Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結衣「おいしい肉が食べたい」京子「私を食べれば?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 22:58:04.15 ID:03aVHS3C0
結衣「……」

京子「いやーんっ! 優しく食べてね!?」

結衣「こっちは真剣に悩んでるんだよ……」

京子「いや、こっちも真剣なんだけど」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:01:32.95 ID:03aVHS3C0
結衣「は?」

京子「私、 おいしいと思うんだけどなー」

結衣「……私、肉が好きなんだけど。家計が苦しいから、なかなか食べる機会がないんだよな……」

京子「結衣さんや。話を聞きなさい」

結衣「このマンション、家賃たかいんだ」

京子「話を聞いてよっ!」

結衣「…………………」

京子「私を食べればいいじゃん!」

結衣「……いや、京子はまずそうだし」

京子「ひどっ!?」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:05:32.77 ID:03aVHS3C0
結衣「―――はぁ。なんとかならないかな……」

京子「そんなに私は食べたくないのか……」

結衣「人肉に興味ないよ」

京子「……牛肉とか?」

結衣「ああ、いいな、牛肉。最近は豚肉ばっかりだよ……」

京子「そんなに食べたい?」

結衣「もちろん」

京子「……わかった。ちょっと待ってて」スクッ

結衣「えっ? ちょっ、待」

バタンッ

結衣「あ………」

結衣(どこかに行ってしまった……)


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:09:20.51 ID:03aVHS3C0
~20分後~
ガチャ……バタンッ

結衣「……ん?」

京子「はぁ、はぁ……お待たせー!」ドサッ

結衣「……なにこれ!?」

京子「……じゃじゃーん!牛肉ですよ牛肉! 私の少ない小遣いから買ってきた!」

京子「量は少ないけど、高級品である!」

結衣「……おまえ、もしかして……?」

京子「……いっつも、結衣には世話になってるから……ミタイナ」

結衣「…………」

京子「…………あれ?」

結衣「――――あ、」

結衣「ありがとう……」

京子「!………へへ、どういたしましてっ」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:12:06.19 ID:03aVHS3C0
京子「ほら、食べなよ」

結衣「あ、ああ。一緒に食べよう」

京子「え? いや、結衣だけで食べていいよ」

結衣「そういうワケにはいかない。一緒に、食べよう」

京子「……わかった。へへへ……」ニシシ

結衣「じゃあ、焼いてくる」

京子「おす! おいしく調理してくれよ!」

結衣「うん」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:15:11.74 ID:03aVHS3C0
~10分後~

結衣「……おいしいな、これ……!」モグモグ

京子「……うめぇ!」モグモグ

結衣「おいしい、おいしい……」モグモグ

京子「……」

京子(本当に、おいしそうだなー……)

結衣「……ごちそうさま」

京子「はやっ」

結衣「久しぶりだったからな……」

京子「……私もごちそうさま! うまかった!」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:19:45.09 ID:03aVHS3C0
結衣「ありがとな、京子。本当においしかった」

京子「なんのなんの。結衣さんの欲望は満たされましたかな?」

結衣「………うーん」

京子「………?」

結衣「正直、ちょっと、物足りない……少なかったし」

京子「え」

結衣「あっ。で、でも、いいんだ。京子には、本当に感謝してるし、これだけで十分だし」

京子「………はぁ、意外に結衣って食いしん坊なんだなー」

結衣「……う」

京子「しかたない! とびっきりの肉を持ってきてあげよう!」スクッ

結衣「えっ? いや、もうい」

バタンッ

結衣(行ってしまった……)


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:23:32.69 ID:03aVHS3C0
~1時間後~

ガチャ

結衣「………!」

京子「……はぁ、疲れた~……」

結衣「遅かったな」

京子「ふふん。その分、収穫はあったよ」ドサッ

結衣「……なんだこれ。今度は、何の肉だ?」

京子「よーし食べようー!」

結衣「?……………わかった。焼いてくる」

京子「ああ、これは焼かなくていいんだよ?」

結衣「えっ? 生肉のまま食べるのか?」

京子「そーいうこと。ユッケみたいなもん」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:28:27.20 ID:03aVHS3C0
結衣「おお……生でいいなんて、そうとう新鮮なんだな」

京子「へへ、私に感謝しながら、ありがたく食べるがいい」

結衣「それじゃ、切り分けて…………」スーッ

京子「…………」ワクワク

結衣「―――よし。食べよう」

京子「よっしゃ!いっただっきまーす!」

結衣「いただきます」

結衣「……………」モグモグ

京子「……………」モグモグ

結衣「……………なにこれ」モグモグ

京子「……………」モグモグ

結衣「おいしい………おいしすぎるぞ…………!」モグモグ


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:36:27.18 ID:03aVHS3C0
京子「でしょー? さっきの牛肉よりも……はむっ、高級品……だから」モグモグ

結衣「うん……うん………!おいしい、おいしいよ……これ…………」モグモグ

京子「………ごちそうさま!」

結衣「……ああ、なくなっちゃった。ごちそうさま」

京子「どーよ?どーよ?」

結衣「うん、すごくおいしかった。これ、何の肉?」

京子「ちなつちゃん」

結衣「へぇ………………………ン?」

京子「まだ、私の家に余ってるよ! それは腕だし!いやぁ、一番うまいのは脳みそでさ、やっぱそれを食べないともったいないし、私の家に行って、今から食べよう、そうしよう!ほんとにおいしいよ、最初に持ってきた牛肉なんかよ 」

結衣「いやいやいやいや、待て待て待て待て待て待て」

京子「なんだい、結衣くん」

結衣「真面目に答えて欲しいんだよ。この肉、すごくおいしかったから気になる」

京子「いやいやいやいや、だからさ」

京子「ちなつちゃんだって」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:36:57.34 ID:KCHOYcFz0
ちなつ・・・


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:41:56.88 ID:03aVHS3C0
結衣「……………」ジロッ

京子「うおっ、結衣の軽蔑の目」

結衣「まぁ、この際どうでもいいや……おいしい肉、ありが」

京子「そして、ちなつちゃんの目」ゴロッ

結衣「…………ヒッ」ビクッ

京子「…………どーも、こんにちは。ちなつちゃんの眼球でぇーす」

結衣「な、なんだ、これ、えっ? が、眼球?えっ?本物か? うわっ、なんだのこれ……!」

京子「だーかーら。ちなつちゃんの眼球だってば。これもなかなかイケるよ?」

結衣「・・・・・・・・・・・・」

京子「食べないの?」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:46:07.15 ID:03aVHS3C0
結衣「・・・・・・・・・」ボーッ

京子「じゃあ、私が食べよっかな♪」パクッ

結衣「タ、タベタ………」

京子「………」プチッ

結衣「っ!」

京子「うむ。さすが、ちなつちゃん。おいしいなぁ」

結衣「そ、それ、ちなつちゃん? 本当に、ちなつちゃんなのか?」

京子「ちなつちゃん。私の愛しいミラクるん似のちなつちゃん」

結衣「ちなつちゃん、なのか。は、ははは」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:51:49.74 ID:03aVHS3C0
京子「ねぇ、結衣」

結衣「……な、に?」

京子「電話、かして」

結衣「……い、いいけど、な、何につか、うんだ?」

京子「いや、ちょっとやり過ぎたかなって。だから、結衣にも慣れてもらおうかなってね♪」ガチャ

結衣「……慣れ、る?」

京子「……あ、もしもし?あかり?」

結衣「――――!」

京子「いま、ヒマ? うん、うん。結衣ん家で遊ばない?」

結衣「や、やめ、ろ」

結衣(と、止めないといけないのに………体が、震えて動かない………!)フルフル

結衣(ちなつちゃん、の、目、プチッ…………)

結衣「ハァ……ハァ………ォェッ……」

京子「オッケー♪ じゃあ、また後でね」ガチャ


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:54:25.88 ID:JJzxuZqB0
え・・・


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 23:58:10.03 ID:03aVHS3C0
~30分後~

ガチャ

あかり「おじゃまするね~」

京子「お、どーもどーも」

結衣「……ハァ……ハァ……あ、あかり…………」フルフル

京子「いやーごめんね、あかり。急に呼んじゃって」

あかり「ううん、ヒマだったから、ありがたいぐらいだよぉ」ニコッ

京子「まぁ、あかりはいっつも暇そうだもんね~」

あかり「そ、その言い方はヒドイよぉ~」

京子「でも大丈夫! 私達が暇な時間を消してあげる!」

結衣「………!」

あかり「えへへ、ありがと」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:05:44.28 ID:zhqR//so0
京子「んじゃ、まずは」

結衣「きょ、京子……!」

あかり「あれ?結衣ちゃん顔色」

京子「あかりの首を絞めます」

あかり「えっ?」

結衣「やめ」

京子「……」キュッ

あかり「………っ!?…………っ!?………はっ……きょ、京子ちゃっ………!?」バタバタ

京子「……」キュゥゥ

結衣「お、おい、京子………やめっ、やめっ、ろ」

あかり「…………っはっ…………あっ……………きょ、ちゃ……ゆい、ちゃ………はぅっ…………!」バタバタ


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:09:42.18 ID:zhqR//so0
結衣「やめ、や」

京子「……」キュゥゥ

あかり「あっ、あぁぁっ…………!!!!」バタ、バタ

京子「……」キュウウ

あかり「やめっ、……はっ、なんとか、…………言ってよ、京子ちゃっ…………!!」

京子「……離す」パッ

あかり「あっ、……けほっ、けほっ、けほっ、けほっ、はぁ、はぁ、はぁ……きょ、京子ちゃん…………っ?」ゴホゴホ

結衣「……!」

京子「ねぇ、結衣。見てよ」

結衣「………な、なに」

京子「あかり、苦しそうだよね?」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:16:00.94 ID:zhqR//so0
あかり「けほっ、けほっ……はぁっ」

結衣「―――あ、当たり前だろ!!」

京子「なんか、見てて思わない?」

結衣「……はぁ……!?」

京子「……あかり。もう一回」ズイッ

あかり「え、待っ」

京子「……」キュゥゥ

あかり「あっ…………ちょっ……っ」バタバタ

結衣「京子!!!!!!やめろ!!!!!!」

京子「……」キュゥゥ

あかり「はぅっ…………あっ、あっ、くるし……いよ…………」バタバタ

結衣「あかり………!」スクッ

京子「……結衣、動けるなら私のこと止めた方がいいんじゃない?」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:22:52.30 ID:zhqR//so0
結衣「………っ!!っ!!動けっ、私……!!」

京子「……結衣……あかりの顔、見てよ」キュゥゥ

結衣「…………はぁ!? やめ」

あかり「……んー…………んっ………はっ、はっ……………」バタバタ

結衣「……っ」ゾクッ

京子「顔、真っ赤にして、バタバタ抵抗して。でも、あかりは助からないよ。だって、私はもう止めないから」キュゥゥ

京子「どう思う?正直、悪い気分じゃなくない?」キュゥゥ

結衣「そ、そんなっ、ワケ」

あかり「……っ…………」フラ、フラ

結衣「~~~!!」ゾクゾク

京子「結衣。嫌なら、止めていいよ」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:29:12.70 ID:zhqR//so0
結衣「…………」

京子「私、あかりもちなつちゃんも大好き」キュゥゥ

あかり「……き、………ゆっ………ちゃっ」

京子「だからこそっ、こういうのっ、最高にっ、興奮っ、するっ」キュゥゥ

あかり「………………っ…………」

京子「友達の最後が、自分。それって、すっごく」キュゥゥ

あかり「………あっ」

あかり「」プラン

京子「ゾクゾク、する」パッ

あかり「」ドサッ

結衣「………あかり、死んだのか?」

京子「ハァ、ハァ……うん」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:34:35.78 ID:zhqR//so0
あかり「」

結衣「………………」

京子「……ハァ………ハァ……ふぅ」

結衣「………京子、なんてこと………」

京子「………」

結衣「………食べる?」

京子「………!」

結衣「死んじゃったものは仕方ないし。食べてあげないと、かわいそうだもんな、うん………」

京子「……ずいぶん落ち着いてるね?」ニシシ

結衣「……そんなことないよ」

京子「………ま、止められなかったなら、仕方ないよね?」ニヤッ

結衣「………バカ」

京子「へへ…………照れないでいいよ、結衣にゃん♪」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:39:25.01 ID:1/Uzvwm/0
結衣、順応性ありすぎ


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:40:07.46 ID:zhqR//so0
~30分後~

結衣「……」モグモグ

京子「……」モグモグ

結衣「おいしい………………」モグモグ

京子「おいしい…………………」モグモグ

結衣「……あかり、ごちそうさま」

京子「私もごちそうさま!」

結衣「………ふぅ」

結衣「おいしいとこだけ厳選して取ったから、大分あまっちゃったな」

京子「ま、さすがに、ぜんぶ食うのは難しいよ。後は捨てればいーじゃん」

結衣「そうだな」

京子「うん」

結衣「………………」

京子「………………」


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:47:26.95 ID:zhqR//so0
結衣「……京子、さ」

京子「ん?」

結衣「本気、だったんだな。『私を食べて』って」

京子「あー、まぁね。結衣はあっさりスルーしちゃったけど」

結衣「…………京子」

京子「…………結衣」

京子「結衣のために、高い牛肉とちなつちゃんを用意した。あかりだって、目の前で殺したし」

京子「でも、わかる。結衣、まだ足りてない」

結衣「………」

京子「おいしい肉、これで最後。私、おいしいと思うよ?」

結衣「……っ……っ……」フルフル

京子「私、結衣に殺されたいし、食べられたい」


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:53:18.09 ID:zhqR//so0
結衣「おまえは、人を殺して、食べたいんじゃないのか……?」

京子「―――私、変人だからさ。殺したいし、殺されたい。昔から、死の境目が大好きだったんだ!」

京子「それを、大好きなものを壊すことで満たしてた。でも、でもさ」

京子「やっぱり、最後は……1番、大好きな人に殺されたいじゃん」

結衣「……!」

京子「結衣、いつも、ありがとう。1番、大好きだっ!」

結衣「……あきれた。こんな時に告白……?」

京子「ふふん。まぁ私は、変人だからね」

結衣「別に自慢にならないぞ……」

京子「…………」

結衣「…………」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:58:55.81 ID:zhqR//so0
結衣「……私も、京子が、好きだ」ボソッ

京子「………!」

結衣「ずっと、横に居る京子の存在が……心地よかった。今だから、言える」

京子「ゆ、結衣ぃ……」グスッ

結衣「できれば、ずっとこのまま、横に居て欲しいけど」

結衣「それ以上に、京子を殺したい。京子も、きっと……殺されたくて、たまらないんだよな?」

京子「……もちろん!」ニシシ

結衣「………………」

京子「………………」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:03:47.17 ID:zhqR//so0
結衣「………」スッ

京子「……!」

結衣「………」キュッ

京子「………はっ………んっ…!」

結衣「京子…」キュゥゥ

京子「ゆっ……………ぁぁっ…………!!!」フルフル

結衣「京子っ、京子っ、京子…」キュゥゥ

京子「だいす……………き、だい……………すきいっ……………!!」フルフル

結衣「京子っ、京子っ、ハァッ、京子っ、京子っ、ハァッ、京子!!!!」キュゥゥ

京子「…………くぅ……はっ…………やっぱ………ゆいっ…………だっ…………!!」フルフル


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:09:29.98 ID:zhqR//so0
結衣「ハァッ、最後だよっ、京子っ、大好きだっ、京子っ、もっと、一緒に居たかったよ!!!!」キュゥゥ

京子「私もっ……ずっと、一緒…………あっ」フラフラ

結衣「京子っ、京子っ、京子っ、京子っ、京子っ、京子っ、京子………!!」キュゥゥ

京子「―――ゆひっ」

京子「あり、が………………っ」

結衣「京子っ、京子っ、京子……!」キュゥゥ

京子「とっ…………」プッ

京子「…………」

京子「」プラン

結衣「はっ、はっ………はっ……ハァッ、ハァッ」

結衣「京子………?」パッ

京子「」ドサッ

結衣「…………!」


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:12:24.57 ID:zhqR//so0
結衣「はぁ、はぁ……………」

京子「」

結衣「………はーっ、はーっ……」

京子「」

結衣「…………京子」

京子「」

結衣「京子」

京子「」

結衣「死んだんだ、京子」

京子「」

結衣「すごく、悲しいけど。約束、だもんな。食べるよ、京子」

京子「」


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:17:28.47 ID:zhqR//so0
~30分後~

結衣「……いただきます」

結衣「…………」モグモグ

結衣「おいしい………………」モグモグ

結衣「おいしいよ、京子…………」モグモグ

結衣「ちなつちゃんよりも、あかりよりも、今まで食べてきた、どの肉よりも……」

結衣「おいしい……………!」モグモグ

結衣「………」モグモグ


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:22:26.87 ID:zhqR//so0
結衣「……京子、ごちそうさま」

結衣「………………」

結衣「……………っ」

結衣「………」ポロポロ

結衣(―――あれ?なんで、私っ、泣いてるんだ……??)ポロポロ

結衣(なんで、なんでっ。私が、殺して、京子も、それを望んでてっ………!)ポロポロ

結衣(泣く必要なんて、ない。笑えば、いいじゃないか……っ)ポロポロ

結衣「……っ……!」ポロポロ

結衣「なんで、涙、止まらないんだよ、……っ」ポロポロ


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:24:54.73 ID:zhqR//so0
~10分後~

結衣「…………」フキフキ


結衣「…………あ」


結衣「そうか…………」


結衣「もう、京子、いないから………」


結衣「私、殺してもらえない………」


結衣「大好きな、京子に………」


結衣「殺して、もらえない………」


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:29:04.70 ID:zhqR//so0
結衣「京子………」


結衣「私を殺してくれよ………」


結衣「………………」


結衣「………………ぁぁ……………」


結衣「私が、殺して、京子は、いなくてっ、私は、一人になって」


結衣「そっか………………」


結衣「……………京子………………」


結衣「お前が居なかったら、私、どうすれば……?」


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:34:53.62 ID:zhqR//so0
私は、京子を殺したかった。

そして、京子に殺されたかった。

でも、それを同時に満たすのは無理だ。

なら、殺されて、楽になった方がよかったのかもしれない。

でも、京子だって。

きっと、あの世で寂しがってるから。

京子に殺されたかったけど、仕方ない。殺人の刑罰ってヤツだ……だと思う。

だけど、せめて。首を絞められた感覚だけでも、共有したいから。

私は、首を吊ろうと思う。



◆おわり◆


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:35:50.33 ID:1/Uzvwm/0
なんという・・・



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:37:46.48 ID:FKa4zGfS0


鬱な気分に浸りたくなるときはある


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 01:38:08.53 ID:ex1gkeWb0

最高に興奮した


ゆるゆり 等身大タペストリー 歳納京子
ゆるゆり 等身大タペストリー 歳納京子

ゆるゆり 等身大タペストリー 船見結衣
ゆるゆり 等身大タペストリー 船見結衣




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。