Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニスカサンタ「メリークリスマス!」俺「うわあああああ!?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:40:14.42 ID:8v6rJhL80
俺「誰だお前!?」

ミニスカサンタ「サンタさんだよ?知らない?」

俺「それは知っとるわ!なんで俺の家に居るんだ」

ミニスカサンタ「プレゼントを届けるために決まってるじゃない」

俺「ぷ、プレゼント?何を言って─」

ミニスカサンタ「彼女欲しいってお願いしてたでしょ?」

俺「は?」




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:46:38.91 ID:8v6rJhL80
ミニスカサンタ「彼女欲しいってお願いしてたでしょ?」

俺「なんで知ってんだよ・・・」

ミニスカサンタ「ほら、サンタさんだから」

俺「サンタって何者なんだよ・・・。で、そのプレゼントとやらはどこにあるんだ」

ミニスカサンタ「ここに居るじゃない」

俺「・・・?どこに誰が」

ミニスカサンタ「だから私が居るじゃない?」

俺「えぇ~っとつまり?」

ミニスカサンタ「私をあなたにプレゼントします!よろしくね?」

俺「─ふむ」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:54:34.37 ID:8v6rJhL80
ミニスカサンタ「えと、私じゃ嫌・・・かな?」

俺「いや!そんな事はないけど・・・」

ミニスカサンタ「良かった~」

俺「彼女になるって具体的にどういう?期間限定?」

ミニスカサンタ「ううん、別れるまで」

俺「どこまでOKなの?」

ミニスカサンタ「結婚でもなんでもどこまでも」

俺「料金はどこへ払えば?」

ミニスカサンタ「そんなの無いよ?」

俺「・・・まじで?」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:59:01.22 ID:8v6rJhL80
俺「えぇ~っと、だな?つまりあれだ、なんでもOKなんだよな?」

ミニスカサンタ「う、うん・・・///」

俺「じゃあ早速セッ・・・ご、ご飯にしようか」

ミニスカサンタ「あ、うん。じゃあ私が作るね♪」

俺(俺にはそんな度胸など無かった──くそぉおおおお!!!)


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:06:18.83 ID:Mkutb/Sr0
~サンタ料理中~

俺「なぁ、そういえばミニスカで寒くないのか?」

ミニスカサンタ「寒いけど他に着るものないし」

俺「あれ、着替えとか持ってきてないの?」

ミニスカサンタ「うん・・・これ一着だけ」

俺「そ、そうなんだ」

ミニスカサンタ「う、うん・・・あ、ご飯できたよ」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:14:11.43 ID:Mkutb/Sr0
ミニスカサンタ「いっただきまーす」

俺「いただきます」

俺(太ももが気になって飯に集中できん・・・)

ミニスカサンタ「美味しいかな?」

俺「お、おう!すんげぇうまいよ!」

ミニスカサンタ「良かった~♪」

俺(あんた座った状態ではしゃぐな・・・見えそうなんだから)

ミニスカサンタ「いや~久しぶりにこんなにたくさん食べれるよ~」きゃぴきゃぴ

俺(見えそう─見えt・・・履いてねぇだと!?)

ミニスカサンタ「どうしたの?」

俺「あ!ううん、なんでもない!」

俺(てめえミニスカで履いてねぇってどういうことだよ!?)


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:20:43.60 ID:Mkutb/Sr0
ミニスカサンタ「あーご飯の事心配してくれたのかな?大丈夫だよ?ただのダイエットだから」

俺「そ、そうなんだ。良かった」

俺(そっちじゃねえよ!穿けよ!)

ミニスカサンタ「さぁさぁどんどん食べて?」

俺「その前にちょっとトイレ」

ミニスカサンタ「ん、はーい」

俺(色々と我慢ならん)


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:28:50.21 ID:Mkutb/Sr0
ドピュ
俺「ふぅ」


俺「ごめんごめん、おしっこ我慢できなくて。どんどん食べようか」

ミニスカサンタ「うん♪」

─食後

俺「ごちそうさま」

ミニスカサンタ「ごちそーさまー!お腹いっぱいだよお」

俺「洗い物は俺がやるから休んでて」

ミニスカサンタ「あ、ありがと!んじゃあお風呂入っていいかな?最近入ってなくて」

俺「ああ、いいよ。服は洗濯機のかごに入れといてくれれば洗うから」

ミニスカサンタ「うん、ありがとね」

俺(・・・確か服はあれ一着だけだったよな?ってことは洗濯すると着るものがないんだよな?ってことは・・・)


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:36:38.78 ID:Mkutb/Sr0
─脱衣所

俺(よし、奴は風呂に入っている!!。暫くは出てこない)

俺(さっそくたった一着しかないこの服を洗濯機へ・・・ってブラも無かったのかよ!嗅ぎたかったのに)

俺(へへへ、悪くおもうなよ)

ピッ

洗濯機「がらがらから」

俺(これで奴には着るものがない。つまみ俺の服と下着を貸すことになる!)

俺(俺のパンツがオカズになる日が来るとはな・・・ふへへへへ)


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:44:05.63 ID:Mkutb/Sr0
ドア「がらっ」

全裸サンタ「いい湯だったよ~って服がないっ!?服が無いよ~!?」

俺「サンタ服は今洗ってるよ。その辺に俺の服を置いといたからテキトーに着て」

全裸サンタ「いいの?」

俺「いいからいいから」

全裸サンタ「ありがと~」

俺「あ!」

全裸サンタ「なに~?」

俺「なんでもないよ!」

俺(風呂覗くの忘れてた!!!)


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:51:24.52 ID:Mkutb/Sr0
俺「じゃあそろそろ寝ようか」

サンタ「そうだね、もう眠いし」

俺「そういえば、お前はどこで寝るんだ」

サンタ「え?」

俺「この家、布団一枚しかないんだけど」

サンタ「あ、えと・・・」

俺「じゃあ俺が床で寝るよ」

サンタ「あの、その、もし嫌じゃなければ・・・えと、一緒に寝よ?」

俺「い、いいの?」

サンタ「うん・・・///へ、変なことはしないでね!?」

俺「わかっとるわ!!」

俺(いやっほぉおおおお!!!って変なこと無しかよ!?なんでもありじゃねえのかよ!?)


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:56:53.45 ID:Mkutb/Sr0
サンタ「お、おやすみなさい///」

俺「お、おやすみ・・・」

俺(近い柔らかい温かいなんか吐息がやべぇ!!!!)

俺「ちょっとトイレ!」

足音「どたどた」

サンタ「─頻尿?」

─トイレ

ドピュ
俺(くそ、朝まで持たんぞこれ・・・)


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:02:23.17 ID:Mkutb/Sr0
サンタ「すぅ・・・すぅ・・・」

俺(襲ってはならん・・・襲ってはならん・・・)

サンタ「んっ・・・」むにゃむにゃ

俺(接近してきたぁ!?)

サンタ「すぅ・・・すぅ・・・」

俺(こう接近されちゃ動けんだろうがっ!?トイレに行けんじゃろうが!?我慢ならんじゃろうがああああ!?)

サンタ「すぅ・・・んぁ・・・」

俺(変な声出してんじゃねぇよ!?)

ドピュ

俺「─あ」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:07:10.28 ID:Mkutb/Sr0
─朝

サンタ「おはよっ!」

俺「おはよ・・・」

サンタ「元気ないね?どうしたの?」

俺(てめぇのせいじゃ!!)「あ、朝は弱くて」

サンタ「ふぅ~ん、じゃあ朝ごはん作るね」

俺「あ、ありがと」

俺(毎晩これが続いたら身が持たねえ・・・どうしよう)


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:16:14.93 ID:Mkutb/Sr0
─食後

サンタ「ごちそーさまー!」

俺「ごちそうさま・・・」

サンタ「まだ元気ないね、そんなに朝弱いの?」

俺「寝てる間に色々と枯渇したからね・・・」

サンタ「へぇ~大変だねぇ」

俺(だからてめぇのせいじゃ!)「まぁね」

俺「で、今日はどうするの?」

サンタ「ん~とね、お仕事」

俺「仕事?」

サンタ「サンタさんは忙しいんだよ?」

俺「へ、へぇ、そうなんだ」(そういえばサンタだったなこいつ)

俺「サンタ服なら乾いてるから着替えてきな、かごに入れてあるから」

サンタ「はぁ~い」

俺(奴が仕事とやらに行ったら脱ぎ捨てた俺の服を堪能するとしよう)


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:20:13.69 ID:Mkutb/Sr0
サンタ「じゃあ行ってきます!」

俺「行ってらっしゃい、気を付けてね」

サンタ「はぁ~い」

ドア「ばたん」

俺(よし、まずは俺のパンツのにおいから・・・あ!あああああ!?俺はなんて馬鹿なんだ!?)

俺(着替え覗けばよかったじゃねえか!!)


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:28:31.97 ID:Mkutb/Sr0
─トイレ

ドピュ

俺(ふぅ・・・まさか我がパンツで抜く日が来るとはな・・・)

俺(つか夜にあんな出したのにまだ抑えきれんとは・・・そろそろ痛くなってきたのに)

俺(いっそのこと、今夜襲っちまうか!?昨晩の状態が続いたら俺の主砲がぶっ壊れちまうわ)

俺(それになんでもOKなんだから夜這いも許されるハズ、ならば─!)

俺(今夜はサンタ服のまま寝かせよう)


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 11:42:46.81 ID:aD0NiUzD0
─夕方

サンタ「ただいま~」

俺「おかえり~、意外に帰りは早いんだな」

サンタ「そりゃあもうクリスマス迎えちゃったから暫く暇だしね~」

俺「ふぅ~ん。ご飯と風呂の用意できてるけどどうする?」

サンタ「ん~、じゃあ先にお風呂入るね」

俺「あいよ」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 11:54:13.76 ID:aD0NiUzD0
~サンタ入浴中~

サンタ「~♪」

俺(では今まで忘れておったが早速覗こうではないか)

サンタ「~♪」

俺(ふへへ、完全に油断してるではないか・・・ってどうすればバレずに覗けるんだ?)

俺(・・・考えて無かった!やべぇ、俺はどこまで馬鹿なんだ!?くそぉおおおお!!!)

俺(堂々とドア開けるほどの度胸はないしリスクが高過ぎる・・・嫌われて出ていかれたら・・・)

俺(・・・覗きは諦めるかorz)

サンタ「ん~どうしたの~?」

俺「っ!?あ、あ~なんか洗濯機の調子が悪いから今日はサンタ服のままでいいかな?」(ビビった~)

サンタ「はぁ~い、しょうがないね」

ドア「がらがらから」

俺「あ」

サンタ「あ」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 11:57:16.34 ID:oZ/jqayF0
ラッキースケベとは羨ましい


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 12:04:04.82 ID:aD0NiUzD0
全裸サンタ「きゃあああああ!?」

俺「うわああああ!?なんかごめん色々とごめん!?」

全裸サンタ「うわぁああこっちこそごめん洗濯機弄ってたんだからここに居るの当たり前だよねうわああなにやってんの私!?」

俺「ああああっと俺はあれだご飯あたたためてくる!?」

俺(なんでドア開けんじゃ!!色々と悩んで諦めた意味無かったな・・・)

俺(・・・おっぱい、意外に大きいのな)


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 12:08:29.49 ID:aD0NiUzD0
俺「えぇ~っと・・・さっきはごめんね?」

サンタ「ううん、悪いのは私だから・・・気にしないで?」

俺「あ、うん。気にしない事にするわ」

サンタ「・・・///」

俺「あーえぇ~っと・・・いただきます?」

サンタ「・・・あ、いただきます」


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 12:14:41.91 ID:aD0NiUzD0
~食事中~

サンタ「もぐもぐ」

俺(こいつ、意外におっぱい大きかったよな?だがノーブラなんだよな?洗うときに下着は無かったなよな?)

サンタ「はむはむ」

俺(ついでにミニスカサンタコスで穿いてないんだよな?ミニスカなのに穿いてないんだよな!?)

サンタ「もきゅもきゅ・・・ん?どうしたの?」

俺「ちょっとトイレ行ってきます」

サンタ「また~?トイレ近いの?」

俺「ちょっと頻尿を患っててな」

サンタ「へぇ~大変だねぇ」

俺(だからてめぇのせいじゃ!!)


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 12:22:52.29 ID:aD0NiUzD0
─トイレ
ドピュ

俺「ふぅ」

俺(もうそろそろ枯れてきたんだけど・・・)

─居間

サンタ「あ、戻ってきた」

俺「・・・?俺の分のご飯は?」

サンタ「冷めちゃうとまずいから食べちゃった」

俺「!?」

サンタ「美味しかったよ~♪」

俺「そ、そう。なら、良かった」

サンタ「あれ、怒んないの?」

俺「女の子に怒れるほど慣れてない」

サンタ「どーてーさん?」

俺「うっさいわ!!」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 12:28:03.69 ID:aD0NiUzD0
サンタ「そんなに気にしなくてもいいじゃん、私もそういうの無いよ?」

俺(!?その格好で!?経験豊富かと思ってたわ!)

俺「へ、へぇ、そうなんだ」

サンタ「う、うん」

俺「あ、えと。洗い物は俺がするから先に休んでて」

サンタ「あ、うん、じゃあもう寝るね」

俺「おやすみ」

サンタ「おやすみなさい」

俺(時はきたあああああ!!)


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 12:35:49.21 ID:aD0NiUzD0
サンタ「すぅ・・・すぅ・・」

俺(先ほどお前は処女だと言ったな?俺も童貞だとバレた)

俺(だがそれも昨日まで!しかもサンタコスのまま!うひょおおお!)

がばっ

サンタ「むにゃむにゃ・・ん、ふぇ?どうしたの?」

俺「もう色々と我慢できなくなった」

サンタ「・・・えと、あの、その・・・もしかして変なことするの・・・?///」

俺「えーっと、変なことしたいなぁ~って」

サンタ「あ・・・うん・・・いい、よ・・・?///」

俺(いやっほぉおおおお!!!)


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 12:41:53.25 ID:aD0NiUzD0
サンタ「は、初めてだから・・・あの、優しく・・・ね?///」

俺「わ、分かった・・・善処する」

サンタ「で、あのあの、えーっと、何すればいいのかな・・・?///」

俺「え?」

サンタ「こういうのよく分からなくて・・・ごめんね」

俺「だだだだ、大丈夫!俺も分かってないから!」

サンタ「それ大丈夫なのかな・・・」


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 12:48:55.95 ID:aD0NiUzD0
俺(まず何をしたらいいんだ!?自慢じゃないがAVもエロゲの経験はない!)

俺(ネットでハメ撮り動画を挿入シーンまで飛ばして見てるだけだ!最初何すんのか全然わかんねえ!!)

サンタ「・・・?」

俺「じゃあえーっと?あれだ、キスとか?」

サンタ「うん・・・分かった///」

俺(ちょっとトイレ!って違うこいつに出すんじゃん!?うわああああ!?)

サンタ「はやく・・・///」

俺「う、うん」

ちゅ・・・

サンタ「えへへ・・・初めてのキス・・・///」

俺(もう無理!俺には無理だった!!)


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 12:59:30.32 ID:aD0NiUzD0
俺(で、次!次は何すれば!?脱がすのか!?いや脱がしたらサンタコスの意味なくね!?)

サンタ「・・・///」

俺「えと、あのー・・・おっぱい触ってもいい・・・かな?」

サンタ「うん・・・いいよ?///」

俺「では・・・」

サンタ「んんっ・・・あたしの・・・どう、かな・・・?んあっ」

俺「す、凄くいいです」

サンタ「よかっ、た・・・あっ、んん・・・」

俺(すげぇ!やべぇ!うほおおお柔らかけええええ!)

俺「結構・・・おっきいんだ」

サンタ「・・・さっき見たっ、くせにぃ・・・んあっ」

ドピュ

俺(あ)


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 13:08:18.29 ID:aD0NiUzD0
サンタ「ねぇ・・・もう我慢できないよ・・・///」

俺「へ?」

サンタ「だから・・・早く・・・して?///」

俺「お、おう!分かった分かった!!」

俺(きたあああああ!!)

サンタ「もう・・・準備はできてるから・・・///」くぱっ

俺(暗くてよく見えん!!ちくしょう!!!)

俺「じゃあ、いいかな?」

サンタ「いい・・・よ///」

俺「では・・・」

サンタ「・・・あれ?」

俺「ど、どうした?」

サンタ「まだ入れてないのになんか出てるけど・・・」

俺(すいません、さっき出ました)


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 13:17:29.93 ID:aD0NiUzD0
俺「じゃあ・・・入れるね?」

サンタ「う、うん・・・あんっ・・・入って・・・んああっ!」

俺(やべぇよおおおお)

サンタ「んんっ・・・もっと奥まで・・・入れて・・・///」

俺(これ以上動かしたら出ちゃうよ!?)

サンタ「はや、くっ・・・///」

俺「お、おう!?」

サンタ「あっ・・・いいよぉ・・・///」

俺(もう駄目だ!出る!)

ドピュ

サンタ「・・・え?もう出ちゃったの・・・?」

俺「ごめんなさい」


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 13:22:36.64 ID:EBsjAg9QO
早漏すぎワロタ


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 13:22:57.20 ID:aD0NiUzD0
サンタ「もう・・・まったく・・・///」

俺「本当に申し訳ありませんでした」

サンタ「そっちから誘ってきたんじゃない・・・」

俺「返す言葉もございません」

サンタ「罰として・・・朝まで私がしてあげる!」

俺「・・・え?」

サンタ「途中で止めたいって言っても止めないからね?」

俺「わ、分かりました!?」

俺(なんか凄い事になった!?)


164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 13:29:00.31 ID:aD0NiUzD0
サンタ「そこに寝なさい」

俺「は、はい・・・」

サンタ「違う!仰向け!」

俺「見えちゃうじゃん!恥ずかしいじゃん!」

サンタ「見えなきゃできないでしょ!」

俺(なんか性格変わってね!?ってかこういうの知らないんじゃなかったの!?)

サンタ「よろしい、じゃあ・・・」

俺「ごくり・・・」

サンタ「えぇ~っと・・・どうすればいいのかな・・・」ぼそっ

俺(お前も一緒じゃねえか!!)


165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 13:31:16.31 ID:mlsMqhtJO
ワロタ


166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 13:32:08.78 ID:zxXb0vWY0
かわいい


173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 13:41:15.24 ID:aD0NiUzD0
俺「あのーできればそれを舐めてもらいたいなぁーって」

サンタ「変なにおいするからやだ」

俺「ごめんなさい」

サンタ「えぇ~っと、じゃあ入れます!」

俺「は、はい!」

サンタ「ん・・・んあっ・・・っんん!」

俺(上からサンタ~サディスディックなやつめ~)

サンタ「じゃあ動くね?」

俺「お、おお」

サンタ「うぁっ・・・はぁんっ・・・」

俺(騎乗位きたあああああ!!ってか骨盤に全体重がぁ!?)

サンタ「あぁあんっ!しゅごいよぉ!ふぁ・・・あっ、んんっ!」

俺(さっきからっ・・・!)
ドピュ
俺(ちんちんがぁ!)
ピュ
俺(もう砲身が持ちません!!)
ドピュ


176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 13:41:59.29 ID:NrJ8FRoY0
どんだけ絶倫早漏なんだよ


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 13:51:16.33 ID:aD0NiUzD0
ちんちん「ぴくっ」

俺(弾切れ!砲身も既に限界!)

サンタ「おちんちん・・・あちゅいよぉ・・・」

俺(お前のせいで無理矢理連射してバレルヒート起こしとるんじゃ!!)

サンタ「もうっ・・・無理っ・・・!イっちゃ・・・はっ、あぁあああんんっ!」

俺(うほっ!すげぇ!)

俺「ど、どうだった・・・?」

サンタ「気持ちよかった・・・///」

俺「じゃ、じゃあもう寝ようか!」

サンタ「朝までって言ったんだよ?」

俺「もう無理なんです・・・痛いんです、許して下さい」

サンタ「だぁ~め」

俺(!?)


201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 14:10:31.82 ID:aD0NiUzD0
─翌朝

サンタ「おはよっ!」

俺「おはよう・・・」げっそり

サンタ「相変わらず朝は弱いねぇ~」

俺「お前のせいじゃ!!お前のっ!!」

サンタ「えへへ~」

俺「こんのっ・・・ってか、さっさとしないと遅れるよ」

サンタ「えぇ~っとね、今日はお仕事休むから平気だよ?」


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 14:20:45.70 ID:aD0NiUzD0
俺「なんでまた」

サンタ「制服汚れちゃったから・・・洗わないと行けないよ」

俺「制服なんだ・・・あれ」

サンタ「というわけで・・・続き、しよ?///」

俺「待て、お前は一体何を言ってるんだ」

サンタ「えっとね?はまっちゃった・・・かも///」


210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 14:22:05.20 ID:aD0NiUzD0
俺「は?」

サンタ「というわけで─」

俺「止めてください死んでしまいます!」

サンタ「へへっ、だぁ~め☆」

俺「ここまでエロいサンタって許されるのかよ!?」

サンタ「エロサンタってあなたのせいじゃない・・・」ぷいっ

俺「じゃあせめて待ってくれ!1日!な!明日だ!」

サンタ「だめ、今」

俺「お前何者だよ!?」

サンタ「ん?あたし?」

サンタ「私はね、サンタで、あなたの彼女だよ?」


──完


212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 14:23:34.09 ID:oZ/jqayF0



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 14:24:37.60 ID:re98crnm0
乙かれさんた


215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 14:25:57.14 ID:aD0NiUzD0
ホントはシリアスな話にする予定だったんだけど・・・パンツが大気圏突破したりするから!!


216: 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 :2011/12/25(日) 14:28:53.24 ID:vxSWDjB+0
>>215
それだけあんたがパンツを大気圏まで飛ばせる力が
あるってことだ


223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 14:48:46.25 ID:sc9+1SncO
うっ









このエントリーをはてなブックマークに追加

 「男女」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。