Powered By 画RSS


老人「必殺技を伝授しよう」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/28(火) 23:57:25 ID:9uRYSeKg
勇者「あ、いりません」




2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/29(水) 00:00:59 ID:DDLB92DY
老人「え」

勇者「貴方からは十分に技術を学ばせて頂きました。これだけの剣技があれば、魔王討伐は余裕でしょう」

老人「し、しかしだな。決め技、欲しくないかね?」

勇者「いりません。必要なのは確実に魔王を倒す為の剣の技術です。基本を極限まで高めた剣技こそ、最強の武器なのです」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/29(水) 00:05:17 ID:DDLB92DY
老人「確かに、おぬしはワシの剣技を全て身につけた…いや、もはやワシ以上の剣技をもっておるじゃろう」

勇者「ありがとうございます」

老人「なればこそ、必殺技を身につければ、鬼に金棒じゃろう!」

勇者「いえ、必殺技に頼れば、心に隙ができるでしょう。自分の持てる技術を全て使う戦い方のほうが良いかと」

老人「ぬぅ…」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/29(水) 00:09:02 ID:DDLB92DY
勇者「では、私はこれで。明日にでも魔王討伐に行かなければならないので」

老人「待って、考え直して」

勇者「くどいですよ」

老人「だって、魔王にとどめをさす時、技に名前欲しくないかね?」

勇者「いえ」

老人「ダークネスパニッシャー!とか、エターナルストラッシュ!とか、インフィニティブラスター!とか、言いたくないかね?」

勇者「だせぇ」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/29(水) 00:11:54 ID:DDLB92DY
老人「他にも沢山あるんじゃよ…じゃから…じゃから!」

勇者「…はぁ、では、簡単に覚えられる必殺技なら…いいですよ」

老人「マジか!」

パァァ

勇者「貴方には恩がありますからね…一つだけなら」

老人「よっしゃぁぁぁ」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/29(水) 00:15:12 ID:DDLB92DY
・ ・ ・ ・ ・

老人「で…これを…そうじゃ…うむ…ほぅ…よし…」

勇者「はい…ははぁ…なるほど…こうして…これは…なかなか…」

老人「よし、そうじゃ、それが必殺の剣技…」

『アルティメットスラッシャー』

老人「じゃ!」

勇者「隙は大きいですが、確かに必殺ですね」

老人「じゃろう、じゃろう」

ニコニコ


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/29(水) 00:17:09 ID:DDLB92DY
勇者「これなら、対象を真っ二つにできますね」

老人「そうじゃろ、そうじゃろ」

勇者「はい…こんなふうに…ね」

ブォォ

ザンッ

老人「そうじゃろ、そうじゃr…

勇者「はい、そうですね」

老人「…」

パカッ

マップタツー


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/29(水) 00:21:21 ID:DDLB92DY
老人「あえ…なんぇぇ…なんぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」

ブシュゥゥゥゥゥ

勇者「あっけないものですね。かつて剣聖と呼ばれた男が、こんな死に様とは」

クックック

老人「…」

ボトリ

勇者「アルティメットスラッシャー…ですか。ダサい名前ですが、有り難く使わせてもらいますよ、この私…」

勇者「魔王四天王が一人、『顔無しのレレティウス』がね…」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/29(水) 00:25:42 ID:DDLB92DY
こうして、かつての英雄は殺されてしまった。

世界は魔王に支配されてしまうのか…

はたまた、勇者と名乗る命知らず共が魔王を倒すのか…

これは、幾多ある

剣と魔法のファンタジーの

お話のひとつに過ぎない…

【完】


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1438095445/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「勇者・魔王系」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ