてみてくれ」

蘭「うん」


20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/27(月) 22:31:22.771 ID:OLyRMIj/0.net
蘭「えいっ」

タンッ

シュタッ

コナン「おーい! 蘭ねーちゃーん! けがはないー?」

蘭「平気だよー! 無傷ー!」

小五郎(コナン)「このように、犯人は窓から飛び降りて二階の部屋から脱出した」

目暮「蘭君の華奢な身体で無傷なんだ、元陸上部の貴方なら朝飯前でしょうな」

小五郎(コナン)「そう……今回の事件の容疑者の中で、これだけの身体能力を持つ可能性のある人物」

小五郎(コナン)「元陸上部の貴方しか考えられないんですよ!」

容疑者「っく……! ここまでか!」

ベキャァァァ!!!

目暮「なにぃ!?」

高木「ゆ、床をぶち抜いた!?」

コナン「うわっ!」

コナン(京極真が素手で大理石の柱をぶっ壊したぐらいだ! フローリングの床をぶち抜くぐらいわけねえってのか!?)


22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/27(月) 22:33:12.277 ID:BFpChGggK.net
結局そいつ犯人なのかよwww


24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/27(月) 22:37:26.711 ID:OLyRMIj/0.net
コナン「逃がすかよ!!!」

キキキッ イイイイイイン

コナン「いっけー!」

ズダァァン バキッ

犯人「ぐあっ!!!」


コナン『こうして、今回の事件の幕は下りた』

目暮「詳しい話は署でお聞きしましょう」

犯人「くそ……!」

蘭「でも驚いたねー。いきなり床を壊しちゃうなんて」

コナン「うん。……あのさ、蘭ねーちゃんもできるの? 床を壊したりとか……」

蘭「うーん、どうかな。たぶんできると思う」

コナン「へー……」

コナン(なんか最近、超人が増えてきて何でもアリになってきたな……)

コナン(そのうち超能力やら魔法やらで人殺しなんてことに……なるわけねーか。アハハー)

END


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1430140268/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「コナン」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2015/05/30(土) 11:15:25

    キッド「魔法なんてあるわけ無いだろ、バーロー」


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ