Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイ「ほんとにトトロがいたんだもん!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 12:14:23.26 ID:Eu7whbdM0
サツキ「嘘をつくな」

メイ「嘘じゃないもん! トトロってちゃんと言ったもん!」

サツキ「トトロは想像上の生き物だ。現実にはいないんだ」

メイ「メイ、見たんだもん!」

サツキ「お前はどうしようもない馬鹿ものだな」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 12:19:41.32 ID:Eu7whbdM0
メイ「お父さん! メイ、ほんとに見たんだよ!?」

お父さん「……」

サツキ「ほら見たことか、父上も呆れておられる」

メイ「お父さん!」

サツキ「父上、耳を貸す必要はございません」

お父さん「……ホントにいたのかもしれないよ?」

メイ「わあ!!」

サツキ「な!? 何をバカなことを!!」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 12:28:20.47 ID:Eu7whbdM0
お父さん「じゃあサツキに聞くけど、サツキはトトロがいないって何を根拠に言えるのかな?」

サツキ「……存在しないことを証明せよ、と? 」

お父さん「そうだね。とても難しいだろう? だからホントにいたのかもしれないし、ホントはいないのかもしれない」

サツキ「……」

お父さん「根拠もなしにメイを馬鹿ものって言っちゃだめだよ」

サツキ「……それは……逃げるための口実だ……」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 12:38:14.68 ID:Eu7whbdM0
メイ「毛が生えてて、くぉーんな口してて!」

サツキ「愚者は黙っていろ」

メイ「……」

お父さん「サツキ、言いすぎだよ!」

サツキ「父上は卑怯者だ! 臆病者だ! あなたは心の奥でトトロなんかいないという確信を得ている! しかしそれを包み隠してしまわれる!」

お父さん「いや、それは……」

サツキ「愚鈍な娘を内心哂いつつも、真実から目を背け、挙句の果てには同情心をもってそれを捻じ曲げてしまう! これのどこに正義があるのか!」

お父さん「君のその言い回しは何の影響をうけてるんだい……」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 12:38:34.29 ID:f0PuhXpOO
サツキがこんなキャラだとお父さんがよけい好い人に見える


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 12:46:13.30 ID:Zze2yJixO
メイに辛辣すぎて草


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 12:47:59.11 ID:Eu7whbdM0
サツキ「私は今夜、母上に宛てて手紙を書く。頭の鈍い妹が頓珍漢なことを言い、それを必死になって擁護する父上の必死な姿を書にしたためるのだ」

お父さん「やめなさい、病人にそんな手紙だすのは! お母さん、心労で参っちゃうから!」

サツキ「母上ならば分かってくださるはずだ。真実を追い求めること意外は良しとされないお方だから……」

お父さん「そんなことないよ! 普通の優しいお母さんだよ、あの人!」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 14:42:30.79 ID:Eu7whbdM0
メイ「……お父さん、ウソじゃないんだよ?」

お父さん「……うん、きっとメイはこの森の主に会ったんだよ」

サツキ「主なんかいない! トトロなんかいない! 私は絶対に信じない!!」

お父さん「それはとても運がいいことなんだよ。でも、いつも会えるとは限らない」

サツキ「聞こえないフリをするのか!? 耳を塞ぐのか!? しかし、私は叫ぶ!!」

お父さん「さあ、まだ挨拶に行っていなかったね」

メイ「挨拶?」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 14:45:35.82 ID:Eu7whbdM0
お父さん「塚森へ出発!!」

サツキ「よせ! ありもしないものへの参詣など無意味だ! それは心の中に描いた偶像に過ぎない!」

メイ「わあい!」

サツキ「よせえええええええええ!!!!!!!!!!」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 14:54:11.95 ID:Eu7whbdM0

***

塚森


メイ「あ、あの木! あの木の穴のとこに、トトロがいたの!!」

お父さん「穴?」

メイ「あれ、穴がなくなっちゃった……」

サツキ「どこに穴があると言うのだ? ん? このカミキリムシが空けた小さな穴のことか!? お前が巨大なトロールを見たというのはこの穴の中でか!?」

お父さん「ね? いつも会えるわけじゃないんだよ」

サツキ「都合のいいトトロであることだなぁ? ん? そうは思わんか、メイ?」

メイ「また会えるかな?」

お父さん「運が良ければね」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 15:05:18.11 ID:Eu7whbdM0
お父さん「立派な木だなぁ……。きっと、ずーっとずーっと昔から、ここに立っていたんだね。昔々、人は木と仲良しだったんだよ」

サツキ「それは現代の都市計画と対比して言っているのでしょうか? ならばただのお笑い草だ! 切られる木に仲良しも何もない!! 木に意志など存在しない!!」

お父さん「さ! お礼を言って帰ろう! お弁当食べなきゃ」

サツキ「! そう言えばみっちゃんの家に伺う約束をしたのだった!」

お父さん「気をつけ! メイがお世話になりました! これからもよろしくお願いいたします!」

メイ「お願いいたします!!」

サツキ「頭は下げん……」

お父さん「家まで競争!」サッ

メイ「あ、ずる~い!」タッタッ

サツキ「卑怯者が!!」ズタタタタタタタ


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 15:19:27.49 ID:Eu7whbdM0

***

七国山病院


お母さん「そう、サツキがそんなことを……」

お父さん「ああ、僕は自分の娘が怖くて直視できない」

お母さん「ふふッ! 可笑しい……」

お父さん「可笑しいってきみ……。お風呂に一緒に入るときも、皆でお昼寝をするときも、いつも真の現実とは何かを演説されちゃたまんないよ……」

お母さん「ほら、この手紙見て。愛読書は『ツァラトゥストラはかく語りき』ですって」

お父さん「ニーチェか……。あれは悪書だよ……」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 15:27:07.51 ID:Eu7whbdM0
お母さん「いいんじゃない? 思想は人それぞれで」

お父さん「最近じゃ近くに住んでるおばあちゃんにまで強く当たるんだよ。『すすわたりなんかいるかーっ!』って……」

お母さん「あらあら……」

お父さん「前までは喜んで二人を預かってくれたのに、今日お願いしたら怯えた眼をしてたよ……。悪いことしたな……。早く帰らなきゃ」




***

その頃


メイ「また真っ黒くろすけ見た!」

おばあちゃん「そろそろすすわたりも引っ越すかもしれんねぇ」

サツキ「すすわたりなんかいるかーっ!!!!!!!!!!!」

おばあちゃん(こういう子がいるし……)ビクビク


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 17:45:55.24 ID:Eu7whbdM0

***

数日後



先生「サツキさん、妹さんが校門の前にいますよ」

サツキ「何ッ!? あの馬鹿者、トウモロコシ畑じゃ飽き足らず、ついに学校にまで来おったか!!」タッタッタ

カンタ(ふぅ……怖ぇのがいなくなった……)ホッ


生徒「わー、かわいいー!」ガヤガヤ



メイ「……」

オバアチャン「……」ボソボソ

サツキ「ッ!」


サツキ「アマエルナッ!!!!!」バキッ  



no title




生徒「!」ビクッ





21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 17:58:57.12 ID:Eu7whbdM0

***

サツキ「殴って追い返しました。あの低能、寂しくて来てしまったとか抜かしましてね……」ガラガラ

先生「なんてことするんですか!! すぐに教室に入れてあげなさい!!」

サツキ「し、しかし……」

先生「しかしもかかしもありませんッ!! 命令ですッ!!」

サツキ「……ま、まぁ先生がそうおっしゃるなら……」シブシブ




***


先生「えー、サツキさんのお母さんは今、入院されていて大変なんです。皆さん、仲良くできますね?」

生徒「はーい!!」

サツキ「そういうわけだ。お前のようなものでもここでは人間並みに扱ってもらえる。しかし図に乗るな!! またあのような虚言を吐こうものなら、この雨の中、ボロ雑巾にして放り出すぞ!!」

メイ「……」ビクビク

先生「妹をイジメるんじゃありませんッ!!」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 18:19:02.12 ID:Eu7whbdM0

***

先生「えー、このときの主人公の気持ちは……」


メイ「♪」カキカキ

みっちゃん(何描いてるの?)ヒソヒソ

サツキ「!」

メイ「トトロだよ!!」

サツキ「きっさまああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!」ガシッ

メイ「!」ビクッ

生徒「!」ビクッ

サツキ「その名を口にするなとあれほど言っておいただろうがあああああああああああ!!!!!!!!!!」ギリギリ

先生「ちょ、ちょっとサツキさん!! サツキさん!!」

カンタ「サツキ、よせ! 殺しちまうぞ!!」ガッ

サツキ「離せええ!! 今ここでこいつの考えを正してやらねばならんのだああああああああああああ!!!!!!!!!」バタバタ


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 02:16:29.08 ID:njYSgEcw0

***

キーンコーンカーンコーン


サツキ「さて、授業も終わったし帰るとするか……」

メイ「雨、降ってきそうだね」

サツキ「メイ、お前は傘を2本持ってきただろうな? お前が来た時には曇り空だったからな……」

メイ「……」フルフル

サツキ「この無能のただ飯食らいめ……」ポカン


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 02:24:43.15 ID:njYSgEcw0

***


ザ―――――――――……


サツキ「メイが傘を持ってきさえすれば、こんなことにはならなかったのだ……」ブツブツ

メイ「お地蔵様、ちょっと雨宿りさせてください!」パンパン

サツキ「やめろと言うのだ!! こんな石の塊に何故許可を得ねばならん!! こんなものッ!!」ドガッドガッ

メイ「お姉ちゃん! ばちが当たるよ!」

サツキ「黙れ黙れ!! お前のその思考回路が納得いかん! 理解できん!! もっと現実的な物の見方を出来んのかあああああああああ!!!!!!!!!!」







カンタ「……」






サツキ「……見世物じゃねえぞ……」



カンタ(うっわぁ怖えー……)


39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 13:58:21.97 ID:njYSgEcw0
カンタ「……ん!」つ傘

サツキ「?」

カンタ「ん! ん!」つ傘

サツキ「……。かたじけない……。良かったな、メイ」スッ


カンタ「……」クルッ タッタッタ





サツキ「一本しかないな……。メイ、お前は濡れて帰れ」

メイ「……」




カンタ「……」タッタッタ

カンタ「妹に貸してやれよ!!!!」゚A`)≡〇)`Д゚).・;'∴バキッ 


40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 14:00:05.71 ID:E6NJI3Rko
カンタいい奴だな…


44 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 14:31:49.16 ID:njYSgEcw0
サツキ「何をする、この糞坊主!! 女を拳で殴りつけるとは許さんッ!! 許さんぞおおおおおおおおお!!!!!」(((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・バキッ


カンタ「うるせえッ!!! 前からテメエのことは気に喰わなかったんだ、このサイコ野郎!!!!」(p゚ロ゚)==p)`д)グハッ


no title


no title


no title


45 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 14:33:13.59 ID:E6NJI3Rko
小学生のケンカは小学生のケンカだったwwww


46 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 14:35:02.45 ID:2a+JcKATo
小学生の男女が取っ組み合いするシーンほんとすき


47 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 14:41:01.91 ID:njYSgEcw0

***


カンタ宅


カンタ「だーから、転んだのー!!」

カンタ母「どこの世界に尻がパンパンに腫れる転び方があるんだい!!」ポカン

カンタ「いってえ!!」

カンタ母「どうせ悪さして先生に叩かれたんでしょうがッ!!!」

カンタ「ちがわいッ!!」


48 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 14:53:55.26 ID:njYSgEcw0

サツキ「御免」ガラガラ

カンタ母「あら、サツキさん……。それにメイちゃんも」

サツキ「お宅のご子息に傘をお借りしたので返しに来た次第です。大変助かったと伝えてください」

カンタ(なんだ、意外と義理堅い性格だな……)

カンタ母「借りたって……サツキさん、ずぶ濡れの泥だらけじゃないかい! それに顔に痣まで! 誰にやられたんだい! 今手当するから中に入りなさい!」

サツキ「いえ、心配には及びません。ちなみにカンタ君にやられました。それでは」ペコリ タッタッタ







カンタ母「お前、女の子に手をあげたねッ!!!!!!」ガシッ

カンタ「あいつ、チクリやがった!!!」



no title


49 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 15:03:42.95 ID:njYSgEcw0


サツキ、テメー!!! オボエテロ!!!! グアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!




メイ「叫び声が聞こえる……」

サツキ「気分爽快と言ったところだな」

メイ「今からお父さんを迎えにいくの?」

サツキ「ああ。父上をずぶ濡れにするわけにもいくまい」


50 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 15:12:48.85 ID:IrWHvf/BO
なんだわりとしっかりしてるじゃないか(錯乱)


54 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 15:28:09.21 ID:njYSgEcw0

***


ブロロロロロ…


メイ「お父さん、バスに乗ってなかったね」

サツキ「次のバスかも分からん……」

メイ°。。(´-ω-`)

サツキ「……眠いのか?」

メイ「む……」

サツキ「……そうか」





30分後


メイZzzzz (*´﹃`*)フラッフラッ


サツキ「……遅い」





30分後


メイo(_ _o)・・ * パシャッ!! zzzzzz


サツキ「……遅い」


57 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 15:41:39.09 ID:njYSgEcw0

ザ―――――――――



メイ(-o-)。o○スヤスヤ・・・

サツキ「……」

トトロ「……」











no title

サツキ


58 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 15:42:16.41 ID:WnpNhA0q0
よかった・・・・!トトロがいてくれて本当によかった・・・・!


60 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 15:47:31.42 ID:4em/onONO
なんて顔してやがるんだ。


61 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 15:48:33.69 ID:njYSgEcw0


サツキ「うわあああああああああああああああ!!!!!!!!!! なんだッ貴様ッ!!! なんだ貴様はあああああああああああああああ!!!!!!!!!!?」


トトロ「……」


サツキ「違うッ!! あり得んッ!! 認めんッ!!!! お前は存在しないッ!!!! し得ないッ!!!!!!!!」ガタガタガタガタ


トトロ「グオオオオオオ……」


サツキ「幻覚だっ! そうに決まっているッ!!! 殴られ過ぎておかしくなったんだきっと!! カンタ許さん、絶対に許さん!」ガタガタガタガタ


64 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 15:53:37.52 ID:E6NJI3Rko
サツキも純粋な心を持ってたんだね…


67 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 15:58:17.41 ID:njYSgEcw0

***


10分後



メイ(-o-)。o○スヤスヤ・・・

トトロ「……」

サツキ「わ、私の今までの人生観が……崩れ去る……」アワアワアワアワ


サツキ(着ぐるみかと思って毛をむしったら地肌が見えた……。念のため爪で傷をつけたら血が出た……)

サツキ(こ、これはもう……生き物としか……)


トトロ「……」


68 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 16:00:16.06 ID:8EczCF1JO
ナチュラルに攻撃してやがるwwwwww


69 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 16:05:05.77 ID:njYSgEcw0

サツキ(……そうだ、こういう生き物なのだ! 新種の生き物を発見した、それだけのことにすぎない!)ハッ

サツキ(だがトトロはいないと言った以上、トトロと命名するわけにはいかん……。うーむ……)



トトロ「……」





***


5分後


サツキ「命名ッ!! サツキオオヤマネコッ!!!!!!!!!!」ビシッ

トトロ「!」ビクッ


71 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 16:18:51.39 ID:njYSgEcw0
サツキ「はははははは!! 新種だと考えればなんてことないではないか!!! お前、こんなところまで何の用だ? 餌を貰えると思ったのか?」

サツキオオヤマネコ「……」

サツキ「残念だったな! 私たちは何も持っておらんぞ! ハハハ! 何がトトロだ! 馬鹿馬鹿しい!! お、丁度バスが来たようだ!」





猫バス「」ダカッダカッ











no title

サツキ


72 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 16:25:59.79 ID:njYSgEcw0


***


草壁宅



サツキ「私は見たのだッ!!! 目から光を放ち、足は6対、体は空洞になっている巨大な猫を!!」

お父さん「お、落ち着きなさい……。どうしたんだい……?」ビクビク

サツキ「そ、そのなかに、あのサツキオオヤマネコが……」

メイ「それ! トトロじゃない!?」キャッキャッ

サツキ「違うッ! サツキオオヤマネコだッ!!」

お父さん「なんだいそれ……」


73 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 16:36:36.01 ID:njYSgEcw0

サツキ「疑いの目を向けるのですかッ!? メイには賛同し、私は拒絶するのですかッ!!」

お父さん「いや……トトロはまだ信憑性があるんだけど、その……仮に猫バスとしよう。猫バスは目から光を放っていたって?」

サツキ「そうです! あれは外灯の光が反射して光って見えたとか、そういう次元じゃありません! 坂を上ってくる段階で光線が見えたのですから!!」

お父さん「それ、何のために光を放ってるの?」

サツキ「それは勿論、夜道を照らすためでしょうがッ!!」

お父さん「……。目が光ってたら、本人は見えないんじゃない?」

サツキ「……」

お父さん「いや、サツキのことを嘘つきだと思ってるんじゃなくてね……?」

サツキ「で、でも! 見たの!! あ、いや、見たのだ!! 確かにこの目で!」


77 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 16:49:34.43 ID:njYSgEcw0
お父さん「足が6対の哺乳類かぁ……。末端に血を送るために相当強い心臓がいるよなぁ……」

サツキ「……」

お父さん「……でも体は空洞……と……。あれ、心臓はどこ?」

サツキ「もう!!!! 馬鹿にして!!! ほんとにそういう新種の猫を2匹、みたんだから!!!!」ムキー



お父さん「それはきっと、ただの生き物じゃないんだよ」

サツキ「で、でも!」

お父さん「僕はね、サツキは本当にトトロや猫バスに会ったんだと信じてるよ。きっと僕には見えないだろうけど」

サツキ「……」

お父さん「この世には不思議なものが、たくさんいるんだよ。でも優しい純粋な心でいないと見えなくなっちゃうんだ」

サツキ「……うん」



お父さん「……また会いたいだろ?」

サツキ「うん。会いたい」


お父さん「だったら、これからはメイにも優しくしてあげよう」

サツキ「うん」




お父さん「さ、晩御飯にしよう! あと、ニーチェの本は僕が燃やしておく。あれは良くない」

メイ「ごはんごはん!!」


84 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 17:00:01.47 ID:njYSgEcw0


***


カンタ「それからのサツキは人が変わったように優しくなった。いつも妹の面倒を見て、迷子になった時は死に物狂いで捜しまわっていた」

カンタ「先生も特別学級の設立に頭を悩ませる必要もなくなり、ホッとしているようだ」

カンタ「他の男子は以前とのギャップがたまらないと言っている。ただ……」






サツキ「カンタ、てめえ表出ろ」

カンタ「返り討ちにしてやる」






カンタ「俺にだけは何故か厳しい」




おしまい


87 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 17:09:41.98 ID:ruf5hvhh0
乙でした
やったねカンタある意味特別扱いだよ


88 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 17:11:21.95 ID:2W2UO4yRo



サツキの黒歴史確定だろうなw


91 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 18:05:32.42 ID:GPl34AZAO
乙 故にニーチェは滅ぼさなければならない


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435288453/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ