Powered By 画RSS


俺「俺の会社の応接室にヤクザがやってきた」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:06:54 ID:3BiDVde.
<会社>

課長「なんだね、この報告書は!?」

俺「どこか問題がありましたか? きっちり書いたつもりでしたけど……」

課長「ごちゃごちゃと色々書きすぎてて、結局何があったのかが全然分からん!」

課長「君の個人的感想など、誰も求めてないんだ!」

課長「取引先でどういうことがあったか、事実だけを書きたまえ! 事実だけを!」

俺「はい……申し訳ありません。すぐ書き直します……」

課長「まったくもう……」ブツブツ




2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:09:10 ID:3BiDVde.
先輩「お前、また課長に怒られたのか?」

俺「はい……報告書の書き方がなってない、と」

先輩「どれどれ」スッ

先輩「たしかに……こりゃちょっとひどいな」

先輩「今までは込み入った商談とかなかったから、我流で何とかなったんだろうけど」

先輩「本とかで、ビジネス文書の書き方をちゃんと勉強した方がいいぞ」

俺「そうですね……そうします」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:11:18 ID:3BiDVde.
先輩「お前たちの世代も、そろそろ同期同士でちょっとずつ差がついてくる頃だ」

先輩「あんまりぼやっとしてると、みんなに置いてかれちまうぞ」

先輩「お前がダメだと、俺の評価まで下がっちまう。もっとしっかりしてくれよな」

俺「はい……すみません」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:13:03 ID:3BiDVde.
俺「よし、できた! もう一度、課長に提出しよう!」

俺「先輩、課長はどこにいますか?」

先輩「課長? 今、どっかのお客さんと応接室にいるはずだけど」



社員「た、大変だ!」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:16:02 ID:3BiDVde.
先輩「どうした?」

俺「どうしたんですか?」

社員「実はさ、今応接室に来てるの、どっかのヤクザらしいんだよ!」

先輩「ええっ、ホントかよ!?」

社員「でさ、なんでも、うちの社のスキャンダルを握ってるなんて言ってて」

社員「それをネタに、法外な要求をしてるんだと!」

社員「部長と課長が相手してるけど、どうにもならないみたいなんだ」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:18:07 ID:3BiDVde.
先輩「いっそ、警察呼んだらどうだ?」

社員「だけど、下手に刺激したら、かえって泥沼に……」

先輩「だけど、このままじゃ……」





俺「……」スッ


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:20:32 ID:3BiDVde.
給湯室――

俺「あ、それ応接室に持ってくコーヒー?」

女「うん、だけど怖い人が来てるんでしょ? できれば、イヤなんだけど……」

俺「だったら俺が持ってくよ」

女「え、ホント? ありがとう!」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:24:19 ID:3BiDVde.
応接室――

ヤクザ「ったく、分からねぇ奴らだな!」

ヤクザ「だから、おたくらのスキャンダルのことを黙っててやる代わりに」

ヤクザ「うちの息がかかってる企業に、おたくの製品を入れてくれりゃいいんだよ!」

課長「しかし……こんな条件では、とても受けられませんよ……」

部長「ええ、大赤字になってしまいます……」

ヤクザ「あぁん!? 今すぐ会社が大ダメージ受けるよりは、マシだろうが!」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:27:24 ID:3BiDVde.
俺「失礼いたします。コーヒーをお持ちしました」ガチャッ





課長「ん……なんだ、君か」

ヤクザ「あぁん!? だれだ、こんな時に――」

ヤクザ「!?」ギョッ


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:30:07 ID:3BiDVde.
課長「悪いが、今取り込み中なんだ。すぐに出ていきたまえ」

俺「……」スタスタ

俺「ところで、そちらの方に質問なのですが」チラッ

ヤクザ「!?」ギクッ

課長「なっ!?」

部長「コ、コラッ! なにをしとるんだ、君は! 下がりなさい!」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:33:30 ID:3BiDVde.
俺「弊社には、どのようなご用件でいらしたのですか?」

課長「お、おいっ! 君の出る幕は……!」

ヤクザ「いや……あの……えぇと……」オドオド

課長&部長(え!?)


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:35:23 ID:3BiDVde.
ヤクザ「あ、あの……なんであなたが、ここに……?」

俺「は? 私はただの会社員ですよ。あなたのような知り合いはおりませんが」

ヤクザ「えっ……あっ、そ、そうですよね!」

俺「やだなもう、しっかりして下さいよ! アハハハハ!」

ヤクザ「ア、アハハ……ハハ……」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:38:30 ID:3BiDVde.
俺「あ、そういえば……」

ヤクザ「な、なんですか?」

俺「肋骨と……あと右腕はもう大丈夫ですか?」

ヤクザ「……!」ゾクッ

ヤクザ「ひゃ、ひゃいっ! だ、大丈夫ですっ!」

俺「そうですか。それはよかった」

俺「それでは改めてもう一度うかがいましょう。弊社にどんなご用件が?」

ヤクザ「あ……いや、その……」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:42:19 ID:3BiDVde.
ヤクザ「あ、あのっ! 部長さん、課長さん!」

課長&部長「は、はいっ!」

ヤクザ「さっきまでのお話……えぇと、なかったことにして下さい……えへへ……」

課長&部長「ええっ!?」

ヤクザ「それじゃ失礼しますっ!」タタタッ バタンッ



シーン……


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:45:55 ID:3BiDVde.
課長「あの……君はいったい……?」

俺「課長!」

課長「はいっ!」

俺「あとでもう一度、報告書を見てもらいたいのですが、よろしいでしょうか?」

課長「あ、ああ、もちろんだよ! ハハ……ハ……」

俺「それでは、私も失礼します」バタン…


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:48:13 ID:3BiDVde.
俺「課長、いかがでしたか?」

課長「いやぁ、もうバッチリ! 素晴らしい! 最高の報告書だったよ!」

俺「はぁ、どうも……」



俺(会社の役に立てたのは嬉しいけど、なんだかやりにくくなっちゃったなぁ……)







おわり


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 20:48:51 ID:3BiDVde.
以上、私がよくやる妄想をお送りいたしました


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/04(日) 21:41:27 ID:AvE7exnw
なんかもう清々しさすら感じる妄想だった乙


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1443956814/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ