Powered By 画RSS


五ェ門「そろそろつまらなくない物を斬りたい」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:02:38.87 ID:c2oXSoLE0
五ェ門「拙者最近つまらないものしか斬ってないでござる」

ルパン「まぁそりゃ?ねぇ、悪いとは思ってるけどねぇ」

次元「仕方ねぇだろ仕事なんだから」

五ェ門「しかし流石に斬鉄剣の無駄遣いでござる」

ルパン「じゃぁさ、つまらなくないものってなんなのよ」

五ェ門「それは拙者にもわからんがとにかく何かつまっているのでござる」

次元「つまってるって......わからないときは、とにかく人に任せるのも手だぜ」

ルパン「じゃぁ>>3を斬ることにしましょそうしましょ」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:03:40.73 ID:OleV+bcSO
次元


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:04:59.07 ID:Flyp+P60o
コナン


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:09:13.94 ID:c2oXSoLE0
ルパン「コナンくんを斬ろうぜ」

次元「なるほど......確かにアイツはつまらなくはねぇなぁ」

五ェ門「無益な殺生はしたくない!」

ルパン「いやいや五ェ門考えてもみんしゃい? あの子は傑物よ? 少なくともお前が今まで斬ったあれこれよりはつまってるよ?」

五ェ門「だからといって次元の子供を斬るのはどうも」

次元「おい待て違う」

五ェ門「何?ぱぱではないのか!?」

次元「違う!!色々違う!」

五ェ門「まさか貴様認知していないのか!?!? 男として情けないぞこの髭!!!」

次元「違う違う違う違う!!俺とあいつに血縁関係ねぇから!!!とりあえず刀仕舞え!!!」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:16:32.26 ID:c2oXSoLE0
コナン「蘭ねぇちゃーん!」

蘭「あらコナンくん。学校は終わったの?」

コナン「うん!!蘭ねーちゃんも早いね!」

蘭「そうだね。今日は中間テストの前日だから早く帰って勉強しようと思ったの」

コナン「......あのさ、蘭......俺、やっぱり蘭には言っておこうと思うんだ。実は俺は!」

蘭「え......(なんだかバーーーローーに似てる。まさかコナンくん......!)」

五ェ門「御免!」ズザアアア

コナン「ギャァァァア!!!」ブシャアアアア

蘭「コナンくん!!!コナンくーーーん!!!!」

五ェ門「またつまらぬ物を斬ってしまった」

蘭「いやあああああああ!!!!」


ルパン「どうだった?名探偵はつまってた?」

五ェ門「何分サイズが小さすぎてな。斬った気がせん」

次元「まあお前も急所は外して手加減してたからな。バッチリニュースになってるぜ」

ルパン「というかコナンくん出血多かった割には平気そうだな。流石もんごえちゃん! どんな太刀筋で斬ればあんなかすり傷で大量の血を出せるのか!!」

五ェ門「」ドヤァ

次元「じゃあとにかく、次は>>8だな」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:18:09.91 ID:xsHsoGPTo
ロロノア・ゾロ


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:18:53.42 ID:uNdBXFlro
トッポ


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:27:45.23 ID:c2oXSoLE0
次元「トッポ斬ろうぜ」

ルパン「お!!いいねぇ!!中身たっぷり詰まってるよ!!」

次元「だよなぁ!!こりゃあいいお題だぜ!」

ルパン「だから五ェ門ちゃんそのゴミを見るような目やめてください」

五ェ門「いやおぬしら阿呆だろう」

ルパン「いやいやいやぁ、だーって中身つまってるってトッポしかないじゃない?ねぇ~次元ちゃーん」

次元「うんうん。トッポを斬らなきゃ始まらねぇな」

五ェ門「おぬしら本当にそれでいいのか?本当にトッポでいいのか?」

五ェ門「致し方あるまい。ではトッポをここに」

ルパン「あっ昨日不二子ちゃんから投げつけられたトッポあるぜ」

次元「また振られたのか......」

五ェ門「では!!」ザクッ!!

ビシャアアア

ルパン「」

次元「」

五ェ門「」

五ェ門「......いやあのな斬鉄剣は普通の刀より暖かいのだ。そしてトッポはちょこれぇと菓子。しかも端までたっぷりチョコソースがつまっておる。それを勢いよく斬るということは......あとはわかるな? だから本当にトッポでいいのか? と聞いたのだ」

ルパン「......うん」

次元「掃除な、掃除しようや」

ルパン「俺様のスーツ......」

五ェ門「いや、なんか、......すまん」

ゴシゴシゴシゴシ

ルパン「ところで次何斬る?」

次元「まだやるか」

五ェ門「では>>11だ」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:28:21.75 ID:R7RJD/fF0
ガッツ


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:34:22.82 ID:c2oXSoLE0
五ェ門「ガッツを斬るぞ」

ルパン「ごめん五ェ門ちゃんガッツってどのガッツ」

次元「ああ。これだけは抽象的すぎてわからねぇな」

五ェ門「ガッツというのだから......内臓を複数斬ればよい! というわけでルパンと次元、覚悟!!!」

ルパン「あららららら!!??よりにもよってそっちいっちゃう!?」

次元「おい待てやめろ俺の内臓なんて斬り甲斐ねぇぞ!!」

五ェ門「うるさい!!貴様の煙草で真っ黒になった内臓取り出してくれるわ!!!」

次元「おわわわわわ!?」パーンパーンパーン

五ェ門「キェェエエイ!!」カキーンカキーンカキーン

ルパン「ちょちょちょちょっと待った!!代わりにこれ斬らせてあげるから!!ほら>>21!」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:37:38.99 ID:xHwho0It0
黒刀「夜」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:37:58.38 ID:8Mnz7DIAO
濡れ衣


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:40:00.81 ID:c2oXSoLE0
ルパン「濡れ衣斬らせてあげるから!!」

五ェ門「誰の濡れ衣だ!!?」

次元「お、おいルパンこいつ眼がマジだぜ!?」

ルパン「えーとえーとえーと、あっ>>24の!!」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:40:44.65 ID:xHwho0It0
夜神月


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:45:16.22 ID:c2oXSoLE0
ルパン「夜神月の濡れ衣」

五ェ門「あれは濡れ衣ではなかろう!!!?」

次元「あ、デスノート知ってるのか」

ルパン「もしかして俺様の部屋のデスノートちょくちょく借りていってたの五ェ門?てっきり次元かと」

五ェ門「ううううるさい!!ちょっと気になっただけだ!!」

次元「とはいえ月クズだもんな」

五ェ門「ああ。ラストのミサ殿が本当に健気......って違う!!!」

ルパン「あれを健気って思うから五ェ門は女に騙されやすいのよ~」

次元「ええと。とにかく、月のデスノート斬ってこい」

五ェ門「了解した。ミサ殿の想いは無駄にせぬ」


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:48:25.59 ID:c2oXSoLE0
五ェ門「ただいま帰った」

ルパン「お前、あれから三日間何してたんだ!?」

次元「てっきりデスノートの餌食になったのかと」

五ェ門「いや、月殿は何故か拙者の名前を「石川五ェ右門」とかきそんじてな。助かった......」フラリ

ルパン「あーあ倒れちゃったよ。何見てきたんだか......」

次元「じゃあ次で最後な。安価下を斬らせよう」


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:49:05.56 ID:8ByeMlrAO
こんにゃく


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:56:55.49 ID:c2oXSoLE0
五ェ門「うーん......ハッ」

ルパン「お、めぇ覚ましたねもんごえちゃん」

次元「次に斬るもんはもう決まってるぜ」

五ェ門「ほう......?」

ルパン「ほい」ベタァ

五ェ門「!?!?!」

次元「ほらこんにゃく」

五ェ門「貴様ら拙者が斬れないの知ってるだろうが!!斬鉄剣ではこんにゃくは斬れぬ!!」

ルパン「まぁまぁ。斬れないものを斬るのが修行よ」

次元「そうだそうだ。斬れるようになったときの達成感は半端ないぞ。試してみたらどうだ」

五ェ門「ふむ確かに。では.....’参る!キェェエエイ!!」

ブニャン

ルパン「」フルフル

次元「」フルフル

五ェ門「」

ルパン「wwwwww」

次元「おいこらwwwwww笑うなwwwwww」

五ェ門「」ブルブル

ルパン「むりだってブフォwwwwwwwwwwww」

次元「可哀想だろwwwwwwwwwwwwwwwwww」

五ェ門「......拙者まだまだ修行が足りぬ!!」バアアアアン!!

五ェ門「修行が足りぬからつまっているものを斬ることが出来ぬのだ!!拙者、こんにゃくを斬れるようになるまで決して諦めぬ!!」

五ェ門「ではさらばだ!!」バッ


こうして五ェ門は修行の旅に出たのであった。

帰ってきた五ェ門はこんにゃくを斬ることができるのか?

それはまだ、誰にもわからない。


end




35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:58:13.52 ID:c2oXSoLE0
秋からのルパンの新アニメ楽しみですね。
五ェ門にはこれからもたくさんつまらないものを斬ってもらいたいです。
お付き合いいただきありがとうございました。


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 23:58:14.49 ID:xT6Y6vSho

いい話だった


38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:00:29.29 ID:6IRWWDKB0
乙乙面白かった!


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433685751/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ