Powered By 画RSS


まどか「ティーヒッヒッヒッヒ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:30:55.81 ID:DsQrIG1NI
まどか「ティーヒッヒッヒッヒ」

まどか「ティーヒッヒッヒッヒ」

まどか「ティーヒッヒッヒッヒ」

まどか「ティーヒッヒッヒッヒ」

まどか「ティーヒッヒッヒッヒ」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:33:10.96 ID:DsQrIG1NI
ほむら「ほーむほむほむほむほむほむ」

ほむら「ほーむほむほむほむほむほむ」

ほむら「ほーむほむほむほむほむほむ」

ほむら「ほーむほむほむほむほむほむ」

ほむら「ほーむほむほむほむほむほむ」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:34:12.88 ID:DsQrIG1NI
さやか「さーやさやさやさやさやさやさや」

さやか「さーやさやさやさやさやさやさや」

さやか「さーやさやさやさやさやさやさや」

さやか「さーやさやさやさやさやさやさや」

さやか「さーやさやさやさやさやさやさや」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:35:16.91 ID:DsQrIG1NI
杏子「きょーきょっきょっきょっきょっきょっ」

杏子「きょーきょっきょっきょっきょっきょっ」

杏子「きょーきょっきょっきょっきょっきょっ」

杏子「きょーきょっきょっきょっきょっきょっ」

杏子「きょーきょっきょっきょっきょっきょっ」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:36:50.93 ID:L+Pd1GO/O
狂気を感じる


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:36:56.12 ID:DsQrIG1NI
まみ「ティーロティロティロティロティロティロ」

まみ「ティーロティロティロティロティロティロ」

まみ「ティーロティロティロティロティロティロ」

まみ「ティーロティロティロティロティロティロ」

まみ「ティーロティロティロティロティロティロ」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:39:56.01 ID:DsQrIG1NI
仁美「ワーカメカメカメカメカメカメ」

仁美「ワーカメカメカメカメカメカメ」

仁美「ワーカメカメカメカメカメカメ」

仁美「ワーカメカメカメカメカメカメ」

仁美「ワーカメカメカメカメカメカメ」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:41:12.73 ID:DsQrIG1NI
シャルロッテ「シャールシャルシャルシャルシャルシャル」

シャルロッテ「シャールシャルシャルシャルシャルシャル」

シャルロッテ「シャールシャルシャルシャルシャルシャル」

シャルロッテ「シャールシャルシャルシャルシャルシャル」

シャルロッテ「シャールシャルシャルシャルシャルシャル」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:44:15.27 ID:DsQrIG1NI
オクタヴィア「ヴィーアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィア」

オクタヴィア「ヴィーアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィア」

オクタヴィア「ヴィーアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィア」

オクタヴィア「ヴィーアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィア」

オクタヴィア「ヴィーアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィアヴィア」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:47:10.80 ID:Qs7ZG2pv0
怖い


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:47:22.23 ID:DsQrIG1NI
エリー「えーりえりえりえりえりえりえり」

エリー「えーりえりえりえりえりえりえり」

エリー「えーりえりえりえりえりえりえり」

エリー「えーりえりえりえりえりえりえり」

エリー「えーりえりえりえりえりえりえり」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:49:25.96 ID:DsQrIG1NI
ワルプルギスの夜「キャーハッハッハッハッハッハッハ」

ワルプルギスの夜「キャーハッハッハッハッハッハッハ」

ワルプルギスの夜「キャーハッハッハッハッハッハッハ」

ワルプルギスの夜「キャーハッハッハッハッハッハッハ」

ワルプルギスの夜「キャーハッハッハッハッハッハッハ」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:50:54.78 ID:L+Pd1GO/O
コワいんだけど


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:51:52.01 ID:DsQrIG1NI
QB「キューっぷいっぷいっぷいっぷい」

QB「キューっぷいっぷいっぷいっぷい」

QB「キューっぷいっぷいっぷいっぷい」

QB「キューっぷいっぷいっぷいっぷい」

QB「キューっぷいっぷいっぷいっぷい」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:54:20.55 ID:DsQrIG1NI
まどか「キャハハハハハハハハ」

まどか「ほぉぉぉむぅぅぅらああああちゃあああああん」

まどか「hぢxbjしかbhづでぃかfっhjk」

まどか「ほおおおおむうううっらああああああああ」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:54:49.91 ID:MHtlNfUo0
おい誰かこいつ止めろ


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 18:57:18.96 ID:DsQrIG1NI
まどか「探したよおおお」

まどか「ほむらああああああああああちゃあああああん」

まどか「えへへ、ほむらちゃん、大好き」

まどか「ほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃん

ほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃん

ほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃんほむらちゃん」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 19:00:50.29 ID:0+1AP0udI
まどか「ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ」

まどか「ほむらちゃああああああああああああああん」

まどか「うわあああああああああああああああああああああああああああ」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 19:07:01.81 ID:0+1AP0udI
ほむら「ん?何かしら、机の中に何か入ってるわ」

ほむら「手紙・・」



暁美ほむら様へ

こんにちは、突然ですが私は貴方に心ひかれた一学生です

午後5時に見滝原公園でまってます


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 19:12:13.19 ID:0+1AP0udI
ほむら「・・・・・」

ほむら「え?」

ほむら「何なのこの手紙は・・」

ほむら「私に心惹かれた?」

ほむら「どういう事なの・・」

ほむら「私はまどか以外に好感を与えるようなアピールをした事はないわ」

ほむら「一体誰なの、こんな手紙を送ったのは」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 19:15:23.67 ID:0+1AP0udI
ほむら「どうしましょうか、行くべきか否か」

ほむら「やっぱり行かない方がいいのか・・・」

ほむら「でも送り主が誰かも気になるわね」

ほむら「・・・」

ほむら「よし、行きましょう」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 19:20:32.63 ID:0+1AP0udI
-----見滝原公園---

ほむら「現在の時刻、4:30」

ほむら「ちょっと早すぎたかしら」

ほむら「まだ送り主も来てないわね」

ほむら「気長に待ちましょう」














まどか「えへへ、ほむらちゃん来てくれたんだ」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 19:23:13.23 ID:0+1AP0udI
まどか「嬉しいなあ、正直来てもらえるとは思って無かったよ」

まどか「名前も名乗ってないしね」

まどか「嬉しいなあ」

まどか「嬉しいなあ」

まどか「嬉しいなあ嬉しいなあ嬉しいなあ嬉しいなあ嬉しいなあ嬉しいなあ」

まどか「ほむらちゃん、エヘヘ」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 19:27:08.04 ID:0+1AP0udI
まどか「約束の5時までまだ30分もあるね☆」

まどか「ここかほむらちゃんを眺めてよーっと」

まどか「ほむらちゃん、大好き」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 19:31:59.04 ID:0+1AP0udI
まどか「・・・」

まどか「さてと、そろそろ5時になるね」

まどか「緊張してきたよ、なにせ人生で初めての告白だもん」

まどか「スウーハー」

まどか「・・・」

まどか「よし!!」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 19:37:20.85 ID:0+1AP0udI
ほむら「辺りも暗くなってきたわ、そろそろ5時になるわね」

ほむら「手紙の送り主がきてもいいはず」

ほむら「ん?」

ほむら「そんな事を考えている内にお出ましのようね」

ほむら「さあ、私に手紙を送ってきたのは一体何処の誰でしょうか」






まどか「またせてごめんね、ほむらちゃん」

ほむら「・・・・・まどか?」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 19:44:36.42 ID:0+1AP0udI
ほむら(なんてこと)

ほむら(私は思い込みをしていたみたいだわ)

ほむら(まさか送り主の正体がまどかだったなんて)

ほむら(まどかと私は友達の関係、だから名乗らないはずは無い)

ほむら(そんな思い込みをしていたのね)

ほむ(まあ、何はともあれ今はまどかと二人っきり)

ほむら(願ってもない状況ね)


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 19:52:47.75 ID:0+1AP0udI
まどか「ほむらちゃん、えと、その」

まどか「こんな時間に呼び出しちゃってごめんね」

ほむら「いえ全然大丈夫よ、これくらい」

まどか「ティヒ、ありがとう、相変わらずほむらちゃんはやさしいね」

まどか「えーと、今日ここにほむらちゃんを呼び出したのはね」

ほむら「・・」

まどか「ほむらちゃんに伝えたいことがあったからなんだ」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 20:01:43.11 ID:0+1AP0udI
まどか「今までずっと黙ってたけど・・・」

まどか「私、ほむらちゃんのことが好きです!!」

ほむら「え?」

まどか「言わないで!」

まどか「わかってるよ、私だって、私達が女の子同士だってことぐらい」

まどか「でもこの気持ちを抑える事はできなかったの」

まどか「ほむらちゃんが好きだっていう気持ちを」

ほむら「まどか・・・」

まどか「おかしいよね?女の子同士だもんね?」

まどか「でもずっとこのままの関係でいる事にはもう耐えられないの!」

まどか「だから今日ここに呼び出したの・・・」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 20:10:08.90 ID:OOGVIyxUI
ほむら「まどか」

まどか「」グスッ

ほむら「私は貴方の本当の気持ちを知れて、今すごく嬉しいわよ」

ほむら「貴方が私の事そんなふうに思ってくれていたなんて」

ほむら「あのね、実は私もまどかの事が好きなのよ」

ほむら「ずっとずっと好きだったわ」

まどか「え?」

まどか「それって・・」

ほむら「ええ、私達、両思いなのよ」

ほむら「これからよろしくお願いします」

まどか「ほむらちゃあん」

ほむら「まどかぁ」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 20:16:51.04 ID:OOGVIyxUI
-----------------

まどか「こうして、ほむらちゃんと私は付き合い出しました」

まどか「周りのみんなからも、同性同士だからと差別される事もなく」

まどか「幸せな日々を送る事が出来ました」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 20:23:05.21 ID:OOGVIyxUI
まどか「私はこの幸せな日々がずっと続けばいいなと子供ながらにそう思っていました」

まどか「しかし、それは長くは続きませんでした」

まどか「ほむらちゃんとの仲が悪くなってしまったという訳ではありません」

まどか「私の中に生じた気持ちの問題でした」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 20:33:31.75 ID:WFTj1rdOI
まどか「私は元来、気性の荒い人間でした」

まどか「普段から、という訳ではありません」

まどか「時々、自分を見失ってしまうほどの狂気に取り付かれることがあるのです」

まどか「もちろん、周りの人間がそれに気付いたことはありません」

まどか「ほむらちゃんですら、気付いたことはありませんでした」

まどか「私は、皆が思う私と自分の知る私との間で、板挟みにあったような感覚をおぼえていました」

まどか「その苦痛に耐えられるほど、私の精神も強くはできていませんでした」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 20:38:49.97 ID:WFTj1rdOI
まどか「私はこの事を何度もほむらちゃんに打ち明けようとしました」

まどか「ほむらちゃんなら、私の本当の姿を理解してくれる、受け入れてくれる」

まどか「そんなことを思っていました」

まどか「しかし、それを実行に移すことは出来ませんでした」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 20:46:53.39 ID:WFTj1rdOI
まどか「そして、遂にその積み重なった矛盾が私の許容量を超えて、溢れ出す日が訪れてしまいました」

まどか「私は何かに取り憑かれたかのように、人知れず泣き続けました」

まどか「呻き続けました」

まどか「疑心暗鬼に陥りました」

まどか「そんな状況で唯一信じられるのが、私の恋人である、ほむらちゃんでした」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 20:53:52.11 ID:WFTj1rdOI
まどか「こんな状況になってしまった以上、ほむらちゃんに本当の私を打ち明けるほかありませんでした」

まどか「でも、ほむらちゃんに対して私が全身全霊を傾けて、完璧な信頼を置いていた、とは言い切れないでしょう」

まどか「心の何処かで、ほむらちゃんを疑っていました」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:02:54.26 ID:6aGEkVbbI
まどか「しかし、この些細な疑心は、意識してしまう事で私を占領していきました」

まどか「そして、それに気付いた時には既に手遅れの状態でした」

まどか「私の中にある魑魅魍魎の類いが動き出すのを感じました」

まどか「この時にはもう、ほむらちゃんに打ち明けようとは微塵も思いませんでした」

まどか「正確には、打ち明けるべきでは無いと無意識的にわかっていました」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:07:30.64 ID:6aGEkVbbI
まどか「しかし、頭ではすべきではないと分かっていても、心は何処か平穏と安らぎを求めていました」

まどか「その平穏と安らぎはほむらちゃんに求めるほかありませんでした」

まどか「そしてとうとう、私はほむらちゃんを呼び出してしまったのです」


83:同じ人です、iぽんなので末尾がIかiです:2011/12/15(木) 21:17:35.66 ID:6aGEkVbbI
まどか「繰り返しますが、疑心暗鬼に陥ってしまった私にとって、心の拠り所はほむらちゃんだけでした」

まどか「ほむらちゃんがこの見えない苦痛から私を救い出してくれる」

まどか「私にとって、ほむらちゃんはそんな存在になっていました」

まどか「しばらくの間会っていなかったので、彼女の存在が美化されてしまったのです」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:26:26.91 ID:6aGEkVbbI
まどか「しかし、現実は理想とは大きく異なっていました」

まどか「私が彼女の存在を美化していた時間は、彼女にとっては心理的な隔たりを生んでしまった時間でした」

まどか「彼女と対面して、私は私の全てを伝えました」

まどか「彼女はそんな私に理解を示してくれて、また平和な日々がかえってくる」

まどか「頭の中には、そのような筋書きが浮かんでいました」

まどか「しかし、彼女はこう言い放ったのです」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:30:59.54 ID:6aGEkVbbI

貴方ってそんな人だったのね

でも大丈夫、努力で自分を変える事はできるわ


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:35:40.46 ID:6aGEkVbbI
まどか「客観的に見れば、これは激励の言葉と捉えることが出来るかもしれません」

まどか「寧ろ、後の言葉がそれの裏付けになっています」

まどか「しかし、私にとっては、最初の言葉だけで私を絶望に至らしめるのには十分だったのです」

まどか「私は頭が真っ白になりました」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:48:24.48 ID:nncePwi3i
まどか「気が付けば、血だらけになったほむらちゃんが目の前に横たわっていました」

まどか「私は全てを悟りました」

まどか「ほむらちゃんは天国への旅路を歩み始めてしまったのです」

まどか「いえ、私がそうさせてしまったのです」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:49:57.17 ID:nncePwi3i
まどか「もうほむらちゃんは此の世の人間ではありません」

まどか「自分のせいとはいえ、唯一の心の支えを失ってしまった今、私自身、生きる希望も意味も、見いだすことが出来ません」

まどか「私は死を選びます」

まどか「親友であり、恋人であった人を殺してしまった以上、天国にいけるとは思っていません」

まどか「ほむらちゃんとはもう会えないのでしょう」

まどか「でもこれだけは言わせてください」

まどか「ありがとう」







まどか「これは、ほむらちゃん宛の遺書です」

まどか「これをほむらちゃんが読む時、私はもう此の世にはいないのでしょうね」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:50:48.00 ID:JoflKTlz0
どういうことだオイ・・・


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:51:13.14 ID:nncePwi3i
終わりです
鬱展開苦手なひとごめんなさい


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:52:11.23 ID:+vJFf8dh0
乙乙乙


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:52:26.36 ID:TwfHZnroP
なるほど!どういうこと?


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:57:16.25 ID:nncePwi3i
>>98
矛盾点とか分からなかったのは想像で補ってくれるとたすかる


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:53:26.69 ID:qCY4XpS40
乙!
なんか文学的な匂いを感じたわ


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 21:53:52.07 ID:3S9wugy10

なんかよくわからないかったけれど良かった


魔法少女まどか☆マギカ ミニクロスコレクション まどか&ほむら
魔法少女まどか☆マギカ ミニクロスコレクション まどか&ほむら

魔法少女まどか☆マギカ公式ガイドブック you are not alone.
魔法少女まどか☆マギカ公式ガイドブック you are not alone.


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. ゆとりある名無し 2011/12/18(日) 19:07:30

    >矛盾点とか分からなかったのは想像で補ってくれるとたすかる


    ええー…


  2. 2011/12/19(月) 02:47:53

    なるほど、わからん
    あ、わかったつもりの解説コメとかそういうのは結構です


  3. 2014/05/23(金) 19:58:26

    わからん作品はつまらんな


  4. ゆとりある名無し 2014/10/01(水) 20:55:57

    高尚すぎて理解できん
    そうして人知れず埋もれていくもののなんと多いことよ
    理解される努力も必要ということか


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ