Powered By 画RSS


杏子「なんでさやかは女なんだよ!!!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:35:16.60 ID:dMda/dtK0
マミ宅
マミ「好きなケーキ食べてね。いっぱい買っちゃったの」

さやか「ゴクゴク・・・ぷはぁ!さっすがマミさん!いただきます!」

杏子「わーい!いっただっきまーす!ムシャムシャ・・・あー、うまかったー!」

さやか「んもう、口の周りにクリーム付いてるぞ?」ペロリ

杏子「!!」

まどか「さ、さやかちゃん・・・///」

杏子「ななななにしてくれてんだ!!!」

さやか「嫌だったら振りほどいてもいいんだよ?」ズイッ

杏子「~~~っ!!!」キュンッ!

ほむら(なんかやたらイケメンね・・・美樹さやか///)




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:36:19.20 ID:dMda/dtK0
杏子(・・・ど、どうしよう!さやかにこんなに、ドキドキしてる)

杏子「(とりあえずごまかそう)マ、マミ!おかわりもらうぜ・・・あっ!」コケッ!

マミ「ケーk・・・じゃなかった佐倉さん危ない!」

まどか「キョウコチャン!!」

さやか「おっと」ガシッ

杏子「・・・ふぇ?」

さやか「大丈夫?ふふっ、まったく、おっちょこちょいね杏子は」キラキラ

杏子「な!なんであたし・・・だ、抱かれて・・・!!!」

さやか「どうしたのよ?顔が真っ赤だぞっ?」ツンッ

杏子「はわわわわ・・・」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:37:56.54 ID:dMda/dtK0
マミ「美樹さん、あなたそれ・・・一昔前のチャラ男みたいよ?」

さやか「・・・? いや、素なんだけど」なでなで

杏子「こ、こら!なでるな!」

まどか「さやかちゃんおかしいよ!なんかホストっぽいよ!!!」

ほむら「まるでタラシね」

さやか「えー・・・スキンシップじゃんかよー」

マミ「佐倉さん・・・どうなの?これ、いつもの美樹さん?」

杏子「ここまでイケメンではなかったような・・・」ドキドキ

さやか「まったく・・・困った子たちだね」キラキラ

ほむら(魔法少女の風紀が乱れるわね・・・どうにかしないと)


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:39:32.97 ID:dMda/dtK0
さやか「杏子ー!ぎゅーーーっ!」だきっ

杏子「や、やめろよ・・・は、恥ずかしいじゃんか!」ジタバタ

マミ「・・・ま、まさか!!!」

まどか「マミさん!何か心当たりでも!?」

マミ「美樹さんの飲み物・・・ペロッ!これはケーキ用のブランデー!!!まちがって注いでしまったわ!!!」

ほむら「(なんで注げるほどの量があるのよ)酔ってるのね・・・」

杏子「さやか!・・・ら、らめぇ!!!」

さやか「杏子かわいい・・・嫁にしたい!ハァハァ」スリスリ


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:41:28.96 ID:dMda/dtK0
さやか「杏子のおぱんつクンカクンカ!!!!!」ぬがしぬがし

杏子「やめろおおおお!!!・・・んあっ!」ズルッ

さやか「へへへ・・・かわいいお尻が丸見えよ・・・」ジュルリ

マミ「」

まどか「あの・・・これ、止めたほうが」

ほむら「面白いから見届けましょう・・・目に焼き付けておきなさい、まどか。未成年の飲酒って、こういうことよ」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:43:18.96 ID:dMda/dtK0
さやか「うへへへへ!!!」ヌプヌプ

杏子「やんっ!?そ、そんなの入らな・・・ひぐぅ!」ビクンッ!

まどか「ひゃあぁ・・・///」

ほむら(なるほど、レズセックスってああやるのね)

マミ「わ、わたしのせいで佐倉さんの純潔が・・・!」

ほむら(あ、故意じゃなかったのね)


事後
杏子「・・・うえっく・・・ひっく・・・・」ビクンビクン・・・

さやか「ふー、すっきりしたー・・・・・・あれ?杏子!?何裸で寝てるのさ!!!」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:47:01.10 ID:dMda/dtK0
杏子「さ、さやかぁ・・・せ・・・責任とれよぉ///」ぐったり

さやか「?」

マミ(何があったかわからないだろうけどここは肯定しておきなさい!さもなくばあなたはレイプ魔のクズよ!!!)みょんみょん

さやか(マミさん!?わ、わかったよ!よくわからないけど)みょんみょん

さやか「う、うん!さやかちゃんに任せておきなさい!だから安心して!」

杏子「さやかぁ・・・」ぎゅうううぅ

さやか「なっ!な・・・///」

杏子「へへ・・・これでずーっと一緒だぞ?あたしのこと、大事にしろよな?」

さやか「」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:50:09.41 ID:dMda/dtK0
まどか「(レズ)カップル誕生だね!おめでとう!」

ほむら「幸せに暮らすのよ(羨ましい、私もまどかと・・・)」

マミ「私しばらく親戚の家に帰るから、この部屋使いなさいな」

さやか「え?え??」

マミ(あなたは佐倉さんにフられるまで付き合ってあげる義務があります!!!)みょんみょん

さやか(あ、あたし何をしちゃったのこれ!?)みょんみょん

マミ(そ・・・そこに佐倉さんのソウルジェムがあるでしょ?それをその・・・酔った勢いで膣内に入れて、レイプしてたのよ)みょんみょん

さやか()

マミ(自分の認識の外とはいえ許されないわ。幸いレイプされたきっかけであなたに依存しちゃったみたいだから、しっかり落とし前つけなさい)みょんみょん

杏子「えへへ・・・マミ、みんな!ありがと!じゃあさやか、一緒に暮らすか・・・///」

さやか「そ、そうね・・・!(やべーどうしよ・・・)」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:50:54.71 ID:ltIepWgXO
お酒って怖い


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:52:20.75 ID:QCut+v28O
みょんみょんって何だよ


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:52:47.34 ID:lMJEUcql0
みょんみょんだよ


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:53:10.28 ID:QCut+v28O
なるほど、よく分からん


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:53:18.03 ID:rJQ5JTfY0
テレパシーってやつですか?


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:54:46.19 ID:dMda/dtK0
>>24
みょんみょん時はそうだよ


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:53:23.04 ID:dMda/dtK0
同棲前日
さやか「えっと、その・・・しばらく友達の家に泊まるから帰らないよ?いいかな?」

さや父「男だったらパパ許さないよ」

さやか「お、女の子だよ!!!」

さや父「そうか、なら安心だ。楽しんできなさい」

さやか(女の子と同棲って男相手より健全じゃないんじゃ・・・)


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:56:03.40 ID:dMda/dtK0
マミ宅
さやか「いよいよ今日からか・・・杏子はもう来てるかな」ガチャ

杏子「さ、さやか・・・その、お・・・おかえりなさい///」

さやか「エ、エプロン!?」

杏子「新婚さんって憧れてたんだよなー。さ、さやかとなら本望だぜっ」

さやか(え?私男役!?)

杏子「朝ごはん作るぜ!まあ座ってくれよ!」

さやか「はいはい・・・んもう、はしゃいじゃって、コイツぅ!」ツンッ

杏子「・・・ひあっ!」ビクン

さやか「・・・ど、どうしたのよ、変な声出して」

杏子「よ、予告なしのお触りは禁止だぞっ、さやかのばか・・・///」

さやか(あれ・・・けっこう可愛いとこあるじゃん、こいつ)キュンッ


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 09:58:49.25 ID:dMda/dtK0
杏子「じゃ、じゃあ座って適当に時間潰しててくれよ」ドキドキ

さやか「あいよ。急がなくてもいいからね(新聞でも読むか)」

さやか(ふ~ん、行方不明者の情報はないか・・・魔女はまだこの近くにはいないってことだね)ガサッ

杏子(さ・・・さやかが新聞読んでる!!!真剣な面持ちで・・・!!!やだ、かっこいい///)トントン・・・ホゲー

杏子「・・・いたあっ!」ザシュッ!

さやか「なに!?ど、どうしたのよ杏子!?」とてとて

杏子「・・・な、なんでもないよ!ちょ、ちょっと余所見してて」だくだく

さやか「すごい血じゃない!!!ちょっと失礼するわよ」ちゅうぅ・・・

杏子「ひゃうっ!」ピクン


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 10:02:31.44 ID:dMda/dtK0
さやか「~♪」ちゅうちゅう

杏子「や・・・やめろよ///き、汚いぞ!それに血液と粘膜の接触は悪いというか・・・はわわ」

さやか「さやかちゃんには治癒の力があるんだよ?それに私達、ゾンビみたいなもんだから無問題よ」

杏子「その理屈はおかしいぞ・・・んああっ!」ビクン

さやか「杏子の血、甘くておいしい・・・」ぺろぺろ

杏子(・・・こ、こんなのもうだめぇ・・・!おかしくなっちゃう!!!)


鍋「ゴゴゴゴゴ・・・・・」

さやか「・・・いけない!吹き零れてる!!!」ダッ

杏子「ゴ、ゴングに救われたぜ・・・///」

さやか(ったく、鍋のやつ空気読めっつうの・・・)


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 10:04:37.43 ID:dMda/dtK0
さやか「朝からすき焼きとは豪華ね・・・」

杏子「そうかな?べ、別にさやかのためにって張り切って作ったわけじゃないぞ」モジモジ・・・

さやか(嘘はつけない子ね・・・)キュンッ!

杏子「あたしも食べよーっと!いただきまーす・・・あっつぅ!?」ホフホフ!

さやか「よく冷まさないからよ・・・ほら、ふー、ふーっ」

杏子「え・・・?」

さやか「冷ましてあげたよ?これで大丈夫でしょ?はい、あーん」

杏子(ふーふーとあーんのダブルコンボ!!?)

杏子「あ、あーん・・・///」

さやか(ニヤニヤ・・・)

さやか「なーんてね!」ひょいぱく

杏子「あ・・・・あ・・・・・・・・」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 10:08:00.30 ID:dMda/dtK0
さやか(さーて、なんて言うかしらね・・・というかかわいい、苛めたくなる)

杏子「た、食べ物で遊ぶな!!!」

さやか「え、そっち!?」

杏子「まったく、さやかは学校あるんだからさっさと食べろっつうの・・・」ぱくぱく・・・ホフホフ!

さやか「何よ、せっかく気を遣ってやったのに」ひょいぱく

杏子(・・・!? 取り箸を使わない・・・だと!?こ、これってさやかと間接キス!!!?)

杏子(さ(わ)やか吐息のあとにさやかエキスとか上級プレイだろ・・・///)

さやか「・・・どうしたのよ、今度はニヤニヤして」

杏子「な、なんでもねーよ!!!」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 10:11:21.06 ID:dMda/dtK0
さやか「じゃあ行って来るね。マミさんの部屋だからちゃんとしておくのよ」

杏子「わかったよ・・・じゃあな。いや、い・・・いってらっしゃい///」

さやか「いってきまーす!」ダッ

杏子「・・・行っちまった。さやかのやつ、もっと照れてもいいじゃんか!あたしはこんなに恥ずかしいのに・・・///」

杏子「暇だな・・・TVでも見るか」ポチッ

TV「お姉さま・・・今日もタイが曲がっていてよ」クイッ

杏子「世間的に見て女同士の同棲ってどうなんだろうな・・・不安になってきた、ような」

TV「おおおお姉さまいけませんわ!!!ひゃあんっ!」ビクンビクン

杏子「・・・朝からこんな生々しいドラマやるなよ・・・他人事じゃねーんだし・・・///」ピッ!プツン・・・


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 10:16:35.94 ID:dMda/dtK0
昼ごろ
TV「なんでやねん!ぜったいおかしいよ(バチーン!)」

杏子「あはは!!!」

杏子「全国の専業主婦はこうやって暇と戦ってるのかね・・・このままじゃただの寄生になりそうだ」

電話「ティロ・フィナーレ!」

杏子「なんだこの着信音、家電なのに・・・はいはい出るよ」

杏子『はい、巴です』

ほむら『巴の姓なのに美樹さやかと同棲なんて、まるで浮気みたいね』

杏子『な、なんだよおまえか・・・なんか用か?』

ほむら『ちゃんとやってるか気になって。あわよくば参考に・・・』ジュルリ

杏子『やるもなにも、専業主婦って思ったよりやることなくて死にそうだぜ・・・』


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 10:21:43.92 ID:dMda/dtK0
ほむら『掃除洗濯料理・・・いろいろあるじゃない。主人の帰りをしっかり迎えてあげなさいな』

杏子『やっぱそれか。めんどうだな・・・』

ほむら『うちのクラスあさって体育があるけど、この前美樹さやかが授業で盛大にコケてたわ・・・おそらく汚れた体操服がそっちにあるでしょ』

杏子『ちょっと待ってな・・・これか』

ほむら『洗ってあげれば喜ぶわよ。くれぐれも匂いを嗅いだりしないように(その後牛乳浴びたからね)』

杏子『そ、そんなことしねーよ!!!おまえじゃないし!じゃあな!!』ガチャン

杏子「よっしゃ洗濯だ!早く出さないと干せないぞ・・・」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 10:26:19.04 ID:dMda/dtK0
杏子「これがさやかの・・・ブラジャーとパンツの上に着る体操服か」ゴクリ

杏子「おっぱいの部分が伸びてる・・・」

杏子「・・・・」クンクン

杏子「くっさ!!!」

杏子「何かの間違いだろ・・・さやかはフローラルの香りがするはずだ・・・!」

杏子「特殊な体臭持ちだったら今後の新婚生活も危ういし・・・き、着替えをチェックするしかないな!うん、そうだな!」

杏子「失礼します」ジイイィ・・・


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 10:32:34.55 ID:dMda/dtK0
杏子「さやかってこんな下着付けてんだな・・・///」

杏子「・・・」スンスン

杏子「ペロ!こ、これは間違いなくさやかの匂い!!!」

杏子「安心したぜ・・・さて、洗濯洗濯っと」

杏子「・・・でもさやかって、女の子なんだよな・・・学校で色目で見られてなきゃいいけど」

杏子「はやく帰ってこないかなぁ・・・さやか」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 10:39:31.61 ID:dMda/dtK0
学校
後輩A「さやか先輩!おっはよーございます!」

後輩B「キャーキャー!今日も凛々しいわー!!!」

さやか「まったく、騒ぎすぎよあんたら・・・私はそんなカッコよくないってーの!うりゃ!」ぐいっ

後輩B「きゃっ・・・///せ、せんぱい・・・あったかいです・・・」

まどか「さやかちゃんは素で男っぽいよね・・・女の子にモテモテじゃん、私もカッコよくなりたいなぁ~」

ほむら「まどかはそのままでいいのよ!!!美樹さやかみたいなタラシになっちゃ駄目!無垢なままでいて!!!」

まどか「ほむらちゃん・・・目が怖いよ」

さやか(別に女の子に興味はないんだけどなー・・・杏子といいこいつらといい、ちょっとそういうのもいいかなーなんて思っちゃうじゃないの!)


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 10:44:22.45 ID:dMda/dtK0
放課後
さやか「ねえまどか、私ってそんなに男っぽいかな・・・」

まどか「男っぽいって言うより、カッコイイよさやかちゃんは。もし男の子だったらきっと異性にモテモテだったろうに・・・」

さやか「なんでそんなに残念そうな顔するかね・・・まあ、女の子相手でもチヤホヤされるのも悪くないけど・・・」

まどか「サヤカチャン!やっと・・・目覚めたんだね!」

さやか「違うから!!!ただ、私を快く思わない連中の目がね・・・」

まどか「そ、そっか・・・ゴメンネ、変なこと言って」

さやか「ううん、気にしないで・・・って!杏子!?」

杏子「さやかァー!!!」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 10:50:24.38 ID:dMda/dtK0
さやか「ど、どうしたのよ?こんなところまで」

杏子「買い物ついでにさやかの顔が見たくなってさ・・・あと、さやかと家まで一緒に帰りたかったんだ///」

生徒A「買い物・・・家まで一緒に!?」

生徒B「一緒に住んでるっぽいわね・・・しかも普段着で・・・学校行ってない不良かしら」

杏子「えう・・・あう・・・こ、これは」

さやか「杏子を悪く言わないでちょうだい!!!ええそうよ、一緒に住んでるの!悪い?」ズイッ

まどか「サヤカチャン!!!」

さやか「だいたいあんたら、この子の事情も知らないくせに悪く言うんじゃないわよ!!!しっしっ!」

杏子「さ、さやか・・・ごめんな・・・・・あたしがここに来ちゃったばっかりに・・・」グスン

さやか「いいんだよ。さ、帰ろ!」スッ

後輩A「まさかの熱愛だわ・・・流石先輩、大勢の前で姫君を庇うなんてステキだわ・・・///」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 10:56:38.39 ID:dMda/dtK0
マミ宅
さやか「いつまで暗い顔してんの。あんたが悪いわけじゃないじゃん」

杏子「でも学校の連中には知られたくなかっただろ・・・ゴメンな、これじゃ噂されちゃうよな」

さやか「・・・いっそ開き直ってラブラブアピールしちゃおっか!」

杏子「・・・ふえぇ!?」

さやか「言いたいやつには言わせておけばいいのよ・・・だいたいゾンビでもない温室育ちのパンピーに私達の気持ちが分かってたまるかっての」ビキビキ

杏子(さやか・・・あたしのために、こんなに怒ってくれてるんだな・・・)キュンッ

杏子「さやか・・・お願いがあるんだけど」

さやか「なによ?らしくないわね」

杏子「ぎゅってしてくれない・・・かな?」

さやか「えっ」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 11:02:59.79 ID:dMda/dtK0
さやか「こ、こうかな」ぎゅっ

杏子「も、もっと強く・・・だ」

さやか「・・・こう?」ぎゅうううぅ

杏子「そう、そんなカンジ・・・さやか、私より背が高いからすっぽり収まっちまうな・・・///」

さやか(杏子って、こんな小さかったのね・・・こんなナリしていつも虚勢張ってたんじゃ、たまには息抜きも必要よね)

さやか「ねえ杏子、今度デートしよう」

杏子「で、でーと!?」

さやか「嫌かな?嫌だったら・・・」

杏子「いくいく!!!絶対行く!約束だぞ!!!」

さやか「(すごい食いつきっぷりね)じゃあ今度の休みね。楽しみにしてなさいよ」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 11:07:41.20 ID:dMda/dtK0

さやか「お風呂あがったわよー」

杏子「お、おう・・・じゃあ入ってくるな」とてとて

さやか(一緒に入るって言わなかったのは以外だわ・・・恥じらいが出てきたようね)


杏子「こ、この湯にさっきまでさやかが入ってたのか・・・」・・・ゴクリ

杏子「なんかいい匂いがする気がする」

杏子「・・・変な想像する前に上がっちゃおう」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 11:11:44.21 ID:dMda/dtK0
TV「契約!契約!さっさと契約!しばくぞ!!!」バンバン

さやか「あっはっは!!!」

杏子「・・・上がったぞ」

さやか「お、来たか!見て見て、契約おばさんだって!!!」

杏子「QBもここまでやってきたら怖かったな・・・」

杏子「・・・さやか、ちょっといいか」パンパン

さやか「な、なにすんのよ・・・///」

杏子「タ、タマがねぇ!チンも!!!」

さやか「あたりまえでしょ!!!」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 11:18:38.45 ID:dMda/dtK0
杏子「な、なあ・・・前から文句付けたかったが、なんでさやかは女なんだ?男だったら堂々と結婚できるのに」

さやか「はぁ!?」

杏子「・・・というわけで、通販でサンプルを頼んでみたんだ。QB、例のものを」

QB「わけがわからないよ」スッ

さやか「なによそれ・・・んむぅ!?」ゴクゴク・・・

杏子「ごめんなさやか!あたし、もう我慢できないんだ!!!」

さやか「な・・・何よこれ・・・身体が熱い・・・!」ジュンッ!

杏子「QB印の魔チン薬だ・・・さやかとちゃんと交わりたい」

さやか「お、おかしいわよ杏子!!!な、なんで私のことそんなに・・・」

杏子「さやかがあたしのこと庇ってくれて、すごい嬉しかった。あと、前から好きだったんぞ?」ぬぎぬぎ

さやか(まいったわね、エロゲのヒロイン脳かよ・・・)


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 11:24:10.05 ID:dMda/dtK0
杏子「ほら・・・さやか、き、来てもいいぞ///」

さやか「えっと、これ・・・扱いがよくわからないんだけど」

杏子「あ、あたしも初めてだけど・・・こうかな」シコシコ

さやか「ひううんっ!?」ビクンっ!

杏子「えへへ・・・気持ちよかったか?」

さやか「なにこれ・・・や、やめてよぉ!!!」

杏子「ごめんなさやか、無理だ」シコシコ

さやか「・・・・うあっ!な、なんか出ちゃう・・・!ちょ、や、やめ・・・あっ!」ビュルルッ!

杏子「・・・さやかの精液・・・こ、こんなに」まじまじ

さやか「・・・ふぅ」

杏子「ん・・・おいし・・・」ペロッ


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 11:29:21.46 ID:dMda/dtK0
さやか「あー・・・・もっかい風呂入ってくるわ」ノシ

杏子「えっ」

QB「俗に言う賢者タイムだね・・・いきなり射精させてしまったのは失敗だったようで」

杏子「は、話が違うじゃねーか!!!」

QB「性欲のメカニズムは男性のそれに合せてあるんだ。女性の快感を有する男性器持ちとかズルいじゃん?」

杏子「くそっ!既成事実作戦失敗だ.・・・!」

杏子「案外魔チンに動揺しなかったことは男らしいな・・・///で、でもやっぱりさやかは女の子だからさやかなわけで・・・下半身にそんなものなくてもさやかはカッコイイし」モジモジ

QB「ノロケ長そうだから帰っていいかな」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 11:34:05.55 ID:dMda/dtK0
杏子「し、しかたない!さっきは恥ずかしくてやらなかったが、こうなりゃヤケだ!」ダッ!

QB「ど、どこに行くんだい!?」

杏子「お背中流しましょうか、ってやつだ・・・これに靡かない殿方はいないってマミが言ってた」

QB「殿方ってちょっと・・」


杏子「・・・さやか!背中流しにきたぜ!!!」ガラッ!

さやか「はぁ・・・はぁ・・・杏子!杏子ぉ!!!」シコシコ・・・

杏子「」

さやか「」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 11:38:56.67 ID:dMda/dtK0
杏子(・・・勢い余って脱衣所の時点で宣言しちゃったけど・・・これは・・・)

さやか「・・・・・」シコシコ

杏子(さ、さやかがあたしのパンツでパンツコキしてる・・・///)

さやか「・・・・・・・・・」シコシコ

杏子「な、なんとか言えよ!!!」

さやか「・・・ごめん、杏子。私、杏子の普段身につけてるものに射精するのが一番興奮するみたいで・・・」

杏子「えっ?」

さやか「私の精液がぶっかかった下着を、杏子が気付かないでまた身につけるとこ想像したら治まらなくて・・・」

杏子「カ、カラダは無視かよ!!!そんなに貧相かあたしは!!!」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 11:45:22.57 ID:dMda/dtK0
さやか「杏子に魅力がないわけじゃないよ?ただやっぱり、無垢な杏子を汚したくないの」

さやか「そのかわり下着とかはさやかちゃん汁でべとべとにしたいけどね!!!」

杏子「そ、そんな・・・さやかが下着フェチだったなんて・・・」

さやか「魔チンのせいよ。普段は杏子を抱っこして舐めてぺろぺろしてねぶってしゃぶりたいって思ってるもん」

杏子「さやか!じゃあ・・・」

さやか「・・・今はとりあえず、杏子。今着てる服で服コキ・・・してくれないかな?」

杏子(こ、こいつ・・・さらなる高度なプレイを要求してきやがった・・・!)


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 11:53:59.31 ID:dMda/dtK0
さやか「杏子がいつも着てるパーカー・・・寝巻きもこれなの?これ1着しかないのにごめんね」

杏子「さ、さやかのへんたい!ばか!」ポカポカ

さやか「ばかでもいいわ。さあ杏子、手引っ込めて、袖でさすってよ」ギンギン

杏子「あ、あうう・・・・」ドキドキ

さやか「やっぱり杏子は痴女っぽいのは似合わないね。こういう初々しさがないと」

杏子「・・・う、うるせー!い、一回だけだかんな」ゴシゴシ

さやか「ひうっ!・・・・そ、そうよ、そんなカンジで・・・あ、おっぱい見せてよ、手の刺激だけじゃ物足りないし」

杏子「は、はあ!?」

さやか「杏子は私の嫁なんだよね・・・魔法少女公認の事実よね?」

杏子「・・・は、恥ずかしいよぉ・・・」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 11:58:18.21 ID:dMda/dtK0
さやか「そうだよね・・・自分からめくらせるのもいいけど、嫌がって躊躇するところで無理矢理めくるほうが興奮するよね」

杏子「お、おまえ!何言って・・・」

さやか「ほりゃ♪」ズルッ

杏子「きゃあぁっ!?」プルン

さやか「きゃあだって!この悲鳴だけで抜けるわね」シコシコ

杏子「うう・・・QB、助けてよぉ・・・恥ずかしくて死んじゃう!」カアァ・・・

QB「見たところあと1回分の射精が残ってるね。もう少し恥辱を辛抱するんだね」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 12:05:23.09 ID:dMda/dtK0
さやか「小さいけど張りがあるわね・・・ふーっ♪」

杏子「ふあっ!」ビクンッ!

さやか「なんだ、恥ずかしいとか言いながら満更でもないわけね・・・エッチな子」

杏子「そんなもの擦り付けられながら、む・・・・胸に息かけられたらしょうがないだろ!」

さやか「そんなこと言っても今の私、杏子におっぱい見せ付けられて手コキさせられてるようにしか見えないよ・・・」

杏子「なっ・・・///」

さやか「あっ!んぅ・・・・そ、その表情・・・いいよ!・・・も、もう射精るよ・・・っ!服にかけるから・・・!」

杏子「・・・やっ!す、すごいビクビクして・・・んあぁっ!?」ビュルビュル・・・

さやか「・・・ふぅ・・・杏子のいつも着てるパーカー、汁まみれにしちゃった・・・///」

杏子「へ、へんな匂い・・・さっきより汁っぽい・・・・」ヌメヌメ


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 12:09:48.54 ID:dMda/dtK0
さやか「えへへ・・・魔チンやっと引っ込んだみたい」ペタペタ

杏子「もう・・・出しすぎだって・・・」ハァハァ・・・

さやか「ゴメンゴメン☆・・・あ!普段着兼寝巻きだったねそれ!どうしよう」

杏子(さやかの服さやかの服さやかの服・・・!!!)

さやか「まどかに服貸してもらおう。私のじゃサイズ合わないし」

杏子「チイィィィ!!!」ギリッ・・・


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 12:18:03.83 ID:dMda/dtK0
30秒後
まどか「さやかちゃん、お着替えもってきたよ・・・って、何、この匂い・・・」むわぁっ

さやか「いやー、ちょっと杏子に精液ぶっかけちゃってね。ってか早すぎじゃないの」

まどか「せせせ精液って!!!あ、杏子ちゃん!大丈夫!?」

杏子「・・・よう、やけに早いな」ガタガタ・・・

まどか「うちの洗濯機が壊れちゃって、コインランドリーで洗った帰りなの!というかこれ、まさかさやかちゃん・・・」

さやか「挿入れてはないし合意だよ?」

まどか「そうなの!?キョウコチャン!!!」

杏子「あ、ああ・・・あたしがこいつの変態プレイに付き合っちゃったんだ・・・」グッタリ

まどか「挿入もなしでこんな変態プレイなんておかしいよ!!!」ブー!!!

さやか「まどか、鼻血出てるわよ」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 12:23:18.95 ID:dMda/dtK0
杏子「そんなことより、はやく服を貸してくれ・・・寒い」

まどか「わかった!はいこれ!」

杏子「サンキュー・・・って!なんだこのフリフリは!!!」

まどか「安かったから買ったやつだけどちょっと派手すぎて・・・杏子ちゃんにあげるよ」

さやか「まどかGJ」ブー!!!

まどか「さやかちゃん、鼻血出てるよ」

さやか「あっ、マミさんのベッドシーツに血が・・・」

まどか「うわぁ・・・なんかえっちぃね・・・///」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 12:24:01.15 ID:3CcBZUvI0
ふりふりあんあん!


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 12:29:28.42 ID:dMda/dtK0
さやか(杏子かわいい杏子かわいい杏子かわいい杏子かわいい杏子かわいい・・・)みょんみょん

まどか「・・・!?(ゾクリ) じゃあ私は馬に蹴られて死んじゃうから帰るね!おやすみ!」ガチャン

杏子「滞在時間5分もなかったな・・・邪魔なんて思ってないのに」

さやか(いっけね、電波が漏れてみょんみょんしちゃったわ・・・)

さやか「じゃあもう寝ましょ、身体魔法では浄化したし」

杏子「ちぇっ・・・分かったよ、寝ようか」


さやか「壁際と壁際じゃないほうどっちがいい?」ポ゚ンポン

杏子「おい・・・片方がソファーっていう鉄則はないのか・・・」

さやか「嫌じゃないでしょ?」

杏子「うん・・・言わせんなよ///」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 12:37:09.00 ID:dMda/dtK0
さやか「手錠、繋いでいいかな?」

杏子「いろいろおかしいだろ!」

さやか「いや、イメージプレイよ!何もしないから!!!お願い!!!ね?」

杏子「拘束プレイなんてゴメンだからな!絶対に手を出すなよ!!!」

さやか「分かった・・・絶 対 に 手を出さないわ」ニヤリ・・・

杏子「・・・朝には開放しろよ!って、もうかけたのかよ」ガッシイ!

さやか「ベッドの足に固定したわ・・・これで杏子をいつでも好きなようにできるっていう妄想ができるわね」

杏子「頼むから妄想だけに留めてくれよ・・・もうこういうアブノーマルプレイはこりごりだよ」


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 12:41:09.84 ID:dMda/dtK0
夜中
杏子「・・・おしっこ行きたい」ムクリ

さやか「・・・」

杏子「ホントに手を出さなかったんだな・・・律儀というかなんというか・・・ってか起きろ!お、おしっこ!」ユサユサ

さやか「・・・・・・・・」

杏子お、おい!!!」ユサユサッ!

さやか「・・・・・・・・・・・・・・」

杏子「ど、どういうことだおい・・・こ、こいつ・・・死んでるじゃねーか・・・・」


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 12:41:45.14 ID:b4a2InRN0
さやさや?


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 12:46:29.77 ID:dMda/dtK0
QB「よし、杏子がさやかの死を確認したね・・・じゃあそろそろ100m圏内に入るよ」トコトコ

さやか(・・・ハッ!・・・どうやら手筈どおりにことが進んだみたいね・・・再確認は普通しないでしょ)

杏子「ど、どうしよう・・・!おしっこ行きたいし、でもさやかは死んでるし・・・ああっ・・・!」

さやか(こうして隣で慌てふためく杏子が見られるなんて最高だわ・・・!)

杏子「も・・・だ、だめっ!お、おしっこ・・・・漏れちゃうぅ・・・・!」モジモジ・・・

さやか(イイヨイイヨー!!!さあ早く親友(夫)の隣でお漏らしプレイ!!!)

杏子「・・・んああっ・・・や・・・やぁんっ!!や、やだ!!!と、止まってよぉ・・・!!!」プシャアァァ・・・

さやか(あとでペットボトルに回収しておかないとね・・・)


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 12:47:04.96 ID:Wzx/CWdEP
なんという変態…


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 12:54:20.10 ID:dMda/dtK0
杏子「マ、マミ!!!助けて!!!さやかが!さやかがあ!!!」みょんみょん

マミ(電波キャッチしたわよ!偶然魔女探索にこの近くまで繰り出しててよかった!すぐ行くわ!!!)みょんみょん

QB(や、やばいよさやか!!!マミにばれたらお互い殺される!!!死体ごっこなんてどんなに怒られるか・・・!)みょんみょん

さやか(やばいわね・・・!QB!!!逃げてちょうだい!!!私は死体になって責任を逃れるわ!!!)みょんみょん

QB(ずるいよさやか!!!ソウルジェムっていう物的証拠がある時点で僕が悪者じゃないか!!!あ、マミだ!!!)みょんみょん

マミ「QB!?そこにいるのね!!!」

QB「にゃ~ん」ガサガサガサ・・・

マミ「なんだ猫か」

さやか(QB・・・無事に逃げられたようね。あ、意識が・・・・)グッタリ

杏子(マミ!マミ!!!早くしないとさやかが!!!)みょんみょん


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 13:01:15.36 ID:dMda/dtK0
マミ「入るわよ!!!」バタン!

マミ「なに・・・これ・・・・このむせ返るような匂い・・・」むわぁ・・・

杏子「マ、マミ!助けて、さやかが!!!」

マミ「か、監禁!?それにお漏らしまで・・・乱暴はされてない!?」

杏子「そんなごどより・・・しゃやかがぁ・・・さやかが・・・」ずびっ

マミ「シーツに血痕が・・・監禁レイプ!?し、しかも美樹さん、し、死んで・・・」

杏子「ふえーん・・・さやかぁ・・・・」ぐすっ

マミ「私がこんな提案をしたばっかりに・・・美樹さん・・・ごめんなさい・・・・・」ぐすん


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 13:07:04.82 ID:dMda/dtK0
翌朝
マミ「・・・で、美樹さんが手錠を付けてきた・・・と」

杏子「そうだよ!でも何か必死でおかしかった・・・まるで、何か目的があるみたいに」

マミ「考えられるとしたら魔女の口付けね・・・死んでるから痣がないのかしら?どうも噛み合わないわね・・・」ジトー・・・

杏子「ほ、ほんとうなんだって!!!あれはさやかが!!!」

マミ「・・・佐倉さん、脅されているのかもしれないけど、あれはレイプ魔の犯行にほぼ間違いないわ。あなたは私が護るから、言ってちょうだい」

杏子「・・・・こっちはこっちで信じてもらえねーかもしれないけど・・・まずはさやかにチンコを生やしたところから話さないとな」

マミ「」


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 13:13:16.54 ID:dMda/dtK0
杏子「かくかくしかじか・・・」

マミ「あ、あなたたち!!!わ、わたしはここを愛の巣にしろって言ったわけじゃありません!!!」プンプン!

杏子「いろいろ汚しちゃってすまないと思ってるよ・・・でも、さやかと新婚初夜の思い出作りをしたかったというか・・・」

マミ「・・・!? 死因、詳しく調べてないけど・・・これって」

杏子「ソウルジェムがないよな・・・ってことはさやか!生き返るんだな!!!」

マミ「忍び込んでソウルジェムを奪ったヤツがいるってことね・・・でもソウルジェムの存在を知っていて尚且つマジカルな存在しかありえない」

杏子「・・・QBだな」

マミ「QBね」


QB(ヤバい!!!逃げなくwsxせdrftgyふじこlp;@!!!!)パァン!!!

ほむら「なんであんたがソウルジェム持って走り回ってるのよ・・・殺しちゃったけど文句ないわよね」


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 13:17:51.83 ID:dMda/dtK0
ほむら「ソウルジェムと・・・なにこのビン?QB印の魔チン薬・・・?」

ほむら「まどチン・・・」ジュルリ

ほむら「こ、こいつは貰っておくわ!!!ソウルジェムについて、マミあたりに相談してみましょう」


マミ(QB!QB!!!)みょんみょん

杏子「ど、どうだ!?」

マミ「駄目だわ・・・着信拒否されてる」

杏子「犯人ですって言ってるようなもんじゃねーか・・・アホか」

ほむら「巴マミ・・・お邪魔するわ」ガチャン

マミ「!?」

さやか(おっ・・・目が覚めたけど・・・何やらめんどくさい状況っぽいわね・・・)


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 13:25:21.01 ID:dMda/dtK0
さやか「ハッ!わ、私は何を」キョロキョロ

杏子「さ、さやか!!!」

ほむら「あ、やっぱこれ美樹さやかのね。こんな大事なもの無くすなんてあなたしかいないと思ってたわ」

マミ「美樹さん!!!気が付いたのね!!!」

さやか「わ、わたしQBに変な薬で操られて・・・!!!杏子もその薬飲まされたんです!!!ひどい!!!」

杏子(お、おい!あの薬はあたしが・・・)みょんみょん

さやか(マミさんのケーキ・・・今後貰えなくなっちゃってもいいの!!??)みょんみょん

杏子「QBがやりました」

マミ「やっぱりね・・・あの畜生・・・可愛い後輩たちを操ってセ、セックスさせるなんて・・・どうしてくれようかしら」

まどか「さやかちゃん、杏子ちゃん!道端にQBの肉片が落ちてたよ!!!って、みんな!!!」

ほむら「あ、さっきの残骸ね・・・まどか、ばっちいから捨てなさいそんなもの」


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 13:30:11.88 ID:dMda/dtK0
ほむら「えーと、NASAはここかしら」シュンッ

ほむら「このロケットに括り付けて・・・っと!ビデオのセットもよし!」


ほむら「ただいま」シュンッ

マミ「お疲れ様。さあ、ビデオ見ましょうか」

ロケット「ゴゴゴゴゴ・・・・・」

QB「ほわああああああああああああああああああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!」

ロケット「ボシュッ!シュゴゴゴゴ・・・・・」

QB「わ、わけがわからな・・・・ぬわーーーーーーー!!!!!」ジュンッ!

まどか「ばいばい、QB・・・」

杏子(QB・・・よくわからないけどゴメン。ケーキより優先順位低いからさ・・・あんた)

さやか「まああいついらないし・・・これでよかったよね?」

マミ「ハッピーエンドね。今夜は宴よ!!!」


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 13:32:50.50 ID:dMda/dtK0
こうしてこの一見なんの変哲もないロケット発射動画がYouTubeにうpされた。
これが魔法少女を見分けるリトマス紙になったのはまた別の話。ごめんオチが思いつかなかった

おわり

次回、ほむらちゃん まどかにチンコ生やすの巻き


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 13:34:16.12 ID:9mjZ3Boq0
乙。素晴らしかった


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 13:40:47.02 ID:3CcBZUvI0
乙乙乙


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 14:35:43.31 ID:/53pF0Ti0
乙~


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 佐倉杏子 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 佐倉杏子 (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア)

魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど美樹さやか (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど美樹さやか (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2014/06/16(月) 00:41:32

    こんなおわりふかないわけないじゃないか


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ