Powered By 画RSS


高垣楓「Sea Is A Lady」

1 : ◆eBIiXi2191ZO 2015/07/01(水) 18:41:38.25 ID:LvbKK3q50
・モバマス・高垣楓さんのSS
・書けば水着楓さんが来るときいたので
・雰囲気オンリー
・超短い




2 : ◆eBIiXi2191ZO 2015/07/01(水) 18:43:57.75 ID:LvbKK3q50
楓「Pさん。このまま、逃げちゃいましょうか……」

P「えっ?」

 Pさんに、そんなことを言ってみた。

P「え? いきなり逃げるって……どこへです?」

楓「私たちふたりのことなんか、だーれも知らない。どこか遠い遠い異国、とか」

P「あーいいですねー。でもその前に仕事しますかねー」

 抑揚のないPさんの生返事。
 私は目の前に広がる海を眺め、頭の中で逃避行を試みる。

楓「ふたりで、バナナ農園とか経営したりして」

P「なんでバナナなんすか」

 まあ現実はそれを許すはずがないけれど。

 リゾートで、水着の撮影。
 羞恥の心が占める今の気分は、逃避にもってこい。


3 : ◆eBIiXi2191ZO 2015/07/01(水) 18:45:16.13 ID:LvbKK3q50
楓「ところでPさん」

P「はい」

楓「やっぱり、恥ずかしいですね」

P「温泉じゃあ平気だったのに?」

楓「あれはまあ、趣味ですから」

 この仕事をはじめて、肌を露出することの抵抗感はいくぶん薄らいだとは、思う。
 ただやっぱり、水着ってこう特別ななにか、がある気もするのだ。
 趣味に浸る愉しみとは、そもそも比較対象が違うように感じる。

P「じゃあ、やめます?」

楓「いえ」

 私は即答で否定する。

楓「Pさんが厳選した仕事でしょう?」

P「ええ、そうですね」

 彼はほほを掻いた。

楓「なら、完遂します。私たちは運命共同体じゃないですか」

P「運命共同体、ねえ……ま、そうですかね」

 Pさんはプロデューサーで、私はアイドル。
 ビジネスライクに見えても、そう割り切ることのできない関係。
 それがどうにも歯がゆいことだって、ある。


4 : ◆eBIiXi2191ZO 2015/07/01(水) 18:46:27.31 ID:LvbKK3q50
楓「実をいうと、私。泳ぎ、苦手なんです」

P「え?」

楓「それに、肌も弱くて……熱出しちゃうときもあるんですよ?」

P「楓さん、それならそうと」

楓「でも」

 私は、Pさんの言葉をさえぎる。

楓「Pさんの取ってきてくれたお仕事でしょう?」

楓「なら、完遂するのは当然です。Pさんを、信頼してますから」

 たとえ長く一緒にいたところで。
 お互いに分かり合える機会は、そう多くない。
 ただやみくもにサインを出し合ったりしたところで、受ける相手が分かってくれなければ、意味がない。

 言葉は、大事だ。


5 : ◆eBIiXi2191ZO 2015/07/01(水) 18:47:41.98 ID:LvbKK3q50
P「……」

 Pさんはため息をひとつ。

P「よろしくお願い、します」

楓「大丈夫ですよ? Pさんが支えてくださる、でしょ?」

P「……ええ」

 日差しはいよいよ暑く、私を照らす。

楓「さ。撮影の続き、はじめましょうか。あんまりスタッフさんたちを待たせたら、干からびちゃいますし」

 私は白のビキニをひらめかせ、停泊しているクルーザーに歩いていく。
 スイッチが入る。

 熱を、帯びる。

楓「じゃあ続き、よろしくお願いします」

 伸び行く水平線に想う。
 私は、アイドルで。彼は、プロデューサーで……





6 : ◆eBIiXi2191ZO 2015/07/01(水) 18:48:58.23 ID:LvbKK3q50



 夕暮れ。
 赤く焼けた空を見ながら、考える。

 今日の仕事も、つつがなく。
 たぶん、楽しくできただろうと思っている。
 それはPさんのフォローのたまものであるとも、感じてる。

 でも。

楓「うーみーはー ひろいーな おおきーいなー」

 なんとなく口ずさんでいる、と。

P「お、楓さん。お疲れさまです」

楓「あ。お疲れさまです」

 彼がやってくる。そのとき、ふと。
 熱の残滓が、よみがえってきた。

P「今回はいろいろと、ほんと、ありがとうございます」

楓「いえ。Pさんがいてくれたから、ちゃんとやれました、よ?」

P「疑問形ですか」

楓「ふふっ」

 互いに海を見やる。


7 : ◆eBIiXi2191ZO 2015/07/01(水) 18:50:00.48 ID:LvbKK3q50
楓「Pさん」

P「はい?」

楓「海は、英語で?」

P「……sea、ですね」

 私の熱は、再び高まっていく。

楓「……海は、たのsea……」

P「……楓さん」

楓「……うれsea、たのsea、だいski……」

P「……」

楓「スキーは、冬でしたね……ふふっ」

P「……まったく」

 彼の呆れ顔は、何度見ても飽きない。
 もっとも、こんな軽口にのってくれるのも、彼だけ。


8 : ◆eBIiXi2191ZO 2015/07/01(水) 18:50:50.34 ID:LvbKK3q50
楓「楽しかったです」

P「楽しめましたか」

楓「ええ」

P「そりゃよかった。身びいきかもしれないですけど、完璧、でしたよ」

楓「Pさんがいてくれたから、ですね」

P「いや、そんなたいそうなもんじゃ」

 そういう彼の口を、指で押さえる。

楓「私は、そう思ってます」

 私は高ぶるなにかにまかせ、正直に打ち明ける。

楓「海って、女性なんですよね」

P「……ですってね」

 水平線のかなたに、夕陽が沈む。

楓「昼間、このまま逃げちゃおうかなんて、言ったじゃないですか」

P「言いましたねえ」

楓「その言葉……ウソでも冗談でも、ないんですよ」

P「え?」


9 : ◆eBIiXi2191ZO 2015/07/01(水) 18:51:46.73 ID:LvbKK3q50
 私は熱に、浮かされている。
 それはきっと、昼の残滓だけでなく。目の前のトロピカルカクテルだけでなく。

楓「Pさんはプロデューサーで、私はアイドルで」

楓「それは、いつだってどこだって、変わらないもので」

楓「でも、それがたまらなく苦しいこと、あるんです」

P「……ちょっ」

 夕闇がそばまで、近づいている。
 私は彼を、見つめる。

楓「あなたと、逃げてしまいたい。そう思うんです」

P「……」

 Pさんはなにも言えず。私はただ、目を伏せた。

楓「無理だというのは、分かってます。でもそんな衝動、感じるんですよ」

楓「だけど衝動のままに逃げたら、この海の女神に嫉妬されそうで。そう思いません?」

P「……楓さん」


10 : ◆eBIiXi2191ZO 2015/07/01(水) 18:52:56.69 ID:LvbKK3q50
 夜が近づくからこそ、言える。
 これは私から仕掛けた最初で最後の、ラブアフェア。

楓「欲しいんです、Pさんの」

 私は、Pさんに近づき。

楓「『私を、押し倒したい』って、言葉を」

 唇を。
 奪う。

 海の女神が、見てる。宵闇を視線にとらえ、私は告げた。

楓「私と一緒に、逃げてください……今は、無理でも」

楓「たとえ、嫉妬に焼かれても……」


11 : ◆eBIiXi2191ZO 2015/07/01(水) 18:53:55.79 ID:LvbKK3q50


 私と彼と。
 やや早い夏の残滓が、ふたりを包んだまま。

 夜が、やってくる。



(おわり)


12 : ◆eBIiXi2191ZO 2015/07/01(水) 18:55:30.81 ID:LvbKK3q50
おわりです

勘のいい方はお分かりかと。角松敏生です
楓さんの水着姿、美しいですわ。では ノシ


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/01(水) 20:58:54.61 ID:0pRRRRcUo
おつおつ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435743688/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ