Powered By 画RSS


師匠「酔拳はもう古い!」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 20:30:21 ID:ZaA35Sr.
道場――

弟子「酔拳が、古い……!?」

弟子「お師匠様、どういうことでしょう……!?」

師匠「我が流派に伝わる究極拳、酒を飲み、酔えば酔うほど強くなる酔拳……」

師匠「たしかに強力ではあるが、もはや時代遅れだということだ」




2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 20:32:35 ID:ZaA35Sr.
師匠「考えてもみろ」

師匠「強敵と戦うたびに酒を飲んでいては、アルコール中毒や肝硬変まっしぐらだ」

師匠「いくら戦いに勝っても、体を壊してしまってはなんにもならん!」

弟子「た、たしかに……!」

師匠「というわけで、ワシは新時代の酔拳を開発した!」

弟子「おおっ!」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 20:35:13 ID:ZaA35Sr.
弟子「新時代の酔拳とは、いったいどのような拳法なのです?」

師匠「知りたいか……」

弟子「是非!」

師匠「実はな、ワシはこれから果たし合いの約束をしておるのだ」

師匠「口で言うより、実際に見せる方が早かろう。ついてこい!」

弟子「はいっ!」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 20:37:44 ID:ZaA35Sr.
空き地――

師匠「待たせたな……」

武術家「貴様の酔拳と、私の華魔背拳、どちらが上か今日こそ決着をつけようぞ!」



弟子(新時代の酔拳……いったいどんな技なんだ!?)


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 20:39:43 ID:ZaA35Sr.
師匠「さ、どうぞどうぞ」スッ

武術家「?」

師匠「まずは一杯」

武術家「あ、ど、どうも」スッ


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 20:42:32 ID:ZaA35Sr.
武術家「……」グビッ

武術家「おおっ、これはうまい!」

師匠「そうでしょう、そうでしょう。なにしろ米の名産地、新潟の美酒ですからな」

師匠「ささ、もう一杯」トクトク…

武術家「おお、ありがとう」グビッ


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 20:43:57 ID:ZaA35Sr.
武術家「ヤ~レン、ソ~ラン、ハイハイ!」

師匠「よっ、日本一!」

師匠「さささ、もう一杯どうぞ!」スッ

武術家「お~しっ! はりきって飲んじゃうぞ~!」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 20:46:05 ID:ZaA35Sr.
武術家「ウイ~……」

武術家「飲みすぎた……いい気持ちだ……」ドサッ

武術家「ぐう……ぐう……」

師匠「よし、ようやく酔い潰れたか」

師匠「弟子よ、ワシが頭の方を持つから、お前は足を持て」

弟子「はいっ!」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 20:48:59 ID:ZaA35Sr.
武術家の自宅――

武術家「……ん」

武術家「う、ん……。んん……?」

武術家「あれ……ここは私の家だ……」

武術家「つっ……」ズキッ…

武術家「くぅ~っ、昨日は飲みすぎたな……二日酔いだ……」ズキズキ…

武術家「頭が痛い……ひとまずシャワーでも浴びるか……」ズキズキ…


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 20:51:55 ID:ZaA35Sr.
師匠「スキありィィィ!!!」

武術家「え!?」

ドゴォッ!

武術家「ぐおぉ……」ドサッ…



弟子「おおっ! あの武術家さんをたった一撃で!」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 20:54:36 ID:ZaA35Sr.
師匠「見たか……これぞ“二日酔拳”!」

師匠「相手に酒を勧めることで、自らは体を壊すことなく、敵を倒せる……」

師匠「まさに、新時代の酔拳といえよう!」

弟子「はいっ! しかと見届けました! わたくし、感動いたしました!」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 20:56:37 ID:ZaA35Sr.
弟子「あ、あの……お師匠様!」

師匠「なんだ?」

弟子「実はお師匠様の新拳法に刺激され、私も新しい酔拳を思いついたのですが……」

弟子「申し上げてもよろしいでしょうか?」

師匠「ほう、申してみよ」

師匠(どうせ三日酔拳なんて言い出すんだろうが……)


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 20:58:26 ID:ZaA35Sr.
弟子「たとえば、泥酔した相手にウォッカなどのアルコール度数の高い酒をぶっかけ」

弟子「ライターで火をつけて焼き尽くす、名づけて火炎酔拳!」

師匠「え……」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 21:00:48 ID:ZaA35Sr.
弟子「他にも、お酒を勧める時にこっそり工業用アルコールを混ぜておくんです」

弟子「たとえ死に至らなくとも、失明させることはできますから」

弟子「楽に敵を倒せるようになります! これぞメタノール酔拳!」

師匠「え……え……!?」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 21:03:27 ID:ZaA35Sr.
弟子「こんなのもあります」

弟子「酒を飲ませ、車を運転するように巧みに仕向けるんです」

弟子「これで事故でも起こしてくれれば、敵を社会的に抹殺することができます!」

弟子「名づけて、酒気帯び酔拳!」

師匠「あ、あの、ちょっと……」


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 21:05:37 ID:ZaA35Sr.
弟子「なんなら、アルコールで家ごと放火――」

師匠「ストォップ! ストォォォォォォォォップ!!!」

弟子「え」

師匠「やっぱり気が変わった! 新しい酔拳の開発はやめよう! ――中止!」

師匠「やはり……普通の酔拳が一番だ、うん!」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 21:08:49 ID:ZaA35Sr.
弟子「しかし、酔拳は健康によくないと……」

師匠「だ、大丈夫! 酒は百薬の長ともいうし……適量であれば問題ない!」

師匠「さぁ、新時代の酔拳などという夢物語は忘れて、道場で普通の酔拳の特訓だ!」

弟子「分かりました、お師匠様!」ビシッ







~おわり~


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/03(木) 21:09:22 ID:ZaA35Sr.
なお、実在の酔拳はお酒を飲みません


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1441279821/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ