Powered By 画RSS


俺「お届けに参りましたー」サキュバス「あらどうも」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:01:32.649 ID:0Fd1py4Ua.net
俺「どうぞ、お確かめ下さい」パカッ

サキュバス「うわあ、凄い栗の花の匂い!今回のオナティッシュも質が良さそうですね~」

俺「ええ、何しろ天然、新鮮、産地直送ですから!」

サキュバス「どれどれ……」パクッ……クチャクチャ……

サキュバス「ん~!童貞の濃い精液がじゅわ~っと滲み出てきて!絶品ですわ~!」ホワーン

俺「恐縮です!」

サキュバス「お店で売ってるオナティッシュは精液増強剤を使ってたり、養殖物だったりするけど、俺さんのオナティッシュなら娘にも安心して食べさせられるわ!」クチャクチャ

俺「はは、褒めすぎですよ~」




4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:06:39.760 ID:0Fd1py4Ua.net
サキュバス「それでは、いつも通りゴミ袋3個分貰いますわね!」ゴソゴソ

俺「お買い上げありがとうございます!それでは300万円になります!」

サキュバス「相変わらず安いわ~!はい、300万円です!」ズシッ

俺「ありがとうございます!それではまた来月お伺いさせて頂きます!」

サキュバス「はあい!」


5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:08:56.440 ID:0Fd1py4Ua.net
俺「ふう……配送終わり、と」カキカキ

俺「さてさて次の配達先は……うわ、そうか、あの金払いの悪いサキュバスbさんか……嫌だなあ……」

俺「仕方ない、これも仕事だ……行きますか……」


7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:11:13.165 ID:0Fd1py4Ua.net
俺「こんにちは~オナティッシュのお届けに参りましたー」ピンポーン

俺「……留守かな?」

サキュバスb「……」ガチャッ

俺「あ、こんにちは!いつもありがとうございます、オナティッシュのお届けに参りました!」

サキュバスb「さっき聞いたわよ……入って……」

俺「は、はい!失礼します!」


8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:17:14.376 ID:0Fd1py4Ua.net
俺「こ、今回のオナティッシュです……」

サキュバスb「……ふん、ふん……美味しい……」クチャ……クチャ……

俺「き、気に入ってもらえて恐縮です、それでは何袋ほど……」

サキュバスb「……私、今、50万円しかないのよね……」

俺「あ……そ、それでは、今回のお買い上げはなし……という事で……?」

サキュバスb「ねぇ……貴方、サキュバスを抱いた事ある……?」ズイッ

俺「ええっ!?」ドキッ

サキュバスb「貴方が良ければ……ふふ、このオナティ袋をタダでくれるのなら……天国を見せてあげても良いのだけど……?」むにゅう

俺「……バカにしないでください!!」

サキュバスb「!?」


12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:25:14.995 ID:vBy96wN+a.net
俺「私はねぇ!この仕事を誇りを持ってやってるんですよ!!毎日、独居男性からゴミ袋を買い取って、鼻噛みティッシュとオナティッシュを選別して!!」

俺「だからこそ、お客様にも誇りを持って貰いたいっ!!私は、そんな言葉をお客様から聞きたくなかったっ!」

サキュバスb「……」

俺「はあ、はあ……今日のところは帰ります……また、持ち合わせが出来たなら連絡をください……」

サキュバスb「……そ、そんなに怒らなくてもぅ……ひぃ……」グスッグスッ

俺「……はぁ」ガサッガサッ

サキュバスb「ひっく、ひっく……」グシュグシュ

俺「はい、オナティ袋、半分です。50万円でこれを売らせて頂きますよ」

サキュバスb「……い、良いんですか……?」グスッ

俺「まあ、特別ですよ?次からはなるべく、一袋からお買い上げくださいね」

サキュバスb「あ、ありがとう!本当に……ありがとう!」パァァ


14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:29:03.280 ID:vBy96wN+a.net
俺「はぁ……俺もお人好しだな……この半袋分のオナティッシュ、どうしよう……」

俺「……ふふ、でも仕方ないよな!俺は、あの笑顔を見る為にこの仕事をやってるんだ……」

オナティッシュ袋「……」プーン

俺「くっさ……どうしようこれ」


17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:34:29.006 ID:vBy96wN+a.net
幼女サキュバス「お兄ちゃん、お兄ちゃん」チョイチョイ

俺「ん?どうしたんだい」

幼女サキュバス「あのね、あのね……お兄ちゃん、オナティッシュ売りの人ー?」

俺「そうだよー?どうしたのかな、お腹すいちゃった?」

幼女サキュバス「うん……あの、それ、これでいくつ買えますか?」

俺「一万円かぁ……だったらオナティッシュ一個だね!はい!」

幼女サキュバス「うわぁ……いい匂い~!美味しそう!ありがとうお兄ちゃん!」

俺「こちらこそ、ありがとね~」


18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:37:56.257 ID:vBy96wN+a.net
俺「思わぬ所でオナティッシュが売れちゃったなぁ……あの子、買い食いなんかして晩御飯食べれるのかな」

俺「ん?公園にいるのは……さっきの子?」


妹サキュバス「あーん、あーん」アーンアーン

幼女サキュバス「ほら、もう泣かないの!妹サキュバスちゃんの大好きなオナティッシュだよ~!」

妹サキュバス「ひっ、ひっ……むぐ、むぅ」チュウチュウ

幼女サキュバス「良かったぁ、泣き止んだ!」

妹サキュバス「えへへ~、おいしー!」チュウチュウ

幼女サキュバス「あぅ……うん、良かったね!」クー


20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:40:43.698 ID:vBy96wN+a.net
俺「お嬢ちゃん!」

幼女サキュバス「ん?あー!オナティッシュ売りのお兄ちゃんだ!」

妹サキュバス「っ……」ササッ

俺「いやぁ、ごめんごめん!さっきのオナティッシュの値段、間違えてたよ!はい、残りのオナティッシュ3個!」

幼女サキュバス「え、ええー!こんなにー!?」クークー

俺「うん、食べきらなかった分はお母さんにあげてね!」

幼女サキュバス「あ、ありがとー!ほら、妹サキュバスちゃんも、おれー言ってー!」

妹サキュバス「……あ、ありがと」ササッ

俺「はは、良いんだよ!」


22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:44:23.360 ID:vBy96wN+a.net
幼女サキュバス「お兄ちゃん、バイバーイ!」

俺「はいはい、またね~」チラッ

妹サキュバス「ん、んー!」チュウチュウ

幼女サキュバス「ほら、ゆっくり食べよ!あむ……んっ、おいひ~!」クチュクチュ


俺「ふふ……いい事したなぁ!」

俺「あの子に渡したオナティッシュの袋には、俺の住所も書いている……あの子達のお母さんがオナティッシュを食べたら、契約の連絡が来るはずだ!」

俺「いい事をしながらも、商売に繋げる……それこそが商売人の魂だな!」


25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:50:43.201 ID:vBy96wN+a.net
俺「こんにちはー!」

サキュバスc「あらぁ……貴方、最近噂のオナティッシュ売りさんかしらぁ?」

俺「はい!まずはこちらのオナティッシュを味わってみて下さい!」

サキュバスc「試供品ねぇ?なら、あ~んしてくれなぁい?」

俺「は、はい!あ~ん!」

サキュバスc「あぁ~ん……あ、あら、凄く美味しい!美味しいわ!」ゴクッ

俺「こちらのオナティッシュがゴミ袋一つ分入って、なんと100万円!いかがでしょう!」

サキュバスc「そんなに安いの!買います、買いますわ!10袋ちょうだい!」

俺「はい、10袋お買い上げ!一千万円です!」


26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:55:40.371 ID:vBy96wN+a.net
俺「ふぅ……思い付きだけど、半分開けたオナティッシュを試供品として新しく営業するの、思いの外上手くいったな!」

俺「さて、今日は、サキュバスdさんの所で終わりか……結構時間食っちゃったし、急がないと!」


27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 12:58:52.132 ID:vBy96wN+a.net
サキュバスd「まだかなー、まだかなー」

俺「お待たせしましたー!」

サキュバスd「もー!おっそいよぉ!ボクもうお腹ぺこぺこなんだからぁ!」

俺「ごめんなさい、商売繁盛で!」

サキュバスd「も~……あと何袋あるのー?」

俺「ええっと、今日は、ひいふう……あと4袋です」

サキュバスd「ええ~!たったそれだけー!?こんなに待たせてそれは酷いよー!」

俺「ご、ごめんなさい!」

サキュバスd「もー……」プー

俺(ああ、膨れてる……まずいぞ、この人はお得意さんなのに……そうだ!)

俺「ごめんなさい、お詫びと言ってはなんですが、こちらのオナティッシュ袋をどうぞ!」

サキュバスd「え?何々、おまけしてくれるの?うわー、結構入ってるね!」

俺「サキュバスdさんはいつも沢山買ってくれますから!」

サキュバスd「えへへ、すごいや!ボク、機嫌が直っちゃったよ~!」

俺(よ……良かった!)


28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 13:09:07.212 ID:vBy96wN+a.net
俺「ふう、終わったぁ……今日は全袋捌けたぞ!」

俺「えっと……4951万円、かぁ!結構売れたなぁ!これで今月の収支は5億9251万円だな!」

俺「よーし、またこのお金で独居男性専用のマンションを買って、オナティッシュの供給を増やして……」

俺「家賃収入も月5千万円ほど入るようになってきたし……この商売も軌道に乗ってきたな!」

俺「ようし、そろそろ道祖神の像を触媒に次元淫穴を出現させて家に帰るか!」クパァ


俺の商売道はまだまだ始まったばかり……!



29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 13:12:10.049 ID:twy5JSwM0.net
大富豪やんけ


30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 13:15:25.558 ID:aRfV0+9X0.net
感動した


31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/18(月) 13:32:45.002 ID:bjnRsHf1M.net


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1431918092/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ