Powered By 画RSS


まどか「あれ?なんで私のケーキゴミ箱に捨ててあるの?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 00:53:46.41 ID:YZP6oUkz0
マミ「さぁ?どうしてかしらねぇ」ニヤニヤ

さやか「私は心当たりないんだけど~(笑)」ニヤニヤ


ほむら「…」




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 00:58:53.87 ID:YZP6oUkz0
魔女の結界にて

マミ「さて、魔女退治といきましょうか…」

さやか「さぁ早くいきこう!!!」

結界の扉を開くマミ

まどか「早く行こう!」

マミ「あ…忘れ物しちゃったわ…先言ってて鹿目さん…」

まどか「は…はい!!」タッタッタッ

数分後

まどか「ひどいよ…!!!!どうしてついてこなかったの!?もう少しで魔女に殺されそうになったんだよ!!!」

マミ「ごめんなさい~…場所忘れちゃって(ニヤニヤ」

さやか「私足くじいちゃって(ニヤニヤ」


ほむら「...」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:01:43.05 ID:YZP6oUkz0
まどか「私、魔法少女になりたいです…私って、何の取り得も無くて…だからみんなの役に立ちたいんです!」

マミ「本当に…私と一緒に戦ってくれるの…?美樹さん・・・!」

さやか「えぇ、とうぜん!マミさんと一緒に魔法少女として…共に歩みたいです!」

まどか「あの…」

マミ「美樹さん…ありがとう…!(ニヤニヤ」

さやか「いえいえ…マミさんの頼みなら…(ニヤニヤ」

まどか「…」


ほむら「…」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:05:03.67 ID:YZP6oUkz0
さやか「はぁぁぁぁ!!!」ガキィン!!!

杏子「ふん!しろーとが…!!!」ガキィイン!!!

まどか「QB!あの二人を止めてよ!!!こんなのおかしいよ」

QB「二人の問題だし僕が口を出しても仕方の無い事だよ…」

さやか「てやぁぁぁ!」
杏子「はぁぁぁ!!」

まどか「ちょ…やめてよ!どさくさにまぎれて何で私に攻撃してくるの!?」

さやか「え?気のせいじゃない?(ニヤニヤ」

杏子「ちゃんとあたしらは二人だけで戦ってるよ…なぁ?(ニヤニヤ」



ほむら「…」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:07:44.68 ID:Irxir3VJ0
やめろ

おいやめろ今すぐやめろ


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:08:48.26 ID:YZP6oUkz0
まどか「はっ!?しまった!戦ってる最中にソウルジェムが外れて…」

パシ

さやか「ふぅ…あぶないあぶない…」

まどか「さやかちゃん…ありがとう!ソウルジェムを拾ってくれて!」

さやか「マミさんパース!(ニヤニヤ」

マミ「おっ!佐倉さんパース!(ニヤニヤ」

杏子「いっただきぃ~!ほむらパース!(ニヤニヤ」


まどか「ほ…ほむらちゃん…返して…返してほしいな…」

ほむら「………QBパス…」


まどか「…」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:13:21.75 ID:YZP6oUkz0
まどか「ねえQB…私、まだ願い事決めてないんだ…」

QB「…」

まどか「どうしたの?QB…」

QB「…」

さやか「あんた…何独り言言ってるの?」

マミ「見えないお友達でも居るのかしら?(ニヤニヤ」

まどか「QBが…口を利いてくれないの」

さやか「QB?何それ?」

まどか「え…だって目の前に居るじゃない…」

マミ「え…幽霊でも見てるの?鹿目さん…?」

さやか「あんた頭狂ったの?すこし病院行ったほうが良いんじゃない?」

まどか「…」

QB「ニヤニヤ」


ほむら「…」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:15:50.57 ID:RB+5CrnH0
ほむら何か言えや


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:16:33.02 ID:YZP6oUkz0
さやか魔女化→杏子と協力してさやかに呼びかけるシーン

まどか「お願いさやかちゃん!思い出して!皆を救うために魔法少女になったんでしょ!」

オクタヴィア「ニヤニヤ…」

杏子「さやか!目を覚ませ!(ニヤニヤ」

まどか「おねがいさやかちゃん!おねがいだから私だけを攻撃するのやめて!どうして!?」

杏子「そう言えば私一発も攻撃喰らってないんだけど…なんでだろうなぁ…」

オクタヴィア「にやにや」


ほむら「…」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:24:59.54 ID:YZP6oUkz0
マミ「もう…何も怖くない!!!」
と、突如まどかの後ろに隠れるマミ
まどか「ど…どうしたんですか?マミさん?」
マミ「私が後方支援するわ。敵を上手く躍らせてくれないかしら鹿目さん…?(ニヤニヤ」
まどか「わ…わかりました!」
シャルロッテがまどかに襲い掛かる
マミ「あれ!あたらないわねぇ!」
バン!バン!バン!!!
数分後
まどか「何考えてるんですか!!!何発も私に当てて!ソウルジェムが無かったら私死んでましたよ!!!」
マミ「ご…ごめんなさい…焦ってしまってつい…グス」
まどか「あ・・・その・・・ごめんなさい」
さやか「あーあ、泣かせちゃった…」

杏子「お前ただ魔女を引き寄せてただけなのに…そんな言い方無いだろう?」

さやか「あーやまれ」
杏子「あーやまれ」

ほむら「…」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:29:55.06 ID:YZP6oUkz0
まどかマギカ10話 ほむらの過去シーンにて

まどか「マミさん!魔女、そっちいったよ!」←たしか本編でもタメ口

マミ「おっ…?(イラ」魔女をリボンで縛り付ける

まどか「とどめは私が!」

マミ「サッ」

縛った魔女を引っ張る

まどか「避けられた!マミさん!ちゃんと相手を動けないように!!!たあ!」

マミ「サッ」またリボンを引っ張るマミ

まどか「あ…当たらない!なんでだろ…」

マミ「あれぇちゃんと縛ってるのにどうしてかしらねぇ(ニヤニヤ」

まどか「…」

ほむら「…」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:34:38.93 ID:YZP6oUkz0
マミ「ソウルジェムが魔女を産むなら…皆死ぬしかないじゃない!!!あなたも」
パン!!!!ほむらめがけてマスケット銃を撃つマミ
ほむら「と…巴先輩!」シールド防御、跳ね返り銃弾がまどかへ
まどか「ひっ!?」←避けるまどか
マミ「あなたも!」
今度は杏子に打つが
杏子「あぶね!」ヤリで跳ね返しまたまどかの方向へ
まどか「わたしの事…わざと狙ってない…?」

マミ「ぐす…ごめんなさい…とりみだして(ニヤニヤ」
杏子「そんな言い方ねーだろ!マミはただ取り乱していただけだ!(ニヤニヤ」

まどか「ご…ごめんなさい…」


ほむら「…」

マミ「


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:39:37.74 ID:YZP6oUkz0
杏子「ほら、しょうゆ団子だ、食うかい?」

まどか「え…いいの?」

杏子「さやかを助ける前に腹ごしらえだ、あたしばかり食べてるの見てたら、お前も腹減るだろ?」

まどか「う…うんありがとう…パク…おえええ!杏子ちゃん!これ腐ってるよ!」

杏子「食べ物を無駄にするんじゃねー!」



ほむら「…」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:43:34.58 ID:YZP6oUkz0
再び魔女、オクタヴィア戦闘

杏子「くそ!まどか!さやかに呼びかけるんだ!」

まどか「でも…さっきのお団子でお腹が痛くて!」

マミ「鹿目さん!もうこの際魔法少女になりなさい!!!」

まどか「え…でも願いが…いたた」

さやか「お腹が痛いんだよねぇ…?ならまどかが今必要な願いは唯一つ…(にやにや」

杏子「魔女の結界じゃトイレもないもんな…」

マミ「一刻の猶予もないわ…鹿目さん!早く契約を!」
さやか「願い事はトイレ…!トイレ!…トイレ!」

一同『ト・イ・レ!』

QB「やれやれ…」

ほむら「…」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:46:05.08 ID:YZP6oUkz0
まどか「私の最高の友達!」

さやか「…」

マミ「…」

杏子「…」

QB「…」


ほむら「…」

まどか「…」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:50:23.45 ID:YZP6oUkz0
まどか「もう少しでトイレを願いに契約してしまう所だったよ!」

さやか「いやぁごめん~しかもあの魔女私じゃなかった(ニヤニヤ」

まどか「さやかちゃんが魔女化したかと思って本当に心配したんだから…」

杏子「悪かったよまどか、ほれ正露丸だ」

まどか「まったくもう…こくこく」

杏子「あ…スリムドカン(下剤)だったwwww」

まどか「え…」

ぎゅるるるる

まどか「ぐぉぉぉおぉぉお!!!」

マミ「やっぱりトイレを願いに契約ね!!!(ニヤニヤ」

QB「それはちょっと…」

ほむら「…」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:54:46.12 ID:YZP6oUkz0
最終話

QBと契約し、女神まどかへ。

まどか「私が魔女と言う存在をすべて消し去る…もう絶望なんて絶対させない!」

無数の希望の矢が過去、未来に飛び散る

魔法少女A「サッ」矢を避ける

魔法少女B「サッ」矢を避ける

その他魔法少女「サッサッサッ」矢を避ける

女神まどか「…」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 01:58:36.82 ID:YZP6oUkz0
まどか「はっ…夢落ち…」

ほむら「まどか…もう放課後だよ…?机で寝てると風邪引いちゃうよ…?」

まどか「ほむらちゃ…うわああああん!皆が…皆が私を苛めるぅぅぅぅ!」

ほむら「な…何言ってるのまどか…もう私たちの戦いは終わったんだよ?皆まどかの大切なお友達よ…?」

まどか「ぐす…うん…!」


Fin


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 02:08:11.24 ID:tAgK7C6W0
終わりか


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 02:13:14.10 ID:YZP6oUkz0
ほむら「ニヤニヤ」


まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「え?どうかしたの???」

まどか「う…ううんなんでもないよ」


終わり


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 02:17:17.33 ID:YZP6oUkz0
さやか「魔法少女を卒業してやっと平和になったということで…」

マミ「皆で一緒に帰りましょうか」

杏子「帰りにゲーセンでもよってこーぜ」

ほむら「たまにはいいかもね…」


まどか「あれ…どうして私のカバンゴミ箱に捨ててあるの…?」



にや。。にや。。。


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 02:42:14.30 ID:YZP6oUkz0
まどか「あれ…かばんのなかに何か入ってる…ぬいぐるみだ…」

一同「まどか!誕生日おめでとう!」


本当に終わり


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 02:44:39.95 ID:bVIq+I7T0


だが、なぜゴミ箱に入れたし


ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ BOX (ABS&PVC 塗装済みトレーディングフィギュア)
ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ BOX (ABS&PVC 塗装済みトレーディングフィギュア)

魔法少女まどか☆マギカ ポータブル (完全受注限定生産版) 「限定契約BOX」 特典 生フィルムコマ&特製カスタムテーマセット付き
魔法少女まどか☆マギカ ポータブル (完全受注限定生産版) 「限定契約BOX」 特典 生フィルムコマ&特製カスタムテーマセット付き




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ