Powered By 画RSS


父「なにか買ってやるぞ」少年「ゲームが欲しい! RPG!」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 00:29:20 ID:3iEdCr0k
<家>

父「おい、ボーナス出たから、なにか買ってやるぞ」

父「欲しいものはあるか?」

少年「ボク、ゲームが欲しい!」

父「ゲーム? どんな?」

少年「んーとね、RPGかな!」

父「分かった、明日にでも買ってくるよ」

少年「やったぁ!」




2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 00:32:01 ID:3iEdCr0k
翌日――

父「それじゃ、行ってきます」

母「あ、そうだ」

母「あなた、もし覚えてたらカラシを買ってきてくれない?」

母「もうすぐなくなりそうなのよ」

父「カラシ? 分かったよ、買ってくる」

父(ゲームを買うついでに、買ってくればいいか……)


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 00:34:10 ID:3iEdCr0k
<会社>

父「う~ん……」

同僚「どうした? なにか悩みごとか?」

父「実は……ボーナスも出たし、ウチの子供になにかゲームを買ってやりたいんだ」

父「それもRPGってやつをな」

父「お前、たしかゲームに詳しいよな。よかったらアドバイスをくれないか?」

同僚「いいとも!」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 00:36:55 ID:3iEdCr0k
同僚「今、一番流行ってるRPGといえば『ジャスティス・ソルジャー』だな」

同僚「日本だけで100万本以上売れてるヒット作だ」

父「『ジャスティス・ソルジャー』か。どんな内容なんだ?」

同僚「正義の戦士たちが、世界の巨悪に挑む物語だ」

同僚「スケールの大きいストーリーが魅力で、海外でもヒットしてるんだ」

父「正義が巨悪に挑む、か……たしかに人気が出そうだな」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 00:39:13 ID:3iEdCr0k
同僚「他には……『ワクワクアドベンチャー』も売れ筋だ」

父「どんなゲームだ?」

同僚「個性豊かな仲間とともに、大冒険するっていう内容だ」

同僚「難易度もそれほど高くないし、お前のお子さんに買ってやるっていうんなら」

同僚「『ジャスティス・ソルジャー』よりこっちの方がいいかもな」

父「たしかに、そうかもしれないな」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 00:41:38 ID:3iEdCr0k
同僚「それと、『ファミリークエスト』も人気だな」

父「ファミリー?」

同僚「家族愛がテーマになってるRPGだ」

同僚「派手に悪と戦ったり、冒険したりって内容じゃないが」

同僚「家族愛を深める、心温まるハートフルストーリーになってる」

父「ふむふむ、なるほど……」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 00:44:02 ID:3iEdCr0k
同僚「他にも……」

父「いや、この辺でいいかな。どうもありがとう」

同僚「そうか? ま、今の三本ならどれをプレゼントしてやっても喜ぶと思うぜ」

父「うん、会社帰りに買っていくことにするよ」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 00:46:17 ID:3iEdCr0k
父(うぅ~ん、どうしようかな……)

父(世界の巨悪を倒す、仲間とともに大冒険、家族愛を深める……)

父(どれも興味深いテーマだし、どれも面白そうだ)

父(この三つのテーマを全て満たすRPGはないものかな……)


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 00:50:08 ID:3iEdCr0k
<家>

父「――ってわけで、RPGを買ってきたぞ」ジャキッ

少年「わぁっ、なにこれ!?」

父「正確には『RPG-7』といってな。最もポピュラーな対戦車兵器だ」

少年「たいせんしゃ……?」

父「これを肩に担いでロケット弾を撃ち出し、敵をやっつけるんだ」

少年「う~ん、ボクが欲しかったのとちがうなぁ……」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 00:52:45 ID:3iEdCr0k
父「まあ、いいじゃないか」

父「とにかく、撃ってみろって」

少年「うん……分かった!」

父「いいか? ここをこう担いで……」

少年「こう?」ジャキッ

父「そうそう、それでいい」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 00:55:13 ID:3iEdCr0k
少年「えいっ!」シュゴッ



ドゴォォォォォンッ!!!



少年「す、すごい……」

少年「お父さん、これすごいよ! こんなすごいRPG、ボク初めてだよ!」

父「な?」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 00:57:24 ID:3iEdCr0k
母「ちょっとちょっと、家の中で変なもの撃たないでよ」

少年「ごめんなさい、お母さん」シュン…

父「ああ、そういえば君にもカラシを買ってきたぞ」

父「ただし、カラシといっても、自動小銃の『カラシニコフ』だけどな」ジャキッ

母「あらまぁ……AK47じゃない。すごいもの買ってきたわね」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 00:59:09 ID:3iEdCr0k
父「もちろん、俺も自分用に色々な銃器を買ってきたし」ジャキッ

父「家族三人で冒険の旅に出発だ!」

少年「おーっ!」

母「しょうがないわねぇ……」

母「男って、いつまでたっても冒険が大好きなんだから……」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 01:03:19 ID:3iEdCr0k
半年後――



兵士「お待ちしておりました!」ババッ

父「今日の仕事は?」

兵士「あの基地にたてこもっている、テロリスト集団のせん滅であります!」

兵士「武装した100名ほどが、今も抗戦をつづけております!」

兵士「かなり手強く、我が軍にも多数の負傷者が出ており……」

父「なるほど、状況は分かった」

母「30分もあれば終わるでしょ。ささっと片付けて、晩ご飯にしましょ」

少年「ボク、今日はハンバーグがいい!」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 01:06:28 ID:3iEdCr0k
父「お前はRPGであの手薄な箇所に砲弾を撃ち込んでくれ」

少年「うん、分かった!」

父「君はその爆風に乗じて、基地に侵入してくれ。後ろから俺がフォローする」

母「了解したわ」

父「それじゃ……冒険スタートだ!」





ドゴォォォンッ! ズガァァァンッ! ガガガガガ……!

ギャァァァ…… ヒィィィ…… ウギャァァァ……


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 01:08:55 ID:3iEdCr0k
母「どうやら全滅したみたいね」

父「どうだった? 今日の冒険は?」

少年「うん、とっても楽しかった! レベルアップもできたしね!」

少年「これも全部、お父さんからもらったRPGのおかげだよ!」ジャキッ

父「そうかそうか。喜んでくれて嬉しいよ」

父(巨悪と戦いながら、世界中を冒険することができ、家族愛も深められた……)

父(我ながら、最高のプレゼントだったな!)







おわり


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 01:09:30 ID:3iEdCr0k
ありがとうございました


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 02:14:31 ID:tIHFfgRs
対戦ゲームか……



21 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 03:03:21 ID:lGqaeftc
いい家族だな乙


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 13:10:50 ID:UC5yvW9c
ぶっちゃけ読めてた
けど悪くない


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1438183760/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ