Powered By 画RSS


殺し屋「半殺しにはしたんですから報酬半額くださいよぉ!」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 01:30:50 ID:GEIgcaAo
男「ま、待ってくれ……!」

男「私には妻も子もいるんだ、殺さないでくれぇっ!」

殺し屋「そりゃね? アンタだって色々事情はあるんだろうさ」

殺し屋「だけどさ、俺も仕事だからさ」

殺し屋「どりゃっ!」ブンッ

ガツンッ!

男「ぐはっ!」ドサッ

殺し屋「よぉ~し、今日こそ間違いのないよう、念入りにトドメを刺しとこう」

ガッ! ドカッ! ガツンッ!

殺し屋「こんなとこでいいかな」

殺し屋「……うぅ~、人を殴るこの感触にはどうも慣れんわ」




2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 01:33:10 ID:GEIgcaAo
殺し屋「さぁってと、あとは依頼人に報告して、報酬をいただきますか」

殺し屋「──ん?」



男「う……」ピク…



殺し屋「今、なんか動いたような……?」

殺し屋「気のせいだよな、うん、気のせいだ、きっと!」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 01:36:04 ID:GEIgcaAo
……

……

……

依頼人「…………」

殺し屋「どうしたんすか、依頼人さん。黙っちゃって」

殺し屋「仕事はキッチリバッチリこなしましたぜ!」

依頼人「なにをいっている! なにがキッチリバッチリだ!」

殺し屋「え」

依頼人「あの男は生きていやがったんだよ!」

依頼人「ようするに、キサマは失敗したんだ! どうしてくれるんだ!」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 01:39:12 ID:GEIgcaAo
殺し屋「ま、まぁいいじゃないですか」

殺し屋「なにも殺すほど悪いことはしてなかったでしょ、あの人」

殺し屋「俺、けっこう分かるんですよね、そういうの」

依頼人「そんなことはキサマが決めることではない!」

殺し屋「それは……そうなんですけどね」

依頼人「キサマはもう用済みだ! とっとと失せろ!」

殺し屋「わ、分かりました……分かりましたよ……」

殺し屋「だけど……」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 01:43:42 ID:GEIgcaAo
依頼人「なんだ!?」

殺し屋「ほら、報酬の件なんですけど……」

殺し屋「半殺しにはしたんですから、報酬半額くださいよぉ~!」

依頼人「…………」ピクッピクッ

依頼人「ふざけるなッ!!!」

殺し屋「!」ビクッ

依頼人「キサマのせいで、こっちはいらぬ苦労をかけさせられてるんだ!」

依頼人「キサマが仕留め損ねたアイツの追跡は、もう困難だろうしな……!」

殺し屋「す、すんません……」

依頼人「ったく……」スタスタ…


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 01:47:32 ID:GEIgcaAo
殺し屋(ハァ~、またやらかしちった)

殺し屋(だけど、あの依頼人もケチだよな)

殺し屋(半殺しにはしたんだから、半額払ってくれてもいいじゃんか……)

殺し屋「──ん?」

黒服A「待ちな」ザッ…

殺し屋「なんだ、お前ら?」

黒服A「使えない道具を始末しに来たんだよ。あの方の命令でな」

黒服B「それに、あの方が殺し屋に依頼したこと自体、どこかに漏れては困るのだ」

黒服C「ようするに、口封じというやつだ」

殺し屋「なんだよ……どっちにしろ俺のこと殺すつもりだったんじゃん……」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 01:49:35 ID:GEIgcaAo
……

……

……

黒服A「う、うげぇ……げぇっ……」

黒服B「が、は……」ピクピク…

黒服C「うう……う……」

殺し屋(三人とも、かろうじて息はあるみたいだな)

殺し屋「俺はしくじったけど、アンタらも俺に襲いかかってきたから」

殺し屋「これにておあいこってことで! それじゃ!」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 01:52:53 ID:GEIgcaAo
アジト──

殺し屋「ハァ~……」

ベテラン「またダメだったのか」

殺し屋「またダメでした……すんません、おやっさん」

殺し屋「ったく半殺しにはしたんだから、半額くれてもいいでしょうに……」

ベテラン「くれないに決まってるだろ、そんなもん」

ベテラン「たとえば今オレが食ってる、このコンビニ弁当」

ベテラン「もし、これになんらかのミスで具が半分しか入ってなかったとして」

ベテラン「半分は入ってたから半額は払う、なんて奴はまずいないだろ」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 01:55:47 ID:GEIgcaAo
殺し屋「あ~あ、俺って殺し屋向いてないのかなぁ」

殺し屋「せっかくおやっさんに仕込んでもらったのに……」

ベテラン「そんなことはないと思うが──なっ!」シュッ

殺し屋「うおっ!」パシッ

殺し屋「も~う、いきなりナイフ投げつけるのやめて下さいよ」

ベテラン「相変わらず、いい反応だ」

ベテラン(オレがナイフに手をかけた瞬間には、すでにコイツは反応していた……)


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 01:58:04 ID:GEIgcaAo
殺し屋「なんとか結果残さなきゃなぁ」

殺し屋「このままじゃ失敗のことが知れ渡って、この世界で食っていけなくなっちゃう」

ベテラン(昔、コインロッカーに捨てられていたコイツを拾ってから)

ベテラン(もうどのぐらいになるか……)

ベテラン(コイツの“素質”はオレよりも遥かに上だ)

ベテラン(にもかかわらず、コイツは仕事に失敗しまくっている)

ベテラン(オレは……間違ったことをしてしまったのかもしれんな……)


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 02:00:44 ID:GEIgcaAo
ベテラン「……なぁ」

殺し屋「なんです?」

ベテラン「どうもお前にゃ、殺しってのが向いてないらしい」

ベテラン「殺し屋がダメなら、いっそ“半殺し屋”でもやってみたらどうだ?」

殺し屋「おおっ、そいつはいい!」

殺し屋「そうします! おやっさん、俺は半殺し屋になるよ!」

ベテラン「…………」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 02:04:06 ID:GEIgcaAo
……

……

……

青年「ひ、ひいっ! ぼくをどうする気だ!?」

殺し屋「アンタ、ネット上で結構悪さしてきたんだってな。だから殺す」

青年「ひえええ~っ!」

殺し屋「いや……そうじゃなかった。安心してくれ」

青年「よ、よかった……」ホッ…

殺し屋「殺すんじゃなく、半殺しにするんだった」

青年「えええええっ!?」

ドゴォッ! ベキッ! メキャッ!


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 02:06:15 ID:GEIgcaAo
青年「…………」ピクピク…

殺し屋「…………」チラッ

殺し屋「お~、バッチリ! いい感じに半殺しにできた!」

殺し屋「これなら報酬、バッチリもらえるよな!」

殺し屋(おやっさん……俺、やっと天職を見つけられたよ!)


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 02:09:29 ID:GEIgcaAo
アジト──

殺し屋「おぉ~い、やっと報酬をもらえたよ! おやっさ──ん!?」

ベテラン「うぐ、ううう……」

殺し屋「お、おいっ! 血だらけじゃねえか、しっかりしろ!」

ベテラン「オレとしたことが……待ち伏せされて……やられた……」

ベテラン「ありゃあ……かつてオレが仕留めた標的の兄弟分かなにかだろう……」

ベテラン「こんな稼業の人間の……宿命ってやつ、だな……」

殺し屋「おやっさん、すぐ闇医者に連絡する!」

ベテラン「いや……オレはもう、助からん……」

ベテラン「それより……聞いて、欲しいことがある……」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 02:13:26 ID:GEIgcaAo
ベテラン「オレは……お前を……」

ベテラン「同じ道に引き込んだことを……ずっと、後悔してた……」

ベテラン「まだ人を殺っちゃいねえお前なら……まだ……やり、直せる……」

ベテラン「オレが死んだら……今からでも遅くはねえ……」

ベテラン「こ、殺し、なんか……しないような道を……」

殺し屋「お、おやっさん……!」


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 02:16:14 ID:GEIgcaAo
殺し屋「ま、まだだ!」

ベテラン「なにを……!?」

ベテラン「この出血では……助からん……。オレには分かる……」

殺し屋「そんなの、そんなの、わかんねえだろ!」ベチャ…

殺し屋「血を少しでも戻して……傷を、なんとか縫って……」ベチャ…

ベテラン(まったく……メチャクチャしやがる……)

ベテラン(だが、オレは……)

ベテラン(お前の……そういうところが、気に入って……いた……)ニヤ…

ベテラン「…………」ガクッ

殺し屋「お、おやっさぁぁぁぁぁんっ!!!」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 02:19:59 ID:GEIgcaAo
……

……

……

ベテラン「──ん」

ベテラン「ここは!?」ガバッ

闇医者「おお、気づいたかね。ここはワシの医院じゃよ」

ベテラン「ア、アンタは……闇医者!」

ベテラン「さすがだな……」

ベテラン「オレの見立てでは、オレはもう確実に死ぬと思っていたが……」


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 02:23:35 ID:GEIgcaAo
闇医者「そう、その見立ては正しかった。アンタはまちがいなく死ぬところじゃった」

闇医者「なのにこうして生還できたのは……彼のおかげじゃよ」

ベテラン「彼……?」

闇医者「アンタをここまで運んできた、後輩じゃよ」

闇医者「彼の応急処置はメチャクチャだったが、なぜか──」

闇医者「瀕死のアンタを“半分生きてる”ぐらいにまで回復させていた」

闇医者「彼がいなければ、今頃ワシはアンタの死体を処理しとるとこじゃった」

ベテラン「…………!」


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 02:26:38 ID:GEIgcaAo
バタンッ!

殺し屋「おお、おやっさん! 生きてたか!」

殺し屋「よかったぁ~……!」ウルッ…

殺し屋「ところでさ、こないだはいいそびれちまったんだけどさ!」

殺し屋「半殺し屋は俺の天職だよ! まちがいねえ!」

ベテラン「……いや」

ベテラン「お前の、本当の天職は──」

……

……

……


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 02:30:05 ID:GEIgcaAo
その後──



闇医者「うへぇ~、すげえ患者が運ばれてきたわい! おい、出番じゃぞ!」

元殺し屋「お、どのぐらいすごいんだ!?」

闇医者「銃弾を十発ぐらい浴びて、なんつうかもうほとんど死んどる!」

元殺し屋「生きてるなら大丈夫だ! 死んでても場合によっちゃ大丈夫だ!」

元殺し屋「この俺が、必ず半分生きてるぐらいのとこまでバッチリ回復させてやる!」

元殺し屋「軽傷の患者はかえって酷い目にあわせちまうから、勘弁だけどな!」







おわり


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 03:09:13 ID:EBPV78qw

タイトルで笑っちゃったのに良い話だった
発想勝ちだな


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 08:03:44 ID:g74wpXpo

いいオチ


26 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/22(金) 09:37:21 ID:Z.6sNR8c


天職ですな


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1432225850/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ