Powered By 画RSS


バルクホルン「……何をしているんだ?」 ルッキーニ「ソリティアだよ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 12:14:13.58 ID:1GPmN6UDO
ルッキーニ「うじゅ~…」ペラ

バルクホルン「……」




天気も良くネウロイ襲撃の気配もない、何となく平和な日だった。

私は喉の渇きを潤そうと寄った台所で、ひとりトランプカードを広げているルッキーニ少尉を見つけた。

訓練はどうしたとか待機任務は遊び時間じゃないとか、そもそもダイニングテーブルを遊戯台にするなとか……毎度の通り色々と言いたい事はあったが、この平和な日和のせいかその時の私は彼女をなんとなく静観してみる事にしたのだ。




バルクホルン「……(ひとりで遊んでいるのか。 …そういえばシャーリーの奴は宮藤達と買出しに出ているんだったな)」スタスタ

ルッキーニ「やた! 赤の4!」

バルクホルン「……(あの並びと山札に場外スペース、…フリーセル形式か?)」ガタ

ルッキーニ「らくしょ~♪」ピラ




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 12:18:16.85 ID:1GPmN6UDO
バルクホルン「……」

ルッキーニ「………ぁ、ありゅ?」

バルクホルン「……」

ルッキーニ「ぅじゅじゅ……」ピラ

バルクホルン「……」

ルッキーニ「……ぅ~…」ポイ

バルクホルン(…そっちよりも端の7を場外へ出せば手が進むな。 今引いたカードも置ける)


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 12:19:45.45 ID:1GPmN6UDO
ルッキーニ「むぅ…」

バルクホルン(気付かないか……詰みそうだな)ゴクゴク

ルッキーニ「ん~なんでぇ? 絶対いけると思ったのにぃ…」

バルクホルン「……」

ルッキーニ「…………やめたっ!」グシャー

バルクホルン「…!」

ルッキーニ「あ~ぁ……」グデ

バルクホルン(終わったのなら訓練なり勉強なりすれば良いんだがな)


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 12:32:17.27 ID:1GPmN6UDO
ルッキーニ「…………」

バルクホルン「……」

ルッキーニ「ん…」ヒョイ

バルクホルン「?」

ルッキーニ「~……」ソー

バルクホルン(何を始めた…?)

ルッキーニ「~♪」

バルクホルン「……トランプタワーか?」

ルッキーニ「ぇ? うん」ピク

バルクホルン(また遊びか…)


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 12:46:18.78 ID:1GPmN6UDO
ルッキーニ「うじゅ~♪」

バルクホルン「……」

ルッキーニ「うじゅじゅ~♪」

バルクホルン(…………上手いな)

ルッキーニ「~~」

バルクホルン「……」


――――
――



ルッキーニ「ん~! できたぁ!」

バルクホルン「ぉぉ…!(なぜか私まで達成感を感じる)」

ルッキーニ「ふふ~ん!」ドヤ

バルクホルン「……(満足したのならそろそろ訓練をすべきだぞルッキーニ)」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 13:03:27.05 ID:1GPmN6UDO
ルッキーニ「…」チラ

バルクホルン「…!(ん? なんだ?)」

ルッキーニ「ねえバルクホルン?」

バルクホルン「?」

ルッキーニ「これすごいでしょー?」ホラホラー!

バルクホルン「……ああ、まぁ…そうだな。 確かにお前は器用だと思う」

ルッキーニ「にひぃ~♪ ///」

バルクホルン「(その才能を軍人としての働きに活かせば言うことないのだが)…さて、私も休憩は終わりにしてランニングに行くか」ガタッ

ルッキーニ「スーパールッキーニタワーと名付けよー!」ウジュー

バルクホルン「ルッキーニ、今日は出撃も無いだろうからお前も訓練を怠るなよ?」

ルッキーニ「うじゅ? はーい!」

バルクホルン(…珍しく素直だな?)


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 13:15:23.81 ID:1GPmN6UDO
―少しして―


基地野外


バルクホルン「はぁ……ふっ…、はぁっ…」ゼェハァ

バルクホルン「っ……ぜぇ………はぁ…(自己課題ギリギリだが、今日はこの辺にしておこう)」

バルクホルン「ふぅ……はぁ…(オーバーワークは隔ペースでやらないと実戦に響くからな――)」

バルクホルン(…ん? あれはルッキーニ…!)


――――
――



ルッキーニ「んじゃー……なんで上手くいかないのぉ…?」モー

バルクホルン「何をやっているルッキーニ?」スタスタ

ルッキーニ「…!」ビクッ


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 13:29:34.66 ID:1GPmN6UDO
バルクホルン「?」

ルッキーニ「み、みちゃダメ!//」サッ

バルクホルン「何をだ?」

ルッキーニ「これはまだ、えと……途中だからっ!」

バルクホルン「?? ……何か作っているのか?」

ルッキーニ「うん、花飾り。 シャーリーに教えてもらったの」

バルクホルン「(相変わらず遊んでいるのか)…訓練はどうした」

ルッキーニ「これ終わったらやるもん」

バルクホルン「…………そうか。 しかしその様子ではなかなか終わりそうにないな」

ルッキーニ「にゃ?」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 14:03:02.84 ID:1GPmN6UDO
バルクホルン「どれ、見せてみろ」ス

ルッキーニ「!? や、やだぁ! みちゃダメー!///」ササッ

バルクホルン「(…失敗作が恥ずかしいのか?)わかった。 では私が手本を見せてやる、しっかり見ていろ」トスン

ルッキーニ「えっ、バルクホルンできるの!?」

バルクホルン「私にだってお前の様な時分はあったんだぞ? それに妹もいるしな、昔はよく作ってやった」

ルッキーニ「へぇー」

バルクホルン「…で、具体的には何を作りたいんだ? 髪飾りか? ブレスレットか?」

ルッキーニ「頭に乗せるやつ!」ウジュー

バルクホルン「花冠か、了解」

ルッキーニ「できるの!?」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 14:43:11.93 ID:1GPmN6UDO
 
バルクホルン「少し大きくて大変ではあるが、単純だ。 リベリアンでも出来る程な」

ルッキーニ「…シャーリー上手だったよ?」

バルクホルン「ならば私はもっと上手くやってみせる」


――――
――



バルクホルン「次にここを、こうする」クイ

ルッキーニ「え、待って! どこ?」

バルクホルン「よく見ろ、ここだ」

ルッキーニ「これ?」チョン

バルクホルン「そうだ。 この部分を……こうやってだな――」

ルッキーニ「うん」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 14:46:06.11 ID:1GPmN6UDO
――――
――



バルクホルン「…っと。 よし、これで完成だ」ホラ

ルッキーニ「うじゃー! すごーいっ!!」

バルクホルン「まあまあの出来だな。 昔はもっと上手かったんだが」

ルッキーニ「かっちょいいー!」

バルクホルン「(かっこいいのか?)…それはお前にやる」

ルッキーニ「えっ! これ、あたしにくれるの!?」キラキラ

バルクホルン「ああ。 それを手本に自分で励んでみろ」スク

ルッキーニ「うん!」

バルクホルン「……終わったら訓練するんだぞ?」

ルッキーニ「うんっ!」

バルクホルン「(返事はいいんだが…)…ではな」スタスタ

ルッキーニ「ありがとー! バルクホルーン♪」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:00:49.24 ID:1GPmN6UDO
エーゲル部屋


エーリカ「……ふわぁ…~~」ムク

エーリカ「ん゛~ーっとぉ! …よく寝た、今何時かな」

バルクホルン「…起きたか、ハルトマン」カキカキ

エーリカ「あ、トゥルーデいたの? おはよー」イソイソ

バルクホルン「もう夕方だぞ」カキカキ

エーリカ「あちゃ! 昼ごはん食べそびれちゃった!」

バルクホルン「…まだ食堂に置いてある筈だ、リーネに感謝するんだな」カキカキ

エーリカ「お! やったー♪」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:30:10.88 ID:1GPmN6UDO
バルクホルン「それから、ちゃんと起きて3食とれ。 体を壊すぞ」カキカキ

エーリカ「えっ? …う、うん(あれ?)」

バルクホルン「……」カキカキ

エーリカ「…なにやってんの? クリスに手紙?」

バルクホルン「議事録を纏めている」カキカキ

エーリカ「……なんで?」

バルクホルン「…お前なぁ、私はこの隊の記録係だぞ? そんな事も知らないのか」コト

エーリカ「あーー……うん、忘れてた」

バルクホルン「…昼間には終わらせるつもりだったが、予定が押してしまって今急いでいるんだ」

エーリカ「ふーん、それで私も今日は起こされずに済んだんだ!」

バルクホルン「ん? …んーまぁ、そんな所だ」

エーリカ(…今日のトゥルーデ、なぁーんかやけに温厚だなぁ?)


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:33:33.02 ID:1GPmN6UDO
エーリカ「……なんかあった?」

バルクホルン「? …何がだ?」

エーリカ「それ聞いてるの私」

バルクホルン「…別に、何もないが」

エーリカ「スケジュール押してるって言ったじゃん。 なんかやってたの?」

バルクホルン「いや? 予定通り訓練だ」

エーリカ「ふーん」

バルクホルン「?」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:35:25.39 ID:1GPmN6UDO
エーリカ「…まいいや、ご飯食べてこよー」ノソノソ

バルクホルン「もう夕食が近いから程々にしておけよ?」

エーリカ「へーきへーき」テクテク


ガチャ パタン


バルクホルン「……まったくあいつは」フッ


――――
――



バルクホルン「…よし、終わった。 早速ミーナに提出してこよう」ガタ


バタンッ


エーリカ「トゥルーデー!」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:38:10.07 ID:1GPmN6UDO
バルクホルン「…どうしたハルトマン? 食事が冷えているのはお前の責任だぞ」

エーリカ「違うって! 食堂のアレ見た!?」

バルクホルン「なんだ?」

エーリカ「なんかすっごいトランプタワーが建ってる!!」

バルクホルン「ああ、スーパールッキーニタワーか」

エーリカ「えっ、なにそれ…?」ポカーン

バルクホルン「あいつめ、遊びっぱなしで片付けていないのか…」

エーリカ「?? …ぇ、なに? ルッキーニと遊んでたの? トゥルーデが? 仕事しないで!?」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:51:50.29 ID:1GPmN6UDO
バルクホルン「違う、私は見ていただけだ」スタスタ

エーリカ(…おっかしいなー、いつもなら“そんな訳あるかっ!”みたいに言うところじゃない?)

バルクホルン「通してくれエーリカ、議事録を提出してくる」

エーリカ「えっ、あぁ…うん」ササ

バルクホルン「……」スタスタ


パタンッ


エーリカ「……変な物でも食べたのかな?」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:53:44.99 ID:1GPmN6UDO
ミーナの執務室


ミーナ「はい、ご苦労様」トントン

バルクホルン「今週の分は先に半分纏めておくぞ?」

ミーナ「助かるわ、有難う」

バルクホルン「…それから」

ミーナ「ん?」

バルクホルン「明日の飛行訓練だが、少尉以下の者と私を組ませてくれないか?」

ミーナ「あら、どうして?」

バルクホルン「ヴェネツィアの新型ネウロイは今まで以上の強さだ。 あいつらの練度を改めて直接確認しておきたい」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:01:59.76 ID:1GPmN6UDO
ミーナ「…わかったわ。 それじゃあ宮藤さんを――」

バルクホルン「いや、宮藤達には日頃から少佐が付いているから後回しでいい」

ミーナ「そう? ……なら必然的にルッキーニさんと組むことになるわね」

バルクホルン「そうか。 了解した」

ミーナ「……」

バルクホルン「…では失礼する」クル

ミーナ「待ってトゥルーデ」

バルクホルン「なんだ?」チラ


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:17:52.39 ID:1GPmN6UDO
ミーナ「ちょっとこっちにいらっしゃい?」

バルクホルン「?」スタスタ

ミーナ「……」

バルクホルン「??」

ミーナ「…うふふ」ニコ

バルクホルン「な、なんだ? どうしたミーナ…?」

ミーナ「今日の貴女、いつもより穏やかな感じがするわね?」クス

バルクホルン「……そうか?」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:21:24.77 ID:1GPmN6UDO
ミーナ「ええ、なんだかリラックスしてるわ。 なにかあったの?」

バルクホルン「いや、特には……エーリカにも同じことを聞かれたな?」

ミーナ「故郷にいた頃を思い出すわね」ウフフ

バルクホルン「はは、大袈裟じゃないか? 私はいつもと変わらない、ちゃんと緊張感を持っているぞ」

ミーナ「あらあら、今日ぐらいはいいんじゃない? ゆっくりしても」

バルクホルン「それはミーナもだろう? ……そうだ、偶には2人でティータイムでもどうだ? 私が淹れて来よう」

ミーナ「うふふ、そうね。 頂くわ」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:23:52.82 ID:1GPmN6UDO
台所(食堂)


ルッキーニ「みてみてリーネ! かっちょいいでしょー!?」

リーネ「ぅ、うん…。 かわいいけど、その……テーブルの上片してくれないと…配膳ができないから…」オドオド

ルッキーニ「うじゅ~!」

リーネ「き、聞いてぇ…ルッキーニちゃん…」



シャーリー「――あ~、重てぇ…。 ライスが重てぇ…」ズリズリ

芳佳「しゃ…シャーリーさん、あとちょっとです……っ…頑張りましょう!」ヨロヨロ


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:26:25.75 ID:1GPmN6UDO
リーネ「ぁ…芳佳ちゃん! おかえりなさい」

ルッキーニ「うじゃ! …シャーリー♪」ダッ


シャーリー「…ぉールッキーニ、ただいま」ゼハー

芳佳「ああっシャーリーさん! 横にしたらお米こぼれちゃいますよぉ!?」

ルッキーニ「みてみて! ほらこれぇ!」

シャーリー「んぁ…? ……おぉ! その花輪自分でやったのか!?」

ルッキーニ「うん!」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:31:49.98 ID:1GPmN6UDO
芳佳「…わぁ~! かわいい、ルッキーニちゃん!」

シャーリー「へぇ~、随分上手くなったなぁ!」カイグリ

ルッキーニ「にっひぃ♪///」


――スタスタ


バルクホルン「……賑やかだと思ったら、帰っていたのかシャーリー」

ルッキーニ「!」

シャーリー「ん? おー、ただいま」

芳佳「バルクホルンさん!」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:33:54.15 ID:1GPmN6UDO
バルクホルン「ご苦労だったな宮藤。 食材運びを手伝おう」

芳佳「あ、すみません。 ありがとうございます!」

シャーリー「…あたしのライスも運んでくれぇ~」

バルクホルン「一度には持てん、待っていろ」ヨイセ

シャーリー「えっ? ぉ、おぅ…。 サンキュー…」


ルッキーニ「バルクホルーン!」ピョンピョン

バルクホルン「ん? なんだルッキーニ、結局ずっと遊んでいたのか?」

ルッキーニ「ほらほらこれ見て! 出来たよ!?」


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:36:46.31 ID:1GPmN6UDO
バルクホルン「ほぉ…、なかなか上手いじゃないか」

ルッキーニ「でしょ! やたー♪」キャッキャッ

バルクホルン「フッ…」ニコ


芳佳「あぁっ!!」

シャーリー「…どうした宮藤~? なんか買い忘れたかー?」グデー

芳佳「シャーリーさん! 今バルクホルンさん、とーーってもいい顔で笑いましたよ!?」

シャーリー「へぇーまじで? …………マジでッ!?」バッ


ルッキーニ「あい! じゃあこれはバルクホルンにあげるっ!」ヒョイ

バルクホルン「…いいのか?」ポス

ルッキーニ「うん! あたしには~……こっちがあるもん♪」スチャ

バルクホルン「! ……そうか」クス


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:41:21.23 ID:1GPmN6UDO
芳佳「うわぁ! バルクホルンさんもかわいい~!」

バルクホルン「そ、そうか…///」

シャーリー「おー、そっちのが会心の出来だな? お気に入りか?」

ルッキーニ「そっ! あたしのと交換!」

芳佳「交換…?」

バルクホルン「…そっちは私の作品だ」スタスタ

シャーリー「え゛っ!!? こ、これをお前が…!?」


バルクホルン「リーネ、夕食の支度は終わったか? 買い付けた食材で必要な物があれば出すが」

リーネ「はい。 えっと、あの…大丈夫ですけど――(ぁ、バルクホルンさんかわいい…)」チラ


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:44:01.13 ID:1GPmN6UDO
バルクホルン「では全部仕舞うぞ? …残りは配膳だけか?」ドスン

リーネ「は、はい…。 でも、テーブルの上がまだ片付いてなくて…」

バルクホルン「ならばそちらが優先だな。 私も手伝おう」スタスタ

リーネ「あっ、でも…!」パタパタ


バルクホルン「……! これは…」

リーネ「ルッキーニちゃんが作ったみたいなんですけど……勝手に壊したら怒らせちゃうと思って…」オドオド

バルクホルン「まだあったのか、スーパールッキーニタワー。 よく崩れないな」

リーネ「えっ」


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 22:01:08.58 ID:1GPmN6UDO
バルクホルン「…このままでは配膳の邪魔だろう。 強制撤去だ」

リーネ「ぇ…! で、でもルッキーニちゃんが…」

バルクホルン「訓練もせず遊び放題の身分に文句は言わせん。 リーネも、お前は働いている立場なのだから遠慮せず言っていいんだぞ?」

リーネ「は、はぃ…」

美緒「わっはっは! まぁそう言うなバルクホルン!」ズイ

リーネ「きゃっ!?」

バルクホルン「のわっ!? …少佐! いつの間に!?」

美緒「今日のルッキーニは珍しく訓練に励んでいたぞ? 先程まで滑走路で必死に走り込んでいた」

バルクホルン「!?」


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 22:04:53.71 ID:1GPmN6UDO
リーネ「……ルッキーニちゃんが、ですか?」

美緒「ああ。 あいつも自主練に努める様になったとはな、実に関心だ!」ワッハッハ

リーネ「坂本少佐、機嫌良いですね…」

美緒「ところでバルクホルン、その頭はどうした? 祭りか?」

バルクホルン(…そうか、ルッキーニのやつ)


~~~~~~~~~~~~

バルクホルン『……終わったら訓練するんだぞ?』

ルッキーニ『うんっ!』

バルクホルン『(返事はいいんだが…)――』

~~~~~~~~~~~~


バルクホルン「……フフ」

美緒「ん? どうした?」

バルクホルン「いや、なんでもない」

美緒「…? ふむ」

バルクホルン「…そうだな。 せっかくだからトランプタワーは、もう少し残しておいてやろう」

リーネ「ぇ、えぇ…」



(・×・)<終わりだゾ


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 22:07:37.66 ID:1GPmN6UDO
ヤマもオチも無いけど、偶にはこんな日もあるよね


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 23:11:56.39 ID:V6D7Phi2o
おねーちゃんもルッキーニもかわいい
おつおつ


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/06(水) 00:03:16.35 ID:QZVtccZPo
激しく癒された乙


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430795653/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ストライクウィッチーズ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ