Powered By 画RSS


八幡「桃太郎」

4 : ぶたごり 2015/08/08(土) 13:53:26.37 ID:nRGoXx/00
むかーしむかしあるところに、金髪おじいさんと金髪おばあさんがいました。

金髪爺は家でマックブックを……え?

金髪婆は家で洗濯機を回していました…………。

ちょっと?これ絶対昔じゃないでしょ?

めちゃくちゃ現代してない?




6 : ぶたごり 2015/08/08(土) 14:04:24.50 ID:nRGoXx/00
隼人[爺]「」カタカタ


優美子[婆]「洗濯機はやっぱ東芝っしょ」


隼人「爺」「ちゃんと大切に使えよ」


優美子[婆]「当たり前だし。隼人が買ってくれたんだしね」


おい、このババア洗濯機は東芝とか言ってるんだけど?

むかーしむかしあるところに、じゃなくて、絶対今の日本だろここ!!


8 : ぶたごり 2015/08/08(土) 14:16:03.36 ID:nRGoXx/00
あ、続き続き。

金髪婆が洗濯していると、洗濯機の中から桃が出てきました。

……洗濯機の中から桃が出てきました?


優美子[婆]「ちょっ、隼人!洗濯機から桃が出てきたんだけど!?」


隼人[爺]「あー、時々あるよなそういうこと。どうせだし食べるか」


優美子[婆]「わかった。あーしが真っ二つにするね」パッカーン


隼人[爺]「こ、これは?」


優美子[婆]「桃の中から子ども!?」


あー…………はい。

洗濯機から桃は時々あるそうですね。そうですね。


9 : ぶたごり 2015/08/08(土) 14:23:46.75 ID:nRGoXx/00
桃をぱっか~んと割ると中からなんと男の子…………いや、男の娘が出てきました。


彩加[桃]「おばあちゃんたち誰?」


優美子[婆]「その言い方だとあーしがババアみたいじゃん」


お前ババアだろ!

てか赤ちゃんの段階を吹っ飛ばしちゃってるね。

可愛いからいいけど。


10 : ぶたごり 2015/08/08(土) 14:34:04.50 ID:nRGoXx/00
隼人[爺]「俺は葉山隼人だ」


優美子[婆]「あーしは三浦優美子。あんたは桃から生まれたから戸塚彩加ね」


はい、八幡気づいちゃった。

この二人一緒に住んでるのに名字が違うね。

なんだか普通の夫婦のようではない気がする。

それに桃から生まれたから戸塚彩加ってなんだよ。


隼人[爺]「何言ってるんだ優美子。桃から生まれたから桃太郎でいいだろ?」


優美子[婆]「ま、隼人がそう言うならいいけど」


11 : ぶたごり 2015/08/08(土) 15:04:03.49 ID:nRGoXx/00
彩加[桃]「……桃太郎。おじいちゃんおばあちゃん。僕、種子島に鬼退治に行くよ」


隼人[爺]「なっ、無茶だ!鬼たちは凶暴なんだぞ!」


優美子[婆]「………」


彩加[桃]「でも鬼たちは悪さをしているんでしょ?だったらほっとけないよ!」


隼人[爺]「し、しかしな……」


優美子[婆]「…行ってきな」


隼人[爺]「優美子!?何言ってるんだ!?」


優美子[婆]「こいつも一人の男になったんだよ。それにあーしたちの育てた子でしょ?きっと強い子だから大丈夫」


彩加[桃]「おばあちゃん……」

お前ら育ててないし、桃太郎は種子島とか言ってるし、確実にここ日本って決まりましたね

まぁ、そんなこんなできびだんごを持ち、桃太郎は種子島へと鬼退治へ向かいました。


12 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:21:07.59 ID:nRGoXx/00
×××

桃太郎は旅の途中で犬に出会いました。


結衣〔犬〕「桃太郎さんどこ行くの?」


彩加〔桃〕「種子島へと鬼退治に行くんだ!」


結衣〔犬〕「ならあたしも付いて行ってあげる!代わりのお腰に付けたきびだ」グゥー


彩加〔桃〕「…………お腹空いてるの?」


結衣〔犬〕「…………」コクリ


彩加〔桃〕「それならきび団子あげるね。はい、どうぞ」


結衣〔犬〕「あ、ありがと」パクッ

結衣〔犬〕「!!なにこれ!?うまっ、ちょーうまい!」パクパクパクッ


彩加〔桃〕「あはは……きび団子、なくなっちゃった」


結衣〔犬〕「ご、ごめん!美味しくてつい…………。作り直すから」


彩加〔桃〕「大丈夫だよ?気にしないで」


結衣〔犬〕「うぅー。お、鬼退治にお供します!」


彩加〔桃〕「あ、ありがと」


こんな感じで犬が仲間になりました。

犬は食べ過ぎたきび団子を作り直しながら歩き出します。

器用だなこいつ。

なんかあれだ、会話だけで進んでいくとナレーションしなくていい分、俺が楽できていいな。


13 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:23:53.37 ID:nRGoXx/00
×××

桃太郎と犬が歩いていると猫に会いました。

桃太郎に猫は出てこなかったと思います!

おかしいと思います!


結衣〔犬〕「こんにちは!」


雪乃〔猫〕「こんにちわ。あなたたちは何処へ向かおうとしているのかしら?」


彩加〔桃〕「種子島だよ。鬼退治に行くんだ」


雪乃〔猫〕「そう、気をつけてね」


彩加〔桃〕「うん、ありがとね」


結衣〔犬〕「えー?付いてきてくれないの?」


雪乃〔猫〕「私が付いていくメリットがないでしょう」


結衣〔犬〕「……負けるのが怖い、とか?」


雪乃〔猫〕「…………」ピクッ

雪乃〔猫〕「言ってくれるじゃない。これでも私の特技は合気道なのよ。鬼退治なんて猫飯前よ」


結衣〔犬〕「んー…………、でも実際に見てみないと証明にならなくない?」


雪乃〔猫〕「…………いいでしょう。そこまで言うなら同行しようじゃない。行きましょうか桃太郎さん、犬さん」


彩加〔桃〕「付いてきてくれるんだ。ありがと!頼もしいな」


結衣〔犬〕「いつの間にか猫さんが仕切ってる!?」


えーと…………

こんな感じで出てくるはずのない猫が仲間になりました。

猫が合気道ってなんだよ…………。


14 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:25:12.98 ID:nRGoXx/00
×××

桃太郎と犬と猫が歩いていると、それそれは孤高でイケメンな狐に出会いました。

狐も出てこなかったと思うけど、ここまでカッコいい狐なら問題ないよね!


結衣〔犬〕「こんにちは!」


八幡〔狐〕「う、うす」


結衣〔犬〕「今から鬼退治に行くんだけど一緒に行かない?」


八幡〔狐〕「いや、俺は今日ちょっとあれだから」


結衣〔犬〕「何かあるの?」


八幡〔狐〕「あー…………あれだ。家庭の事情がな」


結衣〔犬〕「……そっかー」


雪乃〔猫〕「仕方ないのよ犬さん。この目が腐っている狐さんは、オスのくせに鬼が怖いのよ」


八幡〔狐〕「べべべべ、別に怖くなんかないし?」


彩加〔桃〕「付いてきてくれない…………かな?」


八幡〔狐〕「困っている人を見過ごすわけには行きませんね。お供しますよ桃太郎さん」


結衣〔犬〕「なんか態度すっごい違う!?」


雪乃〔猫〕「下心丸出しね」ハァ


15 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:26:58.49 ID:nRGoXx/00
結衣〔犬〕「そうだ!お近づきの印にあたしが作ったきび団子あげるよ!」サッ


八幡〔狐〕「お、ありがとな。いただきます」パクッ

八幡〔狐〕「…………ぐへぇあ!!」バタン


彩加〔桃〕「……………………」


雪乃〔猫〕「……………………」


結衣〔犬〕「あ、あれ?なんか気絶しちゃったね。猫さんも食べる?」


雪乃〔猫〕「い、いえ。私は遠慮しておくわ。それより種子島へ急ぎましょう」


結衣〔犬〕「狐さんはどうするの?」


彩加〔桃〕「あ、僕が運ぶよ」ヨイショ


狐は犬が作ったきび団子を食べて気絶してしまいました。

あの犬…………なんてもの作りやがる。

狐も気絶しているときに、桃太郎におんぶされる喜びに気づかず悲しいだろう。

俺なら泣いちゃう。


16 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:27:55.79 ID:nRGoXx/00
×××

桃太郎は仲間と共に旅をして、とうとう種子島へと到着しました。

今さらだけど種子島に鬼っているのかな?

とか思ってたけどそこにはたくさんの鬼がいました。


戸部〔鬼〕「っべー!そろそろ俺たち鬼の時代きまくりんぐっしょ!」


大和〔鬼〕「それな」


大岡〔童〕「だな」


姫菜〔鬼〕「ぐふふふ。男3人仲むつまじく」


いろは〔鬼〕「ちょっと戸部先輩うるさいです。静かにして下さい」


めぐり〔鬼〕「まぁまぁ、一色さん。戸部くん……だっけ?彼なら仕方ないよ。それより、あの人の方がちょっと……ね?」


義輝〔鬼〕「ぐうぅ!こ、これは。我の角に宿った神の力が溢れ出ようとしているのかぁぁぁーー!!」


沙希〔鬼〕「……うざ」


かおり〔鬼〕「それある!」


17 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:28:51.94 ID:nRGoXx/00
おっとー!

ここぞとばかりにキャラを出してきたぞ!

数人いない人とかいるけどそれは仕方ないね。


小町「おにーちゃん!」


……は?


小町「お兄ちゃん聞いてるの?は?じゃないでしょ!」


え?なに?なんでナレーションに話しかけてきてんのこいつ?


小町「やだなぁお兄ちゃん!小町には〔鬼〕とかついてないでしょ?役職なしだよ。だから何してもいいんだよ!」


いや、何その理屈?

てかだったらナレーション変わってくれよ。

俺狐役でも出てるんだからさ。


小町「ナレーションばかりで疲れたでしょ?小町はお兄ちゃんの癒しになろうと思ったんだよ」

小町「ま、小町はもうすることないから戻るよ。バイバーイ」


お、おう。

あいつ本当に何がしたかったんだ?


18 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:29:54.14 ID:nRGoXx/00
鬼たちが盛りがあっている中、桃太郎たちは種子島へと到着してました。


彩加〔桃〕「ここが種子島かぁ」


結衣〔犬〕「結構綺麗だね!」


雪乃〔猫〕「さっさと鬼を退治して帰りましょうか」


彩加〔桃〕「あっ、大変だよ。僕たちが来たの鬼にバレちゃったみたい。こっちに来るよ!」


戸部〔鬼〕「お前が桃太郎か。ぶっ飛ばしてやるよ!」


大和〔鬼〕「やるぞ!」


大岡〔童〕「おう!」


雪乃〔猫〕「ここは私に任せて」


そう言った猫はバカ鬼3人組を、千切っては投げ千切っては投げしました。


彩加〔桃〕「すごい!」


結衣〔犬〕「ね、猫さん強い!」


彩加〔桃〕「これ僕たちいらないんじゃないかな?」


雪乃〔猫〕「そうも言ってられないわよ。ほら次が来るわ」


19 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:30:53.96 ID:nRGoXx/00
いろは〔鬼〕「これってー、戦わないといけないんですかぁ?わたしそろそろ帰りたいんですけど」


めぐり〔鬼〕「私も帰ろうかな。これでも受験生だから勉強しないといけないんだ」


姫菜〔鬼〕「あ、夏コミ行かなきゃ」


義輝〔鬼〕「ぽむぅ。我も〆切が迫っておるからのぉ」


沙希「帰って弟たちにご飯作らなきゃ」


かおり〔鬼〕「やばっ!17時からバイトだったんだ」


そう言って鬼たちは、全員帰って行きました。

めでたしめで


陽乃〔鬼〕「まだ終わってないよ」


20 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:32:46.39 ID:nRGoXx/00
どうやらまだ鬼の大将、略して鬼大将が残っていたようです。


陽乃〔鬼〕「ちょっと比企谷くん?その言い方ガキ大将みたいでお姉ちゃん嫌だなぁ」


あ、すいません。

…………というよりなんであなたも話しかけてくるんでしょうか?

〔鬼〕って役職あるじゃないですか。


陽乃〔鬼〕「まぁまぁ、細かいことは気にしないの」


…………はぁ。


陽乃〔鬼〕「ほら、桃太郎がくるよ!ナレーションしなさい」


えーと……。

鬼大将が出てきたので倒そうと、桃太郎たちは戦いを挑みました。


21 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:34:26.37 ID:nRGoXx/00
雪乃〔猫〕「あなたが大将ね。覚悟しなさい」


陽乃〔鬼〕「ふふふ。妹の君がお姉ちゃんに勝てるかなぁ?」


雪乃〔猫〕「なん…………ですって?」


結衣〔犬〕「え?鬼の大将が猫さんのお姉さん!?」


はいちょっと待って!

そんな設定ないから!

いちいち世界観広げないでもらえませんか?


22 : 八幡 2015/08/08(土) 18:35:24.04 ID:nRGoXx/00
雪乃〔猫〕「あなたが、あなたが私の姉だって証拠なんてないでしょう!?」


陽乃〔鬼〕「証拠ね。確かに今は証拠はないわ」


雪乃〔猫〕「ならきっと嘘よ!」


陽乃〔鬼〕「でも今から証拠を作ってあげる」


え?君たち続けるのこれ?

このまま話し続けるの?

桃太郎って話なのに、桃太郎が置いてけぼりくらってるじゃん。

ちょっと?雪ノ下さん?


23 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:36:14.82 ID:nRGoXx/00
陽乃〔鬼〕「知ってた?あなたは呪いで猫になってるんだよ。だからその呪いを解いたら……ね」


この人さっきまでナレーションに話しかけてたくせに、なんで無視すんだよ!


雪乃〔猫〕「馬鹿馬鹿しいわね。呪いなんて存在しないわ」


陽乃〔鬼〕「呪いを解いてあげるよ。えいっ!」


その…………

これってまだナレーションいるんですかね?

俺もう無理なんだけど。


陽乃〔鬼〕「比企谷くん、早くしなさい。話が進まないでしょ」


あ、今は話しかけてくるんですね。

分かりましたよ、やればいいんでしょやれば。


24 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:52:41.83 ID:nRGoXx/00
鬼大将がそう言うと猫が光りだしました。

そしてなんと猫の姿が変わっていくではありませんか。


彩加〔桃〕「猫さん!?」


結衣〔犬〕「大丈夫!?」


桃太郎たちが驚く中、猫の姿は跡形もなくなり人間の姿に変わりました。

…………へ?

ここって鬼になるパターンじゃないの?


25 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:53:49.39 ID:nRGoXx/00
雪乃「わ、私は一体?」


陽乃〔鬼〕「そして私も、そして犬さんも!ほれっ!」


結衣〔犬〕「きゃっ!あたしも光りだした」


えっと……はい。

なんか次はこの2人が光って人間になりました。


結衣「これって……どうなってるの?」


陽乃「君たちは鬼退治に来たんだよね?でも、その鬼や動物みんなが人間の姿になって驚いている。そうだね?」


雪乃「……そうね。これはどういうことかしら?」


結衣「なんであたしたち人になっちゃったの!?」


彩加〔桃〕「え?…………え?」


おい、桃太郎本当に困ってるじゃん。

雪ノ下さん、説明をお願いします。


26 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:55:46.72 ID:nRGoXx/00
陽乃「実はね、鬼なんて存在しなかったんだよ」


……………………は?


彩加〔桃〕「そ、そんな……。だったら僕は何のために生まれてきたの!?」


あ、あれー?

それが生まれた理由だったの?


陽乃「鬼なんて存在しない。私たち人の心の邪悪な部分こそ、鬼そのものなんだよ!!」


……この人何言っちゃってんの?


雪乃「そういう……ことだったのね」


結衣「あ、あははは。実はあたしもそうじゃないかなって思ってたんだ」


違うから、そんなことないから。

大体体が光るとか言ってる時点で、人間じゃないでしょ。

犯人そこにいるよ!雪ノ下さんだよ!


27 : 八幡 2015/08/08(土) 18:56:37.86 ID:nRGoXx/00
陽乃「私たち人間は自分の悪い部分。言い換えたら鬼の部分も私たちそのものなんだよ」

陽乃「それでも、その思いを背負って生きていかなきゃいけないんだ」

陽乃「辛いこともあるかもしれない。だけどね、それでもそういった気持ち全てを受け入れなきゃ…………」


彩加〔桃〕「受け入れなきゃ?」





陽乃「本物じゃないんだよ!」





彩加〔桃〕「…………」


雪乃「…………」


結衣「…………」


28 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:57:43.16 ID:nRGoXx/00
…………や

やめてーーーー!!!

やめてよーーーーーーー!!!!!

違うから!

俺そんな鬼とかよく分からないこと全部ひっくるめて、本物とか言ってないから!

もっとこう……なに?

あれだよ、あれ。


29 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:58:44.06 ID:nRGoXx/00
雪乃「……これは、姉さんに一本取られたわね」


結衣「そだね、陽乃さんの言う通り!」


陽乃「おっ、分かってくれてお姉さん嬉しいよ」


彩加〔桃〕「だったらもう鬼退治なんて出来ないね。みんな、帰ろっか!」


雪乃「ええ」
結衣「うん!」
陽乃「そうだね」


30 : ぶたごり 2015/08/08(土) 18:59:25.95 ID:nRGoXx/00
あ、あれー?

これどうしたらいいの?


陽乃「比企谷くん、これで終わりだよ。早くまとめて」


……分かりました。

鬼退治なんて元々する必要なんてなかったのです。

桃太郎たちは退治するのではなく、自分の中の鬼という存在を受け入れることにしました。

こうして彼らはみんな仲良く暮らしましたとさ。

めでたしめでたし。

~~~~~

八幡「…………狐気絶したままじゃねぇかよ!!!」ガバッ

八幡「はっ、夢か」


31 : ぶたごり 2015/08/08(土) 19:00:39.98 ID:nRGoXx/00
×××

【放課後 奉仕部部室】

コンコン

雪乃「どうぞ」


いろは「失礼しまーす」


結衣「いろはちゃん、どうしたの?」


いろは「実はですね、少し相談がありまして」


八幡「はぁ…………」


いろは「あー!なんでため息つくんですか!?」


雪乃「それで、相談とは何かしら?」


32 : ぶたごり 2015/08/08(土) 19:03:36.14 ID:nRGoXx/00
いろは「あ、そうでした。クリスマスのイベントの時に、保育園に協力してもらったじゃないですかー?」


八幡「そういやそんなこともあったな」


いろは「それでですね、お礼にその園児たちに劇を見せてやれってことになったんですよ」


結衣「ほぇー、劇かぁ」


雪乃「何をするか決めているのかしら?」


いろは「それがまだなんです。しかも自分たちでアレンジを加えた話をしろって言うんですよ!」


33 : ぶたごり 2015/08/08(土) 19:04:25.25 ID:nRGoXx/00
八幡「…………それっておとぎ話でもいいのか?」


いろは「はい、大丈夫だと思います」


八幡「そうか」ニヤリ


結衣「ヒッキー何かあるの?」


八幡「……ああ」


雪乃「くだらないことじゃないでしょうね?」


八幡「大丈夫だ。たぶん」


いろは「ちなみに、何の話をするつもりですか?」


八幡「そうだな……………………」

八幡「桃太郎、でどうだ」


~完結~


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438971103/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「俺ガイル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ