Powered By 画RSS


阿笠「光彦君のアナルとわしのアナルを交換するスイッチが完成したぞい!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:32:17.55 ID:YP4VB1uF0
コナン「へ?何でそんなものを?」 

阿笠「ホッホッホッ。これを見んかい。」

コナン「強力下剤ナイアガラ?」

阿笠「このスイッチを押してわしがこの下剤を飲む。」

コナン「な、なるほど!!」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:33:36.36 ID:YP4VB1uF0
notマジキチ  

光彦いじめじゃありません。

神に誓います

いじめかっこわるい


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:37:36.42 ID:YP4VB1uF0
阿笠「おまけに今日の給食はカレーじゃ!」

コナン「そうか!それで俺を学校休ませたのか!!」

阿笠「哀くんと歩美ちゃんも休ませたぞい!」

コナン「可愛い子に光彦の脱糞なんて見せられないもんな!!」

阿笠「それじゃあ、押すぞい」

コナン「ああ、くれぐれも悪用すんなよ!」

阿笠「もちろんじゃ!」ポチ

阿笠「そして!!この下剤を一気飲みじゃ!!」

コナン「バーロー!!!」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:42:01.10 ID:YP4VB1uF0
学校!

先生「さあ!みんな手を合わせて、いただきます」

みんな「いただきます!!」

光彦「!!?」

ブリブリブリ……

元太「先生!!光彦がウンコもらしやがった!!」

光彦「うひゃーーーー!!」ポーン!!

児童「ギャー!光彦のウンコ噴水だ!!!」

先生「光彦君!!!何やってるの!!!」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:50:21.33 ID:YP4VB1uF0
博士の家

阿笠「これで光彦君は、今頃もらしとるじゃろう」

コナン「ああ!おまけにあいつは、いつも全裸健康法とかいって全裸だからな!!今頃、糞のプールになってるぜ!」

阿笠「さてと……」ヌギ

コナン「何やってんだ?下半身露出して」

阿笠「実は、感覚はそのままなんじゃ」  

コナン「?」

阿笠「今、わしにあるのは光彦君のアナルじゃが、感覚はそのままなんじゃよ」

コナン「つまり……」

阿笠「このアナルに痛みを与えれば光彦君の痛みになるんじゃ!」

コナン「わかったぜ!パワー全開!!」ドゴォ

阿笠「もう一発!!!」



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:53:28.50 ID:YP4VB1uF0
学校!  

光彦「キエーーーー!!!!」ポン!ポン!

元太「おい!光彦のウンコが襲って来るぞ!!逃げろ!!!」

光彦「あばばばば……」プリプリ

その後、教室はおろか学校も巻き込む大惨事になった


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:58:53.16 ID:YP4VB1uF0
夜、博士の家

阿笠「今日の晩飯はなんじゃ?」

灰原「カレーよ。昴さんが持ってきてくれたの」

阿笠「そうか。では食べるかい」

灰原「いただきます」

阿笠「」バフン!!!

灰原「!?」

阿笠「!?」ブリン!!

灰原「さいてー!!!」

阿笠「ち、違うんじゃ!!これは!!」

灰原「介護が必要なら老人ホームいって!!ごちそうさま!!」

阿笠「あ、哀くん!!!」ムリムリムリ

阿笠(な、なんでいきなりウンコが!?)


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 01:02:29.56 ID:YP4VB1uF0
光彦の家

光彦「フン!!」

光彦はトイレで踏ん張っていた

光彦「あれ?出ませんね」

今日の学校のことで便意に警戒していたが、何も出なかった

光彦「でも、スッキリした感じはありますね。」

しばらく光彦は、出るまで踏ん張った


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 01:10:37.81 ID:YP4VB1uF0
博士の家

阿笠「い、いったい誰がわしの便意を操っとるというんじゃ!!」ピポパ

博士はコナンに電話した!

阿笠「新一!!大変じゃ!!わしの便意が操られとる!!」

コナン「なんだって!!?」

阿笠「わしがウンコしたくないのにウンコしてしまったんじゃ!!」

コナン「博士!心当たりはないのか!?」

阿笠「ないんじゃ!!」

コナン「!!博士!昼間の発明!!」

阿笠「!?ま、まさか!?光彦君の仕業か!?」

コナン「ああ。元に戻せないのか?」

阿笠「それが……1回交換したらずっとそのままなんじゃよ」

コナン「チクショーー!!打つ手無しかよ!」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/18(月) 23:40:16.09 ID:ygzViHqZ0
阿笠「こ、こうなれば、光彦君に仕返しじゃ!!」ゴクゴク

コナン「バ、バーロー!!そんな量の下剤を一気に飲むんじゃねえ!!!」


翌日!

コナン「博士!大丈夫か?」

阿笠「う~ん……う~ん……」

灰原「工藤君……」

コナン「灰原!博士どうしちまったんだ?」

灰原「昨日から胃腸の調子悪いみたいで……」

コナン(!!そうか!交換したのはアナルだけなんだ!博士が下剤なんてどかぐいしまくったからこんなことに!チクショー!光彦のやつ!)

灰原「それから、いつも使ってる極太アナルバイブも入らなくて日課のアナニーも出来ないみたいよ!」

コナン「な、なんだって!!」

コナン(ガキのアナルじゃ博士のバイブは入りきらないのか!博士は今、性欲も発散できないでいるんだ)


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/18(月) 23:58:37.59 ID:ygzViHqZ0
コナン「おい!博士!ケツだせ!!」

阿笠「?」

コナン「せめて性欲ぐらい発散できるようにオレがこのバイブを突っ込んでやる」
 
阿笠「し、新一~」

博士はケツを向けた

コナン「よし!じゃあぶち込んでやるぜ!!」

コナンはバイブをかまえた

ポーン!!

コナン「」グジャ

博士のアナルから何かがとんできてコナンの首は吹き飛んでしまった


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 00:07:07.07 ID:sV7MaMkM0
灰原「キャーーー!!!」

阿笠「新一!!!!!!」

灰原「博士!見て!ウンコよ!!」

阿笠「!?」

2人は壁にめり込んだウンコをみた!

阿笠「み、光彦君じゃ!!」

灰原「どういうこと!?」

阿笠「実は、光彦君のやつ、わしのアナルと光彦君のアナルを交換したんじゃ」

灰原「!?」

阿笠「わしは、便秘のため下剤を飲んだんじゃが、光彦君は、自分が下痢と勘違いしたんじゃ」

灰原「なるほど。それで、便を硬くする薬を大量に接種したのね。でも、円谷君の便は正常だから、便が異常に硬く大きくなった」

阿笠「そうじゃ。おまけに小学生の小さなアナルじゃ。まるで、ビーダマンのしめうち並みの破壊力じゃ」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 00:13:07.99 ID:sV7MaMkM0
灰原「ちょっと待って!!つまり博士は今……」

阿笠「そ、そうじゃ……いつ発射されるかわからないライフルを持ってるようなものじゃ」
 
灰原「ちょっと!!何か出る兆候とかないの!?」

阿笠「このアナルは、あくまで光彦君のものじゃ。残念じゃがわしには、わからんわい。」ボン!

???「ホー!!!!!」

灰原「ちょっと!また暴発したわよ!!」

阿笠「あそこは新一の家の方向じゃな」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 06:42:27.23 ID:sV7MaMkM0
灰原「このままでは被害者が増える一方だわ!!急いで警察に連絡して円谷君を逮捕してもらいましょう!!」

阿笠「無駄じゃ!!」

灰原「どうして!?」

阿笠「アナルが交換されたなんて話誰が信じる?」

灰原「!?なら救急車で病院行きましょう。医者ならなんとかしてくれるわ!」

阿笠「それも無理じゃよ」

灰原「!?」

阿笠「もしわしが救急車に乗ってるさいちゅう、光彦君が脱糞したらどうなる?通行人に当たったら大惨事じゃし、車を破壊したときガソリンに引火したら、大爆発を起こしてしまう」

灰原「うつてなしってことね」

阿笠「光彦君のやつ、わしに生き地獄をあじあわせる気じゃ」



23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 21:00:21.65 ID:sV7MaMkM0
灰原「だったら」カチャ

灰原は拳銃を構えた

阿笠「な、な、何をする気じゃ!?哀くん!」

灰原「そのアナルから円谷君本体を攻撃するわ!ウンコが出るってことはその穴に銃弾が入ったら円谷君の直腸にいくはずよ」

阿笠「よ、よすんじゃ!!」

灰原「なんでよ?」

阿笠「不可逆なんじゃ!!」

灰原「!?」

阿笠「わしのウンコは、わしでなく光彦君のウンコになるが、このアナルにものを入れても光彦君ではなくわしの直腸に行くんじゃ!」

灰原「つまりあたしが銃をうったら?」

阿笠「光彦君のかわりにわしが死ぬ」

灰原「なによ!!その博士の発明みたいな交換!!全く人騒がせにもほどがあるわ!光彦のやつ!!!」

阿笠「……」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 21:11:36.30 ID:sV7MaMkM0
光彦家

光彦「はぁ……はぁ…フン!!!」

光彦はトイレで踏ん張っていた
 

昨日

光彦「先生!!なんとかしてください!!」

新井出「どうにかっていってもね」  


光彦母「なんとかなりませんか?」

新井出「便意のない排便に下痢ですか。」

光彦「先生!!このままじゃ僕……」

光彦母「どんな薬でもいいです!!お願いします!」

新井出「試作段階ですが、偶然にも2つの症状を抑える薬あります。」 

光彦「!!」

新井出「ですが、まだ試作品。用法用量を守って服用してくれるのなら、お出しします」

光彦母&光彦「お願いします!!」

新井出「わかりました!」



26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 21:20:45.27 ID:sV7MaMkM0
昨日の光彦家(時系列的には博士が灰原に嫌われた後)

ブリッ!!

光彦「!?」

光彦母「薬は食後だったわね」

光彦「」モグモグ
 
光彦母「な、何やってんの!?」

光彦は博士のウンコを食った

光彦「これも食事ですよ。さあ、薬を!」

光彦母「た、たしか1回1袋……」

光彦「わかりました!」ドサーッ!!

光彦母「な、何やってるの!?」

光彦「1袋って……」

光彦母「紙袋一つ分っていみじゃないのよ!小分けされてるでしょ!!」

光彦「あ!!」

光彦母「全く……またトイレ行ってなさい。食事は、運んであげるから」

光彦「ありがとうございます」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 21:27:14.60 ID:sV7MaMkM0
現在の阿笠邸

灰原「博士!尻を出しなさい!」 

灰原は、包丁を手にしていた
 
阿笠「やめるんじゃ!!」

灰原「どうして?」

阿笠「アナルを切ったところで意味はないぞい!金太郎飴のように切断面が光彦君のアナルになるんじゃ!!」

灰原「つくづく博士の発明だわ!!いやらしいったらありゃしない!!」

阿笠「……」グス

阿笠「!!そうじゃ!!これじゃ!!」

博士は全裸で走り出した!!

灰原「ちょっと!!どこいくの!?」


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 21:33:29.85 ID:sV7MaMkM0
阿笠邸屋上

阿笠「ここが1番高いな」

灰原「どうする気?」

阿笠「光彦君の家はこっちの方角じゃな」

博士は光彦家の方へ尻を向けた

灰原「ま、まさか!?」

阿笠「そうじゃ!!光彦君のウンコで光彦家を狙い光彦君を倒すんじゃ!!」

灰原「ム、無理よ!!」

阿笠「これならどうじゃ?」ギュ

博士は光彦のアナルを両手で締め付けた!

灰原「!?」

阿笠「哀くんにも見せてやるぞい!昔ビーダマン少年の部(12才以下)で優勝したわしの力を!!」


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 21:49:12.24 ID:sV7MaMkM0
新井出邸
 

新井出「なんだって!?あの薬に欠陥が!?」

研究者「ええ。大量摂取したマウスが爆発しまして」

新井出「人間ではどれくらいなんですか?」

研究者「三日で100袋ですかね。子供は60袋です」

新井出「アハハハ……そんなもの欠陥とはいわないよ!あれは、子供が食後に1袋、大人が二袋さ。単純計算で1回10袋なんて普通しないよ」

研究者「確か昨日、処方したんじゃ……」

新井出「ええ。明らかに下剤を飲んだような便をしていからね。本人が飲んでないとすると、誰かに気付かれないよう飲まされたと考えるべきだろう」

研究者「そ、それって!?」

新井出「いじめの可能性がある。この問題はデリケートだからね。念のためといって100袋ほど処方したよ」  


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 21:53:49.22 ID:sV7MaMkM0
光彦家

ビリリリ

光彦「まだ下痢が治りませんか」

光彦「こ、こうなったら、こっそりもってきた30袋!一気に飲みます!!」ゴクゴク

光彦「うひょおおおおおおおおおおお!!!な、何かで、でますよ!!!!」

光彦は、最後の踏ん張りで一気にひねりだした!!!その反動で光彦は爆発した


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 22:01:36.04 ID:sV7MaMkM0
阿笠邸

阿笠「さあ!!来い!!光彦君!!」

灰原「博士……」

阿笠「!?な、なんじゃ!?アナルが高速振動しだした!?」 

灰原「博士!!」

阿笠「光彦君め!!最高のウンコを出すつもりじゃな!!受けて立つわい!!」

阿笠「ウッ!!!」

光彦の爆発は、光彦のアナルを通して博士までも爆発させた!

そして光彦の最高のウンコは、博士のしめうちと爆風の相乗効果により一気に重力圏を突破した!
これが、次のビッグバンのトリガーになったことは人類には知るよしもなかった


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 23:06:11.08 ID:sV7MaMkM0
灰原「す、すごい爆発だったわ!!博士!!」  

服部「せやかて!工藤!」

灰原「あ、あなたは大阪の!?」

服部「あのじいさんならおらんで!」

灰原「ど、どうして!?」

服部「俺の召喚条件みたしてもうたからな。」

灰原「あ、あなたは一体?」

服部「服部浩二とは仮の姿。オレは他人のアナルの爆発に巻き込まれて死ぬことにより召喚される神、アナル神コウジや!!」

灰原「な、なんですって!?」

服部「さあ!神召喚のボーナスや!なんでも願い叶えさせたる!死者を生き返すこともできるで!!」

灰原「な、なんでも……」

服部「願い増やす以外ならな」

灰原「だったら…」

服部「だったら?」

灰原「15才のあたしの胸をiカップにして!」

服部「お安いご用や!!エエデ!クドー!」

服部「これで姉ちゃんの未来はグラマー美女や!」

灰原「ありがとう。でも、あなたはこれからどうするの?」

服部「さあな。この世界での役目が終わったから別の世界へさまよいそうやな。おおきに」

灰原「こちらこそおおきに」


その後、伝説のグラマー美女!灰原哀が誕生し、世の男を魅了した。


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 23:11:39.94 ID:sV7MaMkM0
終わりです。


最近、薬物問題が増えています。麻薬や危険ドラッグには手を出してはいけません。
また、市販の薬や処方された薬も正しい用法用量を守らないと体を壊します。
体が悪いときこそ、ゆっくりあせらず治してください。 
また、自分の体を大切にしてください。他人の羨ましい部分もありますが、逆に自分の体の特徴を理解し、長所も短所も生かせるように努力しましょう。


最後に、私は巨乳フェチです。
おすすめのav女優を教えてください。


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 23:15:23.56 ID:Wx0n0bAyo
クソワロタ


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 00:47:55.29 ID:1liWmiiNo
こうじって誰だよ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431790327/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「コナン」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2015/08/10(月) 13:24:19

    平次な


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ