Powered By 画RSS


美希「きょーおーもぉいつーもの♪」双葉杏「悪夢は無視ーしーてー♪」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:38:03.58 ID:sT7Rt8Lm0

オツカレッシター
オツカーレ!
オツカレサマナノー


美希「あふぅ……今日も疲れたの……頑張ってお仕事したから、眠くって……」

美希「ふぁ~……あふぅ」

美希「……ハニーが迎えに来るまで、まだ時間あるし……ちょっと寝ちゃっても、いいよね?」

美希「答えは聞いてないの! ソファーで仮眠とるの!」ピョーン

ドサッ

「ぐえっ」

美希「ぅ~ん……抱き枕まで置いてあって、ちょうどぃ……むにゃむにゃ……」

美希「……zzZ」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:39:15.17 ID:sT7Rt8Lm0

杏「……ぅ、うぐっ苦し……なんだ? またきらり? ねぇちょっときらり」グイッ

美希「……zzZ」

杏「……」

美希「ぉにぎぃ……むにゃ」モグモグ

杏「…………」


杏「……誰!?」




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:40:04.19 ID:sT7Rt8Lm0
杏「いや……見覚えがあるぞ……確かこの子、765プロの」

美希「むにゃむにゃ」モグモグ

杏「ちょっ、食べるな……! 杏のほっぺはおにぎりじゃなーい!」

美希「んにゃ……ましゅまろ……?」

杏「マシュマロでもないよ!」



「ほ?」



杏「誰だ今の」



4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:40:43.67 ID:sT7Rt8Lm0

フワフワノマシュマロ……トロトロノミルククリーム……


杏「とにかく……離れっ……って、この子意外と、力強いっ」ジタバタ

美希「ぅー……ヤ! なの!」ギュー

杏「それはこっちのセリフだよ! この暑いのに……」


杏「はぁ……無駄に抵抗したら疲れた……もうこの子が起きるまで待つしかないか……」

杏「それまで杏も、もっかい寝てよ……おやすみー……」

美希「ぉや……すみぃ…………zzZ」



……



5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:41:26.70 ID:sT7Rt8Lm0
……

杏「ん……ここは……」ムクリ

貴音「また拾ってきたのですか! もうこれ以上は飼えないと!」

美希「むー! ちゃんとお世話するもん!」

響「気持ちは分かるけどな……元いた場所に返してきた方が」

美希「ヤ! なのー!」ギュー


杏「どこだここ」ギュー




6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:42:31.54 ID:sT7Rt8Lm0

響「ねぇ美希、生き物を飼うっていうのは、とーっても大変なことなんだぞ」

貴音「そうですね……ものぐさな美希に、きちんと管理できるとはとても」

美希「二人共ひどい! ミキはちゃんとやるよ! お仕事だって、今は頑張ってるでしょ?」

貴音「ですが……」


杏「あのさ、揉めてるとこ悪いけど。ね。杏、人間」


美希「エサもあげるしトイレもしつける! イタズラとかしないように育てるからー!」

杏「よく見てほらヒトだから。人類だから。ぷちどるじゃないよ?」




7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:43:16.65 ID:sT7Rt8Lm0

響「うーんでも……これ以上増えると、社長もさすがに困ると思うぞ……自分の家族だけでも、けっこうなエサ代がかかってるだろうし」

貴音「美希自身のお給料で飼育できるのですか?」

美希「ぅ……それは…………」


杏「なにこの事務所。人間飼うのが普通なの?」

美希「きっと社長も納得してくれるの! この子とっても頭いいんだよ?」

響「じゃあ何か芸を見せてよ」

美希「いいよ。……はい! お手!!」スッ

杏「えー……」

美希「お手!」

杏「……」ポスッ

美希「よくできました! はいアメ!」

杏「わーいアメだぁ!」パクッ


杏「はっ……!」




8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:44:00.42 ID:sT7Rt8Lm0

響「そのぐらいイヌ美だってできるぞ!」

美希「じゃあね…………おかわり!」

杏「アメのおかわりが先だよ」

美希「むー……なら、ちん〇ん!」

響「伏せ字にしないでよ!! 変な感じになっちゃうでしょ!」

杏「ていうか杏、元々立ってるし。にんげんだもの。あんず」

美希「……おちん〇ん!」

響「『お』をつけないで!!」

美希「おちん〇んって言われたらエッチなポーズでユウワクするの! さんはい! おちん」

響「やめろぉ!」バン
杏「やめろぉーっ!」バンバン




9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:45:15.90 ID:sT7Rt8Lm0

貴音「美希……仮にもわたくし達はあいどるなのですから」

杏「仮にもとか言っちゃったよ」

貴音「ここはやはり、もっとあいどるらしい芸を…………例えば」


貴音「あなをほる」

杏「えっ」



10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:45:52.42 ID:sT7Rt8Lm0
響「そうじゃないさー。まったく貴音は」

貴音「なんと。では手本を」

響「ふふん。完璧な自分を見てろよ~」


響「あんたろう! そらをとぶ!!」

杏「……それは幸子に、ね?」



11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:46:26.96 ID:sT7Rt8Lm0
美希「違うの! 二人ともダメダメなの!」

杏「っていうかあんたろうって何さ……」

美希「いくよ! はい! ……てれぽーと!!」

杏「アイドルってなんだろう」




12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:47:10.21 ID:sT7Rt8Lm0

響「なんにもできないね」

貴音「まだれべるが足りないのでは?」

美希「きっとまだ『はねる』と『たいあたり』しか覚えてないの」

杏「杏は人間だ!!」

美希「はい。ふしぎなアメ」

杏「んまー」パクッ




13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:47:42.99 ID:sT7Rt8Lm0

美希「早く進化しないかなー」

響「楽しみだぞ!」

貴音「大きくなると良いですね」

杏「悪いけど、杏もう育たないよ」

美希「通信進化かな?」

響「逆さにするのかも」

貴音「石を。月の石を」ズシッ

杏「ぐえっ……やめろぉーっ!!」ブオン

貴音「なんと」




14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:48:26.30 ID:sT7Rt8Lm0

杏「そもそもね、杏、犬でも猫でもポケ〇ンでもないから。人間。ヒト。ヒューマン。アンダスタン?」

美希「はいアメ」

杏「杏がそれで黙ると……おいひー」パクッ


美希「飼われるのはヤなの?」

杏「そりゃあ……いや、でも待てよ」

杏「…………飼ってもらえれば、年中お休みで、アメがもらえる……? うーんでも自由がなくなるのは……」


響「……本当に考え始めたぞ……飼われることを」ヒソヒソ

貴音「面妖ですね……」ヒソヒソ

美希「首輪。首輪をつけるの」ガサゴソ

杏「えっ」




15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:49:09.97 ID:sT7Rt8Lm0

杏「まっ、ちょっちょっと待って」

美希「はい首輪」パチン

杏「ぐえっ、いやなにすんのさ。っていうか聞こえたからね!? 杏をからかってるでしょ!」

響「バレちゃったかー。いやさ、実は」

貴音「申し訳ありません。しかしこれは全て響が企んだこと……」

響「ちょ、ちょっと貴音ぇ!」




16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:50:03.47 ID:sT7Rt8Lm0


杏「なるほど……うっかり杏を抱いたまま持って帰ってきちゃって、こっちの事務所に電話したら、飴で餌付けしたら飼えると言われた……と」

貴音「はい」

響「さい」

美希「なの」

杏「くそぅ、いったい誰が……」

響「『持って帰っちゃったのぉ? じゃーぁー杏ちゃんの飼い方、教えてあげるにぃ』って」

杏「……きらり」

響「『みんなも杏ちゃんでぇ、はっぴはっぴ☆するにぃ』って」

貴音「するにぃ♪」

美希「とゆーわけで、ミキはムジツなの。なーんにも悪くないよ?」

杏「いや持って帰った時点で誘拐だからね!?」




17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:51:01.27 ID:sT7Rt8Lm0

響「というわけで、迎えが来るまで、ちょっとふざけただけなんだ。ごめんね?」

杏「あーいいよいいよ。杏もなんだかんだ楽しかったし。アメもらえたし」

貴音「えぇ、もうすぐ迎えが来るはずですので、それまで……」

美希「……」




18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:51:34.39 ID:sT7Rt8Lm0

美希「待つの。響、貴音」

貴音「……美希?」

響「どうしたんだ?」

杏「?」

美希「杏をこのまま返すの……惜しいと思わない?」

響「? ……ま、まさか本当に飼うつもりか……? ぅ、うぎゃぁあー!! それはマズいぞ美希ぃ!」

貴音「その通りです。飼う側のみでなく、飼われる側も大変苦労するのですよ。首輪をつながれ、四つん這いになり夜の公園へ……そして電柱へと片足をあげて」

響「わーわー!!! と、とにかくそんなのダメぇ!!」

美希「二人とも何言ってるの? そーじゃなくって」


美希「杏を、ミキたちのユニットに入れない?」

響「なっ……!」ガタッ

杏「なんだってぇー!!」ガタガタッ




19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:52:14.24 ID:sT7Rt8Lm0

美希「思えばミキたちには、足りないものがあったの……それは」

響「そ、それは……」ゴクリ


美希「マスコットキャラ……!! なの!」

貴音「なんと……!」
響「なん……だと……!」

美希「今って、完璧の響。天才のミキ。面妖の貴音。でしょ? でもこれだと」

貴音「可愛い系の……愛されきゃらが不足している……と」

美希「その通りなの!! そこに妖精の杏も加えてー」

響「……ハム蔵じゃダメか?」

美希「ハム蔵は男の子でしょ? ミキたちは女の子のアイドルグループなんだよ?」

杏「その前にさ、やっぱり杏はペットと同列なの?」




20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:53:17.17 ID:sT7Rt8Lm0

響「でも、そうなるとキャラ被りが心配だぞ」

美希「どこか、誰か被る?」

貴音「……美希、ですね」

美希「えっ……ミキが?」

貴音「……普段のものぐさ加減と、ステージ上に立った時の卓越した技量、才能」

美希「そ、そんな……まさかなの……! ミキと杏が!?」

響「うん。世間では双葉杏は『頭がいい方の眠り姫』って呼ばれてるって」

美希「」




21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:54:12.77 ID:sT7Rt8Lm0

美希「はっ! ミキ、ひらめいちゃったの!!」

響「お、おー……なに?」

美希「この杏を! ミキのプルーンにするの!!」

貴音「……??」

杏「……ブレーンでしょ」

美希「それなの!」




22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:54:57.97 ID:sT7Rt8Lm0

美希「天才がタッグを組んで、アイドルパワーは2倍! そこに響がいつもの2倍のジャンプ! そして貴音がいつもの3倍回転を加えれば……!!」

杏「きらりぃー! お前を上回る1200万パワーだぁーっ!! ……ってなるかい!!」

響「す、すごいぞ! 息はぴったりだ! 理論は全く分からないけど」

貴音「なぜわたくしが回転するとあいどるぱわぁが増えるのですか? 美希、なにゆえ。美希」

美希「これは早速社長に提案するしかないの!」

響「プロジェクト・フェアリーがもっと完璧になるぞ!」

杏「……ん? プロジェクト・フェアリー……?」

貴音「どうでしょう? あいどるぱわぁ、増えていますか? 響? 美希?」クルクルクル




23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:55:53.88 ID:sT7Rt8Lm0

ガチャッ

「ん、なんだ。まだ迎えは来ていなかったのか?」


美希「あっ! 社長!! 提案があるの!」

「なんだい? 美希ちゃん」

美希「杏を、ミキたちのユニットに加えたいの!」

響「そうすれば! 1200万パワーなんだ!」

貴音「目が……まわり、ま、した……ひび、き」フラフラ

「ふぅむ……」

美希「ね? いいでしょ!?」


美希「黒井社長!!」

黒井「ウィ」

杏「えっ」




24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:56:45.79 ID:sT7Rt8Lm0

杏「えっこれ、えっ……どういう世界線? なに? 杏、世界移動しちゃった??」

黒井「双葉杏か……確かに、面白い人材ではある」

杏「ここ961プロだったの……どうりで何もかも豪華なハズだよ……ソファーの高級感あふれるフッカフカ加減とか」フッカフカー

黒井「しかし、果たしてプロジェクト・フェアリー。そして961のブランドイメージに合うかどうか……」

杏「ん……? なんかデジャブ……」

美希「えー、せっかくいいアイデアだと思ったのにー」

黒井「いや、発想は悪くないのだよ。……そうだ! 私にいい考えがある!」

響「おぉ! さすが社長!」

杏「嫌な予感が……。あ、あのさ。杏、なるべく働きたくないんだよねー……楽して過ごすために、印税生活がしたくてアイドルになったしさ……」

黒井「うむ」

杏「それに……はっきり言って、961ってブラックだって言われてるじゃん? バリバリ働かされるのはごめんかなーって」

響「大丈夫だぞ! ぶっちゃけ765より福利厚生しっかりしてるから!」

美希「ハニーも、765にいた時よりお休みもらえるし、サービス残業もなくて楽だーって言ってたよ?」

貴音「ぉぇー……ぅぅ……」

黒井「貴音ちゃん大丈夫かい」サスサス

杏「えー……」




25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:57:24.06 ID:sT7Rt8Lm0

黒井「私の案は…………双葉杏……いや、杏ちゃんを、美希ちゃんたちと一緒に移籍してきた…………雪歩ちゃんと組ませる。というものだ」

貴音「なんと……萩原雪歩と……!」

黒井「うむ。プロジェクト・フェアリーの、もう一つのユニットとして売り出すのだ。……差し当たっては、もう一人欲しいところだが……それはこちらで見繕っておこう」

美希「もしかして、ミキたちのライバルユニット誕生?」

黒井「ふん、怖いかね?」

美希「ううん! ミキ、むしろわくわくしてるの! もっと競いあって、いーっぱいキラキラしたいって感じ!」

響「自分もだからね!」

貴音「わたくしも、雪歩の新ゆにっと、楽しみです」

黒井「ウィ、王者に相応しい、いい闘争心だ。その調子でトップアイドルの座を掴み取り、真の王者、真のアイドルとは何か。世間に知らしめてやろうではないか!」


ハーッハッハッハッハッハッハ!
なのー!
だぞー!
はやー!


杏「…………杏の意志は……?」






26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:58:30.25 ID:sT7Rt8Lm0

……そして



杏「われわれの正義のためにー!」

雪歩「ためにー!」

可奈「ためにー!」

メーデーメーデーメーデー! メメメメメーデー!



杏「われわれは絶対に働かないぞー!」

雪歩・可奈「「ぞー!」」


美希「メーデーメーデーメーデー!」

響「メーデーメーデーメーデー!」

貴音「めぇでめぇでめぇでー」


冬馬「メーデーメーデーメーデー!」

北斗「メーデーメーデーチャオ!」

翔太「メーデーメーデーメーデー!」




黒井「…………どうしてこうなった」

ポン

高木「……」

黒井「……」

高木「久々に、飲むか」

黒井「…………ウィ」



メーデーメーデーメーデー メメメメメーデー

スイミンヲー



……




27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 21:59:06.65 ID:sT7Rt8Lm0

……


杏「とゆう夢を見たんだ」

美希「えー……」





END




28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/08(土) 22:03:48.01 ID:sT7Rt8Lm0

ここまで読んで下さった方は、本当に有難うございました。


前作

輿水幸子「カワイイボクから相談されるなんて、響さんはカンペキですね!」

美希「は、ハニーと社長がホモセックスしてるの……!」



では、また。



元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1439037483/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ