Powered By 画RSS


美琴「食蜂? あいつはセ○レみたいなものよ」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/14(土) 01:51:46 ID:Dr1C5AV.
佐天「でも付き合ってるんですよね?」

美琴「告ってきたのはあっちからだし。ヤらせてくれるから付き合ってるだけよ」

佐天「うわっ、ひど」

美琴「まあ胸は大きいし、すぐ濡れるし、感じやすいし、セフレとしては最高だけどね」

佐天「本気で付き合う気はないんですか?」

美琴「あいつって結構めんどくさいのよね。重いって言うの?」

佐天「そうさせてるのは御坂さんですよ」

美琴「って言われてもねぇ……本命ができるまでのキープよ、あいつは」

佐天「刺されても知りませんよ」

美琴「そうなっても逆に押し倒して犯してやるわ」




4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/14(土) 18:06:13 ID:Dr1C5AV.
操祈の部屋

美琴「操祈、ただいま」

食蜂「おかえりなさぁい、御坂さん」

美琴「……操祈っ!」ギュッ

食蜂「きゃっ。ちょっとぉ、急になによぉ」

美琴「私がいなくて寂しかった?」

食蜂「別に寂しくなかったけどぉ? むしろひとりで快適だったわぁ」

美琴「ふ、ふぅん……アンタそういうこと言うんだ」

食蜂「もぉ~ウソに決まってるでしょぉ。はやく帰ってこないかなぁって思ってたゾ☆」

美琴「ったくコイツは……」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/14(土) 19:47:53 ID:Dr1C5AV.
食蜂「御坂さん傷ついちゃったぁ?」

美琴「別に傷ついてないし」

食蜂「やぁん、そんな拗ねないで? チューしてあげるから許して、ね?」

美琴「……キス?」

食蜂「うん。だから許してくれる?」

美琴「まあ私はもともと怒ってないけど……み、操祈がどうしてもキスしたいって言うなら付き合ってあげなくもないけど」

食蜂「ど・う・し・て・もぉ」

美琴「そ、それならしょうがないわね。キスさせてあげるわ」

食蜂(御坂さんってばかーわいっ♪)


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/15(日) 01:29:06 ID:cA.Hgnsg
食蜂「んー……ちゅ♡ ちゅ、ちゅ♡ ん、んっ、んぅ♡」

美琴「ん、ふあっ……ちゅっ、ちゅ♡ ん、んぁっ、ちゅ、ちゅ、ちゅ♡」

食蜂「ぁンっ♡ やぁん、もぉ……御坂さんがっつきすぎぃ♪」

美琴「だって操祈の唇やわらかいから……」

食蜂「そうやって私のせいにしてぇ」

美琴「ご、ごめん」

食蜂「まぁ別にいいけどぉ。私も激しいの好きだし」

美琴「じゃあもう1回……キスしていい?」

食蜂「えぇ~もう1回? もぉ~御坂さんってばホントに甘えんぼなんだからぁ♪」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/15(日) 05:14:40 ID:cA.Hgnsg
美琴「ちゅ、んぅ……ちゅっ♡」

食蜂「んっ、んむっ♡ あっ……ちょっとぉ、今お尻触ったでしょぉ?」

美琴「う……ダメだった?」

食蜂「いいって言った覚えはないけどぉ? ホント節操なしねぇ」

美琴「で、でも私……したいし」

食蜂「キスするとすぐしたがるの、御坂さんの悪いクセだゾ?」

美琴「あ、アンタはどうなのよ。したくならないの?」

食蜂「私は御坂さんと違って我慢できるしぃ」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/15(日) 05:17:38 ID:cA.Hgnsg
食蜂「大体まだ夕方だしぃ、いくらなんでも早すぎじゃなぁい?」

美琴「アンタからキスしたいって言ってきたんだから最後まで責任持ちなさいよ」

食蜂「キスだけで発情しちゃう御坂さんがおかしいのよ」

美琴「そうかもしんないけど……それだけ操祈のことが好きなのよっ」

食蜂「それは嬉しいけどぉ、それとこれとは話が別っていうかぁ」

美琴「……操祈のケチ」

食蜂「もぉ~拗ねちゃイヤ☆ 夜になったらさせてあげるから、ね? ミコたん」

美琴「わかったわよ……夜まで我慢する」

食蜂「よしよし、ミコたんイイ子だゾ♪」ナデナデ

美琴「ふにゃあ……」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/17(火) 00:12:46 ID:elqE6gaw
美琴「操祈ぃ……」ムギュッ

食蜂「あんっ……♡ どうしたのぉ? 今日はいつにも増して甘えんぼさんねぇ」

美琴「操祈のおっぱい、やわらかい……」スリスリ

食蜂「あっ、こらぁ……夜まで我慢するんでしょぉ?」

美琴「うん、だからおっぱいだけ」

食蜂「まったくもぉ……晩御飯の時間までだゾ?」

美琴「じゃあ……おっぱい枕、してくれる?」

食蜂「流れでエッチしようとしちゃダメだゾ?」

美琴「し、しないって!」

食蜂「どうかしらぁ。御坂さんすぐ発情しちゃうから」

美琴「絶対我慢する!」

食蜂「ま、それならいいけどぉ……じゃあおいで? ミコたん」

美琴「……操祈っ!」ガバッ

食蜂「きゃんっ♪」


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 18:55:54 ID:5zu7OTJc
美琴「ふあ……操祈のおっぱいあったかい……」

食蜂「ミコたんはホントにおっぱい大好きよねぇ♪」ナデナデ

美琴「操祈のおっぱいだから好きなの」スリスリ

食蜂「やんっ♡ あんまり顔動かしちゃやぁ……くすぐったいでしょぉ?」

美琴「でもやわらかくてキモチいいんだもん」

食蜂「だからってぇ……あっ、んっ♡ もぉ、ダメだって言ってるのにぃ……あんっ♡」

美琴「操祈ぃ……好き、好き……」スリスリ

食蜂「こらぁ、ミコたんってばぁ……♪」


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/18(水) 19:12:02 ID:5zu7OTJc
美琴「操祈……ちゅ、ちゅ♡ 大好き、ちゅっ♡」

食蜂「んっ……ちょっとぉ、どこにキスしてるのよぉ」

美琴「キスマーク、操祈は私のものだって証拠」

食蜂「首筋はダメだっていつも言ってるでしょぉ?」

美琴「どこだったらいい?」

食蜂「まわりから見えないところ」

美琴「じゃあ……おっぱいにつけていい?」

食蜂「えぇ~? おっぱい?」

美琴「うん。ね、いいでしょ? ボタン外していい?」

食蜂「しょうがないわねぇ……ミコたんはホントにエッチなんだから♪」


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/19(木) 01:45:15 ID:xXIepa/A
美琴「あ……一昨日つけたやつ、まだ残ってる」

食蜂「ミコたんが強く吸いすぎるから全然消えないのよ」

美琴「すぐ消えちゃうようじゃ証拠にならないでしょ」

食蜂「こんなことしなくても私はアナタだけのものよぉ?」

美琴「わかってるけど、それでもつけたいの。操祈の肌スベスベでキモチいいし」

食蜂「ミコたんはただおっぱいしたいだけでしょぉ?」

美琴「ち、違うわよ! おっぱいも好きだけど、一番は操祈が好きだからだもんっ」

食蜂「くすっ、ミコたん必死すぎぃ♪ ね、それよりも少し寒いわぁ」

美琴「あ、ごめ……ボタン外したせいよね」

食蜂「うん、ミコたんのせい。だからぁ……早くミコたんのキスであっためてぇ?」

美琴(……どうしようエッチしたいエッチしたい操祈とエッチしたい)


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/19(木) 03:43:09 ID:xXIepa/A
美琴「ん、んーっ、ちゅっ♡」

食蜂「あんっ……♡ ちゃんとつけられたぁ?」

美琴「うん、綺麗にできた」

食蜂「ふふっ、ミコたんよくできましたぁ♪」ナデナデ

美琴「……晩御飯までまだ時間あるわよね」

食蜂「そうねぇ……ミコたん、もうおっぱいはいいのぉ?」

美琴「おっぱいもしたいけど……や、やっぱりエッチしない?」

食蜂「……絶対我慢するんじゃなかったのぉ?」

美琴「だって操祈が誘うようなこと言うから……ね、いいでしょ? しよ、しよ」

食蜂「やんっ……♡ だ、ダメよぉ、エッチは寝る前って、あんっ♡ あっ、やぁん♡」

美琴「操祈、好き、愛してる……ちゅっ、ちゅっ♡」

食蜂「あっ、んぅ……♡ ミコたん、イイ子だから我慢して、ね? やっ、ダメだってばぁ、はぅ……♡」

美琴「我慢なんて無理……操祈可愛い、好き、好き」

食蜂「あっ、あっ、あっ……♡」


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/19(木) 17:15:09 ID:xXIepa/A
美琴「操祈の声可愛い……もっと聞かせて?」

食蜂「お、おだてたってダメなんだからぁ、ぁんっ♡」

美琴「ホント可愛い……操祈、ブラ外すね」

食蜂「ちょっ、こらぁ……御坂さぁん、いい加減にしないとぉ……御坂さんのこと嫌いになるゾ?」

美琴「えっ……ま、待って! わかった、もうやめるから!」

食蜂「じゃあ今すぐ私の上からどいて」

美琴「は、はいっ」

食蜂「ふぅ……ねぇ、御坂さん? 御坂さんはさっき夜まで我慢するって私と約束したわよねぇ?」

美琴「しました……」

食蜂「私が約束破られるのすごく嫌いだってこと、御坂さんは知ってるでしよぉ?」

美琴「知ってます……」

食蜂「御坂さんは約束破るような悪い子なの?」

美琴「違います……」

食蜂「じゃあちゃんと夜まで我慢することっ。わかったぁ?」

美琴「はぁい……」


26 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/19(木) 17:29:22 ID:xXIepa/A
美琴「操祈、あの……ホントにごめん」

食蜂「ミコたん、そんなに落ち込まないで? もう怒ってないから」

美琴「……私のこと嫌いにならない?」

食蜂「ならないっ♪ ミコたんのこと大好きだゾ♡」ギュッ

美琴「あ……えへへ、操祈ぃ♪」

食蜂「ミコたんをその気にさせちゃった私にも責任あるしぃ、まだ時間あるからぁ……」

美琴「あるから?」

食蜂「おっぱいする? ミコたん」

美琴「するっ!」


30 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/21(土) 01:17:03 ID:FgqR6ecY
翌日

美琴「操祈、起きて。もう9時よ」

食蜂「んん……? もう朝ぁ……?」

美琴「うん。早く起きて」

食蜂「えぇ~……まだねむぅい……」

美琴「ダメよ、今日はふたりで出かける予定でしょ」

食蜂「でも眠いんだもん……御坂さんが全然寝かせてくれなかったからぁ……」

美琴「な、なに言ってんのよ、もうっ!」

食蜂「御坂さんだって眠いでしょぉ? もう少し寝ましょぉ……」

美琴「ダメだって! あ、コラ! 布団かぶるんじゃない!」


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/21(土) 01:20:37 ID:FgqR6ecY
食蜂「じゃあ御坂さんが腕枕してくれたら起きる」

美琴「腕枕したら寝るでしょうが!」

食蜂「10分したら起きるからぁ」

美琴「ホントでしょうね」

食蜂「絶対起きるからぁ、ね? おねがぁい」

美琴「しょうがないわね……ほら」

食蜂「ありがとぉ♪ 美琴大好き♪」

美琴「ったく、調子いいんだから……私も愛してる」


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/21(土) 01:23:33 ID:FgqR6ecY
食蜂「美琴の腕枕、安心する……また眠くなってきちゃったぁ」

美琴「ちょっと、ホントに寝ちゃダメよ」

食蜂「んーでもこれって美琴が昨日あんなに激しくしたからよねぇ」

美琴「う……それは悪いと思ってるけど」

食蜂「あら、別に悪くないわよぉ? オオカミさんな美琴も素敵だしぃ♡」

美琴「そ、そう?」

食蜂「うん。美琴に求められると私も嬉しいもん♪」

美琴「そのわりには我慢させられることが多い気がするんだけど」

食蜂「だってぇ、その方がいっぱい可愛がってもらえるしぃ」

美琴「我慢しなくてもいっぱい可愛がるわよ!」


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/21(土) 01:27:17 ID:FgqR6ecY
食蜂「えーホントぉ?」

美琴「ホントよ! なんならその……い、今からだって!」

食蜂「本気で言ってるのぉ? 美琴ってば盛りすぎぃ」

美琴「だ、だって操祈の胸がずっと当たってるから……」

食蜂「私のおっぱいのせいでエッチしたくなっちゃったの?」

美琴「……うん」

食蜂「昨日あれだけしたのに?」

美琴「操祈ぃ……ダメ?」

食蜂「もぉ~……ミコたんにそんな顔されたら断れないじゃない♪」


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/21(土) 01:29:30 ID:FgqR6ecY
食蜂「ミコたん、このあとシャワー浴びるんでしょぉ?」

美琴「うん、その予定だけど」

食蜂「じゃあ一緒に入るぅ?」

美琴「それって……」

食蜂「ふたりで背中流しっこしたあとぉ……そのままお風呂でエッチするの♡ どう?」

美琴「し、したいっ! お風呂でエッチ!」

食蜂「こらぁ、最初は流しっこだゾ? わかってる?」

美琴「わかってるって! ほら、早く起きましょ!」

食蜂「くすっ、ミコたんもうオオカミさんの目になってるゾ♪」


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 20:50:06 ID:k0Z5S.tw
デート中

食蜂「御坂さぁん、ちょっと疲れたわぁ」

美琴「じゃあそこのベンチで少し休もっか」

食蜂「そうしましょぉ」

美琴「先座ってて。なんか冷たい飲み物買ってくるわ」

食蜂「飲み物もいいけどぉ、向こうでかき氷売ってたでしょぉ? あれがいいわぁ」

美琴「さっきお昼食べたじゃない」

食蜂「だからぁ、ひとつだけ買ってふたりで半分こしましょぉ」

美琴「まぁそれならいいけど。何味がいい?」

食蜂「御坂さんの好きなの」

美琴「ん、じゃあちょっと待ってて」


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 01:29:44 ID:ecQR8uZ2
食蜂「はい、ミコたん? あ~んっ♪」

美琴「い、いいからそういうの」

食蜂「えぇ~? よく食べさせてぇ~って甘えてくるじゃない」

美琴「外じゃ恥ずかしいのよっ」

食蜂「これくらい女の子の戯れだから平気☆ はい、あ~んっ♪」

美琴「わかったわよ……あむっ」

食蜂「おいしい?」

美琴「おいしいけど、キーンってきた……」

食蜂「かき氷ってそういうものだしぃ」


39 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 02:24:49 ID:ecQR8uZ2
食蜂「はい、もう一口。あ~んっ♪」

美琴「私よりも操祈が食べなさいよ。アンタが食べたいって言ったんだし」

食蜂「じゃあ美琴が私に食べさせて?」

美琴「言うと思った……ほら、あ、あ~んっ」

食蜂「美琴、顔真っ赤ぁ」

美琴「しょうがないでしょっ」

食蜂「部屋じゃもっとノリノリでしてくれるのにぃ」

美琴「いいから早く、ほら、あーんっ!」

食蜂「あむっ……うーん、冷たぁい。でもおいしぃ♪」

美琴「それはよかったわ」

食蜂「きっと美琴が食べさせてくれたからね」

美琴「もう、バカね……まだ食べるでしょ? はい、あーんっ♪」


41 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 13:43:42 ID:ecQR8uZ2
食蜂「はぁ、おいしかったわぁ」

美琴「結局ひとりでほとんど食べたわね」

食蜂「甘いものは別腹だったみたいねぇ」

美琴「アンタって甘いもの結構食べて運動全然しないのに太らないわよね」

食蜂「そうねぇ。栄養が全部おっぱいにいってるのかも」

美琴「あーはいはい。羨ましい体質だこと」

食蜂「美琴だって私のおっぱいが大きくなったら嬉しいでしょぉ?」

美琴「それはまあ……嬉しいけど」

食蜂「くすっ、美琴のエッチ♡」


42 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/28(土) 08:17:13 ID:ZfmQOY02
食蜂「それにぃ、運動全然しないっていうのは間違いよねぇ」

美琴「なに言ってんのよ。大の運動嫌いでしょうが」

食蜂「だってぇ、美琴とほぼ毎日夜の運動に励んでるじゃない♡」

美琴「あ、あれは運動とは言わないから!」

食蜂「あとはぁ、美琴がたくさんおっぱいしてくるから大きくなってるのかも」

美琴「揉めば育つなんて都市伝説よ!」

食蜂「もしかして自分で試してみたことあるのぉ?」

美琴「ほっといて!」


44 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/01(日) 09:04:43 ID:2ZUfexSs
食蜂「でも最近ブラがきつくなってきたのはホントよぉ?」

美琴「そ、そうなの?」

食蜂「うん。だから今度新しいの買いに行こうと思ってるんだけどぉ……美琴も一緒に来てくれる?」

美琴「なんで?」

食蜂「美琴好みのエッチな下着買おうと思って」

美琴「あ、アンタはもうっ……! 私も絶対行くから」

食蜂「そう言ってくれると思ってたわぁ♪」


46 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/01(日) 20:23:19 ID:2ZUfexSs
美琴「操祈の下着……どんなのがいいかしら」

食蜂「ちょっとぉ、今すぐ考えてとは言ってないでしょぉ」

美琴「あ、ごめん」

食蜂「気が早いんだからぁ」

美琴「ふぅー……落ち着いたら少し眠くなってきたわね」

食蜂「昨日今日とあれだけ張り切ったんだから当然よねぇ」

美琴「違うわよ! 単純にお昼食べたあとだから!」

食蜂「あれだけして眠気に関係ないって言い切れる方がすごいんだけどぉ……」


47 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/01(日) 21:34:22 ID:2ZUfexSs
美琴「操祈は眠くないの?」

食蜂「今は平気かしら。朝は眠かったけど」

美琴「じゃあちょっとだけ肩貸してくれない?」

食蜂「寝ちゃうの?」

美琴「そんな本気で寝るわけじゃないわよ? 少しリフレッシュっていうか」

食蜂「んーそれならぁ……せっかくだから膝枕してあげるぅ♪」

美琴「そ、そこまでしてくれなくていいわよっ」

食蜂「遠慮しないで? 今朝腕枕してもらったしぃ、そのお返し♪」


50 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/02(月) 10:19:12 ID:4ML03Ds6
美琴「誰かに見られたら恥ずかしいから……」

食蜂「もぉー、お外じゃなんでそんな照れ屋さんなの? なんなら私が能力で人払いするわよぉ?」

美琴「そういう能力の使い方はダメって言ってるでしょ!」

食蜂「だってミコたんが素直になってくれないから」

美琴「でも……」

食蜂「ほら、早く靴脱いで? ミコたん、おいで♪」ポンポン

美琴「う……お、おじゃまします」

食蜂「はい、いらっしゃぁい♪」


51 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/04(水) 18:00:09 ID:LA9VxKoE
食蜂「ミコたん、私の膝枕はどう?」

美琴「ん……やわらかぁい」

食蜂「おっぱいとどっちがいい?」

美琴「え……それは……」

食蜂「怒らないから正直に答えて?」

美琴「……おっぱい」

食蜂「ふふっ、ミコたんらしくてなんか安心しちゃったぁ」

美琴「でも太ももだって大好きよ! すっごくやわらかいもん!」

食蜂「ありがとぉ♪ 優しいミコたんにはイイ子イイ子してあげる♪」ナデナデ

美琴「えへへ……操祈にナデナデされるの好きぃ……」


53 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/06(金) 19:34:02 ID:6Q5Af.D2
食蜂「ミコたんがこんなに甘えんぼさんだって知れたら、きっとさらにモテモテになっちゃうわねぇ」

美琴「私が甘えるのは操祈だけだもん」

食蜂「嬉しいわぁ♪ もっと甘えていいからね、ミコたん♪」

美琴「……ホント?」

食蜂「うん、なんでも言って?」

美琴「じゃ、じゃあ──」

食蜂「あっ、ちょっと待ってぇ……もしかしてやらしいお願いしようとしてるぅ?」

美琴「うっ……」

食蜂「やっぱりねぇ」


55 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/08(日) 18:30:33 ID:Dv6vK55A
食蜂「ミコたんってやらしいこと考えてるとすぐ表情に出るのよねぇ」

美琴「ウソっ!?」

食蜂「ホント☆ 私にはすぐわかるゾ」

美琴「能力使ってる?」

食蜂「使ってないし私の能力はミコたんに効かないでしょぉ!」

美琴「私ってそんなわかりやすいのかな……」

食蜂「きっとわかるのは私だけよぉ? ミコたんにエッチな目で見られすぎてわかるようになったの」

美琴「なんかごめん……」


57 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/08(日) 22:11:40 ID:Dv6vK55A
食蜂「とりあえずお願い言ってみてくれるぅ? それから考えるわぁ」

美琴「えっと……その、スカート捲ってほしい、です……」

食蜂「……この状態で?」

美琴「はい……」

食蜂「ミコたんどうしちゃったの? 昨日からずっと発情期?」

美琴「こんな近くにあるから気になって……」

食蜂「そのうち目が合うだけで求められるようになりそうだわぁ」

美琴「そ、それはないって……たぶん」


58 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/13(金) 00:43:08 ID:GffQFIwI
食蜂「あれだけ恥ずかしいって言っておいて、私にはもっと恥ずかしいことさせようとするのねぇ、ミコたんは」

美琴「やっぱりダメ……?」

食蜂「さすがに外で下着見せるのはねぇ」

美琴「ちょっとスカート持ち上げてくれるだけでいいからっ」

食蜂「えぇ~……」

美琴「……操祈ぃ」

食蜂「はうっ……それ反則よぉ、ホント」

美琴「いいのっ!?」

食蜂「3秒だけだからねぇ……はいっ」ピラッ


61 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 04:15:34 ID:Fbhkga2g
食蜂「はい、おしまい。満足したぁ?」

美琴「……鼻血出そう」

食蜂「エッチのときいつも見てるじゃない。この奥も」

美琴「この体勢で見ると破壊力が違うの!」

食蜂「力説されても困るけどぉ……ミコたんが喜んでくれたならよかったわぁ♪」

美琴「操祈……外で変なことやらせちゃってごめんね」

食蜂「ううん、平気。言われたときはビックリしたけどぉ、ミコたんの熱い視線に私もドキドキしちゃったしぃ♡」

美琴「じゃあまたお願いしてもいい?」

食蜂「だからってすぐ調子に乗っちゃダメだゾ?」グリグリ

美琴「イタっ! う、ウソっ! もう言わないから!」


62 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 23:30:48 ID:FFrWCYpI
食蜂「まったくもぉ……普通のお願いはなんかないわけぇ?」

美琴「じゃあまたナデナデして、操祈」

食蜂「それならお安い御用だゾ♪」ナデナデ

美琴「ふにゃあ……操祈の手、キモチいい……」

食蜂「ミコたん、猫さんみたいで可愛い♪」

美琴「私、操祈の猫になる……にゃあ」

食蜂「ふふっ、じゃあもっと可愛がってあげるぅ♪ ほら、コショコショ~」

美琴「ふみゅう……」


64 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/19(木) 22:02:38 ID:GOp4L1Fs
佐天「あれー? もしかして御坂さんですかー?」

美琴「へ……さ、佐天さん!?」

佐天「やっぱり御坂さんだ。こんにちはー」

美琴「う、うん。こんにちは」

佐天「食蜂さんもお久しぶりです」

食蜂「お久しぶりぃ、佐天さん」

佐天「なんか邪魔しちゃったみたいですいません。あたしに構わず続けてもらっていいですよ?」

食蜂「ホントぉ? ミコたん、もう1回するぅ?」

美琴「するわけないでしょ!」


66 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/20(金) 00:13:01 ID:GnW4A5fo
佐天「いやーでもラブラブですね、おふたりは。こんなところで膝枕してイチャついてるなんて」

美琴「あ、あれはコイツがどうしてもって言うから……」

食蜂「えぇー? ナデナデはミコたんがねだってきたんじゃない」

美琴「いちいち言わないでいいから!」

佐天「御坂さん、照れないでいいですよ? 御坂さんの幸せそうな顔、バッチリ見ちゃいましたから!」

美琴「お願いだから忘れて……」

佐天「ところで御坂さんって普段ミコたんって呼ばれてるんですか?」

食蜂「これはぁ、甘えるときはこう呼んでほしいって御坂さんが──」

美琴「もう操祈は黙ってて!」


68 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/21(土) 17:07:10 ID:AzjU2av.
佐天「御坂さんって食蜂さんといるときは全然違う表情してるんですね」

美琴「そ、そう?」

佐天「なんかもうデレデレで、食蜂さんのこと大好きなのがすっごく伝わってきました」

美琴「さっきのはたまたまで、いつもはもっと普通だから!」

佐天「あはは、そんな照れないでいいのに……けどホント安心しました」

美琴「安心? なにが?」

佐天「御坂さん、昨日食蜂さんはセフレだって言うから、うまくいってないのかなと思って」

美琴「ちょっ……!?」

食蜂「……セフレ?」


71 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/22(日) 02:23:16 ID:4Li5CvlQ
食蜂「佐天さん、その話詳しく聞かせてもらえる?」

佐天「えっ……あ、いや、今のはそんな大した話でもなくて……」

食蜂「聞かせなさい」

佐天「で、でも……」

美琴「み、操祈? 佐天さんもあんまり話したくないみたいだし、無理に聞かなくても……」

食蜂「アナタは黙ってなさぁい」

美琴「……はい」


72 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/22(日) 23:32:58 ID:4Li5CvlQ
食蜂「それで、昨日なにを話したの?」

佐天「えと、御坂さんに食蜂さんと最近どうなんですかって聞いたら……その、あいつはセフレだって」

美琴「違うのよ、あれは言葉の綾で──」

食蜂「黙ってなさいって言ったのがわからなかったぁ?」

美琴「あ、う……」

食蜂「佐天さん、他にはなにか言ってた?」

佐天「いえ、それくらいで……」

食蜂「御坂さんを庇うのは勝手だけど、もしアナタの頭を覗いて記憶と違ってたらアナタもタダじゃおかないわよぉ?」

佐天「めんどくさい女で、本命ができるまでのキープって言ってました!」

食蜂「ふぅん、なるほどねぇ……」


73 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/23(月) 02:21:11 ID:p3KsUTaM
佐天「けどたぶんこれって御坂さんの照れ隠しで、本心じゃないと思うんで……」

食蜂「だからぁ?」

佐天「て、手加減してあげてくださいね」

食蜂「それは御坂さん次第かしら……とりあえず私達これから予定あるからぁ」

佐天「あっ、はい。邪魔者は消えますね、もうマッハで消えます! さよなら!」

食蜂「さようならぁ……さて、御坂さん?」

美琴「は、はいっ」

食蜂「私達は部屋に戻りましょうか……積もる話もあることだしぃ」

美琴「ひぅ……」ブルブル


75 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/26(木) 23:45:10 ID:3Ek5Wo6g
操祈の部屋

食蜂「ねぇ、御坂さん」

美琴「な、なんでしょうか」

食蜂「一応アナタにも聞いておくけど、さっき佐天さんが言ってたことは本当なのぉ?」

美琴「……本当です」

食蜂「御坂さんって私のこと好きでもなんでもなかったのねぇ」

美琴「違うの! 操祈のことは愛してる!」

食蜂「じゃあなんでセフレだなんて言ったのかしら」

美琴「なんか恥ずかしくて……」


76 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/27(金) 04:32:50 ID:3GFLhoyA
食蜂「恥ずかしいってなにがぁ?」

美琴「私、操祈にはすごく甘えてるから……」

食蜂「それで?」

美琴「友達にそういうの知られたくなくて……」

食蜂「まぁそこまではわかるけどぉ、御坂さんってシャイだし……それでなんでセフレ?」

美琴「そ、それは……ちょっと見栄張りたくなったというか……」

食蜂「恥ずかしいの関係ないじゃない」

美琴「ごめんなさい……」


77 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/27(金) 04:53:22 ID:3GFLhoyA
食蜂「御坂さんのシャイな性格、可愛いし好きだけどぉ……恥ずかしいって言えば私がなんでも許すと思ったら大間違いよぉ?」

美琴「わ、わかってます……」

食蜂「もしかしてこの期に及んで拙いウソで取り繕おうとしてる?」

美琴「ち、ちがっ……! 今のは騙そうとしたわけじゃなくて……!」

食蜂「まぁいいわぁ。本題から逸れたら話が長引くだけだし」

美琴「ほっ……」

食蜂「安心するところじゃないんだけど」

美琴「……はい」


81 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/28(土) 02:18:00 ID:5C5mi7Yc
食蜂「つまり御坂さんはぁ、カッコつけるためだけに私をセフレ扱いした、と……そういうことよねぇ?」

美琴「そう、です……」

食蜂「私よりも自分のちっぽけなプライドの方が大事なのねぇ」

美琴「そ、そんなことない! 操祈が一番大切だもん!」

食蜂「そんな言葉、信じられるわけがないわよねぇ……私達、もう別れましょうか」

美琴「え……」

食蜂「セフレって言われて冷めちゃったしぃ、御坂さんへの信頼力もなくなっちゃったもん」

美琴「ま、待ってよ……」

食蜂「まぁ御坂さんが望むならぁ、私のそばにおいてあげなくもないけど。セフレとして」


82 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/28(土) 21:41:01 ID:5C5mi7Yc
美琴「ぐすっ……操祈ぃ……」

食蜂「ちょっとぉ、なに泣いてるの? むしろ私の方が泣きたい気分なんだけどぉ」

美琴「ご、ごめんなさぁい……」

食蜂「言っておくけど、泣いたって許してあげないわよぉ?」

美琴「も、もう絶対セフレなんて言わないからぁ……ひぐっ、だからぁ……」

食蜂「信じられなぁい」

美琴「だから別れるなんて言わないでぇ……えぐ、み、操祈ぃ……」

食蜂「私の話聞いてるぅ? 信じられないって言ったんだけどぉ」

美琴「う、うっ……別れないでぇ、お願いだからぁ……」

食蜂「はぁ……」


84 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 02:54:36 ID:iYE2qdLs
食蜂「御坂さん、ちゃんと反省してるの?」

美琴「う、うん……もう、ぐすっ、もう絶対言わないっ」

食蜂「言葉だけの問題じゃないわよぉ? 心の中でセフレ扱いしてたら変わらないんだから」

美琴「し、してないっ! 操祈のこと愛してる!」

食蜂「それだけぇ? それだけじゃまだ信じられない」

美琴「えっと……操祈大好きっ」

食蜂「なにも変わってないんだけどぉ。もっと気持ちがこもった一言はないのぉ?」

美琴「操祈のこと絶対幸せにする! 一生かけても幸せにする!」

食蜂「それ、今言うことぉ……? まぁいいけどぉ……」


85 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 04:02:16 ID:iYE2qdLs
美琴「許してくれるの……?」

食蜂「特別にねぇ。2度目はないわよぉ?」

美琴「み、操祈ぃ……ぐすっ」

食蜂「ちょっとぉ、なんでまた泣き出すのよ」

美琴「あ、安心しちゃって……私、操祈と別れたくなかったから……」

食蜂「私だって別れるなんて言いたくなかったわよぉ」

美琴「ごめんね、ホントにごめんね……」

食蜂「わかってるならもう2度と言わせないでよぉ?」

美琴「うんっ!」


86 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/29(日) 04:20:38 ID:iYE2qdLs
食蜂「じゃあ美琴の涙も止まったことだし仲直りエッチでも──」

美琴「エッチ!?」

食蜂「……と思ったけどぉ、やっぱりなし」

美琴「な、なんでっ!?」

食蜂「今の食いつきっぷりがなんだか苛立たしかったから」

美琴「そんなぁ……」

食蜂「それにぃ、許すとは言ったけどタダで許すのも甘すぎる気がしてきたしぃ」

美琴「あ、あのぉ……?」

食蜂「悪い子にはオシオキが必要よねぇ……♪」

美琴「ひ、ひぃ……!」ブルブル


87 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/03(金) 06:26:22 ID:JqJDuRzU
3日後

佐天「──それで1週間エッチ禁止なんですか」

美琴「そういうこと……あと4日は操祈とエッチできないの」

佐天「よくわかんないんですけど、それってそんな辛いんですか?」

美琴「辛いわよ! しかもエッチだけじゃなくてキスもお触りも禁止なのよ!?」

佐天「は、はぁ……?」

美琴「ふたりきりのときもお喋りだけで終わりで、まともにイチャイチャできないし……」

佐天「あー……イチャついてるときの御坂さん、すごく幸せそうでしたもんね」

美琴「操祈と話すのはもちろん楽しいけど、やっぱりキスとかしたいもん……」


89 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/03(金) 20:27:50 ID:JqJDuRzU
佐天「ホントすいません……あたしが口滑らせちゃったせいで」

美琴「佐天さんは悪くないわよ。ウソでもセフレとか言った私の自業自得」

佐天「まぁたしかに……あんだけベタ惚れのくせしてよくセフレとか言えましたね」

美琴「そ、それはほら、少し気が大きくなってたというか……」

佐天「怒った食蜂さん、怖かったですか?」

美琴「怖いなんてもんじゃないわよ。別れるとまで言われたし」

佐天「むしろよく思い直しましたね、食蜂さんも」

美琴「いや、まあ……私、ボロ泣きしちゃったから」

佐天「なりふり構ってられなかったんですね……」


90 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/03(金) 21:53:35 ID:JqJDuRzU
美琴「結局操祈の優しさに甘えちゃってるのよね、私……」

佐天「今回はアレですけど、普段はいいんじゃないんですか? 食蜂さんも嬉しそうだったし」

美琴「迷惑じゃないかなってたまに思うのよ……」

佐天「迷惑だと思ってたらあんなイイ笑顔できませんって」

美琴「そうかな……」

佐天「そうですよー」

美琴「まあどちらにせよ今は甘えられないんだけど」

佐天「あ、あはは……それはしょうがないということで」


91 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/03(金) 21:55:06 ID:JqJDuRzU
美琴「しょうがないのはわかってるけど、操祈が平然としてるのがなんかショックで……」

佐天「どうしてですか?」

美琴「だって操祈は私とキスとかしなくても別に平気ってことだし……」

佐天「んーどうでしょう……ネガティブに考えすぎなんじゃ」

美琴「やっぱりあの一件で嫌われたのかも……」

佐天「まぁそれはありえなくないですけど」

美琴「どうしよう……」


92 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/04(土) 19:53:46 ID:H3ewGXNQ
縦ロール「女王、最近御坂さんと喧嘩しましたか?」

食蜂「なに言ってるのぉ? 私と御坂さんはいつでもラブラブだゾ」

縦ロール「でもここ3日ほど、御坂さんが泊まりに来てないようですし……」

食蜂「たしかにそうだけどぉ、別に喧嘩してるわけじゃないわよぉ?」

縦ロール「都合が合わないだけですのね」

食蜂「ううん、今はオシオキ中なの」

縦ロール「お、お仕置き?」


93 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/05(日) 15:24:14 ID:5Jt.775E
食蜂「そうよぉ。御坂さんが悪いことしたから絶賛オシオキ中なの」

縦ロール「いつもは御坂さんに激甘ですのに、どうしましたの?」

食蜂「はァーッ? はァーッ?? どこが激甘よぉ! 超厳しいんですけどぉ!」

縦ロール「そう思ってるのは女王だけですわ」

食蜂「勘違いも甚だしいわねぇ。今回なんて御坂さん泣かせちゃったんだから」

縦ロール「つまり、御坂さんに泣かれたので許してしまったと」

食蜂「ち、ちちち違うしぃ! 御坂さんが泣き出しちゃったから焦ったとかそんなこと全然ないからっ!」

縦ロール「やっぱり女王はお優しいですわ♪」


95 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/05(日) 15:58:35 ID:5Jt.775E
食蜂「ふんっ……本当に御坂さんはズルいのよ、泣いて許してもらおうなんて」

縦ロール「それで許してしまう女王も女王です」

食蜂「だってしょうがないでしょぉ。あんなっ、あんな泣き顔っ……可愛いすぎるのよぅ!」

縦ロール「女王の愛は歪んでますわ……」

食蜂「一応言っておくけど、それだけで許したわけじゃないわよぉ? 御坂さん、プロポーズもしてくれたから」

縦ロール「ぷ、プロポーズ?」

食蜂「うん♪ 私のこと一生かけて幸せにするって。これって私と添い遂げるってことよねぇ♪」

縦ロール(やっぱり女王は激甘ですわ)


96 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/05(日) 16:58:33 ID:5Jt.775E
縦ロール「ところでお仕置きというのは具体的になんですか?」

食蜂「1週間エッチ禁止。あとキスとかも」

縦ロール「まあ……女王にしては思い切りましたのね」

食蜂「そう?」

縦ロール「そこまでしては女王の方がお辛いのでは……」

食蜂「別に……そんなことないゾ? 寂しいなんてこれっぽっちも思ってないゾ?」

縦ロール(寂しいのですね)


99 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/06(月) 06:37:39 ID:vdXnf3UM
食蜂「まぁ寂しくはないけどぉ、御坂さんも少し大げさに捉えすぎよねぇ」

縦ロール「と言いますと?」

食蜂「エッチは禁止したけど、お泊まりしちゃダメとは言ってないのに」

縦ロール「自重してますのね、御坂さん」

食蜂「っていうか少しくらい手を出してきたっていいのに……」

縦ロール「いっそお仕置きをやめてしまっては?」

食蜂「私から言い出したことよぉ? そんなの無理に決まってるでしょぉ」

縦ロール「御坂さんもきっと喜びますのに」

食蜂「ダメなものはダメなの」

縦ロール「女王は素直じゃありませんわ」

食蜂「うるさいわねぇ、わかってるわよぅ」


100 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/06(月) 21:29:58 ID:vdXnf3UM
縦ロール「思えば付き合う前もおふたりは素直になれなくて喧嘩ばかりしていましたね」

食蜂「昔の話でしょぉ。今はラブラブだもん」

縦ロール「ですが女王は今無理をしています」

食蜂「付き合ってたら少しくらい無理することだってあるわよぉ」

縦ロール「女王が一言、寂しいと御坂さんに伝えればいいだけですのに」

食蜂「さ、寂しくないしぃ……」

縦ロール「おふたりは素直になることで想いを確かめ合ったのですから、ここでも素直になってみてはいかがでしょうか」

食蜂「なによぅ、アドバイスのつもりぃ?」

縦ロール「これでも年上ですから」

食蜂「昔だったらエクレアを食べさせてるところだわぁ」


102 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/10(金) 21:49:17 ID:qwI4fWCA
操祈の部屋

美琴「じゃあ私そろそろ帰るね」

食蜂「ちょっと待ちなさぁい」

美琴「えっ?」

食蜂「なんで帰るわけぇ?」

美琴「門限過ぎちゃうじゃない」

食蜂「いつもはそんなの気にせず泊まっていくのに?」

美琴「たまには帰らないと黒子に怒られるから」

食蜂「昨日も一昨日もその前も帰ってるんだから今日は大丈夫でしょぉ」

美琴「たぶん大丈夫だけど……でも今日は帰るわ、黒子にも帰るって言ってあるし」


103 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/11(土) 17:24:56 ID:E3Ej/pgA
食蜂「……やっぱり御坂さんって私のことセフレとしか思ってないのねぇ」

美琴「は、はぁっ!? なんでそうなるのよっ!」

食蜂「だってそうでしょぉ? 私とエッチできないと泊まる理由がないってことじゃない」

美琴「違うわよ! 操祈とはずっと一緒にいたいと思ってるってば!」

食蜂「ウソばっかり。エッチ禁止してから泊まっていこうとすらしないくせに」

美琴「たしかにそうだけど……でもエッチできないからじゃないわよ!」

食蜂「じゃあどんな理由?」

美琴「そ、それは……」

食蜂「なぁに?」

美琴「……操祈と一緒に寝たら絶対エッチしたくなっちゃうから」


104 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 21:25:58 ID:xlvwh/BM
食蜂「……それだけぇ?」

美琴「それだけって言うけど、私は生殺し状態で本当に辛いのよ!?」

食蜂「オシオキなんだから辛いのは当たり前でしょぉ」

美琴「うっ……」

食蜂「反省してるならむしろ自ら進んで辛い立場に身をおくべきじゃないのぉ?」

美琴「仰るとおりです……」

食蜂「はぁ……オシオキから逃げて私に寂しい思いをさせるなんて、本当にアナタって最低だわぁ」

美琴「え……?」


105 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 21:30:07 ID:xlvwh/BM
美琴「操祈、寂しかったの?」

食蜂「な、なによぉ、悪い?」

美琴「ううん、そうじゃなくて……操祈も寂しいって思ってくれてたんだ」

食蜂「ほぼ毎日一緒に寝てたのに、急に夜ひとりにされたのよぉ? ベッドは広すぎるし、冷たいし、おやすみも言えないし…… すっごく寂しかったんだからぁ」

美琴「そっか、そうだったんだ……えへへ」

食蜂「なに笑ってるのよぅ」

美琴「操祈、全然そんな素振り見せなくて……私がいなくても平気なのかなって思ってたから」

食蜂「そんなの強がりに決まってるでしょぉ、気付きなさいよぉ!」


107 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/18(土) 08:08:14 ID:U64hLEeI
美琴「寂しくさせちゃってごめんね、操祈」

食蜂「ヤダ。絶対許さない」

美琴「じゃあどうしたらいい?」

食蜂「それくらいわかりなさいよぉ、バカ」

美琴「バカだからわかんないの。だから操祈がちゃんと言って?」

食蜂「むぅー……ホントはわかってるくせに」

美琴「ね、言ってよ。私にどうしてほしいの?」

食蜂「だ、だからぁ……」

美琴「うん」

食蜂「……今日は私のそばにいてよぉ、美琴ぉ」


108 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/18(土) 08:37:05 ID:U64hLEeI
美琴「操祈……ちゅっ♡」

食蜂「んっ……♡」

美琴「今日は操祈とずっと一緒にいるから」

食蜂「今日だけなのぉ
……?」

美琴「明日も。明日も1日そばにいる」

食蜂「でも明日には帰っちゃうんでしょぉ……?」

美琴「帰らない。操祈がそばにいてほしいって言うならずっといる」

食蜂「ホントに? 約束だゾ? ウソだったらひどいゾ?」

美琴「ウソじゃないわよ。もう操祈に寂しい思いはさせない」

食蜂「じゃあ……今週はずっと一緒にいてくれる?」

美琴「うん。毎日一緒に寝ようね」

食蜂「美琴ぉ……好き、大好き」

美琴「私も操祈のこと好き」


110 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/18(土) 09:06:45 ID:U64hLEeI
食蜂「早く高校に入りたいわぁ」

美琴「どうして?」

食蜂「だってぇ、そしたら美琴とふたりで暮らせるじゃない」

美琴「操祈と同棲……それいい! すっごくいい!」

食蜂「でしょぉ? じゃあ決定ね♪」

美琴「私、毎日操祈のために御飯作るわ」

食蜂「ダーメ。私だって美琴に手料理食べてもらいたいんだゾ」

美琴「じゃあ1日ごとに交代制ね」

食蜂「ええ、そうしましょぉ」


111 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/18(土) 09:43:24 ID:U64hLEeI
食蜂「でも驚いたわぁ。てっきり毎日エッチできるって喜ぶと思ったのに」

美琴「私をなんだと思ってるのよ!」

食蜂「とってもエッチなオオカミさん?」

美琴「そ、それは間違いじゃないけど……今だってほぼ毎日エッチしてるし、そこは重要じゃないわよ」

食蜂「言われてみればそうねぇ。じゃあ同棲してもそんなに頻度は変わらないかしら」

美琴「あ、でも……1日にする回数は増えるかも。操祈がずっとそばにいるから」

食蜂「料理中に後ろから襲ってきたり?」

美琴「操祈のエプロン姿……どうしよう、可愛すぎて絶対襲っちゃう」


112 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/18(土) 09:47:03 ID:U64hLEeI
食蜂「ただのエプロン姿で? 裸エプロンならわかるけどぉ」

美琴「裸エプロンしてくれるの?」

食蜂「そうは言ってないでしょぉ……まぁ美琴がしてほしいって言うなら考えるけどぉ」

美琴「ホント!? じゃあ今度して!」

食蜂「同棲してからの話じゃなかったわけぇ?」

美琴「だって想像したら……したくなっちゃったんだもん」

食蜂「またそれぇ? もぉ~……ホントに困ったオオカミさんなんだからぁ♪」


113 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/18(土) 09:59:43 ID:U64hLEeI
食蜂「ところでぇ、エッチの話で思い出したけど……今ってオシオキ中なのよねぇ」

美琴「だから裸エプロンはそのあとでいいわよ」

食蜂「そこから離れなさいよぉ……そうじゃなくてぇ、オシオキ中なのにさっきキスしてきたわよねぇ」

美琴「え……あ、あれはそういう雰囲気だったし」

食蜂「でもオシオキ中」

美琴「操祈だってキスしてほしそうな空気出してたじゃない!」

食蜂「キスしていいとは言ってなかったはずだけどぉ?」

美琴「な、なによそれ……! 私が悪いって言うの!?」

食蜂「悪いっていうかぁ、約束破ったのは事実だし」

美琴「そんな……!」

食蜂「っていうことでぇ、オシオキ1週間延長ね」


114 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/18(土) 10:18:20 ID:U64hLEeI
食蜂「──と思ったけどぉ、たしかにあそこでキスしてくれたのは嬉しかったしぃ」

美琴「へ……?」

食蜂「今週ずっと一緒にいるのにキスもしないのは味気ないからぁ」

美琴「それって……」

食蜂「特別にキスだけは許可します☆」

美琴「や、やった……!」

食蜂「キスだけだからねぇ? エッチはもちろん、おっぱいするのもあと4日は禁──」

美琴「操祈!」ギュッ

食蜂「きゃっ……こ、こらぁ、話は最後まで、んっ、ふあ、んんっ♡」

美琴「ちゅ、ちゅっ♡ ちゅ、ちゅ、んぅ……♡ 操祈、好き、大好き、愛してる……んーっ、んっ、ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ♡」

食蜂「んぁっ、ちゅ、はうっ、あンっ♡ 美琴ぉ、ちゅ、んふぅ、ぁん……♡ んちゅ、んっ、んっ、ちゅ♡」


118 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/19(日) 10:41:36 ID:b6jYfyrs


食蜂「そろそろ寝ましょぉ」

美琴「じゃあ電気消すわよ」ピッ

食蜂「……みーことっ♪」ムギュッ

美琴「ん……操祈ぃ♡」

食蜂「美琴あったかぁい♪」

美琴「操祈はやわらかい……♪」

食蜂「それおっぱいだけの話でしょぉ」

美琴「違うわよ。二の腕とか太ももとか……あと唇も♡ ちゅっ♡」

食蜂「ぁんっ♡ もぉ~チューしちゃったら寝れなくなっちゃうでしょぉ♪」


119 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/19(日) 11:07:59 ID:ItngnnSE
美琴「いいじゃない。ふたりで夜更かししよ?」

食蜂「そしたら美琴は絶対エッチしたくなっちゃうでしょぉ? だからそうなる前に寝るの」

美琴「……エッチしちゃダメ?」

食蜂「キスが許されたからってエッチまで許してもらおうなんて甘すぎじゃなぁい?」

美琴「で、でも操祈だって久々にしたいでしょ?」

食蜂「ふぅん……つまり最初からエッチする気満々だったのねぇ」

美琴「そ、そそそんなことないって!」


120 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/19(日) 11:16:50 ID:ItngnnSE
食蜂「すぐ調子に乗る御坂さんはあんまり好きじゃないわぁ」

美琴「ご、ごめんなさい……!」

食蜂「ふんっ……本当に寝るわぁ。おやすみなさい」

美琴「お、おやすみ……」シュン

食蜂「……おやすみのチューくらいならしていいゾ?」

美琴「あ……♪ えへへ、操祈おやすみ♪ ちゅっ♡」

食蜂「んっ♡ ふふっ、おやすみなさぁい♪」


122 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 07:52:32 ID:24fi8ZB6
翌日

美琴「操祈、操祈」ユサユサ

食蜂「ん、んぅ……なぁに?」

美琴「もう朝だから起きましょ」

食蜂「やだぁ……もっと寝る……」

美琴「今日は学校でしょ」

食蜂「学校行きたくないもん」

美琴「小学生じゃないんだからそんなワガママ通用しないわよ」

食蜂「だって学校行ったら美琴と離れちゃうじゃない」

美琴「私だって操祈と離れたくないけど……寮監にバレたらまずいでしょ」

食蜂「むぅ……」


123 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 08:09:06 ID:24fi8ZB6
美琴「放課後になったらまた一緒にいられるから、ね?」

食蜂「……休み時間」

美琴「え?」

食蜂「休み時間も会いに来なさいよぉ」

美琴「行くに決まってるでしょ」

食蜂「ふふっ、嬉しいわぁ♪」

美琴「わかったらもう起きるわよ。朝御飯そろそろだし」

食蜂「うん、起きましょぉ」ムギュッ

美琴「ちょ、ちょっと。言ってることとやってることが違うんだけど」

食蜂「もう少しだけぇ……いいでしょぉ?」

美琴「しょ、しょうがないわねっ」


125 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 08:56:25 ID:24fi8ZB6
食蜂「昨夜は美琴がとなりにいてくれたからグッスリ寝れたわぁ」

美琴「いつもだったら絶対寝かせないのに……」

食蜂「悔しそうにするとこじゃないんだけどぉ……私が寝てる間におっぱい触ったりしてないでしょうねぇ」

美琴「し、してないわよっ!」

食蜂「どうかしらぁ。美琴はすぐ発情するから」

美琴「本当よ! もう操祈に嫌われたくないから我慢したの!」

食蜂(……少しくらい手を出してきなさいよねぇ、バカ)


126 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 11:55:13 ID:gGan.4Kw
食蜂「ま、いいわぁ。信じてあげるぅ」

美琴「ったくもう……疑り深いんだから」

食蜂「美琴がエッチすぎるのが悪いのよぉ」

美琴「操祈が可愛すぎるのが悪い」

食蜂「わ、私が可愛いのは当たり前でしょぉ」

美琴「照れてる操祈も可愛いわ」ナデナデ

食蜂「はぅ……♪」

美琴「もっとくっつこ、操祈♡」ギュッ

食蜂「ぁんっ、美琴ぉ……♡」


127 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 23:14:13 ID:yuvBEiCc
食蜂「ねぇ……やっぱり今日は学校行かずに1日中こうしてなぁい?」

美琴「う……それは嬉しい提案だけど」

食蜂「ね、ね? おねがぁい、美琴ぉ……」ムギュッ

美琴「で、でもダメだって! 学校は行かないと」

食蜂「いいじゃない、もっとイチャイチャしましょぉ?」

美琴「そりゃ私だってできることならそうしたいけど……」

食蜂「あっ……ふふっ、いいこと思いついちゃったわぁ♪」

美琴(なんでかしら、なんかイヤな予感が……)


128 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/27(月) 22:01:49 ID:wntnhYnM
登校時

食蜂「うふふっ♪」ギュッ

美琴「……やっぱり腕組むのはやめない?」

食蜂「どうしてぇ?」

美琴「まわりの人にすっごく見られてるからよっ」

食蜂「気にしなくていいわよぉ。私達が付き合ってるのは常盤台では周知の事実だしぃ」

美琴「だからって人目も気にせずイチャついていいわけじゃないでしょ!」

食蜂「相変わらず照れ屋さんねぇ、美琴は」

美琴「ホント恥ずかしいんだってば……せめて手を繋ぐくらいにしない?」

食蜂「イヤ。私は美琴とイチャイチャしたいの」


130 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/28(火) 21:47:00 ID:.q/rws0.
美琴「今日の操祈はやけにワガママね」

食蜂「授業中一緒にいられない分、今イチャイチャしておきたいの」

美琴「休み時間会いに行くって言ってるでしょ」

食蜂「それだけじゃ足りないもの。もともと今週はずっと一緒にいるつもりだったんだから」

美琴「操祈の気持ちもわかるけど、これはやりすぎじゃない?」

食蜂「なによぉ……美琴は私とイチャイチャするのイヤなの……?」

美琴「ち、違うって。そういうことじゃないの。ただ……」

食蜂「ただぁ?」

美琴「……当たってるのよ」

食蜂「あ……♡ もうっ、美琴のエッチ♡」


131 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/29(水) 08:02:45 ID:zCFX7r0A
美琴「しょうがないでしょ! 気になるものは気になるんだから!」

食蜂「もしかしてぇ……エッチしたくなっちゃったぁ?」

美琴「す、少しだけ」

食蜂「お外なんだから我慢しなくちゃダメだゾ?」

美琴「わかってるわよ……だからアンタも私を刺激しないようにしてよ」

食蜂「……えいっ♪」ムニュ

美琴「ちょ、ちょっと!」

食蜂「えいっ、えいっ♪」ムニムニ

美琴(外じゃなかったら絶対押し倒してるのに……っ!)


134 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/30(木) 21:39:33 ID:4vgtkv.c
美琴「もうどうにかなりそうだからホントやめて!」

食蜂「そうねぇ、私もこんなところで美琴に襲われちゃったらさすがに困るし♡」

美琴「襲ってほしいのかと思ったわよ……」

食蜂「そこまではしたなくないわよぉ。美琴とふたりきりのときは別だけどぉ♡」

美琴「じゃあ私を誘惑するのもふたりきりのときだけにしなさいよね!」

食蜂「ごめんなさぁい、照れる美琴が可愛いからつい苛めたくなっちゃったのぉ♪」

美琴「ホントにアンタはもう……ほら」スッ

食蜂「え?」

美琴「普通に腕を組むならいいわよ……あ、あくまで普通にだからねっ」

食蜂「美琴ぉ……♡ やぁん、美琴好き好きっ♡」ムギュッ

美琴「こ、こらっ! また当たってるから!」


135 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/02(土) 21:17:25 ID:v/GFv92Q
休み時間

食蜂「みぃーさぁーかぁーさんっ」

美琴「あ、操祈。早いわね」

食蜂「少し早めに授業終わったの。だから今度は私の方から来ちゃったぁ♪」

美琴「てっきり逃げるかと思ってたのに、関心ね」

食蜂「え、なんのことぉ?」

美琴「次の授業、体育でしょ?」

食蜂「体、育……?」

美琴「だから早く行って捕まえなきゃって思ってたんだけど、やる気あるみたいでよかったわ」


138 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/02(土) 23:03:22 ID:v/GFv92Q
食蜂「……ちょっと用事を思い出したわぁ」

美琴「オイこら」ガシッ

食蜂「は、離しなさいよぉ」

美琴「今さら逃げようとしても遅いのよ」

食蜂「私は体育に出るつもりなんてないの。ただ御坂さんに会いに来ただけよぉ」

美琴「開き直るんじゃない。ズル休みはしないって約束でしょ?」

食蜂「そうだけどぉ……」

美琴「それに、授業出たら一緒にいられるじゃない?」

食蜂「わかったわよぉ……出ればいいんでしょぉ」


139 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/03(日) 12:48:18 ID:GRFTJ1Fw
授業中

食蜂「ぜぇ……ぜぇ……」

美琴「毎回のことだけど、ランニング程度でどんだけ息上がってるのよ……」

食蜂「た、体力ないの知ってるでしょぉ……ぜっ、ぜぇ……」

美琴「体育の授業出るようになってからも一向に変わらないわね」

食蜂「授業だけで劇的に変わるならこの世はアスリートで溢れてるわよぉ……」

美琴「せめて準備運動くらいは涼しい顔でこなせるようにならないと」

食蜂「準備運動……前戯のことぉ?」

美琴「まだ余裕あるみたいね。もう1周しましょうか」

食蜂「じょ、冗談よぉ。だから許してぇ」

美琴「ったく……軽口たたく前に体を動かしなさいよね」


140 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/04(月) 10:33:30 ID:T83LCOtg
食蜂「うぅ……気持ち悪ぅい……」

美琴「仮病じゃないでしょうね」

食蜂「私のこと信じてくれないのぉ……?」

美琴「ご、ごめん……操祈は向こうで休んでて。飲み物とってくるから」

食蜂「頭がクラクラして歩けなぁい……」

美琴「じゃあ肩貸すから。もう少しだけ頑張って」

食蜂「それなら……保健室、連れてってくれるぅ?」

美琴「そんな調子悪いの……?」

食蜂「少し横になりたいわぁ……」

美琴「わかった。先生には私から言っとくね」


142 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/04(月) 11:31:01 ID:T83LCOtg
保健室

美琴「操祈、大丈夫?」

食蜂「横になったら結構楽になったわぁ」

美琴「そっか……よかった」

食蜂「ね、それよりも今ふたりきりよねぇ?」

美琴「え? そうだけど、私はもう授業戻るわよ」

食蜂「せっかくのふたりきりなんだしぃ、ゆっくりしていきなさいよぉ」

美琴「先生に怒られるでしょ」

食蜂「私を看てたって言えば平気よぉ。だからぁ、イチャイチャしましょぉ♪」


144 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/04(月) 15:20:36 ID:T83LCOtg
美琴「やっぱり仮病だったんじゃない」

食蜂「そんなことないゾ? あのときは本当に気分悪かったの」

美琴「保健室行くほどじゃなかったでしょ」

食蜂「ど、どうだったかしらぁ」

美琴「……授業戻るわ。操祈は休んでていいから」

食蜂「ま、待って! 一緒にいてくれたら美琴にもいいことあるゾ?」

美琴「なによ、いいことって」

食蜂「そのぉ……そ、そうっ! 一緒に寝ましょぉ? 私のことギュッてしていいからぁ」

美琴「操祈をギュッ……ってダメよ! そ、そんなのじゃ騙されないからね!」

食蜂(……これはイケるわねぇ)


146 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/04(月) 16:40:14 ID:T83LCOtg
食蜂「それだけじゃないゾ? もっといいことだってあるんだからぁ♪」

美琴「な、なに?」

食蜂「昨日キスしていいって言ったけどぉ、それから普通のキスしかしてこないじゃない?」

美琴「普通のキスって?」

食蜂「唇にチューするだけってことぉ。キスする場所は別に唇だけじゃないでしょぉ?」

美琴「ほ、他のところにもしていいの?」

食蜂「うん、美琴の好きなところにしていいゾ♪ ほっぺにも、首筋にも……もちろんおっぱいにも♡」

美琴「……」ゴクリ

食蜂「だからぁ……一緒にいてくれるぅ?」

美琴「うんっ!」


147 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/04(月) 18:21:32 ID:Sojc5egs
食蜂「ほらぁ、美琴もベッドに入って?」

美琴「う、うん」ギシッ

食蜂「やんっ、なんだかいつもより熱い♪」

美琴「さっきまで体動かしてたからよ。操祈も熱いわ」

食蜂「私、美琴の体温好きぃ……♡」ギュッ

美琴「操祈……好き、ちゅっ♡」

食蜂「んぅ……♡ 美琴、私に体重かけていいからぁ……もっと激しいのして?」

美琴「うん、わかった……ちゅ、ちゅ♡ んっ、んぅ、ちゅっ♡」

食蜂「んーっ、んっ、ちゅ♡ んぁ、あんっ、やっ、美琴ぉ……♡」


149 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/05(火) 12:10:45 ID:2Y7XCrts
美琴「操祈、服たくし上げてもいい?」

食蜂「ふふっ、美琴ってばせっかちねぇ♪」

美琴「だってもう何日も操祈のおっぱい見てないんだもん……ねぇ、いいでしょ?」

食蜂「もう、しょうがないんだからぁ……♪ でも触ったりしちゃダメだゾ? していいのはキスだけだからねぇ」

美琴「触る方がレベル低いと思うんだけど……」

食蜂「美琴、絶対エッチな触り方してくるでしょぉ。エッチな気分のまま授業受けたくないもん」

美琴「こ、ここではさすがにしないわよ!」

食蜂「おっぱい見たら目の色変えるくせに」


150 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/09(土) 12:49:11 ID:tiWLkf96
美琴「だって操祈のおっぱい大好きなんだもん……ちゅっ♡」

食蜂「あンっ♡」

美琴「絶対約束守るから、ね? 早く見せて、操祈……ちゅ、ちゅっ♡」

食蜂「んっ、ひゃん♡ もぉ~わかったわよぉ♪ 服が伸びないように優しくね?」

美琴「うん。ブラも外していい?」

食蜂「え、えぇ~? 校内だしぃ、ブラはちょっと……」

美琴「ヤダ、ブラも外したい。操祈のおっぱい全部見たい」

食蜂「イヤって言ってるでしょぉ。ワガママ言わないの」

美琴「操祈ぃ……」

食蜂「はうっ……!」キュン

美琴「ダメ……?」

食蜂「ほ、ホントにしょうがない子なんだからぁ……♡」


152 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/10(日) 10:13:05 ID:EKdiIKxY
キーンコーンカーンコーン

美琴「チャイム、鳴っちゃったわね……」

食蜂「更衣室戻らないとねぇ」

美琴「そうね……」ギュッ

食蜂「ちょっとぉ、抱きしめられたら動けないんだけどぉ」

美琴「まだ操祈と離れたくないの。もっと私の痕つけたい」

食蜂「たくさんつけたでしょぉ。おっぱいなんてほら……美琴の痕ですっごくやらしい♡」

美琴「でももっとつけたいんだもん……お尻につけるの忘れてたし」

食蜂「今からハーフパンツまで脱がせる気ぃ? エッチすぎるゾ、美琴」

美琴「1回でいいから……操祈のお尻も私のものにしたいの」

食蜂「もぉ……独占欲が強いんだからぁ、美琴は♪」


153 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/10(日) 11:34:22 ID:EKdiIKxY
美琴「んーっ、んっ……ちゅっ♡」

食蜂「やぁん……♡ 満足したぁ?」

美琴「操祈のお尻……」スリスリ

食蜂「こらぁ、もうおしまい。次の授業遅れちゃうからもう戻りましょぉ?」

美琴「ん、もうちょっと……」ギュッ

食蜂「ふふっ、朝とは逆になっちゃったわねぇ♪」

美琴「まだ更衣室も人多いだろうし、少なくなってからの方がいいでしょ?」

食蜂「そうねぇ、こんなキスマークだらけだと目立っちゃうし」


154 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/10(日) 14:44:43 ID:EKdiIKxY
美琴「着替えるときは私の影でね」

食蜂「それも意味あるかわからないけどねぇ……首筋にもしっかり痕つけるんだから」

美琴「だ、だって操祈が好きなとこにキスしていいって言ったから」

食蜂「別に怒ってないわよぉ。ただ目ざとい人は気づくだろうから、聞かれたときどうしようかなって思って」

美琴「そのときはうまく誤魔化して」

食蜂「私と美琴の関係はみんな知ってるし、誤魔化してもわかると思うけど……いっそ美琴に襲われたって答えようかしら」

美琴「やめてよ、それじゃあ私が無理矢理したみたいじゃない!」

食蜂「冗談よぉ♪ まぁ、私達が連れ立って授業抜け出した時点でいろいろバレバレよねぇ」

美琴「たしかにね……教室戻ったらみんな噂してそうだわ」

食蜂「このキスマークが決定打になりそうねぇ」


156 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/12(火) 21:57:45 ID:w9qHyroY
昼休み

美琴「まわりの反応どうだった?」

食蜂「騒がれることはなかったけど、首筋のキスマークに気づいた人は頬を赤らめたりしてたわぁ」

美琴「やっぱり気づく人はいるのね……」

食蜂「面と向かって話してれば目につくしねぇ」

美琴「操祈は肌白いから、痕がすごく目立つってのもあるわね」

食蜂「そこまでわかってて、わざわざここに痕つけるなんて……」

美琴「あ、あのときは夢中だったから考えが及ばなかったのよ。久々に操祈のカラダ見れたから……」

食蜂「……興奮した?」

美琴「……うん」

食蜂「やだぁ、もぉ……美琴のエッチ♡」


157 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/16(土) 08:51:07 ID:XHUuBzB6
美琴「でもちゃんとキスだけって約束は守ったでしょっ」

食蜂「おっぱい見た瞬間手を伸ばしかけてたけどねぇ」

美琴「あれは体が勝手に動いたのよ……でも踏みとどまったから!」

食蜂「なんで誇らしげなのよぉ」

美琴「操祈、私が我慢できないと思ってたでしょ? だから行動で証明したの」

食蜂「はいはい、よくできましたぁ」

美琴「適当な反応やめてよ!」


159 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/16(土) 22:42:31 ID:XHUuBzB6
食蜂「じゃあご褒美をあげるわぁ」

美琴「ご褒美?」

食蜂「うん。私のおっぱいに好きなだけ甘えていいゾ♪」

美琴「え……それって今?」

食蜂「もちろん」

美琴「へ、部屋に帰ったら甘えさせてもらうわ」

食蜂「あらぁ? 美琴は私のおっぱいが大好きじゃなかったのぉ?」

美琴「まわりに普通に人いるから!」


160 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/17(日) 10:28:33 ID:zaOy8NLQ
食蜂「エッチなことするわけじゃないから平気よぉ。すこぉし戯れるだけ」

美琴「腕組むだけで限界だから……」

食蜂「さっきはあんなにおっぱいに夢中だったくせに」

美琴「むしろなんでさっき甘えさせてくれなかったのよ……ふたりきりだったのに」

食蜂「好きにさせたら絶対エッチしようとするでしょぉ。今はまわりの目があるからその心配もないし」

美琴「まわりの目があること自体が問題だと思うんだけど!?」

食蜂「なによぉ、美琴は私のおっぱいに顔うずめたくないのぉ?」

美琴「そ、それは……すっごくしたいけど」


162 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/18(月) 21:28:55 ID:eBHlfJPE
食蜂「それなら迷うことないじゃない。ほら、おいで?」

美琴「で、でもダメなの! 操祈に甘えてるところ他の人に見られたくないし……」

食蜂「今なら特別にナデナデもしてあげるゾ?」

美琴「余計恥ずかしいわよっ」

食蜂「ミコたん?」

美琴「な、なによ」

食蜂「こっちおいで?」

美琴「う……」

食蜂「ほらぁ、はやくぅ……♡ おっぱいにほっぺスリスリしちゃお?」

美琴「あ……操祈ぃ♡」ムギュッ

食蜂「ふふっ、ミコたん可愛い♪」ナデナデ


164 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/19(火) 21:42:03 ID:Bzc3.aT6
美琴「操祈のおっぱい好きぃ……」スリスリ

食蜂「ミコたん、服邪魔じゃない?」

美琴「服の上からでも柔らかいから平気。それに操祈のイイ匂いするし……♡」

食蜂「そぉ? そんなイイ匂いする?」

美琴「甘くて、優しくて……私の一番好きな匂い」スンスン

食蜂「やぁん、そんな嗅がないでよぉ♪」

美琴「だって本当にイイ匂いなんだもん」スリスリ

食蜂「もぉ~、可愛いんだからぁ♡ じゃあもっと堪能して?」ギューッ

美琴「むぐっ! ん、んーっ♡ んーっ♡」


165 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 11:21:24 ID:xi.z6wjM
食蜂「どうかしら。たっぷり堪能できたぁ?」

美琴「息苦しかったけど……幸せだった」

食蜂「くすっ、なぁにそれ♪」

美琴「操祈のおっぱいだったら窒息してもいいってこと」

食蜂「ミコたんってたまにすごく変態力高いこと言うわよねぇ」

美琴「だってホントにそう思えるくらい幸せなんだもん……操祈のおっぱいに包まれてると」

食蜂「匂いを堪能してほしかったのにぃ……まぁミコたんが幸せならいいけど♪」


167 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/24(日) 22:28:10 ID:WeItAXQw
美琴「じゃあ匂いも堪能するっ」クンクン

食蜂「あらあら、可愛い子犬さん♪」ナデナデ

美琴「やっぱりイイ匂い……♡」

食蜂「でもぉ、ミコたんだって私と同じ匂いしてると思うわよぉ?」

美琴「えっ、なんで?」

食蜂「最近私の部屋のお風呂使うこと多いし、同じ匂いになってても不思議じゃないでしょぉ?」

美琴「自分じゃわからないけど」

食蜂「間違いないわぁ。ミコたん、甘い匂いがするもの」

美琴「そっか……なんだか操祈の色に染められちゃってるみたい」

食蜂「嬉しい?」

美琴「うん……もっと染めて、操祈」


169 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 12:04:01 ID:sFrrlX9E
食蜂「ふふっ……じゃあもっとおっぱいに甘えていいゾ、ミコたん♪」

美琴「うん……操祈ぃ♡」スリスリ

食蜂「ぁんっ♡」

美琴「好き、大好き……キスしてもいい?」

食蜂「みんなに見られちゃうゾ?」

美琴「今は操祈しか見えない」

食蜂「ミコたんが気にしないなら……気が済むまでどうぞ♡」

美琴「操祈、操祈……ちゅっ、ちゅ♡ んっ、ちゅ、んぅ、ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ♡」

食蜂「んんっ、あっ、んぁ♡ んふ、んーっ、ちゅ、んっ♡」


170 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 23:31:16 ID:sFrrlX9E
美琴「ん、ちゅっ、ちゅっ♡ ん、んーっ、んっ、ちゅっちゅ♡」

食蜂「あっ、んっ♡ んむ、ちゅっ、んあっ♡ もぉ~、ミコたん激しすぎぃ♪」

美琴「だって大好きだから、操祈のこと……」ギュッ

食蜂「ミコたん……♡ 私も大好きだゾ♡」

美琴「操祈……かぷっ」

食蜂「んひゃぁん!?」

美琴「わっ、びっくりした」

食蜂「耳弱いの知ってるでしょぉ!」

美琴「ご、ごめん……柔らかそうだったから、つい」

食蜂「まったくもぉ……悪い子なんだからぁ」


171 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/30(土) 23:34:20 ID:sFrrlX9E
美琴「許して、操祈……ちゅっ♡」

食蜂「んぅっ……♡ き、キスで誤魔化そうとしたってダメなんだからぁ、あっ、んっ♡」

美琴「んん、ん、ちゅっ、ちゅ♡」

食蜂「ちゅっ、ぁんっ、ん……♡」

美琴「ん、はぁ……操祈、許してくれる?」

食蜂「……しょ、しょうがないわねぇ。ああいうことはエッチのときだけだゾ?」

美琴「うん、わかった」

食蜂「じゃあ……お昼休みが終わるまでキスしてくれたら許してあげる♡」

美琴「そんなの……お安い御用よ」


172 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 07:35:15 ID:nsl4Nhyg
放課後

婚后「御坂さん? わ、わたくし、胸の大きさには一応自信がありまして」

美琴「え、えーっと……婚后さん?」

婚后「その……み、御坂さんが望まれるのなら、わたくしの胸にお顔をうずめてもいいですわよ?」

美琴「え、ええっ!? なに言ってるのよ!?」

湾内「御坂様、わたくしもこう見えて1年生の中では結構……む、胸が大きいとまわりからは言われてまして」

美琴「ちょっ、湾内さんまで」

湾内「もしよろしければ、わたくしの……む、胸に、甘えていただけないでしょうか?」

美琴「わ、私これから用事あるから……それじゃ!」

婚后「ああっ、御坂さん!?」

湾内「お待ちになってください、御坂様!」


174 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 08:09:00 ID:nsl4Nhyg
食蜂「……どういうことかしらぁ? あれは」

縦ロール「どうやら、お昼休みのおふたりのお戯れを見た方達が、自分も御坂さんを甘やかしたいと考えたようで」

食蜂「甘やかす? 誘惑してるようにしか見えないけどぉ? 揃いも揃って胸の大きい子ばかりだし」

縦ロール「お昼休みの様子から、御坂さんは大きい胸がお好きだと思われたようですわ」

食蜂「だからって普通あんな露骨に迫るぅ? 大体、美琴には私っていう恋人がいるんだけどぉ」

縦ロール「女王と付き合い始めてからも御坂さんを諦めきれない人達は大勢いましたから。そこにあんな一面を見せられては……」

食蜂「たしかに甘える美琴の破壊力はすごいからねぇ……」

縦ロール「あの方達も甘える御坂さんの姿にやられてしまったんです。女王と同じように」

食蜂「気持ちはよくわかるけどぉ……私の美琴に手を出そうなんていい度胸してるわぁ、あの子達」


175 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 08:24:49 ID:nsl4Nhyg
食蜂「それに美琴も美琴よぉ! きっぱり断ればいいのに……いちいち顔を赤らめて」

縦ロール「やはり女王の胸に限らず、単純に大きい胸が好きなのでしょうか」

食蜂「そ、そんなことないわよぉ。私の胸だから好きって言ってくれたもんっ」

縦ロール「ですがあの様子を見ますと……いつ誘惑に屈するかわかりませんわ」

食蜂「美琴は私一筋だからっ!」

縦ロール「出来心という言葉もありますし……」

食蜂「むむっ……」

縦ロール「女王、行かなくてよろしいのですか?」

食蜂「……行くに決まってるでしょぉ。あの子達には地獄を見せてあげるわぁ」


176 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 08:38:44 ID:nsl4Nhyg
美琴「はぁ、はぁ……ふ、振り切った?」

食蜂「そんなわけないでしょぉ。私が追い払ったのよぉ」

美琴「あ、操祈! ありがと、助かったわ」

食蜂「助かった、ねぇ……本当にそう思ってるのかしら」

美琴「え?」

食蜂「さすが常盤台よねぇ。みんな美人で可愛い子ばかりだったわぁ」

美琴「操祈?」

食蜂「その上胸も大きくて……そんな子達に囲まれて、最高だったでしょぉ?」

美琴「はぁ!? こっちは大変だったのよ!?」


177 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 09:01:49 ID:nsl4Nhyg
食蜂「ウソばっか。顔真っ赤にして興奮してたくせに」

美琴「い、いきなり胸触ってなんて言われたら誰だって驚くでしょうが!」

食蜂「まわりの目がなかったら触ってたんでしょぉ」

美琴「触らないからっ! っていうか見てたんならすぐ助けてよ!」

食蜂「ふんっ……あれくらいすぐ断りなさいよ、美琴のバカっ」

美琴「断ったわよ! でもみんな追いかけてきたのっ」

食蜂「アナタがはっきりした態度をとらないからでしょぉ。あわよくばおっぱい触ろうとか考えてたんじゃないのぉ?」


179 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 15:07:42 ID:ZP6ukNIM
美琴「なんなのよもう……そんな気ないって言ってるのに、私のこと信じてくれないの?」

食蜂「そ、そういうわけじゃないけどぉ……」

美琴「私は操祈以外の人に興味ないから」

食蜂「でもたまに他の子のおっぱい見てるし……」

美琴「それは羨ましいだけよ!」

食蜂「ホントぉ……?」

美琴「本当よ。その……甘えたり、触りたいって思うのは操祈だけ」

食蜂「……ふふっ、したいことはそれだけじゃないでしょぉ♪」

美琴「い、言わないでいいからっ」


180 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 23:46:38 ID:ZP6ukNIM
食蜂「ごめんなさい。美琴は悪くないのに、理不尽なこと言っちゃって」

美琴「ううん、いいの。操祈の言うとおり、はっきり断れなかった私も悪いし」

食蜂「私……自分で思ってた以上に嫉妬深いみたい」

美琴「私は嬉しいわよ。操祈がヤキモチやいてくれて」

食蜂「なんでぇ?」

美琴「それだけ愛されてるってことじゃない」

食蜂「これからも何度もこういうことあるかもしれないわよぉ?」

美琴「そしたらそのたびに私がどれだけ操祈のことを好きかわからせるから」

食蜂「もう……ミコたんのくせにカッコいいなんて反則だゾ?」


181 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 00:49:08 ID:HbDbpp1w
食蜂「大体私にヤキモチやかせるようなことする美琴も美琴よねぇ」

美琴「えっ、結局そういう結論!?」

食蜂「私っていう恋人がいるのにモテモテなんてひどいゾ」

美琴「私にはどうしようもないでしょ!」

食蜂「だから美琴はもっともっと私のことを愛するべきよねぇ。そしたらみんなも諦めるだろうし」

美琴「……つまりイチャつきたいのね」

食蜂「そういうこと♪」


182 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 08:43:57 ID:HbDbpp1w
美琴「じゃあ手を繋いで帰りましょ」

食蜂「えぇ~それだけぇ?」

美琴「部屋帰ったらいろいろできるんだからいいでしょ」

食蜂「私、いろいろされちゃうんだぁ……♡」

美琴「する。いっぱいする」

食蜂「やぁん、楽しみぃ♪ でもオシオキ中だってことは忘れちゃダメよぉ?」

美琴「わ、わかってるから……ほら、イチャイチャしたいなら早く帰るわよ」ギュッ

食蜂「美琴の手、柔らかぁい♪」

美琴「操祈もね……ってコラ、胸当てないでよ!」

食蜂「くすっ、なんのことかしらぁ♪」ムニュ

美琴(ううっ、理性吹っ飛びそう……!)


183 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 21:00:33 ID:Sn5x32Ro
操祈の部屋

美琴「操祈、操祈……っ!」ギュッ

食蜂「ちょ、ちょっとぉ──んっ!? ん、ちゅ、んふっ、ん、んぁ♡」

美琴「ん、ちゅっ、ちゅっ、んぅ……はっ、はぁ、操祈ぃ……♡」

食蜂「ま、待ってぇ! 美琴ストップ!」

美琴「ん……イチャイチャするんじゃないの……?」

食蜂「そうだけどぉ、急にこれは激しすぎっていうかぁ……」

美琴「操祈が胸当ててくるから……私もう限界なのっ!」

食蜂「そ、そんなに?」

美琴「操祈の、操祈のせいなんだから……!」ガバッ

食蜂「きゃっ……だ、ダメだってばぁ、あっ♡ んっ、ぁんっ、ちゅっ、ん、んーっ♡」


185 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 21:48:47 ID:Sn5x32Ro
美琴「ちゅっ、ちゅ……んんぅ、ちゅっ♡」

食蜂「んっ、んっ♡ やぁん、美琴ぉ……♡」

美琴「ふふっ、可愛い……操祈、舌出して」

食蜂「は、はい……ん、んあ」

美琴「んぅ……ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ♡」

食蜂「んーっ、ふあっ♡ あっ、ちゅっ、ん、んふっ……♡」

美琴「操祈、愛してる……操祈は私だけのものだからね……ちゅっ、んちゅ、ん、んっ♡」

食蜂(こんなエッチなキスされたら……私、もうダメぇ……♡)


186 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 22:02:53 ID:Sn5x32Ro
食蜂「あっ、あン……♡ ね、ねぇ美琴?」

美琴「ん、ちゅっ、ちゅ……なに?」

食蜂「わ、私……シャワー浴びてきたいわぁ」

美琴「え、シャワー?」

食蜂「うん……いいでしょぉ?」

美琴「えーっと……シャワーって、なんで?」

食蜂「い、言わせないでよぉ! バカバカバカっ」

美琴「でも今オシオキ中だって……」

食蜂「も、もういいでしょぉ! 私、シャワー浴びてくるからっ」

美琴「ま、待ってよ! 私も一緒に入る!」


188 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/08(月) 21:45:42 ID:G3AeCiOI
お風呂

食蜂「あンっ、もう……手つきがやらしいゾ」

美琴「そ、そう?」

食蜂「ここでは洗うだけって言ったでしょぉ。本番はベッドで、ね?」

美琴「わかってるわよ……前も私が洗っていい?」

食蜂「……エッチな触り方しない?」

美琴「し、しないって」

食蜂「それならぁ……お願いするわぁ♡」

美琴「じゃあ少し私に寄りかかって、操祈」

食蜂「はい……♡」


189 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/08(月) 22:04:49 ID:G3AeCiOI
美琴「ねぇ……操祈?」ゴシゴシ

食蜂「あっ、ん……♡ な、なぁに?」

美琴「なんでエッチする気になったの? オシオキ中なのに」

食蜂「み、美琴があんなエッチなキスするからでしょぉ……んっ、はぁ♡」

美琴「でもいつもはそんなことないじゃない。キスしてエッチしたくなっちゃうのは私の方で」

食蜂「もう何日もしてないからよぉ……私、キスだけで濡れちゃったの」

美琴「え、ホントに?」

食蜂「うん……はしたなくてごめんなさい」

美琴「私はエッチな操祈も好きだから」


190 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/08(月) 22:26:52 ID:G3AeCiOI
食蜂「でも自分勝手だって思ったでしょぉ? 散々禁止って言っておいて、自分がエッチしたくなったからやめるなんて」

美琴「全然思ってないわよ。私だってエッチしたかったし」

食蜂「約束破ったようなものなのよぉ……?」

美琴「操祈がワガママなのは今に始まったことじゃないから」

食蜂「うっ……やっぱりワガママって思ってるのねぇ」

美琴「勘違いしないで。操祈のワガママがイヤってわけじゃないわよ」

食蜂「ホントぉ……?」

美琴「むしろ嬉しいの。操祈が私に甘えてくれて。だからもっとワガママ言って、操祈」

食蜂「もぉ……優しすぎよぉ、バカぁ♡」


191 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/08(月) 22:50:45 ID:G3AeCiOI
食蜂「じゃあ早速ワガママ言っちゃおうかしらぁ♪」

美琴「いいわよ。なに?」

食蜂「今日はたっぷり私を可愛がってぇ……み、こ、とっ♡」ボソッ

美琴「み、操祈……っ!」ゾクゾク

食蜂「やぁん……美琴、すごく欲情した目をしてるぅ♡」

美琴「も、もうヤバいって、私っ……!」

食蜂「くすっ、どうしたのぉ? ベッドまで我慢するんでしょぉ?」

美琴「……そんな約束、知らないっ!」ガバッ

食蜂「きゃんっ♡ あっ、美琴ぉ……♡ やっ、あっ、ああんっ、あん、あっ♡」


194 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 22:34:40 ID:nTD0fomE


食蜂「はぁ……はぁ……♡」

美琴「操祈、好きよ……ちゅっ♡」

食蜂「やんっ♡ もぉ~、美琴はまだまだ元気ねぇ」

美琴「疲れた?」

食蜂「夕食挟んでずっとだからねぇ……私、体力ないし」

美琴「ぐったりしてる操祈も可愛いわよ」

食蜂「褒め言葉なのかしらぁ……?」

美琴「当たり前でしょ。疲れ果てた姿も可愛いから何度もしたくなっちゃうの」

食蜂「私を殺す気ぃ……?」


195 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/16(火) 21:49:05 ID:OZ84CN.w
美琴「じゃあそろそろ寝る?」

食蜂「美琴はまだしたいんでしょぉ?」

美琴「んー……まあ、もう少し」

食蜂「だったら構わないけど」

美琴「無理しないでよ。疲れてるならいいって」

食蜂「でも今日はもともと朝まで美琴に付き合うつもりだったしぃ」

美琴「朝までってアンタね……別にいいわよ、エッチはいつでもできるんだから。それよりも操祈の身体の方が大事」

食蜂「散々私を抱いておいてよく言うわぁ……」

美琴「だ、だからもう寝ようって言ってんの。私、結構激しくしちゃったから」

食蜂「……今日の美琴、とっても素敵だったゾ♡」

美琴「ば、バカっ……いいから寝るわよ、もうっ!」


197 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/16(火) 22:12:34 ID:OZ84CN.w
食蜂「ねぇ、寝つくまで私のこと抱きしめていてくれる?」

美琴「いいわよ。こっち来て」

食蜂「ふふっ、ありがとぉ♪」モゾモゾ

美琴「操祈……」ギュッ

食蜂「あンっ……やっぱりアナタの腕の中が一番安心できるわぁ」

美琴「キスしていい?」

食蜂「うん……でもあんまり激しいのはダメだゾ? 寝れなくなっちゃう」

美琴「優しいキスにするから、ね?」

食蜂「美琴……んーっ」

美琴「……ちゅっ♡」


198 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/20(土) 06:43:47 ID:61kqw/fM
食蜂「んぁ、んっ……ふぅ♡ もう、やっぱりエッチなんだから」

美琴「今のはそうでもないでしょ」

食蜂「舌使いがちょっとやらしかったゾ」

美琴「……もしかして、またエッチしたくなっちゃった?」

食蜂「ん……少しだけ」

美琴「今のキスでもしたくなっちゃうなんて、今日の操祈はホントにエッチね」

食蜂「う、うるさぁい……美琴がキス上手なのがいけないんだからっ」


199 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/21(日) 18:33:11 ID:sy/9tSXA
美琴「でも不思議ね。今日は学校でもたくさんキスしたのに、なんでそのときはなんともなかったの?」

食蜂「それは一応理由があるんだけどぉ……」

美琴「そうなの? なに?」

食蜂「そのぉ……自分に能力をかけてエッチしたくならないようにしてたの」

美琴「え……なにそれズルい! ズルいわよ!」

食蜂「だ、だって私、もう我慢の限界だったし……」

美琴「そんなの私も一緒よ!」

食蜂「み、美琴が発情しちゃうのはいつものことでしょぉ? 私までそれに付き合っちゃったらまずいから……」


200 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/21(日) 19:02:26 ID:sy/9tSXA
美琴「自分には能力かけた上で、私を誘惑して遊んでたってわけ?」

食蜂「あ、遊んでたわけじゃないわよぉ……? 美琴とイチャイチャしたかっただけ」

美琴「だからってあんな……私が必死に我慢してたのはわかってるでしょ?」

食蜂「うん……で、でも美琴だってイチャイチャできて嬉しかったでしょぉ?」

美琴「それはそうだけど……ってそういう問題じゃない!」

食蜂「ご、ごめんなさぁい……」ウルウル

美琴「うっ……」

食蜂「許してぇ、美琴ぉ……」ムニュ

美琴「しょ、しょうがないわねっ」

食蜂「ふふっ、優しい美琴だぁい好き♡」

美琴「ホント調子いいんだから……私も操祈のこと大好き♡」


202 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/21(日) 19:39:11 ID:sy/9tSXA
美琴「でもっ、これからはそういう能力の使い方禁止だからね」

食蜂「えぇ~……私がストッパーにならないと美琴はいつでもどこでもしたがるじゃない」

美琴「外では控えてるでしょうが! むしろ操祈の方が誘惑してくるし!」

食蜂「この前、外で下着見たいって懇願してきたのは誰だったかしらぁ?」

美琴「あ、あれは……っ!」

食蜂「映画館で上映中にいきなり唇奪ってきたこともあったわねぇ」

美琴「い、一応声はかけたでしょ? まわりに他のお客さんいなかったし……」

食蜂「図書館で本を読んでるときに、太ももをいやらしい手つきで撫でられたりもしたわねぇ」

美琴「私が悪かったから、もうやめて……」


203 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/21(日) 20:48:33 ID:sy/9tSXA
食蜂「まぁたしかに美琴の言うとおり、私だけ能力で楽するのはズルいわよねぇ」

美琴「そ、そうよ。私はいつも大変なんだから」

食蜂「そのかわり、外でエッチなことするの禁止よぉ?」

美琴「操祈も私を誘惑するんじゃないわよ」

食蜂「私のはただのイチャイチャなのにぃ」

美琴「胸押し付けてくるのは狙ってやってるでしょ!」

食蜂「美琴が喜ぶと思って♪」

美琴「嬉しいわよ、嬉しいけどっ……そういうことされるから私も触りたくなっちゃうんじゃない!」

食蜂「美琴が欲情してくれると私も嬉しいからついやっちゃうのよねぇ」

美琴「アンタはもう……」


205 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 21:47:56 ID:ZGaNmECU
美琴「イタズラ好きなところは付き合う前から変わらないんだから」

食蜂「昔とは全然違うわよぉ。昔のは嫌がらせだったけど、今のは愛情表現だもん♡」

美琴「操祈の愛情表現は激しすぎるのよ」

食蜂「美琴がシャイなだけよ。私はもっと美琴からイチャイチャしてほしいわぁ」

美琴「今でも充分してるでしょ」

食蜂「部屋ではねぇ。外だと照れてなんにもしてくれないじゃない」

美琴「け、今朝腕組んだじゃない。昼休みにはいっぱいキスしたし」

食蜂「それだって私から誘ったからでしよぉ。美琴からグイグイきてほしいのっ」


206 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 22:03:33 ID:ZGaNmECU
美琴「グイグイって言われても……具体的にはどんなことしてほしいの?」

食蜂「んーそうねぇ……まず、登下校時は腕組むの絶対! お姫様抱っこでも可♪」

美琴「お姫様抱っこなんて無理に決まってるでしょ!」

食蜂「じゃあ腕組んでくれるぅ? もちろん美琴から」

美琴「まあ、それくらいなら……たぶん」

食蜂「次はぁ、休み時間には私のところに来てチューしてほしいわぁ♡」

美琴「きょ、教室内で?」

食蜂「うん。激しいのじゃなくていいから」

美琴「うぅ……ほっぺにチューでもいい?」

食蜂「えぇ~……まぁ最初はそれでもいいかしら」

美琴「が、頑張ってみるわ」


208 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 23:02:51 ID:ZGaNmECU
食蜂「ここまでしてくれるならぁ、お昼休みはご褒美としておっぱいに甘えさせてあげる♪」

美琴「つまり、今日したことを日常的にしたいってわけね……」

食蜂「そうなるわねぇ。美琴はなにかしたいことある?」

美琴「……甘えるときはシャツのボタン外してくれる?」

食蜂「くすっ、急に目の色変えるんだからぁ♪」

美琴「ど、どうなのよ。いいの?」

食蜂「んー……2つまでならいいゾ?」

美琴「ホントっ!?」

食蜂「でも、ちゃんと美琴からもイチャイチャしてよぉ?」

美琴「任せて。外でもたくさんキスしちゃうからね」


209 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/28(日) 23:26:42 ID:ZGaNmECU
食蜂「ふふっ、明日からが楽しみだわぁ♪」

美琴「もうっ、喜びすぎよ」

食蜂「だって本当に嬉しいんだもん♪ 美琴ぉ……ちゅっ♡」

美琴「んっ……♡」

食蜂「なんだか眠気も飛んじゃったしぃ……もう1回、する?」

美琴「大丈夫なの? 結構疲れたんでしょ?」

食蜂「美琴のおかげで元気出たから平気♪」

美琴「じゃあ……しちゃうわよ? いい?」

食蜂「うん……抱いて、美琴♡」

美琴「操祈……ん、ちゅっ、ちゅっ♡」

食蜂「んあっ、んっ♡ やんっ、あっ、ソコぉ……♡ 美琴ぉ、好きぃ、あっ♡」


210 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 12:56:42 ID:uIhWR.Pk
3年後

美琴「操祈、もう朝よ」ユサユサ

食蜂「ふぇ……? 朝ぁ……?」

美琴「うん。おはよ、操祈」

食蜂「んん、おはよぉ……」

美琴「ちゃちゃっとシャワー浴びてきなさい」

食蜂「美琴はいいのぉ?」

美琴「私はもう入ったから。操祈が入ってる間に朝御飯作るわ」

食蜂「一緒に入ろうと思ったのにぃ……」

美琴「じゃあ夜はふたりで入りましょ」

食蜂「ふふっ、やったぁ♪」


211 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 15:23:21 ID:uIhWR.Pk
食蜂「ふぅ……気持ちよかったわぁ♪」

美琴「ああ、あとちょっとで御飯で──ってアンタはまた服着ないで出てきて!」

食蜂「だって濡れたまま服着たくないしぃ」

美琴「拭けばいいだけでしょうが! なんのためにバスタオル巻いてるのよ!」

食蜂「えぇ~いいじゃない、美琴しかいないんだし」

美琴「そういう問題じゃないのっ」

食蜂「そんなこと言ってぇ……さっきからおっぱいに視線釘付けじゃない♡」

美琴「ち、ちがっ……!」

食蜂「くすっ、バレバレだゾ♪」


213 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 17:33:30 ID:uIhWR.Pk
美琴「もういいからさっさと服着なさいよっ」

食蜂「着ちゃっていいのぉ?」

美琴「な、なによ」

食蜂「エッチしたいんじゃないのぉ?」

美琴「べ、別に……」

食蜂「はぁ……久々に朝から可愛がってもらいたいわぁ」ハラリ

美琴「ちょ、ちょっと……!」

食蜂「ねぇ、美琴ぉ……してくれないのぉ?」

美琴「……遅刻したら操祈のせいだからね」


214 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 18:50:53 ID:uIhWR.Pk
美琴「ったくもう……朝のエッチは控えようってこの前話したばっかりなのにアンタは……」

食蜂「もう1週間も前の話でしょぉ、それ」

美琴「たった1週間よ!」

食蜂「美琴がエッチしたそうな顔するのが悪いのよ」

美琴「バスタオル姿の操祈なんか見たらしたくなるに決まってるでしょ!」

食蜂「それが嬉しいからやめられないのよねぇ♪」

美琴「はぁ、アンタはもう……これから平日はバスタオル1枚で出てくるの禁止だからね」

食蜂「バスタオルも巻かずに出ていけばいいのねぇ♪」

美琴「そうじゃない!」


216 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 19:18:16 ID:uIhWR.Pk
食蜂「もぉ~そんなプリプリしないで? はい、あ~んっ」

美琴「あむっ……はぁ、せっかく作った朝御飯も冷めちゃってるし」

食蜂「美琴の料理は冷めても美味しいゾ?」

美琴「でも……あったかい、一番美味しい状態で操祈に食べてもらいたいんだもん」

食蜂「そこまで考えてくれてるなんて嬉しいわぁ♪」

美琴「操祈のためだもの、当然でしょ」

食蜂「やぁん、美琴大好きっ♡」ナデナデ

美琴「ふにゃあ……♡」


217 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 20:07:55 ID:uIhWR.Pk
食蜂「今度からはぁ、朝御飯作る前にエッチしましょぉ。ね?」

美琴「うん……ってちょっと!? 控えるって話はどこいったのよ!」

食蜂「知ーらない。私は美琴とエッチしたいときにするから」

美琴「昔は私によく我慢させてたくせに……」

食蜂「ふふっ、美琴に影響されて私もエッチになっちゃったみたい♪」

美琴「じゃあ今度猫耳つけてエッチしてくれる?」

食蜂「うん、もちろんいいゾ♪ にゃんにゃん♪」

美琴(か、可愛い……っ!)


218 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 20:25:14 ID:uIhWR.Pk
美琴「今日の帰り、猫耳買いに行くわよ」

食蜂「美琴、すっかりオオカミさんの目になってるゾ♡」

美琴「だって操祈が可愛すぎて……」

食蜂「猫耳もいいけどぉ、晩御飯の食材も忘れずにね?」

美琴「わかってるわよ。今日はなに食べたい?」

食蜂「美琴の作るものならなんでも♪」

美琴「それ結構悩むのよ? 言われた側は」

食蜂「美琴にもっと私のこと考えてほしいんだもん♪」

美琴「もう……操祈はホントにワガママなんだから」


219 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 20:36:17 ID:uIhWR.Pk
美琴「操祈、忘れ物ない?」

食蜂「たぶんねぇ」

美琴「はぁ~……結局今日も遅刻ね」

食蜂「そのかわりエッチできたんだからいいじゃない♪」

美琴「まあね。操祈、すっごく可愛かったわよ」

食蜂「な、なに言ってるのよぅ! バカっ」

美琴「そういうところも可愛い」

食蜂「も、もぉ~っ! バカバカバカっ」


220 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 20:48:07 ID:uIhWR.Pk
美琴「じゃあ行きましょ」

食蜂「あ、ちょっと待ってぇ。美琴、忘れ物してるわよぉ?」

美琴「えっ、なに?」

食蜂「行ってきますのチューに決まってるでしょぉ」

美琴「ふたりで出るのに行ってきますもなにもないと思うけど」

食蜂「いいのっ。外じゃあんまりキスできないんだから」

美琴「はいはい……操祈」スッ

食蜂「美琴ぉ……んーっ」

美琴「愛してるわよ、操祈……ちゅっ♡」

食蜂「んっ……♡」


おわり


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1423846306/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「とある」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ