Powered By 画RSS


デデデ「エスカルゴン、何を読んでいるゾイ?」エスカルゴン「黒子のバヌケでゲス」

1 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:29:26.80 ID:oc8IOXg/O
デデデ「黒子のバヌケ……それはなんだゾイ?」

エスカルゴン「!!!!? 正気でゲスか!?」

デデデ「どういうことだゾイ?」

エスカルゴン「黒子のバヌケはプププランドの住人全てが知ってる超人気漫画!! このは人気あのパピーポッティーに匹敵するでゲス!!」

デデデ「何ぃーーーーー!!?」

エスカルゴン「そんなことも知らないとは……陛下はやっぱりアホでゲスね」

デデデ「うるさいゾイ!!」

ガン!!

エスカルゴン「あいてえっ!!」




2 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:30:16.05 ID:oc8IOXg/O
デデデ「ワシにもその漫画を見せるゾイ!!」

エスカルゴン「はいはいどーぞ」

デデデ「……ん? これはなんだゾイ?」

エスカルゴン「どうしたでゲスか?」

デデデ「この本、絵だけじゃなくて文字もあるゾイ!!」

エスカルゴン「漫画だから当たり前でゲショーが……」

デデデ「エスカルゴン!! ワシにこの漫画の内容を教えるゾイ!!」

エスカルゴン「教えねえよめんどくせえ……」

デデデ「極刑ゾイ!!」

エスカルゴン「ワーーーーワーーーーーー!!!」

ワドルドゥ「陛下!!」

デデデ「なんゾイ!?」

ワドルドゥ「アニメ版黒子のバヌケのDVD全巻があるのですが……売りますか?」

デデデ「アニメだと!?」

エスカルゴン「そ、そういえば黒子のバヌケはアニメ化もされていたでゲス……」

デデデ「売るな!! ワシが見るゾイ!!」

エスカルゴン「ワドルドゥ隊長、どうしてお前が持っているでゲスか?」

ワドルドゥ「いえ、これは私のではなくワドルディのものでして……全巻見たので売ろうとしていたところです」

エスカルゴン(あいつらも見るんでゲスね……)


3 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:30:48.61 ID:oc8IOXg/O
デデデ「さて、流行に遅れないように早速見るゾイ」

デデデ「……」

デデデ「なるほど、主役は赤い髪のやつかゾイ」

エスカルゴン「陛下、晩ご飯の時間でゲス」

デデデ「うるさいゾイ! ワシは黒子のバヌケを全部見終わるまで何もしないゾイ!!」

エスカルゴン「それ、70話以上あるでゲスよ?」

デデデ「何ぃ!?」

エスカルゴン(流石にこれだけあると陛下もめんどくさくなって……)

デデデ「デュハハハハ! それだけあるとは見応えがあるゾイ!!」

エスカルゴン「!?」

エスカルゴン(あのめんどくさがりの陛下が……これはいつもと違うでゲス)


4 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:31:29.98 ID:oc8IOXg/O
ブン「やっぱ最強は青峰だぜ!!」

フーム「そうかしら、黄瀬も中々強いと思うわ」

エスカルゴン「漫画恒例の最近議論でゲスね……」

フーム「……あ、ねえエスカルゴン」

エスカルゴン「なんでゲスか?」

フーム「ここ最近デデデを見ないんだけど……」

ブン「あ、そういえば……お前、デデデに何かしたのか?」

エスカルゴン「陛下なら部屋にこもってるでゲスよ」

フーム「部屋に?」









デデデ「この金髪、カービィみたいだゾイ!!!」











デデデ「あああああ!! 桐皇に負けたゾイ!!」











デデデ「バスケ如きで目玉をあげるとか、こいつ狂ってるゾイ!!」

エスカルゴン(うるせえな)


5 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:31:59.70 ID:oc8IOXg/O
デデデ「寝る間も惜しんで……やっと見終わったゾイ」

デデデ「黒子のバヌケ……なんて素晴らしい作品なんだゾイ」

エスカルゴン「いやー、ここ数日は陛下が大人しいお陰で平和だったでゲス」

デデデ「何か言ったかゾイ?」

エスカルゴン「なんでもないでゲス」

デデデ「なんだかワシもバスケがしたくなったゾイ」

エスカルゴン「陛下みたいなデブができるわけが……」

デデデ「ふんっ!」ガン!

エスカルゴン「ふぎゃっ!」

デデデ「……そうだ、いいことを思いついたゾイ!」


6 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:32:37.65 ID:oc8IOXg/O
ピッ

カスタマーサービス『これはこれは陛下』

デデデ「……ん? 何を読んでいるゾイ?」

カスタマーサービス『黒子のバヌケです』

デデデ「お前も読んでいるのかゾイ!?」

カスタマーサービス『左様でございます。 陛下は?』

デデデ「ワシもだゾイ!」

エスカルゴン「あんたはアニメでゲショーが」

デデデ「内容は同じだから関係ないゾイ!」ガン!

エスカルゴン「おうふっ!」

デデデ「それよりも……バスケにまつわる魔獣はいるのかゾイ?」

カスタマーサービス『……といいますと?』

デデデ「例えば……バスケをしながらカービィを倒せる魔獣が欲しいゾイ!」

エスカルゴン「いやいや、そんな都合のいい魔獣が……」

カスタマーサービス『あります』

エスカルゴン「あるんでゲスか!!?」


7 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:33:11.26 ID:oc8IOXg/O
カスタマーサービス『早速そちらにお送りします。 ですからまだ支払ってないレンタル料を……』

デデデ「いつか払うからさっさとよこすゾイ!!」

カスタマーサービス『はぁ……かしこまりました』

シュウウウウウン……

エスカルゴン「陛下! 出てきたでゲスよ!」

デデデ「!!」












魔獣「……」

エスカルゴン「陛下!! こいつは……」

デデデ「あ、赤司征十郎ゾイ!」

カスタマーサービス『赤司ではありません。 赤司にそっくりの魔獣、オヤデモ・コロスでごさいます』


8 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:33:40.00 ID:oc8IOXg/O
デデデ「こいつはどんな力を持っているんだゾイ?」

カスタマーサービス『彼が持っているハサミで切ったものをバスケットボールにできます』

エスカルゴン「バスケットボール……」

デデデ「そいつでカービィを切りつけてバスケットボールで遊ぶゾイ!!」

カスタマーサービス『それだけではありません、なんとこの魔獣には……』

エスカルゴン「なんと!?」

デデデ「おおっ! そんな能力があるのかゾイ!?」

デデデ「……デュハハハ、いいことを思いついたゾイ」


9 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:34:08.41 ID:oc8IOXg/O
その日の夜、カービィの家の前

魔獣「オヤデモ……オヤデモ……」

魔獣「……!!!」

カービィ「zzz……」

魔獣「オヤデモ……コロス!!!」

チョキン!


10 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:34:39.50 ID:oc8IOXg/O
次の日

デデデ「デデデ城にバスケットコートを作ったゾイ!!」

エスカルゴン「自由に使っていいでゲスよ!」

ブン「ねーちゃん! バスケだってよ! みんなを呼んで遊ぼーぜ!」

フーム「デデデがこんな親切をするなんて……嫌な予感しかしないわ」

ブン「考えすぎだって! ホッヘ達も呼んでこよーっと!」ダッ

フーム「あ……ちょっとブン!!……もう」

フーム「……あら? そういえばカービィの姿が……」


11 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:35:19.77 ID:oc8IOXg/O
イロー「うわーー! バスケットコートだーーー!」

ロロロ「すごーい!」

ブン「よーし! フォームレスシュート決めてやるぜ!!」

フーム「ねえブン、カービィ見なかった?」

ブン「俺も探したんだけどさ、どこにもいねーんだよ」

フーム「そんな……」

ホッヘ「ダンクシュート!」ガゴン!!

ラララ「よーし、私だって!」ガゴン!

ハニー「あ! 浮かんでる! ずるーい!!」ガゴン!

ガゴン! ガゴン! ガゴン……

エスカルゴン「みんな、思ってたよりもシュートを決めてるでゲスな」

デデデ「若者のキャピィ離れだゾイ」


12 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:35:51.81 ID:oc8IOXg/O
フーム「ねえデデデ、カービィを見なかった?」

デデデ「見てないゾイ」

エスカルゴン「私もでゲス」

フーム(怪しいわ……)

ブン「うわああああああああ!!」

フーム「どうしたのブン!?」

ブン「ボ、ボールが……ボールが!!」

カービィ「ぽ、ぽよ……」ボロッ

フーム「カービィ!?」

デデデ「デュハハハ!! 効果が切れたゾイ!」

エスカルゴン「カービィがボロボロでゲス!!」

ブン「ごめんカービィ……俺たち……ずっとカービィをバウンドさせたりダンクしたり……」

フーム「あんた達……これを知ってて……」

デデデ「いやーー、まさかカービィがバスケットボールになってるとは思わなかったゾイ」

エスカルゴン「全くでゲスなーー」

フーム「絶対に……許さないわ!!」


13 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:36:27.83 ID:oc8IOXg/O
カービィ「ぽよ……」

フーム「カービィ!! 大丈夫!?」

ガシッ!

フーム「!」

カービィ「ぽよ!?」

デデデ「デュハハハ! カービィはいただくゾイ!」

エスカルゴン「ボロボロになってたら動くこともできないでゲスな!!」

フーム「ちょっと……カービィを返しなさいよ!」

デデデ「返してほしければ条件があるゾイ」

フーム「条件……?」

エスカルゴン「私らに3on3で勝つでゲス!!」

フーム「いいわ……やってやろうじゃない!!」

ブン「ねーちゃん……」

フーム「ブン、イロー……あなた達にも協力してもらうわ」

ブン「俺も!? ……でもノロマなデデデだしいいか」

デデデ「そんなことを言ってられるのも今のうちだけだゾイ……オヤコロ!!!」

魔獣「オヤデモ……コロス!」

ブン「赤司だ!」

フーム「ちょっと! どういうことなの!?」

エスカルゴン「赤司そっくりの魔獣でゲスよ」

デデデ「オヤコロ、ワシらにパワーを与えるゾイ!」

魔獣「オヤデモ……コロス!!!」

パァァァァァァァァ……


14 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:36:57.69 ID:oc8IOXg/O
フーム「み、見て! デデデが……」

ブン「巨大化した!!」

フーム「恐らく……2メートルぐらいはあるわ」

デデデ「デュハハハ!! バスケは身長の高いやつが勝つスポーツだゾイ!」

イロー「あっ……エスカルゴンも眼鏡をかけてる!」

エスカルゴン「限界など……とうの昔に超えているでゲス!」

ブン「おい! 緑間を汚すんじゃねえ!!」

フーム「その魔獣は……キセキの世代の力を与えることができるのね」

デデデ「そういうことだゾイ!! オヤコロ! お前もワシらのチームに参加するゾイ!!」

魔獣「コロス!」


15 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:37:30.18 ID:oc8IOXg/O
フーム「はぁ……はぁ……」

ブン「チクショー……」

イロー「もう動けないよ……」

デデデ「デュハハハ! ワシらに勝たんとカービィは返してやらんゾイ!」

カービィ「ぽよ……」

フーム「カービィ……」

メタナイト「お待ちください陛下!!」

デデデ「何!?」

フーム「メタナイト卿!! どうしてここに!?」

ロロロ「フーム達が試合をしている間に僕達が呼んだんだ!」

メタナイト「話は聞きました……陛下、私と試合をしましょう」

エスカルゴン「陛下、どうするでゲスか?」

デデデ「誰が来ようがキセキの世代には勝てないゾイ!」

魔獣「……スガタカイゾ」

メタナイト「フーム、よく頑張った。 後は私に任せろ」

フーム「メタナイト卿……」

メタナイト「お前達! 準備はいいか!?」

ソードナイト・ブレイドナイト「「はっ!!」」


16 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:38:10.53 ID:oc8IOXg/O
フーム「試合開始!」ピー!!

フワッ……

デデデ「先攻はいただいたゾイ!!」

バッ!!

デデデ「!!!」

エスカルゴン「へ、陛下がボールを取られたでゲス!!」

メタナイト「……」

フーム「み、見て! メタナイト卿が……!」

ブン「もしかして……入れるのか!? ゾーンに!?」

フーム「メタナイト卿のゾーンの発動条件は……勝つという意思のようね」

デデデ「ええい! 奪い返すまでだゾイ!!」

メタナイト「……」バッ!!

エスカルゴン「速いでゲス!!」

フーム「しかもよく見てブン……ソードナイトもブレイドナイトも……」

ソードナイト「……」

ブレイドナイト「……」

ブン「……あっ!」

フーム「発動してるのね……ダイレクトドライブゾーンが!!」

メタナイト「ゾーンの前では全てが無力……」

デデデ「おのれえええええええええ!!!!」











ピーーーッ!!!

111-11


17 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:38:45.65 ID:oc8IOXg/O
フーム「やった!! 勝ったわ!!」

ブン「すげーぜメタナイト!!」

メタナイト「さあ陛下……約束通りカービィを返してください」

デデデ「……」

メタナイト「……陛下?」

デデデ「悪というのは……約束を破るのがお約束なんだゾイ!!」ダッ

エスカルゴン「あっ!! 待つでゲス陛下!!」ダッ

フーム「カービィを持って逃げたわ!!」

ブン「卑怯だぞ!!」

カービィ「ぽよーーー!」

メタナイト(カービィはボロボロで動けない……だがもし……)

メタナイト「カービィ!! 吸い込みはできるか!?」

カービィ「ぽよっ!」コクリ

メタナイト(よし、だったら……)

メタナイト「カービィ!! これを吸い込め!!」ブン!!

ブン「あっ!! 黒子のバヌケの単行本!!」

カービィ「……」スウウウウウ……!!

ピカッ!!

フーム「! あ、あれは……!!」












カービィ「はあっ!!」

ブン「カービィが黒子のカツラを被った!!」

メタナイト「あれぞ……シャドウカービィ!!」


18 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:39:17.06 ID:oc8IOXg/O
エスカルゴン「陛下!! カービィがパワーアップしたでゲス!!」

デデデ「構わん!! ひねり潰すゾイ!!」

パッ

デデデ「!?」

エスカルゴン「カ、カービィが……どこへ行ったでゲスか!?」

フーム「メタナイト卿、あれって……」

メタナイト「存在感を極端になくし気配を眩ませ……相手を攻撃する能力だ」

カービィ「はあっ!」ガン!

デデデ・エスカルゴン「ぐわっ!」

メタナイト「そしてとどめは……カービィ、これを使え!!」ブン!

フーム「あれは……バスケットボール!?」

ブン「まさか……」

カービィ「イグナイト……パァァァァァァァァス!!」

ドカーン!!

デデデ・エスカルゴン「ギャアアアアアア!!!」


19 : ◆LYNKFR8PTk 2015/08/05(水) 22:39:52.14 ID:oc8IOXg/O
数日後

ガゴン!

ブン「よっしゃーー! ダンク決めたぜ!」

ハニー「すごーい!!」

フーム「まだまだバスケブームは続きそうね」

ブン「……あ、そういえばさねーちゃん」

フーム「何?」

ブン「デデデ達ってあれからどうなったんだ?」

フーム「知らなかったの? あの二人なら……」
















マッチョさん「ハイハイハイハイワンツーワンツー!!」

デデデ「ギャアアア!! もうギブゾイ! やめるゾイ!!」

エスカルゴン「も、もうダメでゲス……」












フーム「身体を丸められてドリブル地獄にあってるわ」

ブン「ざまあみろだぜ!」

カービィ「ぽーよ!」

~終わり~


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 22:40:11.66 ID:JdUOd+u6O

なかなか面白かった


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438781366/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「任天堂キャラ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ