Powered By 画RSS


唯「さいどびじねす!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 01:36:29.19 ID:hVxWl2sZ0
ロンドン ヒースロー空港

卒業旅行でロンドンに到着した軽音部。

唯「ねえねえ、入国審査の時って、何を話せばいいの?」

梓「旅行の目的とか聞かれるみたいですよ。Sight seeing、って言えばいいと思います」

唯「分かった!」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 01:37:28.47 ID:hVxWl2sZ0
入国審査ゲート

入国審査官「What is the purpose of your visit?」

唯「さいどびじねす!」

入国審査官「Side business?」

唯「いえーす!さいどびじねす!」

入国審査官「Ok, so you got a proper visa for business?Show me.」

唯「え、えっと、ビザって言った、ショウって言った…いえーす、ジスイズまいファザーズクレジットカードいずビザ!」

入国審査官「Hah?Hmm...We need to check your status. Please go there please, that room」

唯「???」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 01:38:35.99 ID:hVxWl2sZ0
……

律「ふう、やっと入国審査がおわったぜ」

澪「結構色々聞かれるんだな、滞在日数とか、帰りの航空券見せろとか。もっと簡単なものかと思ってたよ」

梓「私、何度も年齢について聞かれましたよ。パスポートを偽造してるとでも思われたんでしょうか…」

紬「日本人は、実際の年齢より若く見られるっていうからね」

律「梓はさしずめ小学生かと思われたんだろうなあ~」

梓「むっ、律センパイだって人のこと言えないじゃないですか!」

律「何を~?生意気な!」

澪「おい、そんなことより、唯はどこいったんだ?」

紬「そういえば、姿が見えないね…」

律「ああ、唯なら、さっきあそこの別室に連れていかれたぞ」

梓「え、ええ?どういうことですか!?」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 01:40:56.59 ID:hVxWl2sZ0


別室

入国審査官「ペラベラペラベラ?」

唯「え、えっと、うぃいあー、けいおんぶ!ごーいんぐ、そつぎょうりょこう!」

入国審査官「I don't understand
what you are talking about. Without explaining the exact purpose, we cannot admit you.
Your purpose is sightseeing, not a side business, right?」

唯「えっと、えっと、早くてわかんないよお…う、うう、うわーん、憂~、みんな~!」

入国審査官「…OMG」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 01:42:11.33 ID:hVxWl2sZ0


紬「大変!唯ちゃん、入国審査で引っかかってるみたい!」

澪「ええ!?一体どうして…」

紬「唯ちゃん、入国の目的をビジネスだって答えたみたいで…働くのが目的なら、就労ビザが必要でしょ?それで揉めてるみたい…」

律「はあ?なんでビジネスなんていうんだよ…意味が分からん!」

澪「観光、だから、サイトシーイングでいいんだよな…」

梓「ビジネス…ビジネス…サイトシーイング…はっ!」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 01:44:21.06 ID:hVxWl2sZ0


唯「うう、どうしたらいいの…お腹も空いたし…」

入国審査官「If you can't explain your purpose of visit, you have to go back to Japan immediately」

唯「えっと、ゴーバックって言った…ジャパンって言った…ええ!?せっかくみんなでロンドンに来たのに、帰りたくないよお!」

入国審査官「Just explain your purpose. Once you say "Sight seeng", we can admit you and you will enjoy your stay in London. Just say it!」

唯「どうしよう、私、怒らせちゃったのかなあ…怖いよお…憂~!」

入国審査官「どうしてこうなった」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 01:48:10.25 ID:hVxWl2sZ0


律「唯の奴、まだ出てこないぞ…」

澪「もう三十分も経つな…」

律「もし、入国許可が下りなかったら…」

紬「唯ちゃんだけ、日本に強制送還になっちゃう…」

梓「そんなのダメですっ!!!」

澪「梓…」

梓「唯センパイのいない軽音部なんて、軽音部じゃありません!」

紬「梓ちゃん…」

律「よく言った梓!しかし、何か案はあるのか?」

梓「はい!多分唯センパイは…」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 01:50:52.04 ID:hVxWl2sZ0
……

唯「うぅ…グスッ、ギー太~、みんな~。みんな、どうしてるのかな?私なんか置いて、もうホテルに行っちゃってるかも…うわーん!」

入国審査官「Hey, this is for you, from your friend(おい、お前の友達から伝言だ)」

唯「ん?手紙…?あ、これあずにゃんの字だ!どれどれ?」

梓『観光=サイトシーイング。×サイドビジネス』

唯「なにこれ……あ!」




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 01:58:18.79 ID:hVxWl2sZ0
律「お、唯が出て来たぞ!」

澪「唯!何やってたんだ、心配したぞ!」

唯「いやあ、ちょーっとだけ、手違いがありまして…」

梓「サイトシーイングと、サイドビジネスを間違えたんですよね」

唯「うっ…すいません間違えました!」

紬「クスっ、唯ちゃんらしいわね」

唯「入国審査のおじさんが怖かったんだよお~」

梓「私が話したときはとても親切でしたよ。むしろ唯センパイをなんとか入国させてあげようと、心配してくれてました」

唯「え、そうなの?英語が早くて、怒られてるのかと思ってたよ~」

澪「真面目に英語を勉強しないからそうなるんだぞ」

梓「まったく…」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 02:02:53.81 ID:hVxWl2sZ0
唯「でも、あずにゃん、よく私の間違いにきづいたね」

梓「唯センパイのことはなんでもお見通しです」

唯「おかけで助かったよお!ありがとう、あずにゃん!」(ガバッ)

梓「にゃっ!もう、人前でやめてください!時間押してるんですから、早く動きましょう!」

唯「うんっ!待たせたな、ロンドン!」

律「さあ行こうぜ!」

全員「おー!」


おしまい


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 02:03:30.57 ID:Edc2HUUN0



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 02:07:16.85 ID:hVxWl2sZ0
海外旅行の入国審査、いい加減な受け答えをしてると、まじで別室送りになり、取り調べが始まります。

アメリカに旅行に行ったときに、入国審査で、将来アメリカに移住したいとか余計なことを言ったせいで強制送還された知り合いもいます。

それがあったので、映画の唯ちゃんのシーンにはハラハラしました。読んでくれた人ありがとうございました。


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 02:12:33.51 ID:5+b6l8Ht0
実体験かよww
久しぶりに唯が可愛いと思ったわ、乙


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/18(日) 02:22:25.43 ID:+3bZ1aCt0
唯ちゃんアホの子かわいい
ってか、女子高生だけでロンドン行かせるとか、普通に危ないよね。


けいおん!  平沢 唯 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
けいおん! 平沢 唯 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

映画「けいおん!」劇中歌アルバム放課後ティータイム in MOVIE
映画「けいおん!」劇中歌アルバム放課後ティータイム in MOVIE




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ