Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神山「あずにゃんペロペロ」山口「ハチミツ…?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:30:37.04 ID:sfRHAWfN0
林田「なぁ神山、けいおん!って知ってるか?」

神山「もちろん知ってるけど。まさかキミの口からそんな言葉がでるとはね。今度は何に影響されたんだい?」

林田「いや、中学ン時のダチに勧められてよ・・・。最初は抵抗あったけど、いざ見ちまうとすっかりハマっちまってよ。クロ高にも軽音学部ってあんのかな?」

神山「何度も言うけどどうせ飽きるんだからよしなよ。それより林田君は誰が好きなんだい?」

前田「オウ、何の話してるんだよ」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:31:58.32 ID:sfRHAWfN0
前田「けいおん!か。確かに最近CMとかで流れてるような・・・」

神山「期待を裏切らないフツーの反応だね。まぁアニメにそんなに興味のない人でも名前くらいは耳にしたことがありそうだし、大げさだけど社会現象なんて囃し立てるメディアもあるくらいだし。」

マスクド「あれっていわゆる萌えアニメなんじゃねえのか?どんな顔したおっさんが書いてるともわからねえような漫画が原作だろ。」

北斗の子分「たしかに作者の顔や本名なんて誰も知らねーよな。その辺はハッキリさせるべきだぜ。」

前田「いや、たかだか漫画だし別にいいんじゃねえの・・・?」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:32:59.87 ID:sfRHAWfN0
子分「いいや、名前はハッキリさせるべきだって!じゃなきゃ自分が何者か名乗ったってだれも信じてくれね―だろうが!」

林田「チッ、うるせーな。」

子分「あんだコラ!?俺だってお前らに言いてえことはあるんだよ!いいか、俺の名前は」

神山「悪いけど今はけいおんの話をしているんだし、キミに名前についての議論はまた次の機会にさせてくれないかな。」

神山「まぁ子分君の言ってることも一理あるけど、漫画家が顔を公開するメリットなんてたかが知れてるよ。」

神山「そもそも君たちは自分の好きな漫画の作者の顔なんてほとんど知らないだろう?むしろ『るろうに剣心』の作者の顔なんて公開したところでデメリットしか見当たらない。」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:35:04.53 ID:sfRHAWfN0
神山「しかも『自分はるろうに剣心の作者だ』と嘘をついて偽物のサインをプレゼントした漫画家もいるらしいからね。漫画家の顔や名前の重要さなんてそんなもんさ。」


メカ沢「俺もけいおんなら見たぜ。こんなこと言うのも恥ずかしいけど、日常の中にある 人 間 の 温 か み を感じる良い作品だったぜ。最後の学祭ライブなんて思わず 涙 が 出 ち ま っ た よ・・・。」

神山「あぁ・・いろいろツッコミたいところもあるけど概ねメカ沢君の言うとおり、作者がどうこうじゃなく作品の中身で語るべきだよ。」

前田「・・・なぁ、さっきから気になることがあるんだけどいいか?」

神山「なんだい前田君?」

前田「フレディがK-ON!を読んでるんだけど・・・」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:38:48.92 ID:sfRHAWfN0
林田「いくらけいおんが人気だったとしてもこれはさすがに予想外だぜ・・・。」

神山「むしろゴリラが読んでた方がある意味では潔いというか、そっちの方が自然な気もするけど・・・。」

フレディ「」

神山「なんだか・・・フレディの場合、オーラが部活動レベルじゃないっていうか・・・。

林田「ああ、『武道館なんて目じゃねえぜ』ってかんじだよな」

神山「ちょっとコンタクトをとってみようか・・・。」


林田「おい神山!よく見ろ!K-ON!はカバーだけで中身はぼのぼのだ!」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:55:40.77 ID:0lzVxoSU0
>>5
ぼのぼのわらたwwwwww


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:41:34.45 ID:sfRHAWfN0
俺の名前は藤本貴一。マニエル高校の番格で人呼んでネット番長(笑)
とあるインターネット掲示板によく出没するが、毎日のように『けいおん!』というアニメに関するスレタイを目にするようになった。

アニメなんかにゃ興味はねーが、古参である以上はここで人気のあるものくらいチェックしとかねーとな・・・と思いつつ手を出してみたら思いのほか面白く、今や琴吹紬ちゃんのファンになっちまった・・・。


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:44:59.24 ID:sfRHAWfN0
藤本「ムギちゃんのキャラスレか・・・。参加してみたいけど、新参とかにわか扱いされて叩かれたらどうしよう・・・。俺ってけっこうそういうとこ気にしちゃうタイプなんだよね。」

藤本「迷ってても仕方がねぇ、思い切って書き込んでやろう。・・えーっと『今更だけど最近になっめけいおんにハマっちゃって、中でもムギちゃんが可愛いと思うんだよね』と、こんなとこか。」

藤本「まずはここにいる人達の気に触らないように柔らかく・・・尚且つ『私もムギちゃんに興味ありますよー』というさりげないアピールを自然にすることが大事だ。」

藤本「上級者ぶってもバレたときの気まずさを考えるとここは正直に行くべきだろう。さて、みんなの反応は・・・と。」

名無し:またムギちゃんの魅力に取りつかれた紬士が生まれたか

名無し:むぎゅうううううううううううう

名無し:おい、いくらムギちゃんが可愛いからってムギニーはするなよ!


藤本「・・・まぁ、上出来といったところか。平和なスレで良かった。さて、ここから少しずつ紬士さんたちと親睦を深めていこうかな。」


8: 【大吉】 :2012/01/01(日) 22:48:12.46 ID:eqjHNeNp0
ワロタwwwwwwwwww


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:49:00.73 ID:sfRHAWfN0
翌日

不良「いや~、最近は落ち着いちゃって喧嘩とか戦争とか無ぇけどなんだかんだ集まっちまうよなぁ」

不良「ホント。最近クロマティの奴らも大人しいし、このままマニエルの天下になるんじゃねーの?ハハハハハ」

藤本「おい、テメーら。なに平和ボケしてんだ?あ?いいか、不良っつーのは牙をしまっちまったら終わりなんだよ。楽して生きてーんなら不良なんか今すぐやめちまえ。」

不良「・・・!」

藤本「いいか、くだらねーことでウダウダやってる暇あったらどうやったらトップ取れるか考えろ。」

ガラッ


不良「やっぱ藤本はおっかねーな。常に上を目指してるんだ・・。不良の鏡だぜ。」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:50:45.08 ID:sfRHAWfN0
藤本「さーて、今日のムギちゃんスレはどうかな。ここではどうやらムギちゃんは大人気らしいからな。きっと今日も可愛い画像や微笑ましいやり取りで埋め尽くされていることだろう。」

藤本「・・・なんだと!?ムギスレが落ちている・・・・。」

藤本「チクショウ、なんてこった・・・。俺が安らげる数少ない場所が消えちまった・・。ていうか保守は何やってんだよ!」

藤本「またスレを立てても良いが・・・落ちてすぐ立てると荒らしの標的にされるかもしれないし・・・。」

藤本「ああ、クソ!落ちつかねぇ!!」

藤本「・・・SSでも書いてみようかな。」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:52:16.39 ID:V/As7Okl0
ムギスレは簡単には落ちないだろww


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:52:40.92 ID:sfRHAWfN0
藤本「・・・。」


藤本「クソッ、ダメもとで書いてはみたものの全くといっていいほどリアクションがこねぇ・・・。」

藤本「そもそもこのスレに人がいるのか?・・・よし、『需要ある?あれば続けるけど』っと。」

名無し:いいから黙って書けよハゲ

名無し:つまんね


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:54:46.84 ID:sfRHAWfN0
藤本「ぬぅ・・・思いのほか辛口だな。もう少し続けてみて、今度は試しに時間をあけてみるか・・・?もし読んでいる人がいたらきっと支援のレスが付くはずだ。」


藤本「」

藤本「」


藤本「・・・・落ちやがった。」


藤本「中にはSSで伸びてるスレもあるからきっとなにか原因があるはずだ。」

藤本「しょうがねえ、本命はムギちゃんだが人が集まりそうなキャラをタイトルに・・・そうだな、唯ちゃんとあずにゃんを題材に書いてみよう。ときにはこうして全体を描き多くの人に意見をもらうことで俺の実力も上がるってこった。」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:57:25.60 ID:sfRHAWfN0
俺はデストラーデ高校の山口ノボル。アース・ウインド・アンド・ファイアの頭も務める札付きの不良(ワル)だ。
お笑いには人一倍うるさく、『アジシオ太郎』のラジオネームで深夜ラジオにネタを投稿するのが趣味だ。

最近、けいおんなどというアニメが人気らしいが・・・くだらねぇ。女子高生の日常を描いた、涙あり・笑いありのゆる~い話だそうだが、俺の取りたい笑いとは違う。
もっとインパクトのあるギャグで、ドカンと一発・・・

神山「いやー、やっぱりけいおん!は最高だね。なかでもあずにゃんの可愛さが光ってるよ。」

林田「わかってねえな神山。唯ちゃんのような子が一番素直でいい子なんだろうが。」

山口「な・・・・ハチミツ!?」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 22:58:37.91 ID:sfRHAWfN0
俺が唯一認めたハガキ職人のライバル(自称)、ハチミツボーイをも唸らせるアニメだ。きっと俺が思った以上に深い作品なのかもしれない・・・
と思い、とうとう「けいおん!」「けいおん!!」のBlue-Layを購入し、サントラまで買ってしまった。とはいえ、まだ俺にはまだ面白さが理解できん。
がしかし、簡単に切り捨ててしまうのは素人のやることよ。俺はとことん突き詰めるために某掲示板での意見も情報として集めることにした。


山口「やれやれ、あいかわらずくだらねぇスレばっかりだぜ・・・。」

山口「・・・!」

スレタイ:梓『唯先輩をペロペロしてやるです!』

山口「ほう・・・ハチミツ達のお気に入りどもじゃねえか。どうせツマラン話だろうが、まずか敵情視察といくか。」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:00:20.06 ID:sfRHAWfN0
藤本「くう・・・そこそこ人は集まったものの唯ちゃんの池沼AAが目立つな。NG登録してみても次から次へと沸いてきやがる・・・!」

田中牧夫「ふふふ・・・けいおんスレを探してはIDを変え次々とAAを貼って回る・・・。豊崎は僕らを裏切ったんだ、これくらいはしてやらないとな・・・。」

田中「ったく・・・いい加減気付けよ!けいおんはクソだって、非処女の声優はクソだってさ・・・」




藤本「ん?なんだこのコピペは・・・?」



山口「チッ、腹の足しにもならねぇレスばっかりだぜ。・・・ん?」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:01:22.56 ID:sfRHAWfN0
『風邪を引いたあずにゃんのおしりの穴に座薬入れてあげたいにゃん!
「あの…これ…、自分じゃ上手く入れられないので……おねがいします///」
 って風邪を引いて弱っているせいもあるのかいつもとうってかわってしおらしい表情でお願いされるのにゃん
 そんな顔されたら嫌とは言えないのを知っているのにあずにゃんのいじわるなのにゃん!
 早速あずにゃんのパジャマと純白のおぱんちゅを下ろしてあげて、
 あずにゃんのおまんまんと、お目当てのキュートなあすにゃんとご対面するのにゃん
 まじまじと見ているぼくに「そ、そんなに見ないでください、恥ずかしいです…」
 のあずにゃんの一言にはっと我に返るのにゃん!
 いけないいけないにゃん、あずにゃんのおしりに座薬を入れてあげる目的を危うく忘れる所だったにゃん
 まず、座薬の滑りをよくするために少量のワセリンを手に取り、あずにゃんのおしりの穴に塗ってあげるのにゃん
 いきなりの冷たい感触にあずにゃんは「にゃっ?!」っていう声をあげちゃうのにゃん
 ここで無理矢理あずにゃんのあすにゃんに座薬を入れちゃったらあすにゃんに傷が付いちゃうのにゃん
 適当にワセリンが馴染んできたらあずにゃんの菊穴に少しずつ、だけど確実に指を埋没させていくのにゃん
 「ああっ…だめ…ウンチ付いちゃいますよう…」
 なんてあずにゃんの黄色い声もなんのその、あずにゃんのウンチが指に付くなんて上等なのにゃん
 そしてぼくの指を出したり入れたりを繰り返して少しずつ、
 あずにゃんの緊張にきつく窄まるあにゃるを解きほぐしていくのにゃん
 すると最初はキツキツに締まっていたあずにゃんのおしりの穴も少しずつ、少しずつだけど
 ぼくの指を受け入れるかのように、ぼくの指をスムーズに受け入れ始めるのにゃん
 もうそろそろ馴染んできたな、と思ったら薬の包装を破って座薬を取り出し、
 あずにゃんの少し緩まって赤黒い直腸が見え隠れしているあずにゃんのおしりの穴にあてがうのにゃん
 ぼくが弾丸型のソレを取った指に力を入れるとちゅるん、という擬音と共にあずにゃんのお腹の中に消えていく座薬
 それをぼくは奥へ奥へと推し進めるように、あずにゃんの直腸内にまで指で送り届けてあげるのにゃん
 あずにゃんが座薬を入れてもらって油断しているスキにぼくのぽこにゃんにワセリンを塗りたくって
 あずにゃんの緊張がほぐれてゆるゆるになったおしりの穴に挿入するのにゃん!
 ぼくのぽこにゃんで座薬をより指の届かなかった所まで押し込んであげるのにゃん!
 ぼくの精液のあったかみで座薬も溶けるのが早くなって腸からの吸収もよくなって一石二鳥なのにゃん!
 運動もして、汗もかいて、沢山寝て、次の日にはきっと元気に学校に行けるに違いないにゃん!
 あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!』


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:03:20.31 ID:sfRHAWfN0
山口「・・・・・くっ」

山口(なかなかやるじゃねえか・・・。俺は安易な下ネタは嫌いだが・・・ここだから許され、尚且つ便所の落書きにふさわしいギリギリ言葉や欲望の描写、己の気持ち悪さや変態さをさらけ出すことでとれる自虐的で絶妙な笑い・・・。


山口(しかもこの内容で長文であるにも関わらず、つい読ませてしまう文才。間違いねぇ、プロだ・・・!)

山口「ふっ、ついでだからレスつけてやろうじゃねぇか・・・『>>23クッソワロタwww」っと。」

山口「・・・ん?俺にもレスが付いているな。なになに・・・?

名無し:新参乙

名無し:なにコピペにマジスレしてんの?w


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:04:43.00 ID:sfRHAWfN0
山口「舐めやがって。確かに俺はここじゃ新参かもしれねぇけどな、少なくともお前らよりは見る目があるぜ。」

山口「ていうか『マジスレ』じゃなくて『マジレス』だろうが。俺を新参扱いした書き込みが裏目に出たようだな・・・。いちいち反応するのも大人げないが・・・俺に喧嘩売ったことを後悔させてやるよ。」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:06:01.05 ID:sfRHAWfN0
翌日、デス高

山口(クソ・・・!マジスレまでネタだったとは・・・お陰で大恥かいちまったぜ・・・。)

ワイワイ

石川「それでよー、バースの奴に言ってやったんだよ。『ナメるのは女の股だけにしときな』っつってな!」

不良「ワハハハ、やっぱ石川はおもしれーぜ!」

山口「オイ・・・」

ドガァ!!

石川「ぐはぁ!」

不良「おい、しっかりしろ!山口は冗談と下ネタは大嫌いなんだよ!」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:08:49.72 ID:sfRHAWfN0
マニエル高 下校時間

藤本(ちっ・・・。昨日のSSも出だしはそこそこだったものの、池沼AAとID真っ赤な新参に台無しにされちまったぜ・・・。)

藤本(まぁ、百歩譲って新参は良しとしよう・・・。邪魔されたのは事実だが・・・誰もが通る道だ。そうやって揉まれてきた奴だってたくさんいるだろうからな・・・)

藤本(問題は池沼A A 野郎だ・・・!だんだん種類も増えてきてるし、何より悪意がありすぎだぜ。もし街中でてめえの顔を拝むことがあったら叩きのめしてやる!)

藤本(・・・と言いてえとこだが、荒らしにいちいち反応するのも奴の思うつぼだ・・・。どうしたものか・・・)

ドン

田中「あっ、すみませ・・・」

藤本「ちゃんと前見て歩けコラ!!」

ドガァ!!!

藤本(クソ、腹の虫が収まらねえ!)


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:11:33.65 ID:sfRHAWfN0
おしまい


31:そしてオマケ:2012/01/01(日) 23:12:16.91 ID:sfRHAWfN0
松芝電気本社ビル

八神「なぁ前田君・・・けいおん!って知っているかね?」

前田「ええ、知っていますよ。リアルタイムで全話見てました。」

八神「いや、そこまでは聞いてないけど。あのさぁ、会社でもああいう人間関係があってもいいかなって思ったんだけど。」

前田「・・・はぁ。」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:13:12.52 ID:niHIohJ30
まさかの課長バカ一代wwwwwww


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:13:35.61 ID:sfRHAWfN0
八神「俺が上司だろ?だから俺が部下をリラックスするためにちょっとおかしなことをするから、前田君はあずにゃんのように俺を止めてみてくれないか?」

前田「シミュレーションですか?・・・まぁ、わかりました」

八神「頼んだよ、じんにゃん」

前田「ちょっと待ってください!あずにゃんってあだ名はあの見た目とくだりがあったからのあずにゃんでしょう。それを私に急に押し付けられても・・・」

八神「そう思ってネコミミも持ってきたんだ。どうだ、付けてみたまえ。」

前田「はぁ。・・・どうです?」

八神「似合わないな。」

前田「そうですか。」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:15:52.31 ID:sfRHAWfN0
八神「しょうがないな。じゃぁどんなあだ名がいいか考えようじゃないか。」

前田「ちょっと待ってください、どうしてもあだ名って必要ですか?」

八神「何を言ってるんだね前田君。もう始まってるんだよ。全く、呑み込みの悪い奴だな。」

前田「すみません。」

八神「お互いをあだ名で呼ぶことで、社内の空気をリラックスさせようと思ってな。」

前田「まぁ、課長にしてはいいアイデアだと思いますよ。最近なんて社内も凄くピリピリしてますし。」

八神「・・・ちょっとタンマ。いいわけないだろう、上司と部下だぞ?そもそも俺がおかしなことを言うって前提なんだから、それを否定してくれないと。」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:17:17.30 ID:sfRHAWfN0
八神「そもそもサラリーマンが仕事中にアニメの話をしていることもおかしなことだろう。」

前田「ええ、すみません。」

八神「上級者ともなればまずこの大前提から覆してくれると思ってたんだが。前田君には少し荷が重かったかね。」

前田「そもそも今のはスタートがおかしかったですよ。私の実力不足は認めますが・・・もう一回改めてやってくれればもう少し言い返しをしてみせますよ。」

八神「いや、だからね、やってみてくださいってのがおかしいの!サラリーマンが昼間っからやることじゃないんだから・・・」


社長「わかってるんなら仕事したまえ!!」





36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:18:13.16 ID:niHIohJ30

ばっちり野中絵で脳内再生された


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:19:08.56 ID:C5j+yG9Z0

またクロ高読んでみようかな


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/01(日) 23:22:59.80 ID:Iydq6Wf/0
面白かったじゃねえか、乙


けいおん! 中野梓 (1/7スケール PVC塗装済み完成品)
けいおん! 中野梓 (1/7スケール PVC塗装済み完成品)

魁!!クロマティ高校(1) (少年マガジンコミックス)
魁!!クロマティ高校(1) (少年マガジンコミックス)

課長バカ一代(1) (KCデラックス)
課長バカ一代(1) (KCデラックス)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。