Powered By 画RSS


秋山隼人「ラブレター・パニック」

1 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:14:01.51 ID:g3TV/54o0
アイドルマスターSideMのSSです。

一部捏造(呼称など)を含みます。


2 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:14:50.11 ID:g3TV/54o0
春名「よーっす、若里春名只今参上ー!!」

夏来「あ、ハルナ……おつかれ……」

春名「いやー、追試も合格したしこれで本格的にバンドに打ち込めるぜ……って、あれ?隼人は?」

旬「それがまだ来ていないんですよ。」

夏来「何か……あったのかな?」

四季「ハヤトっちなら今週から外掃除当番だからちょっと遅れるって連絡あったっすよ。」

春名「あー、そっかそっか。」




3 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:15:28.06 ID:g3TV/54o0
夏来「ハヤトまだ来てないけど……先に練習始めちゃう?」

四季「そっすね、CD発売記念ライブも近いし!」

旬「練習はいくらしてもしすぎということもないですし、先に始めちゃいますか。」

春名「あ、ちょっと待って。その前に今朝買ってきておいたドーナツを……」

四季「早速食べるんすか!?」

旬「春名さん、あなたはもう少しメリハリというものを……」



ドタドタドタドタドタドタドタ


夏来「……?何の音?」



バターン!!



隼人「大変だあああああああああああ!!!!」


4 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:16:33.18 ID:g3TV/54o0
四季「ちょ、ハヤトっち!?一体どうしたってんすか!?」

春名「は、腹減らしてるのか!?フレンチクルーラーやるから暴れんな!!」

夏来「え、えーっと……えっと……」

旬「一体何があったんですか!?」

隼人「これが落ち着いてなんかいられるか!!一大事なんだよ一大事!!」

夏来「い、一大事……!?」

旬「穏やかじゃないですね、とりあえず落ち着いて話してください。」

隼人「あ、ああ実はついさっきな……」

四季「はっ!!ま、まさかハルナっちの成績が悪くてついに退学に!?」

春名「ええーっ!?そ、そんな!?」

夏来「ど、どうしよう……校長先生に直訴、する……?」

旬「何言ってるんですか三人とも。春名さんは無事追試合格したじゃないですか。」

春名「あ、そうだった。」

四季「まったくもー、ハルナっちはおっちょこちょいっすねー。」

夏来「……言い出したの、シキじゃなかった?」


5 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:17:30.45 ID:g3TV/54o0
旬「で、ハヤト。一体何があったっていうんですか?」

隼人「あ、ああ。さっきまで俺外掃除をしていたんだよ。」

四季「だからちょっと遅れたんすね。」

隼人「そんで下駄箱に靴を戻そうとしたら、その下駄箱の中に……」



隼人「こんなものが入ってたんだよ!!」



夏来「……これって、手紙?」

旬「手紙……ですね。」

四季「トクソクジョーっすか?」

隼人「なんでだよ!?」

春名「ハートのシールで封がしてあるな。」

旬「あ、本当ですね……ということは……」

夏来「……ラブレター?」

四季「……」

春名「……」

旬「……」



四季・春名・旬・夏来「えええええええ!?」

隼人「驚くの遅いよ!!」


6 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:18:29.33 ID:g3TV/54o0
四季「うひゃー、マジッすか……ギガびっくりっす……」

隼人「だろ!?すげーだろ!?これで俺もリア充の仲間入りだ!!」

春名「うわあ、さっきまでの動揺っぷりがうそのような浮かれっぷり。」

夏来「面白いぐらいに……表情が変わるね……」

旬「まったく、人騒がせな……」

隼人「いやー超嬉しいよ、俺バンドやってきてよかった!!」

四季「おめでとうっすハヤトっち!!」

旬「単純だなあ……」

春名「で、で?中身はなんて書いてあったんだ?」

隼人「い、いや実はまだ読んでないんだ。」

四季「あ、そういえばまだシールはがしてないっすね。」

春名「それじゃ、ちょっと読んでみようぜ!!」

隼人「えー、なんか照れるなー。」

四季「ハヤトっちめちゃくちゃニヤけてるっすよ。」



夏来「……ねえ、ちょっと待って?」

隼人「え?」


7 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:19:52.73 ID:g3TV/54o0
四季「どうしたんすかナツキっち。」

春名「夏来は気にならないのか?」

夏来「ううん……気にはなるけど……一つ他に気になることがあって……」

隼人「気になること?」

夏来「うん……俺たち、アイドルでしょ……?」

四季「そうっすよ、俺たちは315プロ所属のアイドルっすよ!!」



夏来「……アイドルが恋愛って、まずいんじゃない?」

隼人「え゛!?」


8 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:20:49.83 ID:g3TV/54o0
旬「……ああ、そういえば確かにそんな話はよく耳にしましたね。」

隼人「そ、そんな!」

四季「そういえば前にみのりっちが言ってたっす。男女間のこじれで芸能界を去った人間は星の数ほどだって……」

隼人「ええ!?」

春名「も、もしこのラブレターが原因でHigh×Joker解散とかになったら……」

隼人「解散!?」

旬「……由々しき事態ですね。」

四季「は、ハヤトっち!!すぐこの手紙破り捨てるんす!!俺たちの未来のためにも!!」

隼人「うわっ、なにすんだよ四季!!」

春名「うおお、落ち着けシキ!!まだそうだと決まったわけじゃないだろ!?」

夏来「うん……まだこれがラブレターだとは……わからない……」

隼人「ええ!?これがラブレターじゃなかったらなんだっていうんだよ!?」

四季「……トクソクジョー?」

隼人「それはもういい!!」


9 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:21:50.11 ID:g3TV/54o0
旬「そもそも僕たち、こういうことには疎いんですから正しい対応なんかできませんよ。」

夏来「……うん。」

四季「確かに俺たち、ラブレターに縁ないっすね。」

隼人「え?!うそだろ!?」

春名「残念ながら、本当なんだなこれが。」

隼人「じゃ、じゃあさ!出したこともないってのか!?」

夏来「ない。」

四季「ないっす。」

春名「えへっ。」

旬「僕もありませんよ。」

隼人「……俺だけかよ!?出したことあるの!?」

四季「え、ハヤトっち出したことあるんすかラブレター!?」

隼人「あ、しまった!!」

春名「しまったってことは……」

旬「盛大に振られたんですね……」

隼人「うるさい!!」

夏来「大丈夫だよ、ハヤト……」

隼人「え?」

夏来「隼人がそこで振られなければ……バンドを組もうって発想にも至らなかったわけで……俺たちがこうしてアイドルになることもなかった……」

隼人「ナツキ……」

夏来「隼人……ありがとう、ね……」

隼人「ナツキいいいい!!」



春名「いやー、青春だねえ。」

四季「メガ感動っす!!」

旬(古傷に塩をすりこんでるようにもみえるのは僕だけでしょうか。)


10 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:23:17.29 ID:g3TV/54o0
春名「で、この手紙はどうする?」

四季「さすがに捨てるわけにもいかないっすしねえ。」

夏来「……読んでみないことには、始まらないんじゃない?」

旬「そうですね、ラブレターじゃない可能性だってあるんですし。」

隼人「いやこれラブレターだって!!どう見たってそうだよ!!」

春名「うーん……ま、いっか。ハヤト、読んでみようぜ。」

隼人「う、うん……それじゃあ……」ピリピリ

夏来「中身、出たね。」

四季「トクソクジョーじゃなかったようっすね。」

旬「それはもういいです。」



隼人「……え゛!?」


四季「どうしたんすかハヤトっち。」


11 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:24:17.63 ID:g3TV/54o0
隼人「……安部隆君へ。」

四季「……」

春名「……」

夏来「……」

旬「……え?」

春名「誰、それ?」

四季「確かハヤトっちと同じクラスの奴っす。」

夏来「……ハヤト、これってもしかして……」

隼人「……」

旬「まさかと思いますがこれって……」

春名「……人違い?」



隼人「んなああああああああああああ!!!!」





12 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:25:19.25 ID:g3TV/54o0


――――315プロ――――


四季「てなことがあって、散々だったんすよー。」

涼「……だから隼人さん、あんなに凹んでたんですね。」

隼人「リア充になれたと思ったのに……」

旬「まったく人騒がせにもほどがありますよ。」

涼「まあまあ、そういう時もあるって。僕も初めてもらったとき舞いあがっちゃったんだし……」

夏来「え……涼さん、ラブレターもらったこと、あるの?」

涼「あ」

四季「マジっすか!?さすが涼っちっす!!」

春名「その話、詳しく教えてくれないか?」

隼人「後学のために、是非!!」

涼「い、いや、えっと」

旬「ちょっと、三人とも何を聞いてるんですか!ナツキからも何か言ってやって……」

夏来「ごめん、ジュン……俺も、気になる。」

涼「ぎゃおおおおん!?」

旬「……ま、まったくこの人たちは……!!」


13 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:26:19.31 ID:g3TV/54o0
四季「で、どうなんすか涼っち!!」

隼人「涼さんは315プロ来る前からアイドルやってたから、それこそ一杯もらったんでしょ!?」

夏来「履歴書の好きなものに……ファンレターって書いてるぐらいだし……」

春名「ラブレター、どのぐらいもらったんですか?」

涼「……いや、確かに貰ったよ。それも結構な数。」

四季「すげえっす!!さすが涼っちっす!!」

隼人「くぅー!!うらやましい!!」

涼「ただ……」

夏来「ただ?」



涼「……『女の子から』もらったこと、一度もないんだよね……」



四季「……」

隼人「……」

春名「……」

夏来「……」

旬「……」




秋月涼、元『女装』アイドル



涼「……あは、あはははは……」



14 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:27:43.47 ID:g3TV/54o0
四季「ほ、ほら、大丈夫っすよ涼っち!!315プロでここから頑張ればいいじゃないっすか!!」

隼人「そうですよ!!一気にバーンとモテるようになるって!!」

夏来「気を……落とさないで……?」

春名「エンゼルクリーム食べます?」

旬「……やれやれ。」



涼「……絶対イケメンになってやる!!」


おわり


15 : ◆lBYlZbYMos 2015/05/17(日) 16:29:25.75 ID:g3TV/54o0
High×JokerとBeitの8人に声が付いたテンションそのままに書いたのでいろいろとおかしい部分はあると思いますが、皆様どうかSideMのほうもよろしくお願いします。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431846831/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「SideM」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ