Powered By 画RSS


一夏「俺の新武装?」 束「重力子放射線射出装置だよぉ♪」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 17:25:35.36 ID:nVCm98ys0
束「またおもしろいものを作ったよぉ♪」

千冬「どうせろくでもないものだろう」

束「そんなこと無いよぉ!見て見て!いっくん専用の武装だよ!」

千冬「・・・・なんだこのベルトと先についている拳銃サイズの砲塔の様なものは。」
千冬「見た目だけではまったくすごいようには見えんが。」

束「これはねぇ、一夏君の腰に巻きつけて・・・・こんな感じで装着するんだぁ♪」

千冬「・・・・・おい、完全に砲塔が股間の部分にくるぞ。」

束「いっくんの性欲レベルによって威力が変わるからだよぉ!」
束「名付けて!重力子放射線射出装置!G・B・Eだよぉ!」

千冬「で、これの試験をして欲しいといいたいんだな。」

束「いつもながらそういう感じだねぇ♪」

束「詳しくはスペック表を送信するから学園のほうでチェックしてねぇ・・・ただ・・・・」

千冬「ただ、なんだ? 絶対スペック表を見てから使用してね。どうなっても知らないからねぇ♪」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 17:31:55.39 ID:nVCm98ys0
千冬「・・・・はぁ・・・・・・なんだこれは・・・・。」

ガチャ

一夏「ちふゆ・・・織斑先生、呼びました?」

千冬「あぁ、来たか・・・・はぁ・・・・・・。」

一夏「なにかあったの?」

千冬「その・・・な、お前の新武装だ・・・・。スペック表を見ろ。」

一夏「なんだこりゃ・・・・射程70km!?しかも威力が5段階で、一番下でこれかよ!!」

千冬「頭が痛くなってきた・・・・・GBEは1段階目の威力で、半径1m・長さ70kmの円筒形の穴を空けられる」
千冬「物質は問わない。どんなものも貫通する・・・というより、消失させることができる・・・・・。」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 17:35:33.82 ID:nVCm98ys0
千冬「で、威力が5段階。それもお前の性欲が高まった時にのみ反応する・・・・。」

一夏「せ、性欲って・・・・・戦闘中にそんなもの沸くわけが無いだろ、普通。」

千冬「だから頭を抱えているんだ・・・・それにその威力。どうやって試射するんだ・・・」

一夏「そ、それもそうだけど・・・・。断れないのか?」

千冬「・・・・・出来るなら既にやっている。」

一夏「海なら・・・・・」

千冬「海?」

一夏「海なら試射できるんじゃないか?」

千冬「野外で試験だと!?」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 17:39:49.45 ID:nVCm98ys0
千冬「っというわけでだ。特別休暇で、温泉旅行だ。貴様ら運がいいな。」


箒「温泉・・・・」
セシリア「日本のお風呂というものは、他の人と入るというのは本当ですの!?都市伝説ですわ!」
シャル「セシリア、おちついて・・・・」
鈴「へぇ~温泉かぁ。久しぶりだわ。」

ラウラ「おい、嫁。混浴があってもなくても一緒に入るぞ。」くいくい
一夏「袖を引っ張るなよ・・・・」


千冬「この暑い時期だ、貴様らには言ったと思うが海も近い。泳げるぞ。」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 17:42:52.26 ID:nVCm98ys0
箒「(もちろん)」
セシリア「(勝負)」
シャル「(水着)」
鈴「(に、決まってるじゃない!)」

ラウラ「おい嫁。私はスクール水着だ。どうだ、似合うか?」
一夏「わかったから、脱ぐな脱ぐな!」


鈴「(幼児体形を生かした、その手があったか!!)」


千冬「お前らはしゃぎすぎだ。ほら、着いたぞ。」

一夏『まぁ、普通だな。」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 17:46:57.69 ID:nVCm98ys0
千冬「荷物を運び終わったらさっそく晩飯だ。1回の宴会場に来い。」

いっただっきまーっす

セシリア「(正座のせいで足が痛いですわ・・・・)」

一夏「?どうした、セシリア具合でも悪いのか?」

セシリア「い、いえ・・・大丈夫ですわ・・・・(がんばって隣の席を取ったんですのよ!がんばるとこ・・・いたたたた」

一夏「・・・・そうか、まだ箸の扱いに慣れてなくて戸惑っているのか・・・。」

セシリア「えっ?えぇ、そうですの・・・・」

一夏「じゃあ、食わせてやるよ。ほら、あーんしろ。」

全員「ええぇぇぇぇぇぇ!!」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 17:50:14.56 ID:nVCm98ys0
シャル「僕も箸が使えないんだー!!」 ポイッ!

鈴「あぁあああ箸が折れたあああ!!」 バキッ

箒「は、箸で居合いの練習をしていたら燃え尽きてしまったぁぁあああ!!」 ボウッ


ラウラ「おい、嫁。嫁は飯を食べさせるものだ。さっさとしろ。」」


山田先生「あは・・・あはははは・・・・・」
千冬「はぁ・・・・本当にこいつらは・・・・・・。」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 17:53:46.56 ID:nVCm98ys0
一夏「わ、わかったから!とりあえずみんな1口ずつ食べさせてあげるから。」

山田「すみませーん、お箸3本下さーい」


午前0時

千冬「全員寝たか。」
山田「はい。では始めましょうか。」

山田「織斑君、これを巻いて、白式を出してください。」

パチッ

一夏「こい、白式・・・」

一夏「で、こいつが例の・・・・GBEですか」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 17:55:54.96 ID:nVCm98ys0
一夏「性欲が湧かないんだけど・・・。」

千冬「まぁ、予想はしていたことだ・・・山田先生、手配どおりに。」

山田「はい♪」ぬぎぬぎ


一夏「えっ・・・?」

山田「織斑くぅん・・・私のここ・・・もぉこんなになってしまってるんですぅ・・・」くねくね


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 17:58:10.98 ID:nVCm98ys0
千冬「(これは・・・なかなか・・・なっ!)」

一夏「はぁ・・・はぁ・・・・・・」

山田「こんなになってぇ・・・・四つん這いでえっちなところ見せちゃいますぅ:

キイイイイイイイイイイイン


千冬「(なんだ・・・・この不快感は・・・・我が弟ながら・・・・・・はぁ)」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:00:03.83 ID:nVCm98ys0
一夏「で、でる!!」

ドンッ!!

一夏「うおっ!!」ピューーー・・・・

千冬・山田「えぇっ!?」


山田「反対側に飛んでいっちゃいましたね」

千冬「服を着ろ・・・・しかしすごい威力だな・・・・」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:03:03.92 ID:nVCm98ys0
千冬「あのなぁ・・・・・」

束『取り扱い注意ってちゃんと言ったよぉ♪』

千冬「パイロットが瀕死になるような装備を作るな・・・・」

束『えへへへへ、死んでないならいいじゃなぁい♪』

千冬「(こいつは・・・・・しかし、ただの温泉旅行になってしまったな・・・・)」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:06:39.51 ID:nVCm98ys0
IS学園保健室

山田先生「あっ、気が付きましたか?」

一夏「あれ、ここは・・・・」

箒「大丈夫か!?」
シャル「大丈夫!?」
鈴「大丈夫なの、あんた!?」
セシリア「大丈夫ですの!?」

ラウラ「大丈夫そうだな。」

一夏「あぁ、痛いところは無い・・・・た、ただ・・・・・。」

箒「?」

一夏「いや、なんでもない。」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:09:29.32 ID:nVCm98ys0
山田「いけませんよ、皆さん!病人なんですから!」

わかりました・・・・とぼとぼ

一夏「あれ、山田先生って保健室の先生もやってたんですか?」

山田「いえいえ、免許を持ってるだけで、今は放課後。臨時といったところです。いつもは教師ですよぉ。」

山田「ところで、先ほど何か言いかけたようですが、どうしました?織斑君?」


一夏「い、いえ・・・そんな言うほどのことでは・・・・・。」

山田「いけませんよ!そんなことでは、ストレスが溜まってしまいます!先生に話してください!」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:11:43.12 ID:nVCm98ys0
一夏「え、えっと・・・・・これを見てください・・・・・」ガバッ

山田「えっ・・・・・・・////」

一夏「お、俺・・・・こんなに巨根じゃ無かったんですけど・・・・。それで違和感が・・・・。」


山田「ちょ、ちょっと待っててください。調べます。」

山田「(ど、どうしましょう・・・・・調べるって何を調べれば・・・・・でもすごい大きかったです・・・・ごくり。)」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:14:38.15 ID:nVCm98ys0
山田「わかりましたよ、織斑君!」

一夏「本当ですか!?」

山田「はい、今すぐ処置をします!!準備しますから待っててください。」

山田「(えーっと、面会謝絶の札をつけて、鍵をかけて、外から見えないようにカーテン閉めて、電気を消してっと)」


山田「はい、準備ができました♪」

一夏「は、はぁ・・・・」

山田「じゃあ処置を開始しますねぇ」すりすり

一夏「えっ、ちょっと・・・・山田先生・・・・はぅ!」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:20:40.07 ID:nVCm98ys0
一夏「せ、先生・・・・ダメです・・・・僕は教師で、あなたは・・・・・・・はぅっ」

山田「ふふふ、これは緊急処置です。時間がありません。早くしないと更に悪化してしまいますよぉ?」

山田「白衣のお姉さんにいじられるのが好きなんですかぁ?」すりすりすりすり

一夏「は、はぅ・・・・お、俺・・・・もう・・・・・・」

山田「まだだめですよぉ♪出すのはもう少し後ですからねぇ。我慢してくださぁい。」

ぽろっ

山田「すごく大きいですねぇ・・・しこしこ・・・・これが束さんの兵器の副作用ですかla・・・・しこしこ」

一夏「はぁはぁ・・・・・そんなにされたら・・・・っ!」

山田「我慢しなくていいんですよぉ?」しこしこしこしこっ

一夏「で、でるっ・・・くぅっ!!」どぴゅっ


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:27:30.94 ID:nVCm98ys0
山田「すごい量・・・・顔にかかってしまいましたぁ・・・ぺろっ・・・。でも全然収まりませんねぇ。ふふふ。」

一夏「すみません・・・・」ギンギン

山田「いいんですよぉ、その方が教えがいがありますからねぇ。じゃあぱいずりなんてどうでしょうかぁ」

ふにゅふにゅぎゅぅーふにゅふにゅふにゅふにゅぎゅぅ

一夏「はぁはぁ・・・・チンポがとろけてしまいそうです・・・・・。」

山田「大きいですねぇ、一夏君のおちんぽは。私の胸でも収まりませんよぉ?」
山田「カリの部分が口の近くに・・・・ふふふ・・・・・・」ちろちろちろちろ ツー

一夏「だ、だめです・・・・・先生!!」

山田「何もダメじゃありませんよぉ・・・?ほぉーら」パクッ じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:31:54.20 ID:nVCm98ys0
一夏「あぁっ!!そ、そんなぁ・・・・!」

山田「(そんなによがって・・・・こっちまで興奮しちゃいますねぇ)」ジュルルルルルル

一夏「そ、そんなに吸われたら・・・・で、出るぅっ!くっ!!」ぶるぶる

山田「・・・・ごくり。ふぅ・・・・2回目なのにすごい量ですねぇ。3回目はどうしましょうかぁ」ずいっ

一夏「先生の膣中に・・・・挿れさせて下さい・・・・・。」

山田「よくわかりませんねぇ」シコシコシコシコ

一夏「はぅっ!・・・・せ、先生のおまんこに俺のちんぽを挿れさせて下さい・・・。」

山田「仕方ありませんねぇ。一応病人の織斑君は寝てて下さいねぇ。先生に任せ・・・て・・・・・くはぁっ!」ずぶぶ


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:37:30.15 ID:nVCm98ys0
山田「お、大きい・・・こんな・・・・・全部入らないかもしれませんよぉ・・・・」ミチミチミチミチ

一夏「う、くぅぅうう・・・・先生の中すごく締まりが良くて、気持ちいいですよ・・・・・!」

山田「はぁはぁはぁはぁ・・・・んっ!はぅっ!!・・・・・はぁはぁ・・・・全部、入りましたぁ♪」

一夏「そ、そうですね・・・・。すごく暖かいですよ。」

山田「織斑君の・・・・脈打って・・・その度に・・・はぅっ!・・・感じちゃいます・・・・まだ動かないでくださいねぇ・・・。」

山田「少しずつ慣れさせてください。こんなの初めてで・・・・はうぅっ!!」ズブズブ

一夏「む、無理です!腰が勝手に動いて!!」

山田「だ、だめです!織斑君!! あぁっ!あっ!あっ!あっ!・・・くはぁっ!!」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:42:38.06 ID:nVCm98ys0
山田「だめだってぇっ・・・ひぐっ!言ってるじゃないぃですかぁっ!ひぐぅっ!あはぁ・・・・」

一夏「先生の中が良すぎて・・・・すみません」

山田「仕方ありませんねぇ、織斑君は。物分りの悪い生徒は、先生嫌いじゃありませんよぉ?ふふふふ♪」

山田「じゃあ次は私が動きますねぇ・・・・はぁ・・・はぁ・・・・んはぁ・・・」くねくね

一夏「せ、先生・・・・気持ちいいです・・・・・・」がしっ

山田「だ、だめですよぉ・・・・腰を持っちゃぁ・・・う、動けませんよぉ・・・ひぐっ!」ずちゅっ

一夏「物分りの悪い生徒ですみません。でも、我慢できなくて!」ずちゅずちゅずちゅずちゅ

山田「ひ、ひぐううっ!!はっ!はっ!はっ!あっ!あっ!くううう!!イっちゃいますぅ・・・・!」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:45:48.03 ID:nVCm98ys0
一夏「お、俺もイキそうです・・・・も、もう・・・・」ずっちゅずっちゅ

山田「いいですよ・・・・私もぉおおお!!イ、イクぅぅぅうううううううう!!」ビクビクビクッ

一夏「はぁはぁ・・・・・くぅっ!!」どぴゅぅ

山田「はぁはぁ・・・もう3回目ですよぉ・・・?なんて量なんでしょうねぇ・・・。」


一夏「すみません・・・・」

山田「謝る必要はありませんよぉ・・・・まだまだ終わりませんからねぇ・・・・」ガシッ

一夏「えっ?」

山田「正常位というものですねぇ。ふふふ、保健体育の授業になってきましたねぇ・・・あっ!」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:50:48.26 ID:nVCm98ys0
山田「そう、このまま・・・・そうですぅ!はぁはぁ・・・・ま、まだこんなにぃ・・・大きいぃなんてぇ・・・。」

一夏「せ、先生のなか・・・・もうぐちょぐちょですよ・・・・・」じゅぷじゅぷじゅっぷじゅっぷ

山田「あらあらぁ・・・・そ、そんなこと言われるとぉ・・・あっあっ・・・恥かしいですねぇ・・・はっはっ!」

山田「でもこんなにされたのは始めてで嬉しいので、ご褒美です♪」ぎゅううぅ

一夏「あぁっ!す、すごい締め付けです・・・・先生・・・・・・」じゅぷっじゅぷっじゅぷっ

山田「あぁぁぁぁあん♪すごい大きいですぅ・・・おまんこの中めちゃくちゃになってぇ・・・すごいですぅ」じゅっぽじゅっぽ


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:54:56.16 ID:nVCm98ys0
山田「膣中が全部おちんぽで満たされてるみたいでぇ・・・・全部こしゅれてぇぇぇ・・・・ますぅ・・・。」じゅぷじゅぷ

一夏「せ、先生・・・・イ、イキそうです・・・・・。」

山田「し、しかたぁありませんねぇ・・・・・織斑君はよっぽどぉわたしのおまんこが好きなんですねぇ」じゅぷじゅっぽ

一夏「はい、俺先生のおまんこ大好きです!膣中に出していいですか?」

山田「いいですよぉ・・・そのまま、いっぱい突いて膣中にぃぃ・・・・出してくださぁぃぃ・・・・。」ぎゅうぅ

一夏「い、いきます・・・・・・・くうぅぅっ!」どぴゅどぴゅ

山田「あらぁ・・・もう4回目ですよぉ・・・?」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 18:58:49.94 ID:nVCm98ys0
一夏「まだまだイけそうですよ・・・はぁはぁ・・・・」

山田「本当にかわいい生徒ですねぇ・・・・あん♪」




千冬「・・・・・・・」
山田「妊娠2ヶ月です♪っというわけで、織斑先生?今日から義姉さんと呼ばせてくださぁい♪」

一夏「(なんてこったぁぁぁあああ)」


千冬「おい、、こら」
束『ちーちゃん怖いよぉ・・・・』
千冬「人の人生狂わしておいてよくそんな呑気な声でいられるな。」
束『ぐすん・・・怒らないでよぉおお・・・・・』

おわり


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 19:00:22.07 ID:FXrwPA+50
涙目束可愛い…でも山田センセもっと可愛い…
乙!


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 19:00:49.04 ID:matjUj8JI

これはこれでよかった!


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 19:04:30.08 ID:Gz44Fy07O
おっつー!

まさかのやまやエンド…


57:1:2011/12/28(水) 19:05:08.11 ID:nVCm98ys0
ネタで書き始めたんだけど、やっぱ山田先生良いよね
シャル好きだったんだけど、
書いてて、年上の包容力とかわいさを兼ね備えてる山田先生最高だと思った


IS (インフィニット・ストラトス) メタルキーホルダー 山田先生 水着Ver.
IS (インフィニット・ストラトス) メタルキーホルダー 山田先生 水着Ver.

IS <インフィニット・ストラトス> アンコール『恋に焦がれる六重奏』 [Blu-ray]
IS <インフィニット・ストラトス> アンコール『恋に焦がれる六重奏』 [Blu-ray]




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「IS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無しさん 2011/12/31(土) 20:38:27

    新兵器はどこいったwww


  2. 名無し 2011/12/31(土) 22:25:00

    この胸のドキドキを返してくれ

    衛人みたいになるのかな、とか4000XLは出るかなとかサナカン先生はいつ出るのとかァァァァァ!!!


  3. 2011/12/31(土) 22:47:48

    重力子放射線射出装置である必要性皆無だなwwww


  4. 2012/01/01(日) 17:34:54

    抜いた


  5. 2012/01/01(日) 22:51:30

    俺の求めるスレがここにあったか


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ