Powered By 画RSS


幼馴染「好きだああああ!!!」 男「オレもだあああああ!!!」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 17:31:54 ID:IwRXKliE
幼馴染「燃え上がるこの思い!」

男「とどけ、キミへ!」

幼馴染・男「あい・らぶ・ゆううううううう!!!!!」




2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 17:33:58 ID:IwRXKliE
男「おい」

幼馴染「はい」

男「何コレ?」

幼馴染「私たちの魂の叫び」

男「そうじゃなくてだな」

幼馴染「たぅまぁしぃぃぃのさぅぁけびぃぃ~~~」

男「問題は発音じゃねーから」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 17:37:10 ID:IwRXKliE
幼馴染「この前ね、映画見たんですよ」

男「うん」

幼馴染「で、若いカップルが愛を叫ぶの。痺れましたねー。痺れましたよ!」

男「出来ればその良く分からん行動も痺れたらよかったのに」

幼馴染「だから私も叫びたくなったのです!」クワッ

男「それって、オレじゃなきゃダメだったの?」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 17:40:24 ID:IwRXKliE
幼馴染「なに言ってんですかー。決まってるじゃありませんか奥さん」

男「オレはお前の奥さんじゃねーよ」

幼馴染「私たち幼馴染ですよ?付き合ってるんですよ?あなたが私の相手
しなくて誰がしてくれるんですか!」

男「確かにお前がどうしてもって言うから付き合ってやったけどさ」

男「ってちょっと待て。オレはお前の幼馴染だけどお前と付き合ってるなんて
初耳なんだが」

幼馴染「えぇっ!?」

男「や、そんな驚かれても…」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 17:43:45 ID:IwRXKliE
幼馴染「さ、さっき付き合ってるって言ったじゃないですか!」

男「お前の奇行には付き合ったが、お前と付き合ってる覚えはねーぞ!」

幼馴染「なななっ!?」

男「だいたい、いつから付き合ってんだよ、オレ達」

幼馴染「5年前から」

男「そんなにっ!?」

幼馴染「そんな……覚えてないんですか!?」

男「ごめん、ちっとも」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 17:49:29 ID:IwRXKliE
幼馴染「ひどい。私、初めてだったのに…」

紳士「ほっほ。ひどい男じゃのう、キミは」

男「お前の純潔奪った覚えはねーぞ。つーか誰だよ、さっきの爺さん」

幼馴染「近所に住んでると見せかけて、毎日電車で片道2時間かけて散歩
しに来てる人の事?」

男「どうでもいい情報をありがとう。そんなことよりオレの質問に答えやがれ」

紳士「そんな…」

幼馴染「ふふふ。我の純潔は何も一つではない。お主が散らした純潔は我ら
四天王の中でも最悪」

男「なんだか話が明後日の方向に…」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 17:53:23 ID:IwRXKliE
男「しかも最悪じゃなくて最弱なんじゃねーか、ふつう」

幼馴染「うるさい!かみまみた!」

男「ああ、そう…」

幼馴染「そんなに冷たい目で私を見ないで…興奮するじゃない」

男「おまわりさん、こいつです」

警察「ぬぅあにぃぃ!御用だ御用だ!」

幼馴染「きゃあああああ!!!たすけてーーー!!!」

男「どうなってるんだ、この世界は…」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 18:03:19 ID:IwRXKliE
幼馴染「キミの世界」

男「お帰り」

幼馴染「外で言うただいまってなんか新鮮!」

男「本当に早く帰って来てくれないと困るんだけど。つーか、オレの世界?」

幼馴染「そう、キミの世界。ここはキミが望めばなんだって自由に出来ちゃう
不思議空間」

男「そんなバカな…」

幼馴染「試しに私に裸になれって命令してみてよ」

男「……それ、お前が裸になりたいだけじゃねーか」

幼馴染「ちっ。勘の良いガキは嫌いだよ」

男「オレがガキならお前もガキだろ、すっとこどっこい」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 18:08:46 ID:IwRXKliE
幼馴染「ああ、もう!せっかくあんたが好きに出来る世界なんだよ!もっと
こう、なんかあるでしょ」

男「いや、そりゃ嬉しいけど、出来たらオレは普通の世界で十分幸せ…」

幼馴染「なんでっ!」

男「だって、夢は自分で叶えてなんぼだからな。それにお前がオカシイこんな
世界じゃあんまり有難みが」

幼馴染「それって、いつもどーりの地味な私でいろってこと?」

男「地味って……。オレは、いつも通りのお前が一番だと思ってるよ」

ずきゅん!

男「なんだ、今の音」

幼馴染「私の心臓が打ちぬかれた音です」

男「大丈夫かよ」

幼馴染「あんまり長くは持ちそうにありません…」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 18:16:37 ID:IwRXKliE
幼馴染「救急車ぁぁ!救急車ぁぁ!!!早く私を甲子園に連れてって!」

男「……もう、どこから突っ込んだらいいのやら」

幼馴染「ううん。ごめんね。ありがと。いろいろ付き合わせちゃって」

男「やっと、いつものお前に戻ったか」

幼馴染「えへへ。ごめんごめん。明日手術だと思うと、無性に不安で、心配で。
夢の世界って分かったら、いっぱいいろいろ言いたくなって。って、夢の世界の
あなたに言っても現実のあなたには伝わらないけど」

男「大丈夫。現実のオレも信じてるよ。きっと良くなるから」

幼馴染「うん。もし手術が成功して、退院出来たらまた一緒に映画見に行こうね!」

男「もちろん」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 18:24:16 ID:IwRXKliE
彼の笑顔が私に向けられたと同時に目が覚めた。
起きると、家族と彼が心配そうな顔で私を見ている。

「……大丈夫。心配しないで」

「心配なんかしてねえよ。お前はきっと良くなる。信じてるから」

「うん」

私がそう言うと同時に看護師たちが病室に入ってきた。

大丈夫、きっと上手くいく。
夢の世界でも、あなたに勇気を貰ったのだから。

地味でも病弱でも、私は私らしくいよう。
幼馴染として、彼女として。

あなたの笑顔と共にいたい。


終わり


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 18:50:09 ID:pEqLFHjA
なん…だと…


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/30(木) 19:05:17 ID:TBYce45s
溢れるスピード感


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1438245114/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「幼馴染」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ