Powered By 画RSS


日野茜「沈黙のアイドル選手権?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:25:33.20 ID:ejFT5TN00
茜「ってなんですか!?」

P「言葉の通り」

茜「沈黙、つまり静かにしてればいんですか!?」

P「うん」

茜「すごく大変そうです!」

P「そだね。それ、日野君エントリーしてるから」

茜「はいっ!頑張りますっ!」

茜「…えっ!?」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:27:38.77 ID:ejFT5TN00
P「しゅーろく明日だからよろしくー」

茜「ちょっとプロデューサーさん!」

P「はいよ」

茜「ホントですか?」

P「うんホント」

茜「静かにするだけ?」

P「サイレントするだけ」

茜「…何が楽しいんですか!?」

P「俺にもわからぬ」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:29:03.46 ID:ejFT5TN00
茜「静かに…静かに…」

P「すごい黙り方だ」

茜「これは特訓、特訓だと思えば!」

P「失敗しそうだなぁ」

茜「プロデューサーさん、見ていてください!」

P「あいよ」

茜「私の沈黙をっ!!!!!!」

P(言葉の意味知ってるのかなぁ)


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:30:07.66 ID:ejFT5TN00
P「と、いうわけで」

P「沈黙のアイドル選手権です」

P「司会進行は当プロダクションで本日唯一暇だった私と」

森久保乃々「たまたま近くに居た森久保ですけど…」

P「ギャラは出るんでここは一つ」

乃々「はい…あんまり頑張りませんが…」

P「森久保君はぶれないね」

P「さてこの番組は、アイドルたちがどれだけ黙っていられるか、を競い合うものとなってます」

乃々「ニッチです…」

P「まぁネット配信だからね」

P「ではでは時間も無いので選手入場をば」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:31:16.83 ID:ejFT5TN00
P「先ずはこの子。本企画のメインとも言うべきアイドル」

P「彼女の辞書に沈黙の二文字は記してあるのか」

P「個人的にはそのページだけ読んでない気がします」

P「元気百万倍アイドル、日野茜です」

茜「みなさんこんにちはぁーーーーっ!」

茜「日野ッ、茜ですっ!」

P「はい元気でよろしい」

茜「ありがとうございます!」

P「森久保君、目が点になってる」

P「分かる、俺も今超不安」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:32:31.37 ID:ejFT5TN00
P「収録始まる前に終わるんじゃない」

茜「ふふ…そんなことを言っていられるのも、今のうちです」

P「おおみなぎる自信だ」

茜「期待していてくださいっ!」

P「はーい、じゃあ別室でスタンバイお願いします」

茜「よろしくお願いしまーす!」

P「……わぁ、何に期待すればいいんだ」

乃々「あの…」

P「はいな」

乃々「帰る準備をしても…」

P「いいかもね」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:33:30.44 ID:ejFT5TN00
P「では次」

P「日野君は部屋の平均温度上げるけど」

P「この子は居るだけで部屋が明るくなる気がします」

P「天真爛漫の擬人化、野々村そらです」

野々村そら「はろはろ~☆そらちんだよー☆」

P「はいよろしく」

そら「おねがいしまーす☆」

乃々「よろしくお願いします…」

そら「あ、乃々ちんだ!」

乃々「そうです…私が乃々です…」

そら「そうだね☆」

P「☆とは一体」

そら「んー?」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:34:26.04 ID:ejFT5TN00
P「では別室へどぞー」

そら「おけおけー☆」

P「…時に森久保君」

乃々「はい」

P「これ、どうなると思う?」

乃々「尺が余るのが心配です」

P「そうだね」

P「ネット配信とはいっても本編二、三分というのはね」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:35:13.31 ID:ejFT5TN00
P「ほんじゃ三人目」

P「なんとここからおしとやか枠」

乃々「え…?」

P「あ、台本読んでるだけなんで選考理由は全く分かりません」

P「司会含めて行き当たりばったりの番組です」

乃々「私が司会の時点で…」

P「野となれ山となれすな」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:36:07.70 ID:ejFT5TN00
P「ではでは改めて」

P「見た目はクール、頭脳はおじさん」

P「求めるは秘境の温泉地」

P「ご存知高垣楓でございます」

高垣楓「はいこんにちは~」

楓「今日は沈黙で、ちゅんもくを集めちゃいますね」

P「あーっはっは」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:36:43.32 ID:ejFT5TN00
楓「では行ってきまーす」

P「はいはいー」

乃々「…滑っても、堂々としてますね」

P「高垣君はダジャレ言うことに満足してるから」

乃々「なるほど…」



12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:37:53.61 ID:ejFT5TN00
P「四人目」

乃々「次のおしとやかな人は…」

ヘレン「私よ」

P「わっ」

乃々「えっ」

ヘレン「グッドモーニンエブリワン」

P「昼ですが」

ヘレン「新しい朝が来ただけのことよ」

乃々「はぁ……」

ヘレン「乃々、ネガティブは磨いているかしら」

乃々「何も…してませんけど…」

ヘレン「そう、ありのままが貴方よ!」

乃々「はい」

P(ああっ森久保君が遠い目を)


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:38:43.29 ID:ejFT5TN00
P「沈黙のアイドル選手権ですからね」

ヘレン「沈黙。カーニヴァルを楽しむためのスパイスね」

P「そういうことでいいです」

ヘレン「聞かせてあげるわ。世界レベルの沈黙を」

P「うーわやったぁ」

乃々「では準備をお願いします……」

ヘレン「心ゆくまで楽しんでくるわ…」



14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:39:38.11 ID:ejFT5TN00
乃々「……あの」

P「はい」

乃々「おしとやかって一体」

P「おしとやかの枠が楓さん一人だったということか…」

乃々「なんという…」

P「台本にも書いてなかったので、スタッフの悪意を感じる」

P「森久保君、俺たちは都合のいいように使われているよ」

乃々「それは、慣れっこです…」

P「辛かったら相談してね…」

乃々「じゃあ今…」

P「俺も辛いからむーりぃー…」

乃々「ああっ…」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:40:33.62 ID:ejFT5TN00
P「最後らしいです五枠目」

P「ウサミン星の使者は果たして沈黙を知っているのか」

P「あ、電車で通勤してるから知ってるか」

P「みんな大好き安部菜々どす」

安部菜々「どすっ!?」

P「おばんどすー」

菜々「ちょっと、ウサミンの登場ですよ!?」

P「安倍君安倍君、今日、沈黙のアイドル選手権だから」

菜々「…ハッ、そうでした!おしとやかにしないと…」

P「うん…この感じだ…企画の趣旨を分かっている」

乃々「五人目でようやく…」

菜々「えっ、なんで二人共泣いてるんですか」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:41:20.71 ID:ejFT5TN00
P「自己紹介する?」

菜々「勿論です!」

菜々「歌って踊れる声優アイドル、ウサミン星から只今参上!ウサミンでーす!」

P「お、簡略版だ」

菜々「ロングはカットされると思ったので…」

P「判断が堅実すぎる」

乃々「たくましいです…」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:42:10.25 ID:ejFT5TN00
P「ではスタンバイをば」

菜々「菜々、頑張っちゃいまーす!」

P「さてこれで全員揃ったみたいです」

乃々「……あの」

P「はい」

乃々「どうしてこの方々なんでしょう…」

P「うーん、俺も知りたい」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:43:34.00 ID:ejFT5TN00
P「ルール確認です」

P「五人は皆同じ部屋で待機してます」

P「お互いに見合ってる感じで、その模様はカメラで中継します」

P「これの為にカメラ6台用意したらしいです」

乃々「でも音は無いんですよね…」

P「この企画顔芸頼みな所あるからね」

乃々「なるほど…」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:44:28.67 ID:ejFT5TN00
P「で、沈黙を守れなかった判定はこちらがします」

乃々「私たちが審判ですか…」

P「森久保君はコメントだけで大丈夫」

乃々「本当ですか…」

P「今日一番の目の輝きだ…」

P「んで、アウト判定もらった人はこっちに来てもらいます」

P「特に罰ゲームとかはないです」

P「低予算企画なんで」

P「最後の一人を今のうちに予想しておいてください」

乃々「予想できないです…」

P「多分誰もがそう思ってる」

P「それではあちらのスタンバイ待ちです」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:45:55.39 ID:ejFT5TN00
 ――――別室


菜々(…………分かってはいましたが)

菜々(とても、静かです)

菜々(みんな、真剣な目つきです)

菜々(……ここで結果を出せば、次のお仕事に繋がる!)

菜々(負けません、負けませんよ!)


茜(……これが、沈黙!)

茜(重い!重いです!)

茜(しかし!特訓の成果を見せなければ!)

茜(この日の為に、発声練習で声を抑えてきました!)

茜(……何故か、トレーナーさんに褒められました!)


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:46:58.78 ID:ejFT5TN00

楓(……ちんもくで、ちゅうもく)

楓(別のを探さないと)

楓(ちんもく、サイレント、しずか……)

楓(……あっ)

楓(しーんとする、しーんろう……)


そら(……静かだなぁー)

そら(ここで、ばばん、ばばーんってしたら、みんなおどろくかな?)

そら(でも、お仕事だし……)

そら(でもでも、おもしろければゆるされるかも☆)


ヘレン(………………………)


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:47:55.08 ID:ejFT5TN00
茜『…………』

そら『……………』

楓『…………』

ヘレン『…………』

菜々『…………』


P「……はい、それではカメラの準備出来たみたいです」

P「森久保君の漫画談義は一旦この辺で」

乃々「ありがとうございました…」

乃々「…こんな感じで…大丈夫ですか?」

P「パーフェクト。今から収録していい位。というかする」

乃々「えっ」

P「あちらに動きがなければ、もう先に収録しよ」

乃々「は、はいぃ…」

P「まぁまぁ肩肘張らずに」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:49:08.74 ID:ejFT5TN00
P「ではでは沈黙のアイドル選手権」

P「正直この面子で成り立つか不安しかありませんが行ってみましょう」

P「3、2、1、スタートでーす」



そら「ばばーん!そらちんだよー!」

楓「ぷっ、ふふふ……」

ヘレン「さぁ、カーニヴァルの幕開けよ!」



P「三人アウトーーーーー!!!!」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:49:53.54 ID:ejFT5TN00
乃々「えぇー……」

P「……すみません、取り乱しました」

P「あ、もう三人居ない」

そら「わぁーい☆」

楓「わぁーい」

ヘレン「Let's go happppppppy!!」

P「戻ってきた戻ってきた。三人共正座」

そら「えぇー☆やだやだ☆」

楓「やだやだー」

ヘレン「プロデューサー、座っていてはサンバは刻めないわ」

P「かぁーっ腹立つー」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:50:55.81 ID:ejFT5TN00
菜々(……あ、危ないところでした)

菜々(最初にリアクションすれば、逆に注目される)

菜々(菜々もやっていれば、茜ちゃんの勝ちになる所でした…)


P「三人は安倍君を見習って」

P「最初にリアクションする算段もあったけどしなくてよかったーって顔してるでしょ」

P「でも君たち殆どノリで実行したでしょ!」

そら「いえす☆」

楓「あの…」

P「何!?」

楓「森久保総理が謝ります」

乃々「えっ」

楓「そーりぃー……」

P「高垣君もしかして謝ってる?」

楓「ふんす」

P「何がふんすだ」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:51:57.40 ID:ejFT5TN00
P「全く……あの日野君だって黙っているというのに」

ヘレン「ヘイ」

P「はい」

ヘレン「太陽は輝くために沈むものよ」

P「なるほどわからん」

ヘレン「日野茜、輝く日を楽しみにしてるわ」

P「森久保君、俺休憩もらっていい?」

乃々「私も欲しいです…」

P「……終わったら、コーヒーでも奢るよ…」

乃々「あ、どうも…」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:53:13.51 ID:ejFT5TN00
茜『…………』

菜々『…………』


P「十分経過」

乃々「二人共、頑張ってます…」

P「分かってたけど地味な絵だ」

そら「だよね!やっぱり楽しいが一番だよ☆」

P「そうだね」

そら「プロデューサーもはっぴー?」

P「さっきのツッコミでどっと疲れました」

乃々「おつかれさまです…」


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:54:26.62 ID:ejFT5TN00
P「ここらでテコ入れするのが普通だけど」

P「この番組、本当にノータッチなのね」

ヘレン「自然の成り行きに任せるのも面白いものよ」

P「ふーん」

乃々「あ…」

P「森久保君、どしたの?」

乃々「あの、茜さんが…」

P「震えてるな」

そら「ふるふるだね」


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:55:14.87 ID:ejFT5TN00
菜々(震えてる……!)


P「さて安倍君正念場だ」

乃々「え…」

P「一見、日野君の自滅を待てばいいようにも思える」

P「しかし、ここで日野君が目立ってしまえば、優勝しても意味は無い」

P「先程同様、安倍君は選択を迫られている」

P「ここで啖呵を切るか、それとも機会を伺うか…」

乃々「これ…そんな選手権だったんでしょうか…」

P「違うと思うな」

乃々「ですよね…」


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:56:47.89 ID:ejFT5TN00
菜々(ぐぬぬぬぬぬぬ……)

菜々(どうします……どうします!?)


P「あー、なるほど」

そら「どしたの?」

P「安倍君選んだのはこういう時の為か」

P「何処かの自由な方々とは違って、ちゃんと状況を見て、考えてる」

ヘレン「私は常に自由よ」

P「……ホント、バラエティ向いてるなぁ」

楓「あのー……」

P「はい」

楓「面白い話をします」

P「自由すぎる」

楓「菜々ちゃんは…ウサギさんですよね」

乃々「あ」

楓「尾も、白い」

P「うわーつら」

P「何が辛いって、ヘレンさんが拍手してる所が」

ヘレン「ナイス、面白い」

P「なんですかそのガッツポーズは楓さん」


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:57:45.60 ID:ejFT5TN00
茜『………………………う』


P「あっ」


茜『うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!!!!!!!!!』


P「はい決まりました―っ」

P「沈黙のアイドル選手権、開始直後に終盤戦入りましたが、開始から十分少々、ようやく決着です」

乃々「優勝は、安部菜々さんです…」

そら「おめでとう!ないすふぁいと☆」

楓「勝者の、ショーじゃー……」

ヘレン「BRAVO、見事な沈黙だったわ」


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 22:58:41.79 ID:ejFT5TN00
P「では簡単に敗者インタビューです」

P「なんでそこの三人が立ち上がるの?」

乃々「茜さん、お疲れ様でした…」

茜「はい!!!!お疲れ様でした!!!!!」

P「ここミュートにしても聞こえそうだなぁ」

乃々「健闘していましたが…最後は、どうして…」

茜「やっぱり…声を出すと、気持ちがいいですよね!!!!!!!!」

乃々「そう…ですね…」

P(森久保君頑張れ。後ちょっとで仕事も終わりだ。)


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 23:00:08.04 ID:ejFT5TN00
P「まぁ日野君にしては頑張ったね」

茜「ありがとうございます!!!!!!」

P「そして、優勝者の安倍君、入ってきていいよー」

菜々「は、はぁーい……」

P「ん、どかしましたか」

菜々「いや、あのぉ…なんか、菜々だけ、空気読めてないというか、そのー……」

P「今更今更。ほら、優勝のご褒美ってことで、黙ってた分の尺だけ、宣伝なり歌なり撮るから」

菜々「ほ……ホントですか!?」

P「おめでとー」

ヘレン「おめでとう」

そら「おめでとーう☆」

楓「鯛を愛でたい……」

乃々「おめでとうございます…」

菜々「皆さん……ありがとうございますっ!」


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 23:01:41.63 ID:ejFT5TN00
P「んではこの辺で本日はお別れです。はい挨拶」

そら「野々村そらでした!またねー☆」

楓「高垣楓は、たかが着替えで動じません!」

ヘレン「私はヘレン」

乃々「森久保乃々でした…」

茜「ありがとうございました!日野茜でした!」

菜々「また皆さんの元に会いに行きます!ウサミンでした!」

P「さよーならー」


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 23:02:48.41 ID:ejFT5TN00
P「……ってことで安倍君は収録ね」

菜々「この後ですか?」

P「別室にカメラ置いてるしね。打ち合わせはするけど」

菜々「わかりました」

P「そしてそこの自由人軍団」

そら「んー?」

楓「んー?」

ヘレン「what's?」

P「日野君と一緒にカラオケでも行ってなさい。奢るから」

茜「いいんですか!?」

P「黙り疲れただろう。」

茜「はい!!!!!!!!!!!!!」

P「元気でよろしい」


38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 23:03:44.21 ID:ejFT5TN00
P「……さて」

乃々「お疲れ様でした…」

P「本当にね」

乃々「あの、私はもう…」

P「うん。何もない何もない」

乃々「分かりました…」

P「……あ、コーヒーでも飲みに行こうか」

乃々「です、ね…」

P「なるべく、静かな所にしよう…」

乃々「はい…」


39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 23:07:29.81 ID:ejFT5TN00
P「選手権の公開後、菜々はバラエティデビューした」

P「嫌がりつつも毎回、名プレー珍プレーを起こすプロフェッショナルとなった」

P「乃々は少女漫画配信がヒットした」

P「本人が少しやる気なのは、善き哉善き哉」

P「自由人軍団は三人のユニットを結成したが、一度目のライブで解散した」

P「解散理由は自由を求めて、だった」

P「そして」

P「声の抑揚がついた茜はカラオケで高得点を出した」



おわり




40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/24(日) 23:11:01.96 ID:ejFT5TN00
 以上になります。

 決して茜ちゃんが静かに出来ないとかではなく、喋ってもいい場で喋らずに居るというのは案外難しいという話です。その辺全然我慢が効かない面子が半数以上揃ってしまいましたが。まぁ楓さんは自分の駄洒落に吹き出しただけなんですけども。
 
 それでは日野ちゃんがご飯をおかずにご飯を食べる日を願って。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432473923/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無し 2015/05/25(月) 23:04:08

    軽妙で尾も白い…ンン"!面白いSSでした
    脱力系P と相性の良さそうな森久保でホッコリ


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ