Powered By 画RSS


ハルオミ「プロジェクトクロスゾーン?」

2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 22:01:59.09 ID:6Hz0XSe20
【アナグラ】

コウタ「……という訳で今夜は無礼講だ!みんな飲んじまえ!」


ワーーーッ!


ブラッド1「……」

リンドウ「よお、飲んでるか?……っと隣にいる奴は誰だ?」

ハルオミ「俺だよ。ちょっと話をしてたんだ」

リンドウ「そうか」







3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 22:08:01.71 ID:6Hz0XSe20
ブラッド1「……!」

ハルオミ「…やっぱりお前もか。俺もそう思ってたんだよ」

リンドウ「……」

ブラッド1「……」

リンドウ「んどうした?……何?何か面白い話をしろって?」

ハルオミ「あんたのことだからきっと凄い武勇伝を持っているんじゃないかとこいつは思っているぜ」

リンドウ「しかしなあ。俺の武勇伝なんであんまり……まてよあれがあったな」

ブラッド1「……?」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 22:15:05.59 ID:6Hz0XSe20
リンドウ「……っていう話なんだが」

ブラッド1「……!」

ハルオミ「へえ、過去に飛んだ話ねえ……」

リンドウ「まあ、正確には過去だけじゃなくてパラレルワールドの世界からきた奴やらゲームの世界からやってきた奴もいたなあ」

ブラッド1「……」

リンドウ「ん?そんなこと話してもいいかって?まあアレ以来そういう事が起きなくなったから大丈夫じゃないか?」

ソーマ「リンドウ。少し話がある」

リンドウ「おっと及びか。じゃ楽しんでくれ」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 22:24:02.67 ID:6Hz0XSe20
ハルオミ「異世界ねえ……」

ブラッド1「……」

ハルオミ「お、やっぱりお前も同じ事考えていたか。自由に異世界に行けたら俺たちの聖なる探索ももっと先に進めそうだよな」

ブラッド1「……」

ハルオミ「え、そっちじゃない?異世界からアラガミを倒す技術を得られるかもしれないって?真面目だねえ」

ブラッド1「……」

ハルオミ「おっと少し席を外すぜ」



6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 22:29:13.62 ID:6Hz0XSe20
【トイレ】


ジャアアア………


ハルオミ「……ふう。よし隊長以外にも聖なる探索に誘おうかな」

バチバチッ

ハルオミ「……ん?なんの音だ?」

グニョオオオン……

ハルオミ「なっ、空間が歪みやがった?……くそっ、吸い込まれる!ウオオオオオッ!?」





7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 22:38:41.22 ID:6Hz0XSe20
ドスンッ

ハルオミ「……いてて。一体何が起こったんだ?」

「キシャーーーッ!」

ハルオミ「うおっ!?なんだこの化け物?アラガミか?」

「キシャーーーッ!」

ハルオミ「チッ、こっちは神機を持っていないだぜ?勘弁しろよ!」

「女神の腕輪!」

「グエーーーーッ!?」

ハルオミ「おお?誰かが倒したみたいだな」

「大丈夫か?こんな所に人間がいるとは思わなかったぞ」

ハルオミ「助けてもらって悪いな。どちらさんだ?後ここはどこなんだ?」

アーサー「私はアーサーと言う。そしてここは魔界村という所だ」

ハルオミ「魔界村?」






8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 22:45:06.29 ID:6Hz0XSe20
ハルオミ「カクカクシカジカ」

アーサー「なんと?リンドウ達と同じ世界からやってきたというのか?」

ハルオミ「そういう事。あんたはなんでこんな所に?」

アーサー「姫が連れさらわれてな。今助けに向かっている所だ」

ハルオミ「なんだったら俺も付いてってもいいか?」

アーサー「うむいいぞ。このまま戻るのはちと面倒だからな……」

「キシャーーーッ!」ドンッ

アーサー「グオッ!?くそっ不意を突かれるとは」

ハルオミ「おいおいあんたの鎧一撃で砕けたぞ。大丈夫か?」

アーサー「心配ご無用!何故ならどんな攻撃でも一撃で壊れてしまうからな!」







9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 22:51:46.48 ID:6Hz0XSe20
ハルオミ(しかし攻撃を受けると砕ける防具か……。これをうまく使えば女性の服にも使えそうだな。そしたら……)

アーサー「ハルオミ殿?」

ハルオミ「ん?おお、どうした?」

アーサー「ここから先姫が囚われてる城です。覚悟はよろしいか?」

ハルオミ「こっちはいつでもいいぞ」

アーサー「よしそれなら……ん?なんだか雲行きが悪くなって……」

グニョオオオン………

ハルオミ「こ、こいつはさっきの!……くそっ、また吸われて!」

アーサー「は、ハルオミ殿!?」

ハルオミ「ウオオオオオッ!?」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 22:56:47.86 ID:6Hz0XSe20
ガシャーン!

ハルオミ「イテッ!今度はどこに落ちたんだ?」

「きゃあ!何?突然人が降ってきた?」

「ヴァシュロン。これが依頼人か?」

「いや、依頼人は女性だったはずだが……大丈夫かお前?」

ハルオミ「ああ、今度は一体誰なんだ?」

「そういうあんたは誰っ……!

ハルオミ「お、お前は!」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 23:02:26.14 ID:6Hz0XSe20
【2人の精神世界的な何か】

「出会っちまったか……」

ハルオミ「ああ、出会っちまったな」

「一目見ただけで分かった。お前は俺と同類だ」

ハルオミ「そうだな。……名前がまだ聞いてなかったな」

ヴァシュロン「俺はヴァシュロン。降った女は星の数ってな。……お前は」

「真壁ハルオミ。聖なる探索者さ」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 23:07:47.95 ID:6Hz0XSe20
ヴァシュロン(ヴァシュロンダンス中)

ハルオミ(同上)

ハルオミ「……俺の今までムーブメントはっ!」

ヴァシュロン「ニーハイ!低露出!生足!そして胸っ!」

ハルオミ「正解!」

ヴァシュロン「目の前には二つのグレネード。お前ならどうする!」

ハルオミ「そんなもの、俺のビッグマグナムで狙い撃つぜぇ!」

ヴァシュロン「それが正しい!」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 23:09:39.20 ID:6Hz0XSe20
【現実】

ヴァシュロン「……よく来た相棒!」ガシッ

ハルオミ「おうともよ!親友!」ガシッ

「何々?ヴァシュロンのお友達?」

「いや、多分違うと思う」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 23:16:55.54 ID:6Hz0XSe20
【ヴァシュロン達の家】

ゼファー「リーンベル早くしろよ」

リーンベル「ま、待ってよゼファー!……あのこれってデート?」

ゼファー「なっ!ち、ちちちちげーし!ヴァシュロンに頼まれてお使いに行くだけだろ!」

ハルオミ「初々しいな」

ヴァシュロン「ああ、全くだ。所でひとつ相談があるんだが」

ハルオミ「なんだ?」

ヴァシュロン「いや、うちのチンベルちゃんのことなんだがな」

ハルオミ「いや、もう分かった」

ヴァシュロン「なるほど流石相棒。念のためにせーので言おうか。……せーのっ」

「「土地が枯れている」」

ヴァシュロン「……」ガシッ

ハルオミ「……」ガシッ


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 23:30:08.01 ID:6Hz0XSe20
ヴァシュロン「でその枯れた土地をどうにかしたいんだがどうすればいい?」

ハルオミ「……馬鹿野郎!」テッザンコー


ヴァシュロン「うおっ!」321 8

ハルオミ「みそこなったぞ親友!女の魅力が胸だけと思うなんて10年早いんだよ!確かにリーンベルは枯れた土地だ。パイナップルもぶどうも育たん。が枯れた土地でも育つ作物もあるっ!」

ヴァシュロン「例えば?」

ハルオミ「ジャガイモやサツマイモ。つまり根茎の部分。そこがリーンベルの魅力だっ!」

ヴァシュロン「根や茎?……そうか!足!足か!」

ハルオミ「そうだ!根だ。どんな肥沃な土地でも根がしっかりしていないといずれ枯れてしまう!その分リーンベルの根は芸術といってもいい素晴らしさだ!どんな料理でも素晴らしくなる」

ヴァシュロン「おお!」





17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 23:36:05.54 ID:6Hz0XSe20
ヴァシュロン「で、その根の部分を美しく見せるためには……」

ハルオミ「心配するな。似たようなタイプ(エリナ)を知っているから俺がなんとかする。服屋はどこだ?」

ヴァシュロン「それなら近くだ」

ハルオミ「よし善は急げだ!行くぞ!親友!」

ヴァシュロン「おうよ!相棒!」

リーンベル「……」

ハルオミ「……」

ヴァシュロン「……あ」

リーンベル「ふんっ!」

バチイイイイイン!
バチイイイイイン!

ゼファー「うわ、痛そ」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 23:42:20.45 ID:6Hz0XSe20
ゼファー「はあ!?飲みに行く?仕事どうすんだよ?」

ヴァシュロン「そんなもんキャンセルだ。相棒と語ることが大事だからな!」ビンタ跡

ハルオミ「そうさ!朝まで語ろうぜ親友!」ビンタ跡

バチバチッ

ハルオミ「なっ!まさか……」

グニョオオオン………

ハルオミ「くそっ!おい親友!お前といた時間楽しかったぜーっ!」

ヴァシュロン「あ、相棒ーーーッ!」

リーンベル「あ、行っちゃった」

ヴァシュロン「……よし!仕事だお前らバリバリ働けよ!」

ゼファー「切り替え早っ!」








19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 23:46:06.90 ID:6Hz0XSe20
ドッ

ハルオミ「今マジでやばい落ち方したぞ……」

「君!大丈夫か!桜くん救急箱を!」

「はい!」



20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 23:54:53.54 ID:6Hz0XSe20
ハルオミ「う……こ、ここは!」

「大丈夫かい?突然頭から落ちできたからびっくりしたよ」

ハルオミ「悪いな。名前を聞かせてもいいか?」

大神「ああ、いいよ。僕は大神一郎。帝国歌劇団の支配人をしているんだ」

ハルオミ「帝国歌劇団?確かリンドウが入っていたような……」

大神「リンドウさん?ということは君は別の世界から……」

ガチャ

「大神さーん!大丈夫ですか?」

「だから大神さんは怪我をしてませんてば!」

大神「さ、さくらくん、エリナ君。それにみんな……」

ハルオミ「ひいふうみい……13人もいるな」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/16(土) 23:59:36.02 ID:6Hz0XSe20
【帝国歌劇団】

ハルオミ「そういえば聞いた話なんだが誰かが『本当にさくら一筋なのか?』っ言ってたような……」

大神「いっ!?は、ハルオミ君みんながいるんだからそんなことを言わなくても……」

さくら「大丈夫ですよ。なんせ私一筋ですかね。ねっ、大神さん!」ギュウウウウ

大神「イテテテ!さくら君背中をつねらないでくれっ!」

ハルオミ(隊長でも勝てなさそうだなこの人は)



22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:05:10.44 ID:ru9HRR5B0
大神「おっと!そろそろ夜の部の公演の時間だ。ハルオミ君悪いけどここで待ってくれないかい。みんな、急いで!」

エリナ「はーい、大神さん」

さくら「巴里歌劇団と協力してやる初めての事ですからね!気合入れないと!」

ダッダッダッ……

ハルオミ「やれやれ13人も好意を持たれるなんて上には上がいるもんだ」

グニョオオオン………

ハルオミ「またかよ。こっそり劇を見たかったっていうのにな」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:09:45.18 ID:ru9HRR5B0
スチャッ

ハルオミ「今度は綺麗に着地したっと」

「待てい!」ガシッ

ハルオミ「イタッ!今度はなんだ?突然抑え込まれたぞ?」

「このままワシに放り投げい零児!儂のシャオムウ固めでダウンじゃ!」

ハルオミ「こりゃプロセス会場にでも紛れ込んだのかねえ……」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:15:53.03 ID:ru9HRR5B0
零児「……すまない。ここに沙耶の協力者がいると聞いてたんだが」

小牟「どうやら空振りだったようじゃの」

ハルオミ「おおっ、これは……」

小牟「なんじゃ?儂の顔になんかついているのか?」

ハルオミ「……今の俺のムーブメントらケモミミチャイナ服だっ!」

小牟「ほう……お主も聖なる探索者か。ここで同類にあうとはのお」

零児「なんの話か俺にはさっぱりわからん」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:24:11.34 ID:ru9HRR5B0
ハルオミ「まさか女性の探索者がいるとはな。お前のムーブメントはなんだ?」

小牟「ふっふっふっ、今の儂のムーブメントはギル×ハルじゃ!」

ハルオミ「へえ、ギル×ハルねえ……えっ」

小牟「二人とも大事な人をなくし半ば自暴自棄になったギルを慰めるためにはハルが無理矢理ベットに引き込むが若く乱暴なギルに負けて受け身になるハル。……うむやはり暴れん坊後輩攻めの先輩受けはええのう」

ハルオミ「ぐおおおっ!?」

小牟「何?もっと聞きたい?仕方ないのお。ギルは……あいたあ!?いきなり尻を叩くでない!零児!」

零児「腐狐の話を聞く俺たちの身になれ」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:31:08.26 ID:ru9HRR5B0
零児「お前のその腕輪リンドウ達の世界の人だな?」

ハルオミ「おう、前にもこういう事があったのか?」

小牟「そうじゃ。というか儂らそれで飯食っとるからもう何度も。アクの強い連中をまとめ上げるのは大変じゃて」

零児「お前がその筆頭なんだがな……ゆらぎがかなりの頻度で起こっているからたまたま巻き込まれたんだろうな」

小牟「まるで続編が始まりそうじゃのお。具体的にはプロジェクトナントカー2とか」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:35:22.54 ID:ru9HRR5B0
ハルオミ「はざまねえ。それを自在に出す事はできないのか?」

小牟「そいつは無理じゃな。じゃが今回はなんやかんやがあってはざまの先がどんな世界なのかわかるのじゃ。まあ、ぶっちゃけご都合主義ってやつじゃな」

零児「という事だ。お前が元の世界に戻れるように手伝おう」

ハルオミ「悪いな」



28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:40:01.33 ID:ru9HRR5B0
【アナグラ】

ソーマ「ハルオミは何処に行ったんだ?」

アリサ「どうせ女の子のナンパをしてるんじゃないんですか?」

リンドウ「まあ、それだったらいいんだけどな」


バチバチッ

リンドウ「……この感じは!おいソーマ、アリサ気をつけろよ!」

ソーマ「あれか……研究出来ないかと思ったんだが無理だったな」

アリサ「何か来ます!」

ハルオミ「よお、久しぶり」

3人「「「 」」」


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:49:20.31 ID:ru9HRR5B0
ギル「酔っ払って嘆きの平原に行くなんてアホじゃないのか?」

ハルオミ「悪い悪い。ウォッカなんてそんなガブガブ飲むもんじゃないな」

ソーマ(いいか俺たちの時はともかくお前が別世界に行ったとなるとあちこちに説明するのが面倒だから酔っ払ってどっかいったことにしろ)

ハルオミ(と言われたからそういうことにしておこう)

ブラッド1「……」

ハルオミ「……何処か成長した感じかするって?おう!確かにしたな。どうだお前の部屋でその話をしてやろうか?」

エリナ「先輩!アラガミがアナグラに向かって多方向から攻めてきてる!出撃出来るのは全員出撃だって!」

ブラッド1「……」

ハルオミ「まあとりあえずアラガミを倒してから話そうか。ダメージを受けると服が破けた奴の話はどうだ」

ブラッド1「……!」

ギル「……アホなこと言ってないでとっとと行くぞ!」



30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:55:16.62 ID:ru9HRR5B0
ナナ「うう、今日に限って神機の調整中だなんて」

シエル「仕方ありません。帰ってくるまでにラウンジの片付けをしましょう」

ナナ「ところでなんでこんな騒ぎやってたんだっけ?」

バチバチッ

シエル「……何でしょうか?何か変な音がしましたね」

ナナ「えーっ!?何も聞こえなかったけど?」

ギュウウウウン!

シエル「えっ空間に穴が?」

ナナ「うわわっ!?吸い込まれる!」

グニョオオオン………

シエル「きゃあっ!?」

ナナ「うわーーーっ!?」



〈終わり〉


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 00:57:29.08 ID:ru9HRR5B0
色々と雑ですまんな。

プロジェクトクロスゾーン2 2015年秋発売予定!

ゴッドイーターから香月ナナ、シエルアランソン登場確定!

ハルオミは知らん


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/17(日) 10:07:24.30 ID:RODxg7fdo


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431780833/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ