Powered By 画RSS


楓「れんげ・・・れんげ・・・・・・」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:00:16.49 ID:n5xz9aaC0
楓「・・・・・・」

楓「・・・・・・」

楓「・・・暇だな」

楓「・・・・・・」

楓「・・・・・・」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:02:06.00 ID:n5xz9aaC0
楓「そういやあいつら」

楓「最近来ないな」

楓「はは・・・は・・・は・・・・・・」

楓「・・・・・・」

楓「・・・・・・」



3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:04:11.47 ID:n5xz9aaC0
テレビ『コレハマレーバクトイイマシテ』





楓「・・・・・・」

楓「(・・・このアニメのキャラクター)」

楓「(れんげにそっくりだな・・・)」

楓「・・・・・・」





楓「」ボー



4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:07:33.87 ID:n5xz9aaC0
楓「・・・・・・」

楓「・・・少し在庫の整理でもするか」スッ

楓「」ガサガサ

楓「!」





お菓子『』





楓「・・・・・・」

楓「・・・これ」

楓「れんげが・・・好きだったやつ・・・」

楓「・・・・・・」

楓「」ガサガサ



5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:16:04.43 ID:n5xz9aaC0
楓「・・・・・・」

楓「あとは適当に掃除でもしておくか・・・」

楓「」パッパッ

楓「?」

楓「これは・・・」スッ

楓「れんげが・・・赤ん坊だった頃の・・・」

楓「注意事項をまとめた紙じゃねぇか・・・」



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:21:05.88 ID:n5xz9aaC0
楓「はは、まだ残っていたのか」

楓「もう・・・こんなにボロボロになっても・・・」

楓「本当に・・・懐かしいな・・・」

楓「・・・・・・」

楓「(・・・・・・)」

楓「(あぁ・・・確かに懐かしいな・・・)」

楓「(懐かしい・・・懐かしい・・・)」

楓「(今でも覚えているぞ、れんげ・・・)」

楓「(あのときは本当に大変だった・・・)」

楓「(ミルク、人肌に温めるの、大変だったんだぞ?)」

楓「(れんげ・・・)」



8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:24:10.11 ID:n5xz9aaC0
楓「(それなのにお前ときたら)」

楓「(私の膝の上で、呑気にミルクを飲みやがって・・・)」





no title







9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:26:57.73 ID:n5xz9aaC0
楓「(一段落したら、ホッとしたのか)」

楓「(急に眠くなって)」

楓「(お前と一緒に昼寝したんだよな、れんげ・・・)」





no title







11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:34:22.65 ID:n5xz9aaC0
楓「(れんげの世話は確かに大変だった)」

楓「(でも、いつの間にかれんげと一緒にいるうちに)」

楓「(れんげに会うのが楽しみになっていた)」

楓「(翌日も私はれんげに会いに行って)」

楓「(髪、結んでやったんだっけ・・・)」

楓「(・・・・・・)」





no title







12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:41:00.04 ID:n5xz9aaC0
楓「(なんでこんなに鮮明に覚えているんだろうな・・・)」

楓「(あぁ・・・そうだ・・・)」

楓「(初日の出のときも・・・)」

楓「(私がれんげをおんぶしたんだっけ・・・)」





no title







13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:44:19.60 ID:n5xz9aaC0
楓「(綺麗だったな)」

楓「(早起きした甲斐があったな)」

楓「(れんげ・・・)」





no title







15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:49:00.85 ID:n5xz9aaC0
楓「はは、はは・・・」

楓「どんどん思い出していくわ・・・」

楓「・・・・・・」





no title








16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:52:06.32 ID:n5xz9aaC0
楓「私、どうかしちまったんだろうな・・・」

楓「何してんだろうな・・・」

楓「・・・・・・」

楓「・・・・・・・・・」

楓「」ジワ

楓「―――っ!」ダッ





no title







17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 21:57:15.34 ID:n5xz9aaC0
楓「はぁ・・・はぁ・・・!」

楓「なんで私・・・店を飛び出してきちまったんだよ・・・」

楓「シャッターも閉めてねぇよ・・・」

楓「は・・・はははは・・・」

楓「・・・・・・」

楓「・・・!」

楓「ここは・・・」





no title







18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 22:00:22.62 ID:n5xz9aaC0
楓「れんげの・・・自転車の練習につきあったところ・・・」

楓「いつの間にかこんなところまで来ていたんだな・・・」

楓「本当、何やってんだよ、私・・・」

楓「・・・・・・」

楓「(・・・れんげ、何度転んでも)」

楓「(泣きもせず、一生懸命やっていたな・・・)」





no title







19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 22:03:12.37 ID:n5xz9aaC0
楓「(日が落ちるまで、何度も何度も繰り返し練習して)」





no title







20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 22:06:37.15 ID:n5xz9aaC0
楓「(やっと・・・やっと乗れるようになったんだよな・・・)」

楓「(あのときは嬉しかったか? 全部お前の努力のおかげだったんだぞ?)」

楓「れんげ・・・」





no title







21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 22:10:30.40 ID:n5xz9aaC0
楓「・・・・・・」





キキキキキキキキキキ・・・・・・





楓「・・・・・・」

楓「・・・懐かしいな」

楓「私はここで」

楓「確かにれんげと一緒にいたんだよなぁ」

楓「一緒に・・・」

楓「・・・・・・」

楓「・・・・・・・・・」



22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 22:25:12.85 ID:n5xz9aaC0





楓『...ℤℤℤ』





プルルルルル・・・     プルルルルル・・・・・・





楓『うーん・・・』

楓『・・・誰だよこんな時間に』

楓『はい、加賀山ですけど・・・』

楓『え? あぁ、どうも先輩の・・・』

楓『・・・・・・』










楓『 え ・ ・ ・ ・ ・ ・ ? 』










no title







23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 22:28:37.78 ID:n5xz9aaC0
楓「・・・・・・」

楓「・・・なぁ、れんげ」

楓「お前、本当は生きているんだろう?」

楓「どこかに隠れていて、隙を見計らって」

楓「私を脅かすつもりなんだろう?」

楓「なぁ」

楓「れんげ」

楓「れんげ・・・」

楓「・・・・・・」



24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 22:33:52.98 ID:n5xz9aaC0
楓「先輩・・・ねえねえに心配かけさせちゃダメだろ?」

楓「なぁ、早く帰ってこいよ」

楓「自転車、買ってもらったばかりなんだろ?」

楓「もっとあいつらと一緒に出掛けろよ」

楓「ついでに私のところに来て」

楓「何か買っていけよ」

楓「私はいつでもいるんだから」

楓「なぁ? れんげ・・・」ウル

楓「う・・・うぅ・・・っ!」グス



25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 22:46:18.91 ID:n5xz9aaC0
楓「信じられるわけねぇだろ・・・!」

楓「だって・・・あんなに・・・」

楓「あんなに元気だったのに・・・!」

楓「なんでれんげが・・・!」

楓「れんげ・・・! 私はここにいるぞ!」

楓「また駄菓子屋って呼んでくれよ!」

楓「奥に上がって煎餅でも食いながら」

楓「テレビだけ見て帰っても良い!」

楓「お菓子なら好きなものを好きなだけ持ってけ!」

楓「金なんていらねぇよ! お前がいてくれれば良いんだよ!」

楓「もう一度・・・お前に会いたいんだよ・・・!」

楓「顔が見たいんだよ・・・」

楓「れんげ・・・」





楓「失われた命は・・・」

楓「もう二度と帰ってこないなんて・・・」

楓「信じたくねぇんだよ・・・」





楓「れんげ・・・れんげ・・・・・・」ポロポロ










―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――






27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 23:00:05.98 ID:n5xz9aaC0
楓「!!」ハッ

楓「」ガバ

楓「・・・・・・」





チュンチュン     チチチチ・・・・・・





楓「・・・・・・」

楓「夢・・・?」

楓「・・・・・・」

楓「そうか・・・夢・・・だったのか・・・」ウル

楓「はは・・・はははは・・・」ポロポロ

楓「・・・・・・」



28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 23:06:18.12 ID:n5xz9aaC0
夏海「駄菓子屋ー! 来たよー!」

小鞠「さて、何買おうかな?」

蛍「お邪魔します」

れんげ「にゃんぱすー」





楓「!!」ガタン





楓「れんげ!!」ガシ

れんげ「なのん!?」ビク

楓「れんげ・・・!」

楓「(良かった・・・! 生きていた・・・!)」

楓「(本当に夢で良かった・・・!)」

れんげ「だ、駄菓子屋どうしたのん!?」

れんげ「ウチ、何かしましたか!?」

夏海「えぇっ!? 駄菓子屋どうしたのさ?」





楓「・・・・・・」





楓「・・・いや、何でもねぇよ」

れんげ「?」



29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 23:22:23.92 ID:n5xz9aaC0
楓「あ、そうだ」

楓「れんげ、このお菓子おまけしてやる」スッ

れんげ「おぉ! 何だかよくわからないけど」

れんげ「駄菓子屋が太っ腹なのん!」

れんげ「駄菓子屋、ありがとうなん!」

楓「今回だけだぞ?」ニコ

夏海「あー! れんちょんだけズルいー!」

夏海「ウチにも何か頂戴よー!」

楓「お前はちゃんと金を置いていけ!」

夏海「ケチ! やっぱり駄菓子屋はれんちょんにだけ甘いんだからー」

楓「あ? 何か言ったか?」

夏海「夏海ちゃん何も言ってませーんwwww」

楓「」ゴキ

夏海「」ゴト

れんげ「なっつんが遂に倒れたのん・・・」

小鞠「あーあ・・・」

蛍「うふふふ」クスクス










楓「(何の変哲もない日常が)」

楓「(どれだけ大切なものか)」

楓「(わかった気がする)」

楓「(れんげ、お前が大きくなって)」

楓「(この村を離れることになっても)」

楓「(私はずっとここにいるぞ)」

楓「(だから寂しくなったら)」

楓「(いつでも帰ってこい)」

楓「(そしたら・・・)」

楓「(おかえりって、言ってやるよ)」

楓「(そんな日が来るまでは)」

楓「(ずっと元気でいてくれ、れんげ)」









楓「(それが私にとって一番の幸せなんだ・・・)」








終わり


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 23:29:42.65 ID:xjoBE6uLo
おつ

やっぱり駄菓子屋はやさしいなん


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/11(金) 23:30:55.22 ID:JWudIb/lo
よかったバッドエンドじゃなかった……


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441972816/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「のんのんびより」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ