Powered By 画RSS


男「ダジャレを言うと現実化する能力……?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 01:37:19 ID:.Nm7Dek.
男「せっかくこんな能力を得たんだ。ちょっと試してみるか……」

男「“アルミ缶の上にあるミカン”」



ボワンッ!



男「うわっ、ホントに出た!」




2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 01:39:30 ID:.Nm7Dek.
男「どれ、せっかく出たんだから……このミカン、食べてみるか」ペリッ…

男「……」パクッ

男「うっ、うまい!」

男「あらためて食べると、ミカンってこんなにおいしい食べ物だったんだなぁ」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 01:43:33 ID:.Nm7Dek.
男「結局、一つ食べただけじゃ物足りなくって、いっぱい買ってきちゃった」

男「ミカンってあんまり食べると手足が黄色くなるっていうけど」パクパク

男「やめられない、止まらないなぁ」パクパク

男「ミカンだけに未完ってか」ハハッ


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 01:46:52 ID:.Nm7Dek.
いてもたってもいられなくなったオレは、さっそくミカン農家のもとを訪れた。





男「こんにちは!」

農家「こんにちは」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 01:48:47 ID:.Nm7Dek.
男「実はオレ、最近ミカンのおいしさに目覚めて、その味にすっかりハマってまして」

男「ミカンをどのように作っているかを知りたくなったんです」

男「さっそくですが、ミカン農家の一年のスケジュールについて伺いたいのですが」

農家「かまいませんよ」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 01:51:22 ID:.Nm7Dek.
農家「まずは冬ですが、冬には次のシーズンに向けての準備をしなければなりません」

農家「そこで、剪定(せんてい)という作業を行います」

男「剪定?」

農家「ミカンの木に生えている余計な枝を取り除き」

農家「葉や枝にまんべんなく日光が当たるようにする作業です」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 01:54:15 ID:.Nm7Dek.
農家「他にも堆肥をまいたり、農道を整えたり、害虫を駆除したりと……」

農家「おいしいミカンを作るための土台を築いていくわけです」

男「なるほど……」

男「シーズンオフだからといって、休んでいるヒマはないということですね」

農家「おっしゃるとおりです」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 01:58:18 ID:.Nm7Dek.
農家「春になると、ミカンの木に芽が生え始めます」

農家「ここで行わねばならないのが、摘蕾(てきらい)という作業です」

男「摘蕾というのは?」

農家「つきすぎたツボミや花を取る作業です」

男「ツボミや花を取るんですか?」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 02:01:13 ID:.Nm7Dek.
男「素人考えなんですけど、ツボミや花が多くつくのにこしたことはないのでは?」

農家「そうもいかないのです」

農家「木にとって、花を咲かせるというのは非常にエネルギーを使うことなのです」

農家「なので、質のよいミカンを作るためには、間引きも必要になるのです」

男「なるほど、そういうことですか」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 02:04:09 ID:.Nm7Dek.
農家「夏になると、いよいよミカンの実が大きくなり始めます」

農家「同時に、雑草も多く生えるので、草刈りが欠かせません」

農家「また、大きくなりすぎた実や小さすぎる実、傷ついている実などを取り除き」

農家「木全体の実の量を調整します。これを摘果(てきか)といいます」

農家「これを行わないと、実がなりすぎて、小さなミカンしかできなくなってしまいます」

男「摘蕾に、摘果……。人の手でミカンの木をサポートすることが大事なのですね」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 02:10:09 ID:.Nm7Dek.
農家「秋になるといよいよ収穫の季節です」

農家「この時期がミカン農家にとってもっとも忙しい季節といえます」

農家「晴れの日は、当然収穫作業を行わねばなりませんし」

農家「雨の日や夜間は、選果(せんか)といういいミカンと悪いミカンを分ける作業を」

農家「行わねばなりません」

農家「まさに、猫の手も借りたいほどの忙しさなのです」

男「こうして収穫され、選別されたミカンが、我々の手に届くわけですね」

農家「はい」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 02:14:14 ID:.Nm7Dek.
農家「説明としては、こんなところでしょうか」

男「ありがとうございました」

農家「もちろん、今説明したのは、非常に大雑把な内容に過ぎません」

農家「日々、土壌や害虫、病気などに注意を払うのは当然として」

農家「台風などの災害が迫れば、それに伴う対策も講じなければなりません」

男「はぁぁ……」

男「ミカン作りの大変さがよく分かりました」

農家「こちらこそ、興味を持っていただいて嬉しいです」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 02:16:20 ID:.Nm7Dek.
農家「ですが、あなたのようにミカンをおいしいといって下さる人に出会えると」

農家「そのような疲れも吹っ飛んでしまいますね」ニコッ

男「……」ジーン…


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 02:19:46 ID:.Nm7Dek.
男「あ、あのっ! 折り入ってお願いがあるのですが……」

農家「なんでしょう?」

男「ぜひオレを、あなたの弟子にしていただけないでしょうか!?」

農家「……」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 02:23:16 ID:.Nm7Dek.
農家「厳しい世界ですよ?」

男「分かってます!」

農家「ほとんど休みなんかありませんよ?」

男「覚悟しています!」

農家「……いいでしょう。あなたのその目、どうやら本気のようです」

農家「ついてきなさい」クルッ

男「はいっ!」

男(やってやる! オレは世界最高のミカン農家になってやる!)


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 02:26:28 ID:.Nm7Dek.
オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな



このはてしなく遠い蜜柑坂をよ……








― 未完 ―


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 04:45:40 ID:/VnAlMSM
みかん食いたくなったよ


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/09/25(金) 06:55:00 ID:CYiq8bhs
とりあえずワロタ


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1443112639/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ