Powered By 画RSS


風「うわっ!水かと思ってかぶったらスポーツドリンクだった!」

3 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 22:25:19.84 ID:e4gl2Ia5.net
風「マズイな…これ放っておいたらベタベタになっちゃうし…」

風「そうだ!誰かメンバーの家にお邪魔してシャワーを借りよう」

風「えっと、ここから1番近いのは…」


no title




4 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 22:31:57.55 ID:e4gl2Ia5.net
ピンポーン

涼「はい?…おや、風ちゃん。どうしたの?」

風「ごめんね、涼ちゃん。実は…」


~~~

涼「ふふっ、それは災難だったね。スポーツドリンクを…」

風「そういうわけだから、シャワー貸して貰えないかな?」

涼「構わないよ。タオルは脱衣所にあるから適当に使って、それから下着はワタシのを貸そう」

風「ありがとう、恩に着るよ」


6 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 22:37:35.14 ID:e4gl2Ia5.net
風「ふぅ、上がったよ」

涼「ああ、それじゃお茶でも…って、その格好で部屋をウロつくつもりかい?」

風「へ?」

涼「タオルに下着一枚の子とティータイムはあまり気が進まないな」

風「えー…別にいいでしょ。女の子同士なんだし」

涼「まあ、そうだけど…」


7 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 22:44:16.31 ID:e4gl2Ia5.net
風「それとも、何?私が無防備な格好してたら興奮しちゃうとか…?」ニヤニヤ

涼「……」

グイッ

風「えっ…」

ドンッ

涼「…少しおふざけが過ぎたみたいだね」

風「痛っ…なにさ、突然壁に押し付けたりなんかして」

涼「ワタシは雪ちゃん一筋だから浮気をするつもりは無いけど…」

涼「あんまりワタシを舐めていると、“お仕置き”してしまうよ」クスッ


8 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 23:00:33.44 ID:e4gl2Ia5.net
風「冗談でしょ?離してよ…っ!」ググッ

涼「風ちゃんは運動部だし力もあるけど、ワタシもそこそこ鍛えているんだ」

風「くっ…!」

涼「おとなしくお仕置きを受けたほうが身のためだよ」ペロッ

風「あっ…」ビクッ

涼「なるほど…耳、弱いんだね」


9 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 23:16:51.55 ID:e4gl2Ia5.net
風「ちょっと!いい加減に…ひぅっ…!」ビクンッ

涼「どうしたの?」ツ…

風「なんでも…ない……っ!」

風(指先で繊細に首筋を撫でてくる…!)

風(ダメだ…こんなの続けられたら、私…)ハァハァ

涼「息が荒くなって来たけど大丈夫かな?」クスッ


10 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 23:30:17.54 ID:e4gl2Ia5.net
風「はぁっ…はぁっ…だ、誰のせいだと…」

涼「ん?」ペロッ

風「んぁっ…!」ビクッ

風(鎖骨…舌でなぞられて……もう力が入らない…)

風「あ…」クタァッ

涼「おっと、力が抜けちゃったのかな?」

涼「なら、続きはベッドでしようか」


12 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 23:51:29.19 ID:e4gl2Ia5.net
風「涼ちゃん…ダメだって」

涼「何が?」

風「私には美咲ちゃんがいるし、涼ちゃんには白雪ちゃんが…」

涼「何を勘違いしてるんだい?これは風ちゃんへのタダのお仕置きだよ?」カプッ

風「んっ…!そうだけど…」

涼「大丈夫。ここで起きたことは二人だけの秘密さ」ハムハム

風「…ぅあっ!わ、わかったよ」


風(ごめんね、美咲ちゃん。私、これから涼ちゃんに秘密のお仕置きを…)


14 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 00:03:41.17 ID:blhTTJ9x.net
ガチャ

小雪「もう、涼ちゃん?玄関の鍵開けっ放しだったよ。こんなんじゃ泥棒に…」


涼「あっ」

風「あっ」


小雪「えっ…」


~~~

小雪「もう!涼ちゃんなんて知らない!」プイッ

涼「ごめんよ雪ちゃん!その…これはタダのお仕置きで…」

小雪「下着一枚の相手の首筋を甘噛みするお仕置きなんてあるわけないでしょ!」

風(そりゃそうだ)


13 : 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 23:56:44.87 ID:QM6oJLfJ.net
ごめんね
モブをよく知らない俺には「風」が自然の方の「風」に見えた
ごめんね

期待


15 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 00:05:43.02 ID:blhTTJ9x.net
わかりづらくてすまん
一応画像貼っておく


no title

no title


16 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 00:06:57.72 ID:blhTTJ9x.net
追加


no title

no title


18 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 00:19:23.83 ID:blhTTJ9x.net
涼「雪ちゃん、聞いて…」

小雪「小雪怒ってるんだからね!しばらく話しかけないでよ…」

涼「雪ちゃん。あんまり話を聞いてくれないと…」コソッ

小雪「?」


涼「雪ちゃんにも“お仕置き”しなきゃいけなくなっちゃうよ?」


小雪「…っ///」

涼「それでも構わない?」フフッ

小雪「…もう、涼ちゃんはズルいよ」


涼「……」グッ


風(うわぁ…)


21 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 00:30:44.66 ID:blhTTJ9x.net
風(さーて、お邪魔虫になるのも嫌だから退散したけど、どうしよっかな?)

風(シャワー浴びたから走るのも気が進まないし…)


美咲「あら、風ちゃんじゃない」

風「あっ、美咲ちゃん。どうしたのこんな所で」

美咲「この辺にダーツやビリヤードの出来るお店があってね。そこに今から行くところなの」

風「へぇ!面白そうだね!」

美咲「よかったら一緒に行く?」

風「行きたい!」

美咲「OK、それじゃあ決まりね」


24 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 00:44:47.41 ID:blhTTJ9x.net
風「なんだか、こうやって二人きりで街を歩いてるとデートみたいだね。手、繋ごっか?」

美咲「そうね…でも、今日はやめとこうかしら」

風「えっ、なんで?」

美咲「んー。特に理由は無いけど、強いて言うなら…」


美咲「風ちゃんの首筋に涼ちゃんの歯の痕があるから、かな」ニコッ


風「」


~完~


26 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 01:18:17.72 ID:blhTTJ9x.net
以上です

サンシャインもいいけどスクフェス勢はもっとモブライブを盛り上げていこうな


28 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 19:52:52.48 ID:blhTTJ9x.net
ちょっと別ルート浮かんだので書いていきます


no title


29 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 19:56:00.34 ID:blhTTJ9x.net
風「マズイな…これ放っておいたらベタベタになっちゃうし…」

風「そうだ!誰かメンバーの家にお邪魔してシャワーを借りよう」

風「えっと、ここから1番近いのは…」


no title


30 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 20:06:39.72 ID:blhTTJ9x.net
ピンポーン

姫乃「はーい?あら、風ちゃんじゃないですか。どうしました?」

風「いやぁ、実は水と間違えてスポーツドリンクをかぶっちゃって。シャワー貸してもらえたらありがたいんだけど…」

姫乃「もちろんいいですよ♪どうぞ上がってください」


~~~

風「あのー、姫乃ちゃん?」

姫乃「なんでしょう?」

風「シャワーは済んだんだけど、着替えって…」

姫乃「脱衣所に置いてありますよ。サイズは風ちゃんの衣装のサイズと同じなので大丈夫だと思うんですが…」

風「そっか、やっぱりコレなんだね…着るの難しいから手伝ってもらっていいかな?」

姫乃「はい、喜んでー!」


31 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 20:16:16.41 ID:blhTTJ9x.net
風「うぅ…」

姫乃「わぁ!風ちゃん似合ってますよ!」

風「なんで着物…それになんか裾短いし」

姫乃「動きやすいように加工してるんです。風ちゃんもこれなら快適ですよね?」

風「スースーして落ち着かないんだけど…」

姫乃「そうですか?でも可愛いですよ!」


32 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 20:28:02.47 ID:blhTTJ9x.net
風「また適当なこと言って…」

姫乃「本当ですよ。お互いを知らない時にその格好の風ちゃんに出会ったら、思わず一目惚れしちゃうかもしれません」ウンウン

風「そ、そうかな…?///」


姫乃「そうだ!他にも色々と試してみましょうよ!」

風「えぇ!?他にも!?」

姫乃「黄色も華やかで素敵ですけど、こっちの紺色も…それから紅色も捨てがたいです!」

風「ひょっとして、それ全部私が着るの?」

姫乃「はい!…あっ、でもただ着るだけでは面白くないので、カメラも使って撮影会ごっこをしましょう!」オーッ

風「お、おー…」


34 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 21:01:57.67 ID:blhTTJ9x.net
姫乃「いいですよ~。そのまま目線こっちにくださ~い」パシャパシャ

風「は、はーい…」

姫乃「表情硬いですよ~?ほらほら、この美咲ちゃんの生写真見て笑って笑って~」

風「うわーい、ウェッヘッヘッ…って、しないよ!これじゃ私変態みたいじゃん!」

姫乃「いいノリツッコミですね~。冴えてますよ~」パシャパシャ

風「うぅ…もうどうにでもなって…」


36 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 21:20:12.97 ID:blhTTJ9x.net
姫乃「はぁー、今日は楽しかったですね♪」

風「うん…かーなーり疲れたけどね」

姫乃「でも、練習着も洗濯出来たしよかったじゃないですか」

風「そうだね、ありがとう」

姫乃「いえいえ、またいつでも遊びに来てくださいね」

風「うんっ!それじゃ、また明日の練習で!」タタッ

姫乃「気をつけて帰ってくださいねー!」ブンブン


37 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 21:42:04.43 ID:blhTTJ9x.net
風(なんだかんだ大変だったけど、楽しかったなぁ…)タッタッタッ

風(着物とか普段着られないようなものいっぱい着られたし、姫乃ちゃんには感謝しないとね)


風「…こんな楽しいことが起こるなら、たまにはスポーツドリンクをかぶるのも悪くないかも♪」


風(いや、それはないか)ハハッ


~もいっこ完~


38 : 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 22:00:14.27 ID:blhTTJ9x.net
今度こそ以上です

なんかハッピーエンドじゃないのがモヤモヤしたから蛇足かと思いながらも書いてしまった


39 : 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 22:16:11.02 ID:qVLPknpH.net
乙乙
いいモブライブだった


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1441027378/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ