Powered By 画RSS


コナン「よし、あとは光彦の肛門にスケボー入れてっと」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/22(火) 00:31:15.905 ID:MXQacY/M0.net
光彦「入りますかぁ~?コナン君?」

コナン「バーロー動くなよ光彦。入らねぇだろっ!」グギュリィ

光彦「オォォッゥウ!!!ゥゴォェオアアアッ!!!」

コナン「ほら力抜けって。まだ先端しか入ってないだろ」グイグイ

光彦「そんなこと・・・言ったってそんな大きいの入らないですよう!んぁあっ!!」

コナン「しょうがないだろ?飛行機に持ち込める荷物限られてんだからよ。ちょっと力入れるぞ!」グリィグリ

光彦「ぉおおぁぁぁ!!」




2 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/22(火) 00:34:15.929 ID:MXQacY/M0.net
コナン「ダメだな。入らねぇ。」

光彦「諦めましょうよコナン君」

コナン「そうだな。引き抜くか。」

コナン「あれ?」グイグイ

光彦「ぉうっ!ぉおあっ!!!ど、どうしたんですか・・・コナンンンゥ君」

コナン「それがスケボーが抜けねぇんだよ」グイグイ

光彦「えぇ??そんなぁ~困りますよぉ!!」

コナン「バーロー落ち着けよ。ちょっと博士呼んでくるから」

光彦「搭乗口で1人裸で待ってろって言うんですかぁ?」


3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/22(火) 00:36:38.885 ID:MXQacY/M0.net
コナン「博士、光彦のアナルからスケボーが抜けなくなっちまったんだ」

博士「そりゃ大変じゃのぉ。」

灰原「早くしないと飛行機出ちゃうわよ」

コナン「わーってるよ。先乗っててくれ」

博士「とにかく光彦君のとこに行くぞ」

タタタ…


5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/22(火) 00:39:37.967 ID:MXQacY/M0.net
光彦「おぉぉあぁんんんんん~ッ!!!」グリグリ

光彦「ダメですねぇ抜けません・・・」

コナン「光彦ぉ!博士呼んできたぞ」

博士「光彦くんこっちにお尻向けるんじゃ。すぐ抜いてやるぞい」

光彦「お願いしますぅ」

博士「こりゃ綺麗にハマっとるのぉ。それ」グリグリ

光彦「ンォォォォ!!!ォォハァアァ!!!」

コナン「男だろ光彦。我慢しろ!」

光彦「ンォォォォンォォォォ!!!モォオォオエェエアアア!!!」

博士「ダメじゃの・・・」

コナン「何とか方法はねぇのか」


9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/22(火) 00:44:05.181 ID:MXQacY/M0.net
博士「そうじゃ!こんな時に発明してたんじゃ!」

コナン「何だよ?新しい発明品か?」

博士「そうじゃ、いつか哀くんに試そうと思っとったものじゃ・・・えーっとどこにしまっておいたかな・・・あった!!」

コナン「何だ?この綿棒みたいなの」

博士「これは綿棒型臓器爆裂機と言っての。綿棒見たいじゃが、ここのボタンを押すと綿棒が伸びたり、膨らむんじゃよ。これで哀くんの子宮を壊してみようと思っての!」

コナン「なるほどな、博士もモノ好きな奴だな!でも、これを今どう使うんだ?アナルには綺麗にスケボーが入って隙間すらねぇぞ?」

博士「困ったのぉ」


10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/22(火) 00:48:35.040 ID:MXQacY/M0.net
コナン「仕方ねぇ、口から入れて尻まで綿棒伸ばして膨らまそう!」

博士「さすがじゃの、新一」

コナン「飛行機の時間が迫ってる。早く取り掛かるぞ。光彦、口開けろ」

光彦「だ、大丈夫ですかぁ?」

コナン「バーロー、しゃーねぇだろ。一生このままいるか?嫌なら口開けろ」

光彦「わ、わかりましたよぉ あー」

コナン「よし、綿棒を伸ばしてっと」ポチ

光彦「オォオォオォォォェエェェエエ!!!!ゲボダゲボォォゲェエェエ!!!」

コナン「我慢しろよ光彦!今胃のあたりだ!」

光彦「オォオォオォオォェエエエエ!!!!ゴエェッピンゴオオォォオエエエ!!!」


12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/22(火) 00:58:19.018 ID:MXQacY/M0.net
コナン「よし、もうすぐアナルに到達するだろ」

博士「膨らます時はここのボタンじゃ」

コナン「よし、今楽にしてやるぞ!光彦」

光彦「オォオォエエエアアアッ!!!!モォォォエェエアエアアエエエアァァアァッッッ!!!」

コナン「いっけぇ!!!」ポチ

博士「いかん新一!腹が膨らんどる!まだアナルに届いてなかったんじゃ!」

コナン「何!?クソ!まだ伸ばすしかねぇ!」

博士「無理じゃ新一!膨らますボタンを押したらそれ以上は伸びらん!」

コナン「クソー!とんだ欠陥品じゃねぇか博士!とにかく奥にいけるだけ手を伸ばして・・・」グリィ

光彦「オォオォォッ!!!!ォオエァアァアァ!!!!!ごぽぉあぁ!!!ゲリュォォォオオオ!!!!」ボタボタ

博士「いかん新一!光彦くんの喉まで腕が入っとる!」

コナン「仕方ねぇだろ!こうするしか!!」

博士「ダメじゃ!それでも届いておらん!もう爆発するぞ!」

ボォォン!!!!!


13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/22(火) 01:00:11.127 ID:MXQacY/M0.net
コナン「光彦ぉ!!!」

光彦「」

博士「間に合わんかったか」

歩美「もう!コナンくん、博士!早く行くよ!」

コナン「すまねぇ歩美ちゃん!今行く!ほら、博士行くぞ。」

博士「そうじゃの。」

こうして俺たちは北海道へ飛び立った。
これからおこる殺人事件に巻き込まれるなんて
この時はまだ誰も思ってなかった。

Fin


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1442849475/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「コナン」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ