Powered By 画RSS


不良「き、きみ……いつも本読んでるよね」読書娘「あ!?」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:31:39.090 ID:ARbM0pvF0.net
<教室>

読書娘「……」ペラ…



茶髪「あいつ、また一人で本読んでるぜ」

デブ「本しか友だちいねえんじゃねーの!?」ブフッ

ビッチ「キモ~イ!」

キャハハハ…… ワハハハ……




7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:36:05.336 ID:ARbM0pvF0.net
<生徒指導室>

教師「また他校の生徒とケンカしたな! いったい何度いったら分かるんだ!?」

不良「……すみませんでした」

教師「なんだ! その謝り方は!?」

不良「申し訳……ありません……」

教師「くっ……!」

教師「いいか! 今度暴力沙汰を起こしたら停学……いや、退学だからな!」

不良「うう……」


9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:40:33.660 ID:ARbM0pvF0.net
ある日──

<教室>

読書娘「……」ペラ…

不良「……」

不良「ね、ねえ」

読書娘「!」ビクッ

不良「き、きみ……いつも本読んでるよね」

読書娘「あ!?」


12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:46:12.581 ID:ARbM0pvF0.net
不良「一人で本を読むのって……楽しい?」

読書娘「あ? 楽しいに決まってんだろ、ボケ」

読書娘「アタイにとっちゃ、本だけがダチだからよ!」

不良「そ、そうなんだ……変わってるね」

読書娘「オイ」

不良「な、なに?」


13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:47:23.030 ID:z/B3VXAi0.net
ナンカチガウ


15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:48:02.460 ID:6cypyhr0M.net
逆逆


18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:51:04.253 ID:ARbM0pvF0.net
読書娘「テメェこそ、いつもケンカしてっけど……ケンカって楽しいのか?」

不良「ど、どういう意味? それもしかして、ぼくとケンカしたいってこと……?」

読書娘「なわけねーだろ! 気になるから聞いてみただけだ、タコが!」

不良「ふふっ、きみって……変わったことを聞く人だね」

不良「楽しいに決まってるよ。だって、他人を殴ってる時が……一番胸がスッとするもの」

読書娘「そんなもんかねえ」


19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:54:21.384 ID:pddjqsY+K.net
やっぱり不良は不良だった


20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:57:04.471 ID:ARbM0pvF0.net
読書娘「だがよ、他人をボコるってのは、よくねえことだぞ?」

読書娘「そいつにとっても、テメェ自身にとってもな」

不良「ぼくに文句でも……あるのかい?」

読書娘「別にねえよ! なに怒ってんだよ!?」

不良「なぁんて、ね。いってみただけだよ」

不良「ぼくだって分かってる……このままじゃダメだって……」

不良「だけど、ぼくはひとりぼっちで頭も悪いし、ケンカぐらいしかやることなくて……」

読書娘「ンなことねぇよ!」


22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:03:02.411 ID:ARbM0pvF0.net
読書娘「そうだ! 本を読んでみたらどうだ!?」

不良「本を? このぼくが……?」

読書娘「おもしれえ本を読むってのは、ケンカするよりぜってえ楽しいぜ!」

不良「ふふっ、そんなこといわれたの……生まれて初めてだよ」

不良「じゃあ、よかったら……なにか貸してくれない、かな?」

読書娘「!」

不良「ぼくがケンカをやめられるほど、楽しい本を貸してほしいんだ……!」

読書娘「おうよ! 任せときな!」


23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:09:10.400 ID:ARbM0pvF0.net
読書娘「こいつなんかどうだ!?」

不良「これは……どういう本なの?」

読書娘「元気なガキどもが、冒険しまくるっつう内容だ!」

読書娘「小難しいハナシでもねえし、ドキドキワクワク間違いなしだぜ!」

不良「冒険、か……。うん、借りてみるよ」

読書娘「おう! ぜってえ読めよな!」


25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:13:07.811 ID:ARbM0pvF0.net
<不良の家>

不良(どうしてぼくは、あんな変わった子に話しかけちゃったのかな……?)

不良(しかも、本まで借りちゃって……なにやってんだろ、ぼく)

不良(悪いけど、読む気しないや……明日、あの子に返そう)

不良「……」

不良(でも……ちょっとだけ読んでみようかな? どうせやることもないし……)サッ

不良(あれ? これはなかなか読みやすいぞ……)ペラ…

不良(国語の時間はいつも寝てしまってるぼくでも、すらすらと……)パラ…


26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:17:12.611 ID:ARbM0pvF0.net
数日後──

<教室>

不良「や、やぁ……読み終えたから、本を返しにきたよ」

読書娘「おう!」

読書娘「本はどうだった!? 感想聞かせろや!」

不良「まあまあ、楽しめたかな……。いっとくけど、まあまあ、だからね」

不良「だから……もう一冊、なにか貸してくれないかな……?」

読書娘「素直じゃねえヤロウだ! もちろんいいぜ!」


28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:21:07.231 ID:ARbM0pvF0.net
その後──

不良「この本、少し難しかったけど面白かったよ! ちょっと涙も出ちゃった……」

読書娘「ハハハッ! じゃあ次はこいつなんかどうだ!?」

不良「ふふっ、どうもありがとう」





茶髪「おい……あのぼっち女、最近妙に調子乗ってね?」

デブ「おう、なんかムカッとくるよな」ブフッ

ビッチ「ウザイよねぇ、根暗なくせに笑っちゃったりしてさ」

茶髪「よぉし……ここらでちょっと思い知らせてやるか」


33 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:25:30.276 ID:ARbM0pvF0.net
<教室>

読書娘(あの不良、すっかり本好きになりやがって……こっちまで嬉しくなっちまう)

読書娘「……」パラ…

茶髪「おい、なにニヤニヤしながら本なんか読んでんだよ」

読書娘「!」ビクッ

デブ「おめぇ、最近ちょっと調子に乗ってるよな」コフー

ビッチ「キモイくせにナマイキ~」

読書娘「ンだとォ……!?」

茶髪「なに読んでんだよ? 見せてみろよ」

読書娘「あ!? だれがテメェらなんかに見せるかよ!」

茶髪「見せろっつってんだよ!」バッ


35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:30:15.935 ID:ARbM0pvF0.net
茶髪「うおっ、けっこうぶ厚いな、これ」

デブ「こんなの読んでるアタシって偉いでしょ、ってか? バカじゃねーのか?」

ビッチ「キャハハ、キモ~イ!」

読書娘「返せ、コラァ! ぶっ飛ばすぞ!」

茶髪「どれ、重いから……ちょっと軽くしてやるよ」ビリビリッ

読書娘「うおおおおっ! なにしやがんだァ!」

茶髪「うっせえ!」ドンッ

読書娘「ぐがっ!」ドサッ…

茶髪「いいか! あんなクソ不良とつるんでるからっていい気になるなよ!」

デブ「ぼっちはぼっちらしくしてりゃいいんだ!」ブフッ

ビッチ「そうよそうよ!」

読書娘「ち、ちくしょう……っ!」グスッ…


41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:34:33.526 ID:ARbM0pvF0.net
不良「ふぅ……補習なんか受けさせられて、大変だったよ」

不良「だけど、本を読むようになったおかげか、そこまでつらくもなかったけどね」

読書娘「……」

不良「どうしたの? 元気ないね」

読書娘「んなこと……ねえよ」ニコッ

不良「……」

不良「ごめん……カバン、開けさせてもらうよ!」サッ

読書娘「うわっ! やめろバカッ!」


42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:38:56.566 ID:foTQAMBv0.net
察しの良い奴だな


43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:39:00.139 ID:9BWDWwrn0.net
不良が不良してない


44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:39:03.957 ID:ARbM0pvF0.net
不良「……どういうことだい。なんでこの本、ページが破られちゃってるの?」

読書娘「う、うぐ……」

不良「いや……なにもいわなくていいよ」

不良「こういうひどいことをする人がだれかってことぐらい、ぼくにも想像がつく」

不良「待ってて、すぐに──」

読書娘「ダ、ダメだッ! やめてくれえっ!」


46 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:44:22.565 ID:ARbM0pvF0.net
不良「ど、どうして止めるの?」

不良「本は友だちなんでしょ? 悔しくないの……?」

読書娘「んなもん、悔しいに決まってんだろうが! ハラワタ煮えくり返ってんぜ!」

不良「それなら──」

読書娘「だがよ……テメェ、次ケンカしたら退学……だろ?」

不良「!」

読書娘「アタイは……テメェにいなくなって欲しくねぇんだ!」

読書娘「テメェはバカだが……本より大事なダチだからよ……」

不良「……」


47 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:51:07.485 ID:ARbM0pvF0.net
不良「……大丈夫、あくまで話し合ってくるだけだよ」

読書娘「マジか……?」

不良「本当だよ! ぼくは友だちにウソはつかない!」

読書娘「お、おう……!」

不良「彼らがよくいる場所といえば、学校の近くにあるファーストフード店だよね」

不良「彼らにこんなこと二度とするなっていってくるから、ちょっとだけ待ってて!」

読書娘「おう……分かった」

読書娘(大丈夫か……? アイツ、カチコミかける気じゃねえだろうな……?)


50 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:54:49.650 ID:ARbM0pvF0.net
<ファーストフード店>

茶髪「ギャハハハハッ! 今週の『ツーピース』マジおもしれえ!」

デブ「いよいよ、山賊王との最終決戦だな!」

ビッチ「次アタシにも見せて~!」




不良「やぁ……きみたち」ザッ…



三人「!?」ビクッ


53 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:59:15.796 ID:ARbM0pvF0.net
茶髪「な、なんだよ!?」

不良「きみたち……あんなひどいこと、よくもやってくれたね……」

デブ「やった? なにいってんだ、おめえ」コフッ

不良「とぼけないでくれ。彼女の本を破ったのは、きみたちだろう?」

茶髪「チッ……! あの女、もうチクリやがったのか!」

不良「いいや、彼女はぼくになにも言わなかったよ」

不良「ぼくは頭は悪いけど、こういうことに関しては勘が鋭いからね」

茶髪「うう……」


57 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:09:48.525 ID:Jjbrt7Kj0.net
茶髪「オ、オレたちを殴る気か? やれるもんならやってみろ!」

デブ「それにお前、もう退学まで後がないってのは知ってんだからな!」ブフッ

デブ「お前がいなくなったら、あの女、もっとひどい目にあわせてやるぞ!」

茶髪「そのとおり! 今度は本を破るなんてもんじゃすまさねえ!」

ビッチ「そうよそうよ!」

不良「後がない……? なにをいってるのかな?」

不良「後がないのは、きみたちの方だ」


58 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:13:58.279 ID:Jjbrt7Kj0.net
不良「もしぼくが、退学どころか少年院に入ってもいいって覚悟を決めたら──」スッ…

茶髪「あ、オレの週刊ヅャンプ……」

不良「でやっ!」

ベリベリィッ!

三人「!!!」

不良「きみたちまとめて……こうなっちゃうんだからさ……」バサッ…

茶髪「あ、あわわわ……」ジョボボ…

デブ「お、お、お……」ブルブル…

ビッチ「ひいいいい……!」ガタガタ…

不良「分かったかい?」ギロッ

三人「は、はいぃぃぃっ!!!」


61 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:17:31.132 ID:Jjbrt7Kj0.net
<教室>

不良「やぁ!」

読書娘「!」

不良「彼らと話し合ったら、こころよく破った本の代金をくれたよ!」

不良「だから新しい本を買ってきたんだ! ほら!」ドサッ

読書娘「サ、サンキュー……!」

読書娘「だけどよ、マジでちゃんと話し合ったんだろうな?」

不良「も、もちろん! 一発も殴ってないよ!」

読書娘「ならいいけどよ……」ホッ…

不良(だいぶ脅してはあげたけどね……)


62 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:20:21.521 ID:Jjbrt7Kj0.net
読書娘「だけどこれ、アタイが破られた本じゃねえぞ! タイトルは似てっけど!」

不良「えっ、ホントかい!? い、今すぐ返品してくるよ!」

読書娘「いや、このままでいいぜ!」

読書娘「アタイも読んだことねえ本だし……テメェが買ってきてくれたんだしな!」

読書娘「ありがとよ、不良!」ニコッ

不良「い、いいよ! 間違えちゃったのに、お礼なんか!」

読書娘「これからもよ、ずっと一緒にいてくれよな!」

不良「……もちろんさ!」





~おわり~


64 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:24:48.136 ID:LgU5kkUV0.net


67 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:30:04.545 ID:Jjbrt7Kj0.net
不良と読書娘の口調が不適切だったため、口調を変えてもう一度やらせていただきます
大変申し訳ありませんがよろしくお願いします


68 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:30:30.287 ID:Jjbrt7Kj0.net
<教室>

読書娘「……」ペラ…



茶髪「あいつ、また一人で本読んでるぜ」

デブ「本しか友だちいねえんじゃねーの!?」ブフッ

ビッチ「キモ~イ!」

キャハハハ…… ワハハハ……


70 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:33:15.715 ID:Jjbrt7Kj0.net
<生徒指導室>

教師「また他校の生徒とケンカしたな! いったい何度いったら分かるんだ!?」

不良「……すんません」

教師「なんだ! その謝り方は!?」

不良「す、ん、ま、せ、ん!」

教師「くっ……!」

教師「いいか! 今度暴力沙汰を起こしたら停学……いや、退学だからな!」

不良「ケッ!」


71 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:36:08.112 ID:Jjbrt7Kj0.net
ある日──

<教室>

読書娘「……」ペラ…

不良「……」

不良「オイ」

読書娘「!」ビクッ

不良「お前ってさ、いっつも本読んでるよな」

読書娘「う、うん……」


72 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:39:10.908 ID:Jjbrt7Kj0.net
不良「一人で本ばっか読んでて、楽しいのか?」

読書娘「た、楽しい……」

読書娘「私にとっては……本だけが友だちだから……」

不良「ふうん、変わってんな」

読書娘「あ、あの……」

不良「あん?」


73 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:42:06.122 ID:Jjbrt7Kj0.net
読書娘「あなたは、いつもケンカしてるけど……ケンカって楽しいの?」

不良「なんだそりゃ? もしかして、俺にケンカ売ってんのか? あ?」

読書娘「ち、ちがうの! 純粋な……好奇心で……!」

不良「ハッ、おかしなこと聞く女だな!」

不良「楽しいに決まってんだろ! 他のヤツを殴ってる時が一番スカッとするんだ!」

読書娘「そ、そうなんだ……」


75 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:45:14.595 ID:Jjbrt7Kj0.net
読書娘「で、でも……他人を傷つけるのは、よくない……と思う」

読書娘「その人にとっても……あなた自身にとっても……」

不良「文句あんのか!?」

読書娘「い、いえいえいえいえいえ! ありませんっ!」

不良「なぁんてな。冗談だよ」

不良「分かってんだよ、俺だって。このままじゃダメだって」

不良「だけど、俺みてえな一匹狼のバカは、ケンカぐらいしかやることねえしな」

読書娘「そんなこと……ないよ」


76 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:48:13.551 ID:Jjbrt7Kj0.net
読書娘「そうだ……本を読んでみたら、どう?」

不良「本を? 俺が?」

読書娘「面白い本を読めば、ケンカするより、きっと楽しいから……」

不良「ハハハ、そんなこといわれたの、生まれて初めてだぜ」

不良「いいぜ、だったらなんか貸してくれよ」

読書娘「!」

不良「俺がケンカをやめれるほどおもしれえ本を、みつくろってくれや」

読書娘「はいっ!」


77 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:51:37.884 ID:Jjbrt7Kj0.net
読書娘「これなんか……どう?」

不良「なんだこりゃ? どんな本だ?」

読書娘「元気な少年たちによる、冒険活劇……」

読書娘「難しいストーリーじゃないし、とってもハラハラするの!」

不良「冒険ねぇ……。ま、いいや。とりあえず借りさせてもらうぜ」

読書娘「うん、ぜひ読んでみてね」


78 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:54:15.395 ID:Jjbrt7Kj0.net
<不良の家>

不良(なぁんで、俺はあんな変な女に話しかけちまったのかねえ?)

不良(しかも、本まで借りちまうとは……バカじゃねえのか)

不良(こんなもん読む気しねえや。やっぱり明日、返しちまおう)

不良「……」

不良(やっぱりちょっとだけ読んでみるか。どうせやることねえし)サッ

不良(ん、おおっ? これはなかなか読みやすい……)ペラ…

不良(国語の時間なんざいっつも寝てる俺でも、すらすらと……)パラ…


80 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:57:12.435 ID:Jjbrt7Kj0.net
数日後──

<教室>

不良「おう、読み終えたから返しにきたぜ」

読書娘「あ……こんにちは」

読書娘「本……どうだった?」

不良「ん……まあまあ、だな。まあまあ、楽しめたぜ」

不良「だから……もう一冊なんか貸してくれねえか?」

読書娘「うん、もちろんっ!」


82 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:00:29.956 ID:Jjbrt7Kj0.net
その後──

不良「この本、ちょっとムズかったけどよかったぜ! 泣きそうになっちまった!」

読書娘「ふふっ、じゃあ次はこれなんかどう?」

不良「へへっ、サンキュー!」





茶髪「おい……あのぼっち女、最近妙に調子乗ってね?」

デブ「おう、なんかムカッとくるよな」ブフッ

ビッチ「ウザイよねぇ、根暗なくせに笑っちゃったりしてさ」

茶髪「よぉし……ここらでちょっと思い知らせてやるか」


86 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:03:22.455 ID:Jjbrt7Kj0.net
<教室>

読書娘(不良君、すっかり本好きになってくれて、嬉しいなぁ……)

読書娘「……」パラ…

茶髪「おい、なにニヤニヤしながら本なんか読んでんだよ」

読書娘「!」ビクッ

デブ「おめぇ、最近ちょっと調子に乗ってるよな」コフー

ビッチ「キモイくせにナマイキ~」

読書娘「そ、そんな……」

茶髪「なに読んでんだよ? 見せてみろよ」

読書娘「え、でも……」

茶髪「見せろっつってんだよ!」バッ


88 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:06:28.377 ID:Jjbrt7Kj0.net
茶髪「うおっ、けっこうぶ厚いな、これ」

デブ「こんなの読んでるアタシって偉いでしょ、ってか? バカじゃねーのか?」

ビッチ「キャハハ、キモ~イ!」

読書娘「か、返して……」

茶髪「どれ、重いから……ちょっと軽くしてやるよ」ビリビリッ

読書娘「ああっ……なにするの!」

茶髪「うっせえ!」ドンッ

読書娘「あうっ!」ドサッ…

茶髪「いいか! あんなクソ不良とつるんでるからっていい気になるなよ!」

デブ「ぼっちはぼっちらしくしてりゃいいんだ!」ブフッ

ビッチ「そうよそうよ!」

読書娘「う、うう……っ!」グスッ…


93 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:09:24.343 ID:Jjbrt7Kj0.net
不良「ったく、補習とかマジたるかったぜ……」

不良「ま、本読むようになったおかげか、それほど苦にもならなかったけどな」

読書娘「……」

不良「おい、どうした? 元気ねえな」

読書娘「そ、そんなこと……ないよ?」ニコッ

不良「……」

不良「わりぃ、カバン開けるぞ」サッ

読書娘「あ……ダメ……!」


96 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:12:34.191 ID:Jjbrt7Kj0.net
不良「……なんだこりゃ。なんでこの本、ページが破られてんだ」

読書娘「あ、あの……」

不良「おっと、なにもいわなくていい」

不良「こういう下らねえことする奴がだれかってことぐらい、俺にだってピンとくらぁ」

不良「待ってろ、すぐに──」

読書娘「ダ、ダメッ!」


98 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:15:58.323 ID:Jjbrt7Kj0.net
不良「……なんで止めんだよ」

不良「本は友だちなんだろ!? こんなにされて、悔しくねえのか!?」

読書娘「く……悔しいよ。悔しいに決まってるじゃない……」

不良「だったら──」

読書娘「でも……不良君、今度ケンカしたら退学……でしょ?」

不良「!」

読書娘「私……不良君にいなくなって欲しくない」

読書娘「不良君は……本より大切な友だち、だから……」

不良「……」


99 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:18:34.214 ID:Jjbrt7Kj0.net
不良「……心配すんな、あくまで話し合いさ」

読書娘「ホント……?」

不良「あったりめえだろうが! ダチにウソはつかねえ!」

読書娘「うん……!」

不良「あいつらの溜まり場といや、学校の近くにあるファーストフード店ってとこだろ」

不良「二度とこんなことすんなってビシッといってくるから、ちょっとだけ待ってろ」

読書娘「う、うん……」

読書娘(大丈夫かなぁ……。もし殴ったりしたら……)


100 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:21:24.938 ID:Jjbrt7Kj0.net
<ファーストフード店>

茶髪「ギャハハハハッ! 今週の『ツーピース』マジおもしれえ!」

デブ「いよいよ、山賊王との最終決戦だな!」

ビッチ「次アタシにも見せて~!」




不良「おい……テメェら」ザッ…



三人「!?」ビクッ


104 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:24:19.334 ID:Jjbrt7Kj0.net
茶髪「な、なんだよ!?」

不良「テメェら……よくもやってくれたな……」

デブ「やった? なにいってんだ、おめえ」コフッ

不良「とぼけんなよ。アイツの本破ったの、テメェらだろうが」

茶髪「チッ……! あの女、もうチクリやがったのか!」

不良「いいや、アイツはなにも言ってないぜ」

不良「俺はバカだが、こういうことに関しちゃけっこうアタマが回るからな」

茶髪「うう……」


106 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:27:29.490 ID:Jjbrt7Kj0.net
不良「もし俺が、退学どころか少年院(ネンショー)入りもいいかって腹くくったら──」スッ…

茶髪「あ、オレの週刊ヅャンプ……」

不良「ふんっ!」

ベリベリィッ!

三人「!!!」

不良「テメェら全員、こうなるんだからよ」バサッ…

茶髪「あ、あわわわ……」ジョボボ…

デブ「お、お、お……」ブルブル…

ビッチ「ひいいいい……!」ガタガタ…

不良「分かったな!?」ギロッ

三人「は、はいぃぃぃっ!!!」


107 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:28:46.723 ID:fxdZGApK0.net
なんかこっちの方が違和感ある


108 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:30:22.708 ID:Jjbrt7Kj0.net
<教室>

不良「お~い」

読書娘「!」

不良「ヤツらと話し合ったら、アイツらから進んで破った本の代金をくれたぜ」

不良「だから新しいの買ってきた! ほら!」ドサッ

読書娘「あ、ありがとう……!」

読書娘「だけど、本当に話し合ったの?」

不良「当たり前だろ? 一発も殴ってねえよ」

読書娘「よかった……」ホッ…

不良(だいぶビビらせてはやったけどな……)


109 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:33:21.414 ID:Jjbrt7Kj0.net
読書娘「でもこれ、私が破られた本じゃないね。タイトルは似てるけど」

不良「えっ、マジかよ!? だっせえな、俺! 今すぐ返品してくる!」

読書娘「ううん、このままでいいよ」

読書娘「私も読んだことがない本だし……それに不良君が買ってきてくれたんだもん」

読書娘「ありがとう、不良君」ニコッ

不良「よ、よせよ! しくじってんのに、礼とかいらねえって!」

読書娘「これからも、ずっと一緒にいてね」

不良「おう! もちろん!」





~おわり~


110 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:33:47.454 ID:Jjbrt7Kj0.net
これで終わりです
ありがとうございました


111 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:34:09.767 ID:pXi6wCzF0.net
おつ!


115 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:37:09.979 ID:VDvmu3EmM.net

面白かった


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1435152699/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ