Powered By 画RSS


仁美「なぜ私はSSに登場する機会が少ないのか」

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 00:42:26.15 ID:tXmnuurxO
仁美「なぜですの!? 確かにわたくしは他の皆様方に比べたら出番が少ないかもしれませんが……」

さやか「いやぁ……言いにくいんだけどいくつか理由があってだね……」

仁美「ひどいですわ! さやかさんたちメインキャラは今でも日に一つは出番があるスレが立つくらいなのに……」

さやか「それは……まぁ」




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 00:50:36.92 ID:tXmnuurxO
さやか「でもね仁美、立て逃げも多いし、せっかく自分の名前が入ってるスレを開いてくれたのに」

さやか「何もないスレに呼び出して『空白は甘え』って言われるのも結構辛いよ」

仁美「わたくしなんてスレタイに名前が入ってても開いてくれるかどうか」

さやか「まああたしたちの名前で人集めてその中で仁美が活躍するのはまだ可能性があるかもね」

仁美「さやかさん、はっきり言いますわね……」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 00:55:32.33 ID:tXmnuurxO
仁美「わたくしも一応身は弁えているつもりですので、スレタイに名前を入れてくださいとは申しません」

仁美「ただ活躍の機会があればそれで十分なのですわ」

さやか「仁美が活躍ってのもかなり無理があるんじゃないかな」

仁美「さやかさん、今日は何だか刺々しいですわ」

さやか「いや別に意趣返しって訳じゃないよ?」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 01:00:04.12 ID:tXmnuurxO
さやか「ただ……やっぱり設定上できることも少ないし」

仁美「まあ! 日々筑志家の人間として磨きをかけているというのに!」

QB「まあ、僕が見えないとやっぱり難しいだろうね」

さやか「だよねー」

仁美「……さやかさん? 今どなたに話しかけていますの?」

さやか「いやーこっちの話」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 01:06:00.32 ID:tXmnuurxO
さやか「とにかく、シリアスSSでは運が物凄く良くてチョイ役、名前も出ない方が普通なんじゃないかな」

仁美「SSなんですからわたくしが主役の話だって自在かと思うのですが」

さやか「まあね。仁美にコイツが見える話もあると思うよ。筆者は知らないけど」

仁美「やはりあってもおかしくはありませんよね? どうしてほとんど聞かないのでしょうか?」

さやか「やっぱ……需要かな……」

仁美「」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 01:11:19.08 ID:tXmnuurxO
さやか「どうしてもメインキャラ5人とその他って人気に差が出てるから仕方ないんだよね」

QB「5人と言うのはまどか、ほむら、マミ、杏子、僕のことかな」

さやか「アンタ刺すよ」

QB「きゅっぷい」

さやか「と言うわけで、言いにくいんだけど……自由に話が作れるSSで出番がないってのは、そう言うことなんだ」

仁美「そんな……」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 01:18:06.78 ID:tXmnuurxO
仁美「でも! 本編はかなり鬱な話が続いたって聞きました! それなら日常の代表のわたくしに人気があっても」

さやか「詳しくは言えないけどさ、仁美も一枚噛んでるよ?」

仁美「嘘……嘘ですのよ!」

さやか「いや割とガッチリ。人によってはもう合わなくなるだろうね」

仁美「一体、わたくしが何で……」

さやか(話を伏せてるとは言え、濁るわー)

QB「早く濁りきってくれないかな」

さやか「アンタ刺すよ」ザシュ

QB「きゅっぷい」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 01:24:43.18 ID:tXmnuurxO
仁美「分かりました……でもSSの世界ならシリアスだけではありませんよね?」

仁美「ほのぼの系やコメディ、そ……それに禁断の恋の話もありますわよ///」

さやか「鬱とかカオスもあるよ」

仁美「そ、そう言うのは遠慮させていただきたく思いますわ……」

さやか「鬱系で主役張ってバッドエンドとかどうかな?」

仁美「うぐ……それは……」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 01:29:03.81 ID:tXmnuurxO
さやか「仁美、そう言うわけでSSで活躍することが必ずしもいいこととは限らないんだよ」

仁美「や、やはりそんなことはありませんの! どんな話でも出番があれば正義ですのよ~!」

さやか「ま、実際のところそうかもね。キャラヘイトSSですらそのキャラを見てくれる人が居なかったら生まれないし」

仁美「わたくしはそれほどにまで人気がないのでしょうか……」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 01:37:14.96 ID:tXmnuurxO
仁美「それでも! 禁断の恋のSSも多いと聞きましたわ! それにわたくしが絡まないなんて……」

さやか「まあ無理なんじゃないかな。もちろん一番の理由は人気だけど、」

さやか「マミさんと杏子には会ったことないし、ほむらと話をしたこともない」

さやか「そうするとあたしかまどかと絡むくらいかな?」

さやか「まあSSだから何とでもなるけど、書く側読む側の需要が余計にダイレクトに効いてくるから」

さやか「メインキャラでもあたしとマミさんやまどかと杏子は少ない気がするし」

さやか「まして仁美では難しいかなー」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 01:44:50.08 ID:tXmnuurxO
仁美「そうですわ! 禁断の恋がダメなら健全な男女の恋の話を……」

さやか「アンタ刺すよ?」ギロッ

仁美 ビクッ

さやか「本編でさんざん乳繰り合った癖にSSで誰と健全な男女の恋の話を描いてもらうつもり?」

仁美 ブルブル

さやか「ま、あたし自身にも責任の一端があるからこの話はここまでにするよ」

仁美 ホッ

さやか「それにね仁美、仁美がメインの一人になってるSSもちゃんとあるよ?」

仁美「そうですの?」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 01:49:32.63 ID:tXmnuurxO
さやか「本人スペック高くて家がお金持ちって、扱いやすいキャラだからね」

さやか「適切なストーリーにすれば十分メイン張れるから」

仁美「そ……そうですの?」

さやか「さすがに単独主役のSSはあたしは知らないけどね」

さやか「それに仁美とユリユリする話ももちろんあるし」

仁美「ま、まあ……///」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 01:54:08.83 ID:tXmnuurxO
さやか「SSってのは作者の希望の象徴だからね。奇跡も出番もあるんだよ」

仁美「ええ……わたくしも出番を信じて頑張りますわ」

さやか「で、まあ最初に戻るんだけど」

仁美「?」

さやか「作者の祈りが産み出すものがSSなんだから」

仁美「ええ」



さやか「結局、人気がないのが致命的だよね」

仁美「」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 01:59:31.41 ID:tXmnuurxO
「でもさ! 本編に出番があるだけで結構じゃないか!」

「そうね……それだけで、貴女達は幸せよ」

仁美「!?」

さやか「アンタたちは……」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 02:01:06.84 ID:tXmnuurxO
仁美「なぜ私はSSに登場する機会が少ないのか」



勢いだけで書いた
申し訳ない


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 02:04:10.07 ID:tXmnuurxO
ゆまちゃんはもっと増えて欲しい
おりキリも悪くない
ごめんかずみは知らない


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 02:06:18.15 ID:z8jIDYh20
乙乙乙


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 02:07:14.48 ID:tXmnuurxO

織莉子「なぜ外伝組はSSに登場する機会が少ないのでしょうか」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 02:15:51.09 ID:tXmnuurxO
織莉子「本当は疑問でも何でもないわ」

キリカ「そうだよね! 本編に出ていない。それが全てだ!」

さやか「ま……まあね。いくら共通の世界観で原案が原作者とは言え」

織莉子「それでも……私達が映像化したら、違う未来に辿り着くのかしら」

キリカ「私は織莉子以外と組まされるような世界はいらないよ」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 02:17:16.07 ID:54waiPSeO
お?続くのか


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 02:23:37.33 ID:tXmnuurxO
織莉子「心配いらないわ、キリカ。例えSSと言えども、私達が別の人と組む話など有り得ない」

さやか「いや、そんなに甘くないよ」

おりキリ「!?」

さやか「あたしだって、本編ではほむらとは散々険悪な状態だったけど、やれさやほむとか言われてるくらいだし」

キリカ「キミたちのそれは本編の裏返しだ。私たちはそうはならない」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 02:32:52.84 ID:tXmnuurxO
さやか「映像化されてなくてどうしてもSSの絶対量が少ないうちはそうかもね」

さやか「でも、仮にスピンオフ作品が映像化したらだけど」

さやか「そっちにしか出ていないオリジナルキャラがSSの主役になるなんてことも考えられる」

さやか「そうしたら普段絡みのないペアリングでSSが作られるなんて当然の話だよ」

織莉子「どちらにせよ、現状何らかの形で映像化されてない以上、貴女の言葉は何の意味も持ちません」

キリカ「所詮仮定の話だからね!」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 02:38:46.33 ID:tXmnuurxO
さやか「……あんたたち、SSが増えて欲しいの? 欲しくないの?」

織莉子「当然増えて欲しいわ。今の知名度では活躍もままならない」

キリカ「それでも劇的な露出の増加は見込めないから、現実を見据えないとね!」

さやか「ふ~ん……だから仁美の話をしていたのにこうやって割り込んできたのか」

おりキリ「!?」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 02:47:05.21 ID:tXmnuurxO
織莉子「わ……私は私の世界が守られれば、それで十分よ」

キリカ「わ、私だって、織莉子が居てくれれば、SSの出番なんて……」

さやか「だったら何で関係ない話に割り込んできたのよ! あんたらの迫力で仁美引いてるよ!」

仁美「」

織莉子「そ、それは貴女方の問題。私達は決してスレタイに惹かれてここに来たわけではないわ」

キリカ「その通りだ! もっとおりキリSSが増えて欲しいなんてことは全く考えてない!」



さやか「……わかったわかった……」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 02:53:26.93 ID:tXmnuurxO
さやか「まああんたたちの本心は置いといて」

織莉子「本心も裏もないのだけれど……何かしら?」

さやか「正直二人ともキャラが掴みにくいっていうのもあるかな」

さやか「台詞が書きにくい。特にキリカ」

キリカ「……ッ」

さやか「あんたたちより一緒の作品にいた魔法幼女の方が扱いやすそう」

織莉子「……千歳ゆまの事ね。彼女は本編キャラに絡みがあることも有利ね」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 03:00:44.12 ID:tXmnuurxO
さやか「しかもいろんな点で他キャラと区別がなされてる」

さやか「正直2人ペアの印象があるあんたたちよりよっぽどやりやすそうだよ」

織莉子「本編人気キャラの杏子、マミ、ほむらと絡んでるのは絶好の立ち位置ね」

さやか「……あたしやまどかは人気ないってゆーのかっ」

キリカ「それでも!」

織莉子「……そう、それでも……圧倒的にSSの数が少ない」

さやか「結局は人気か……今回は本編とスピンオフを比べた話だけど」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 03:07:46.09 ID:tXmnuurxO
さやか「こればっかりはしょうがないね」

さやか「でもこうやって何気なくおりマギ組の名前を出しておけば」

さやか「気になった人が調べたり漫画を買ったりして、SSを書くようになるかもしれない」

QB「そう言う地道な営業活動が、いつか花開くかもしれないね」

織莉子「黙りなさい淫獣」ドゴォン

QB「きゅっぷい」



織莉子「なぜ外伝組はSSに登場する機会が少ないのでしょうか」




70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 03:12:06.02 ID:54waiPSeO
今度こそ乙


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 03:12:45.41 ID:7R1sNDlTO
乙乙さやさや


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 03:14:55.18 ID:tXmnuurxO
おわったー

書いてる途中で昔読んだ仁美メインSSやおりキリSSをいくつか思い出した
さすがに具体例を挙げるとアレだが
皆も仁美メインのSSやおりマギキャラのSS書こうよ!

読んでくれた方々に感謝
ありがとうございました


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 03:30:50.14 ID:0HDuA3sh0
うむ、乙だ


魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

魔法少女おりこ☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
魔法少女おりこ☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無しの萌さん 2011/12/30(金) 22:19:20

    少ないけど主役の一人で役割を果たすSSはあるよ

    仁美メインだと杏子、ほむら、マミが小さく見えてしまうかも


  2. 名無しさん 2012/01/01(日) 18:42:12

    かずみたちに至っては住んでる町が離れてる…
    マミとは過去に接点あるけど、それだけだと厳しい


  3. 2012/01/03(火) 11:14:16

    杏仁好きの俺がきましたよっと


  4. 名無しさん 2012/01/03(火) 22:36:02

    かずみ達ってマミと面識あったのか
    おりこ勢は人気出そうなデザインではあるけどアクが強すぎてねぇ


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ